ミスド 鎧塚。 ミスド抹茶2020は祇園辻利×鎧塚コラボ!「頂シリーズ」から全6種類を実食レビュー

ミスドの人気商品 鎧塚氏がより美味しくしちゃいました。 : 東京バーゲンマニア

ミスド 鎧塚

Contents• ミスタードーナツの50周年のキャッチコピーがドを超えるということで、そのキャッチコピーに合わせて鎧塚シェフがドーナツという概念を超えたドを超えたスイーツを作ったそうです。 ミスド抹茶の、驚シリーズ、種類と価格とカロリー 抹茶の、驚シリーズの種類は以下の4種類です。 カロリーは427kcalです。 さらにアーモンドがトッピングされています。 カロリーは456kcalです。 カロリーは352kcalです。 カロリーは359kcalです。 ミスド「抹茶の、驚シリーズ」、ポンデパイを実食レビュー ミスド50周年のコラボ商品の「抹茶の、頂シリーズ」は全6種類実食済で、どれもおいしくて大満足でした。 5月15日から発売されている50周年のコラボ第二弾の「抹茶の、驚シリーズ」も全種類制覇すべく、さっそく買いに行ってきました。 本当はポンデパイとクリスプから1種類ずつ購入するつもりでいたのですが、買いに行ったときにクリスプシリーズはまだ陳列されていなかったので、仕方なくポンデパイを2種類購入してきました。 中のホイップクリームの形が崩れないように、こんなドーム型のケースに入って販売されていました。 袋にはこんな感じでいられています。 これ3個以上買ったときはどうなるのかなぁ? 横から見るとこんな感じ。 ちゃんとホイップの形が崩れることなくきれいな形をキープできています。 じゃーん、これが抹茶の、驚シリーズのポンデパイです。 抹茶チョコの緑色が鮮やかできれいです。 この時点ですでに抹茶のさわやかな香りも漂ってきます。 まさかポンデリングとパイ生地を合体させちゃうなんてねぇ・・・。 ドを超えてるわ、鎧塚さん(笑) ちなみに紙のケースには切り取り線が入っていて、手で簡単に切り取ることができました。 まずはポンデパイショコラから頂きます。 どうやって食べたらいいかわからないので、まずは中央のチョコホイップから。 お~、見た目以上に味が濃いです。 エアリーで軽めのチョコホイップかと思いきや、実際に食べてみると味が濃くて奥深さがあり、そして食感も何だか重く感じます。 さすがは鎧塚シェフ、チョコホイップひとつとってもクオリティーが高いんですね。 そしてポンデリングはおなじみのもちもち食感、まだ出来立てのようで、サクっとした食感もあります。 いつ食べてもこの食感は最高ですね。 てっきり前回みたいに生地にも抹茶が練り込んであるのかと思っていたら、今回のシリーズは生地はノーマルでした。 少し香ばしさと塩気も感じます。 そして上にかかっている抹茶チョコレートは抹茶のほろ苦さと甘さのバランスがよくておいしいです。 厚めにしっかりかけてくれているのもうれしいです。 ポンデリングとチョコホイップを一緒に食べると最高においしいです。 チョコの甘さと抹茶の苦味のバランスが絶妙です。 そしてポンデリングの下にあるパイ生地ですが、薄いながらもしっかり層があります。 見るからにサクサク食感なのがわかりますね。 パイ生地だけで食べてみると、見た目のとおり生地はサクサクでした。 ただパイ生地自体に味はほとんどありません。 バターの風味とかは一切なくて、パイ生地単体で食べるとおいしくはないです。 あくまでも上にコーティングされているチョコと一緒に食べて初めて成立するという感じなのかな? パイ生地はサクサクなんですが、けっこうもさもさしていて口の中の水分はもっていかれます。 ポンデリングとチョコホイップはおいしかったけど、パイ生地の部分に関してはあまりこだわってないのかな~という感じは否めません。 そして次はポンデパイ宇治抹茶です。 こちらもまずは抹茶ホイップだけで頂いてみます。 思ったより苦いです。 甘さはほとんどなくて抹茶の苦味がガツンときます。 そしてポンデリングはショコラとまったく同じです。 生地は抹茶が練り込まれているものではなくてノーマルな生地です。 でもその方が上にかかっている抹茶チョコレートの味を存分に堪能できます。 抹茶チョコの苦味と甘さのバランスが最高で、ほんとおいしい! そしてアーモンドがトッピングされていて、食感と味のアクセントになっています。 宇治抹茶ホイップの苦味が強いので、下のチョコレートコーティングされたパイ生地と一緒に食べると味のバランスがよくなります。 それにしてもチョコのツヤの美しいこと! ちなみにポンデリングとホイップ、そしてパイ生地を一緒に食べてみましたが、一緒に食べるとそれぞれの良さがすべてわからなくなるので一緒に食べるのは無しかな? せっかくのポンデ生地のもちもち、さくさくな食感がパイ生地のモサっとした食感で台無しに。 もう口の中で何が何だかわからなくなります。 もうこれは見た目のインパクトのみで、一緒に食べたときのバランスとかは何も考えられていないんだろうな、と。 という訳でポンデリングはポンデリングだけで、そしてパイ生地はパイ生地だけで完全に分けて食べました。 一緒に食べるのは無理があるかな~。 そもそも食べにくいですしね。 ポンデパイショコラとポンデパイ宇治抹茶の違う点は中央のホイップ部分のみで、あとはまったく一緒です。 ほとんど味に変わり映えがないので、ポンデパイシリーズを2種類同時に買ったのは失敗だでした。 まとめ ミスド50周年のコラボ商品「抹茶の、驚シリーズ」からポンデパイを2種類食べてみましたが、期待していた通りおいしかったです。 本音を言うとポンデリングとパイ生地を合わせる意味ある?って思うんですが、キャッチコピーの ドを超えたに合わせてドーナツの概念を超えるために作られたスイーツなら納得できます。 見た目のインパクト勝負ですね。 そしてこのクオリティで200円は安すぎるのでは? コンビニスイーツでも200円超えるものがたくさんある中、これだけ手が凝っているのに200円はコスパがめちゃめちゃいいと思います。 これ食べちゃうと、今後コンビニで200円超えるスイーツを購入するのためらっちゃいそうです。 ちなみに価格は安いですが、カロリーはどちらも400kcal超えと超ハイカロりーです。 この日は2個食べたので約900kcal、罪悪感なしでは食べることはできないスイーツですね。 さすがに食べた後はお腹いっぱいになりました。 次は今日買えなかったクリスプを食べたいと思います。 2種類あるけど、とりあえずどちらか1種類でいいかな~。 ごちそうさまでした。

