英語塾 大学受験。 大学受験英語におすすめの塾・予備校ランキング!【特徴から選び方まで】

【大学受験】おすすめの英語塾・予備校は?失敗しない選び方|StudySearch

英語塾 大学受験

レベルの高い塾に通えば、絶対に志望校に合格できると思っている方はいませんか? もちろん、そんなことはありません。 たとえ、レベルの高い塾に通ったとしても、努力をしてこそ志望校への扉は開かれるものです。 塾に通っても受験に失敗してしまった人は、「なんとなく」「友達もいるから」というような考えで塾に通っていたのではないでしょうか。 受験勉強はとても過酷な戦いですので、このような考えでは、勉強から逃げて遊んでしまったり、塾をやめてしまったりするということになりかねません。 そのため、塾を選ぶ際には、しっかりと最後までサポートしてくれ、受験まで自分が努力できると思える塾を選ぶことが重要です。 ここからは、自分に合った大学受験塾を選ぶポイントや注意点をご紹介していきますので、目標に向かい、がんばって勉強を続けられると思える、そんな塾を探してみてください。 集団塾と個別指導塾にはそれぞれメリット・デメリットがあります。 集団塾のメリットは、自分と同じくらいのレベルの仲間やライバルたちと一緒に勉強をしていくことで、刺激を 受け、受験に対するモチベーションが保てることです。 その反面、授業についていけなくなってしまい、勉強が遅れてしまう場合や、質問をするのが苦手な人はわからないことが出てきてしまう場合があります。 一方、個別指導塾のメリットは、先生が一人ひとりのペースに合わせて授業を行うので、わからないことをそのままにして次に進んでしまうということが少ない点です。 また、質問に対しても、すぐに、丁寧に教えてくれることが多いため、安心して通うことができるのが特徴です。 しかし、一人で勉強をするので、周りとのライバル意識が低く、高いモチベーションで勉強できないということがあります。 難関大や医学部など数々の合格実績を誇る河合塾。 校舎数・講師数などもトップクラスで、言わずと知れた超大手の大学受験塾です。 多彩なコースを用意しており、一人ひとりに合ったカリキュラムで志望校合格をバックアップしてくれます。 生徒にはそれぞれ担当のチューターがつき、悩みや不安などあれば気軽に相談することができます。 また、定期的に面談が行われ、習熟度の確認や今後の学習方法・プランの指導をしています。 生徒一人ひとりをしっかり見てくれるサポート体制で、一人での勉強に自信がない学生にもおすすめです。 タイプ 集団・個別 主なコース 大学受験科・高校グリーンコース・河合塾マナビス(映像授業)・MEPLO(中高一貫生のための東大現役進学塾) 大学受験予備校の名門として知られる駿台予備学校。 2020年よりICT(情報通信技術)学習環境が進化し、 スマホやタブレットを使って個別質問システムを利用できるようになりました。 勉強で分からない部分があればいつでもオンラインで質問でき、チャットまたは通話でプライベートティーチャーが応えてくれます。 また、 長年にわたるノウハウの蓄積から作られたオリジナルテキストや、完成度の高い模試も駿台予備学校の特徴。 各種講演会や大学ガイダンスも定期的に実施されるので、最新の受験情報を得ることもできますよ。 講師室はオープンドアで、休み時間には講師へ直接質問することができます。 生徒と講師の距離が近く、授業で生じた疑問をすぐに解決できる環境が整っています。 スタッフによる個別面談も定期的に行われ、学習面から精神面までしっかりとサポート。 生徒一人ひとりの模試成績や学習状況に応じたアドバイスがもらえます。 生徒だけでなく、 保護者を対象とした面談会も定期的に開催。 受験生の保護者が抱える不安や疑問にも応えます。 タイプ 集団・個別 主なコース 高校生コース・理系コース・医系コース・文系コース・GMARCH文系コース 神奈川県内に全15校舎を開校している大学受験STEP(ステップ)。 多彩なクラス編成を用意しており、 自分の学力レベルや志望校に合ったクラスで学習することができます。 高校3年生を対象とした「部活クラス」も開校し、 部活動など学生生活と受験勉強が両立できる環境が整っているのも特徴です。 授業は講師と生徒との距離が近く、生徒から積極的に質問・発言できる雰囲気作りに力を入れています。 授業以外の質問や学習相談は専任の教師が対応し、生徒一人ひとりの学力アップをサポート。 進路相談は専任のチューターが担当してくれます。 「授業をしない」日本初の塾として知られ、自学自習で学力を高めるという新たなスタイルの塾です。 1冊の参考書が完璧になるまで先に進むことがなく、自分に合った参考書や問題集を完璧にすることで、効率良く学力を高めます。 生徒一人ひとりに合った志望校別の個別カリキュラムを作成し、志望校合格に必要な参考書の順番や、時間配分まで徹底的に指導。 勉強時間や課題は365日チェックされるので、自主学習でどのように勉強すればよいか迷うこともありませんよ。