次の

ミスド「ショコラコレクション」全6種を一気食いした感想!見た目も風味も特別なショコラドーナツ

ミスド 鎧塚

ミスドだけの特別なショコラ、できました。 クロワッサンドーナツショコラをよりサクサクな商品としてお客様の手元に届けるために、 つくり方を見直し、食感をより強く感じる素材との組み合わせを探し、 まるで焼き上がったばかりのようなサクサク食感を実現させました。 シューショコラは、素材にこだわり、 ミスタードーナツのお子様からお年寄りまで幅広いお客様に愛される味を追求しました。 酸味の少なさとミルクとの相性の良さが相まって、まろやかさが特徴的なチョコレートに仕上がりました。 私、鎧塚俊彦とミスタードーナツの自信作 Chocolate Collection をぜひご賞味ください。 引用: それでは早速、鎧塚俊彦さんが手掛けた6つの「特別なショコラドーナツ」をご紹介していきます。 どきどきわくわく。 まずこれ。 購入した時に入れてくれる袋がミスドっぽくない。 ケーキ屋さんのような高級感溢れる袋に入れてくれます。 これならミスドっぽさがなくて珍しいので、ちょっとしたお土産にも持って行けますし、話題のショコラコレクションという事で喜んでもらえそうです。 (雑に持ち歩いていたのでしわしわでごめんなさい) こちらがショコラコレクションを入れてくれる、お持ち帰り用の箱です。 専用のBOXを用意しているなんて、さすが世界のパティシエ鎧塚さんとのコラボドーナツですね! じゃーーーん! 箱には6種類のドーナツが1つづつ入ってます。 チョコレート好きなら間違いなくこの時点でテンション上がっちゃいますよ。 眺めているだけで楽しくなっちゃうショコラコレクションのドーナツ。 味はもちろん、見た目にもこだわって作るプロのパティシエの「匠の業」が光ります。 ベトナム産のカカオ豆を使用したミルク風味の優しい甘さのチョコレートでコーティングしてあって、その上からフレークチョコがたっぷりと振りかけられています。 シュー生地のふんわりした食感が楽しくて、中にはビターチョコのホイップクリームが挟まっているので、口の中で色々なチョコレートの味が混ざって贅沢な気分を演出してくれます。 チョコ好きが抱えて食べたくなるレベルのショコラドーナツです。 ミルク風味のチョコレート、キャラメルソース、中に入っているオレンジピールの風味が効いたビターショコラのホイップクリームが爽やかな大人の味を演出しています。 上にふりかけてあるオレンジピールのドライフルーツがアクセントになっていて、 口いっぱいにオレンジの風味とチョコレートの甘さが広がります。 ベトナム産カカオ豆使用の ミルク風味チョコレートと、ローストしたスライスアーモンドが香ばしく、ココア風味の生地とシナモンの風味に深みをあたえてくれます。 上からたっぷりとココナッツがトッピングされています。 ショコラ生地はフライしてあって、ココナッツをトッピングしてからさらに焼き上げています。 サクサクとした食感とチョコレートとココナッツの共演を楽しめる贅沢なドーナツ。 こちらのクロワッサンドーナツショコラシリーズは、ミスドの店頭に並ぶときに 『焼き上がり時間』が提示されます。 サクサク食感を楽しめるドーナツです。 ビターショコラクリームを中にサンドして、表面にアーモンドとシュガーをトッピング。 丁寧に焼き上げられたショコラドーナツはサクっとした楽しい食感を味わえ、 キャラメリゼのような香ばしさが口いっぱいに広がります。 上品なローズの香りのグレーズで表面をコーティング、ホワイトチョコとストロベリークランチの可愛らしいトッピングがしてあります。 かわいいハートマークとトッピングがうまく調和していて、味だけではなく見た目も楽しめるこだわりの演出が効いています。 ショコラコレクションそれぞれの味を私なりに食レポします ね?見ているだけで楽しくなっちゃうようなショコラドーナツですよね。 私のつたない表現で、これらのドーナツを食レポしてみます。 食べてみたいと思ってるけどまだ買えていないという人、チョコレートには目がないという人、鎧塚シェフの大ファンの人、ミスドの新作情報が気になる人・・・少しでもそんな皆様の参考になれば幸いです。 中にはビターチョコのホイップクリームですよ?幸せです。 それでも甘くなりすぎないっていうのは、まさに鎧塚マジックだと思います。 お互いの味を消してしまわないような工夫が細かいところにまで施されてるんだろうなぁと思いながら一気に食べきってしまいました(笑) 本当はもっと味わってコーヒーでも食べながらいただきたい、そんな優しい甘さのスペシャルなショコラドーナツでした! オレンジ風味が大人味!「シューショコラ オレンジ」 こちらのシューショコラはふんわりしたココア生地とミルクチョコレートソースは、上で紹介したダブルショコラと同じですけど、中のクリームと表面にトッピングされたオレンジピールの香りがとっても爽やかで、また全然雰囲気が違います。 ぜんぜん主張しすぎないのでオレンジの香りはしつこくも、いやらしくもなく、その爽やかさがチョコレートの甘みを上品なものにしてくれます。 「程よいオレンジ感」という言葉がぴったりですね。 個人的にはツボでした。 というのも、大のシナモン好きなのです。 ローストアーモンドが香ばしくて、シナモン入りのビターショコラホイップと良く合います。 香りの良いアップルティーなどの紅茶ととても相性の良さそうなドーナツに仕上がっています。 ココナッツが表面にたっぷりトッピングしてあるので、ココナッツ好きにはたまらない芳醇な風味です。 中に入ったビターキャラメルクリームとも相性バツグンです。 色々な味が複雑に絡み合っているのに、とってもバランスが良くて口の中で喧嘩しない・・・これぞ鎧塚マジックと言うべきドーナツです。 ふわっとしたシュー生地もとっても美味しいですけど、このサクサク生地もハマりますね。 ボロボロするので仕事の書類の上や、パソコンの上では食べないことを推奨します(そんなことするの私くらいですかね汗) 生地は同じでも中に入っているビターショコラクリームと、表面のシュガー+アーモンドのトッピングで雰囲気はガラリと変わってます。 上のトーステッドココナツが女の子なら、こちらのアーモンドキャラメリゼは大人の女性といった感じ。 濃厚な甘さと高級感のある香ばしい風味が口いっぱいに広がります。 まったく新しいチュロス!見た目以上に華やかな香りと味わいの「チュロショコラ ローズフレーバー」 私を含め、全国のチュロス好きにはたまらないこちらのドーナツ。 ローズの香りとストロベリーの酸味にホワイトチョコレートのトッピングでチュロスが一気に高級なショコラに変身しています。 食感はチュロスより若干しっとりと柔らかめで「チョコレートを食べてる」って感じを存分に堪能できます。 これもすっごく美味しい。 家に持ち帰って家族みんなで食べるも良し、1人で私みたいに一気食いするも良し。 どうせ全部味わってみたい!と思うなら、セットで買ってしまう方がお得ですよ。 私はまだあと3周はしたいです。 (全種コンプを3回) さすが鎧塚シェフとのコラボドーナツ!ミスド感を残しつつ高級感が漂う ミスド感を残すっていうのは、決して安っぽいという意味じゃないです。 ミスドファンの心をがっちり掴みつつ、全国のショコラ好きを取りこむ戦略。 さすがです。 日本を代表するショコラティエの鎧塚さんがミスドの為に一生懸命考えて作ってくれた贅沢なショコラドーナツを、6つも夢中になって食べることができた私は幸せ者です。 カロリー?糖分?ダイエット? そんな事を言っていたら、このリッチなショコラドーナツが台無しになってしまいます。