次の

【東京】大学受験の合格実績で評判のおすすめ英語塾9選|塾選びのコツ

英語塾 大学受験

2020年度の大学入試から、既存のセンター試験に代わる「 大学入学共通テスト」が導入されます。 大学入学共通テストでは、 英語科について、 民間試験の成績を利用するシステムが採用されます。 大学入学共通テストへの英語民間試験の導入には、受験生間の公平性を保つなどの観点から課題も指摘され、それぞれの大学間でも意見が別れています。 大学入学共通テストにおいて、民間試験からの成績提供システムを利用する大学は、2018年調査時点で10大学以上あると見られます。 東京大学は、2018年当初までは「民間試験からの成績提供システムを利用しない」との立場を表明していましたが、2018年9月には「民間試験からの成績提出を必須としない」との立場に変わりました。 大学入学共通テストへの英語民間試験導入を控え、大学受験生の英語学習の現場では、今後しばらく流動的な状況が続く可能性があります。 大学入学共通テストに成績を利用できる英語の民間試験にはどんなものがあるのか、どのような点に注意して対策をとっておけばよいのかなどについて解説します。 本記事は、上記お知らせ発表前に作成したものです。 内容のお取り扱いにはご注意ください。 大学入学共通テストの英語で使われる民間試験は7つ 大学入学共通テストの英語で使われる民間試験は、おおまかに分けて次の7つです。 1つの民間試験につき、レベルや内容によって数種類に分かれるものもあります。 ケンブリッジ英検• GTEC• IELTS• TEAP• TOEFL• TOEIC 7つの英語民間試験の検定料、受験者数 英語民間試験の概要 大学入学共通テストの英語に成績を用いることのできる7つの民間試験の概要は、次の通りです。 公益財団法人日本英語検定協会では、従来型の英検に加え、新たな試験方式として、2018年度より 英検CBT、2019年度より 公開会場実施(仮称)、 1日完結型(仮称)を実施します。 大学入学共通テストに際し、大学入試英語成績提供システムを介して英検を受ける場合は、従来型のものではなく、新しく導入される、「公開会場実施(仮称)」、「1日完結型(仮称)」、「英検CBT」の3種類の試験のうちいずれかを受検します。 ちなみに、大学入試英語成績提供システムを介さずに大学受験をする場合は、従来型の英検を受検しても構いません。 ケンブリッジ英検では、受検すべきグレードの確認が必要 ケンブリッジ英検には複数のグレードがあります。 詳細は「 」のWebサイトで確認できます。 ケンブリッジ英検では、受験生や受験する大学などの条件によって受検すべきグレードが異なります。 志望する大学や学科の応募要項をしっかりと確認し、効率のよい学習計画を立てていく必要があります。 各大学でのケンブリッジ英検の採用状況については、「」から参照できます。 大学受験生は英語民間試験をいつ受ければよい? 大学受験生が、民間試験を受ける場合、民間試験を受ける時期や回数に制限があります。 現役生については、高校3年生の4月~12月の間に受検した2回に限られます。 大学受験生が英語の民間試験を受検する時期や回数に制限が設けられた理由としては、受験勉強が早期化し過ぎたり、居住地域や経済状況による格差が大きくなり過ぎたりすることを防ぐ目的が挙げられます。 英語民間試験導入にあたっての課題と、試験運用団体の対応 大学入試センターでは、大学入学共通テストへの民間試験の成績提供にあたり、民間試験受検の時期や回数に制限を設ける、また、条件によっては制限を緩くする例外を認めるなど、入試の公平性を保つための対策をとっています。 それでも、それぞれの民間試験によって受検料が高額だったり、会場が限られていたりするために、受験生の間に格差が生じ、入試としての公平性を欠く可能性が指摘されています。 居住地域や経済状況によって、民間試験を受けられる回数に差が出る、民間試験が受けられないなどといったケースが想定されています。 各民間試験団体は、こうした課題に対し、受験生の経済的負担を軽くしたり、会場数を増やしたり対策をとることを検討しています。 英語民間試験に関する情報 大学入学共通テストに民間試験を活用する大学、活用しない大学 大学入学共通テストに民間試験を活用するかしないかは、大学によって分かれています。 また、同じ大学でも時期によって立場を変えるなどの動きもあり、大学入学共通テストへの民間試験の採用周辺では今後も流動的な動きが続くことが予想されます。 2018年9月現在、大学入学共通テストに民間試験を活用すると発表した大学は、筑波大学、埼玉大学、千葉大学、東京外国語大学、東京学芸大学、電気通信大学、一橋大学、信州大学、金沢大学、岐阜大学、長崎大学、琉球大学などの大学です。 民間試験の活用に慎重な姿勢を見せる大学の中には、各試験で測る力が異なるので公平性の担保が困難であると懸念する大学もあります。 認定試験結果をどのように活用するのか 国立大学協会では、それぞれの大学や学部の方針に基づいて、認定試験結果を活用するとしています。 一定水準以上の認定試験の結果を出願資格とする• CEFR による対照表に基づき、新テストの英語試験の得点に加点する 上記の方法のいずれか、あるいは双方を組み合わせて活用するとしています。 また、加点する点数の具体的な設定は、各大学や学部が主体的に定めるとしています。 関連サイト — 文部科学省 — 資格・検定試験 関連情報[英語4技能試験情報サイト] — 公益財団法人日本英語検定協会 オンライン英会話ならweblio英会話がお薦めです.