次の

ミスド抹茶2020は祇園辻利×鎧塚コラボ!「頂シリーズ」から全6種類を実食レビュー

ミスド 鎧塚

ミスドだけの特別なショコラ、できました。 クロワッサンドーナツショコラをよりサクサクな商品としてお客様の手元に届けるために、 つくり方を見直し、食感をより強く感じる素材との組み合わせを探し、 まるで焼き上がったばかりのようなサクサク食感を実現させました。 シューショコラは、素材にこだわり、 ミスタードーナツのお子様からお年寄りまで幅広いお客様に愛される味を追求しました。 酸味の少なさとミルクとの相性の良さが相まって、まろやかさが特徴的なチョコレートに仕上がりました。 私、鎧塚俊彦とミスタードーナツの自信作 Chocolate Collection をぜひご賞味ください。 引用: それでは早速、鎧塚俊彦さんが手掛けた6つの「特別なショコラドーナツ」をご紹介していきます。 どきどきわくわく。 まずこれ。 購入した時に入れてくれる袋がミスドっぽくない。 ケーキ屋さんのような高級感溢れる袋に入れてくれます。 これならミスドっぽさがなくて珍しいので、ちょっとしたお土産にも持って行けますし、話題のショコラコレクションという事で喜んでもらえそうです。 (雑に持ち歩いていたのでしわしわでごめんなさい) こちらがショコラコレクションを入れてくれる、お持ち帰り用の箱です。 専用のBOXを用意しているなんて、さすが世界のパティシエ鎧塚さんとのコラボドーナツですね! じゃーーーん! 箱には6種類のドーナツが1つづつ入ってます。 チョコレート好きなら間違いなくこの時点でテンション上がっちゃいますよ。 眺めているだけで楽しくなっちゃうショコラコレクションのドーナツ。 味はもちろん、見た目にもこだわって作るプロのパティシエの「匠の業」が光ります。 ベトナム産のカカオ豆を使用したミルク風味の優しい甘さのチョコレートでコーティングしてあって、その上からフレークチョコがたっぷりと振りかけられています。 シュー生地のふんわりした食感が楽しくて、中にはビターチョコのホイップクリームが挟まっているので、口の中で色々なチョコレートの味が混ざって贅沢な気分を演出してくれます。 チョコ好きが抱えて食べたくなるレベルのショコラドーナツです。 ミルク風味のチョコレート、キャラメルソース、中に入っているオレンジピールの風味が効いたビターショコラのホイップクリームが爽やかな大人の味を演出しています。 上にふりかけてあるオレンジピールのドライフルーツがアクセントになっていて、 口いっぱいにオレンジの風味とチョコレートの甘さが広がります。 ベトナム産カカオ豆使用の ミルク風味チョコレートと、ローストしたスライスアーモンドが香ばしく、ココア風味の生地とシナモンの風味に深みをあたえてくれます。 上からたっぷりとココナッツがトッピングされています。 ショコラ生地はフライしてあって、ココナッツをトッピングしてからさらに焼き上げています。 サクサクとした食感とチョコレートとココナッツの共演を楽しめる贅沢なドーナツ。 こちらのクロワッサンドーナツショコラシリーズは、ミスドの店頭に並ぶときに 『焼き上がり時間』が提示されます。 サクサク食感を楽しめるドーナツです。 ビターショコラクリームを中にサンドして、表面にアーモンドとシュガーをトッピング。 丁寧に焼き上げられたショコラドーナツはサクっとした楽しい食感を味わえ、 キャラメリゼのような香ばしさが口いっぱいに広がります。 上品なローズの香りのグレーズで表面をコーティング、ホワイトチョコとストロベリークランチの可愛らしいトッピングがしてあります。 かわいいハートマークとトッピングがうまく調和していて、味だけではなく見た目も楽しめるこだわりの演出が効いています。 ショコラコレクションそれぞれの味を私なりに食レポします ね?見ているだけで楽しくなっちゃうようなショコラドーナツですよね。 私のつたない表現で、これらのドーナツを食レポしてみます。 食べてみたいと思ってるけどまだ買えていないという人、チョコレートには目がないという人、鎧塚シェフの大ファンの人、ミスドの新作情報が気になる人・・・少しでもそんな皆様の参考になれば幸いです。 中にはビターチョコのホイップクリームですよ?幸せです。 それでも甘くなりすぎないっていうのは、まさに鎧塚マジックだと思います。 お互いの味を消してしまわないような工夫が細かいところにまで施されてるんだろうなぁと思いながら一気に食べきってしまいました(笑) 本当はもっと味わってコーヒーでも食べながらいただきたい、そんな優しい甘さのスペシャルなショコラドーナツでした! オレンジ風味が大人味!「シューショコラ オレンジ」 こちらのシューショコラはふんわりしたココア生地とミルクチョコレートソースは、上で紹介したダブルショコラと同じですけど、中のクリームと表面にトッピングされたオレンジピールの香りがとっても爽やかで、また全然雰囲気が違います。 ぜんぜん主張しすぎないのでオレンジの香りはしつこくも、いやらしくもなく、その爽やかさがチョコレートの甘みを上品なものにしてくれます。 「程よいオレンジ感」という言葉がぴったりですね。 個人的にはツボでした。 というのも、大のシナモン好きなのです。 ローストアーモンドが香ばしくて、シナモン入りのビターショコラホイップと良く合います。 香りの良いアップルティーなどの紅茶ととても相性の良さそうなドーナツに仕上がっています。 ココナッツが表面にたっぷりトッピングしてあるので、ココナッツ好きにはたまらない芳醇な風味です。 中に入ったビターキャラメルクリームとも相性バツグンです。 色々な味が複雑に絡み合っているのに、とってもバランスが良くて口の中で喧嘩しない・・・これぞ鎧塚マジックと言うべきドーナツです。 ふわっとしたシュー生地もとっても美味しいですけど、このサクサク生地もハマりますね。 ボロボロするので仕事の書類の上や、パソコンの上では食べないことを推奨します(そんなことするの私くらいですかね汗) 生地は同じでも中に入っているビターショコラクリームと、表面のシュガー+アーモンドのトッピングで雰囲気はガラリと変わってます。 上のトーステッドココナツが女の子なら、こちらのアーモンドキャラメリゼは大人の女性といった感じ。 濃厚な甘さと高級感のある香ばしい風味が口いっぱいに広がります。 まったく新しいチュロス!見た目以上に華やかな香りと味わいの「チュロショコラ ローズフレーバー」 私を含め、全国のチュロス好きにはたまらないこちらのドーナツ。 ローズの香りとストロベリーの酸味にホワイトチョコレートのトッピングでチュロスが一気に高級なショコラに変身しています。 食感はチュロスより若干しっとりと柔らかめで「チョコレートを食べてる」って感じを存分に堪能できます。 これもすっごく美味しい。 家に持ち帰って家族みんなで食べるも良し、1人で私みたいに一気食いするも良し。 どうせ全部味わってみたい!と思うなら、セットで買ってしまう方がお得ですよ。 私はまだあと3周はしたいです。 (全種コンプを3回) さすが鎧塚シェフとのコラボドーナツ!ミスド感を残しつつ高級感が漂う ミスド感を残すっていうのは、決して安っぽいという意味じゃないです。 ミスドファンの心をがっちり掴みつつ、全国のショコラ好きを取りこむ戦略。 さすがです。 日本を代表するショコラティエの鎧塚さんがミスドの為に一生懸命考えて作ってくれた贅沢なショコラドーナツを、6つも夢中になって食べることができた私は幸せ者です。 カロリー?糖分?ダイエット? そんな事を言っていたら、このリッチなショコラドーナツが台無しになってしまいます。

次の