次の

大学受験のTG 北九州市 個別指導 塾 予備校 英語 医学部 中学 高校

英語塾 大学受験

高校生におすすめの英語塾 このページでは、高校生におすすめの英語塾を3つピックアップしたうえで、各塾の特徴・料金・口コミなどについて紹介しています。 トリプレットイングリッシュスクール 高校生向けコースの特徴 トリプレットイングリッシュスクールの特徴はただ1つ。 「英語に対して真剣に取り組むことができる環境を提供してくれる」ということです。 したがって、入塾すればあれよあれよと成績を上げてくれる塾ということです。 以下に、トリプレットイングリッシュスクールが掲げる教育のしくみについて紹介をします 公式サイトに詳しく記載されているため、そちらも参考にしてみてください• 努力こそが英語上達法。 人より習得が遅いと感じるのであれば人より多く勉強をすればよい• 満足のいく通塾日数が確保できない場合は入塾を断られる• 個人個人に専用の教材を作って勉強をする• 英語の勉強に対してやる気を出させてくれる• 宿題はなし。 全て塾の時間内だけで習得させてくれる• 東大の試験は中一から学んだ学校の単語と文法で構成されているからこそ基本を大切にする• 塾は友達を作りに来るところではない。 勉強をするところである。 英語だけではなく、勉強法も学ぶことができる これがトリプレットイングリッシュスクールの教育方針になるわけですが、とにかく英語をマスターしてもらうという強い考えを垣間見ることができるのではないでしょうか。 トリプレットイングリッシュスクールの高校生向けコースには「トリプレットA・B・C」という3つのコースがあり、Aは大学受験を視野に入れたコース、Bは中学英語の復習に重きを置いたコース、そしてCは両方の中間的位置づけのコースになっています。 トリプレットイングリッシュスクールでは個別指導に近い少人数制の授業を行っています。 生徒一人ひとりにしっかりと目が行き届くため、より密度の濃い指導が可能となっています。 併せて各自の実力に応じたオリジナルの教材を使用することで、弱点を効率的に克服していくことができます。 料金 【トリプレットA】36,180円~ 【トリプレットB】24,192円~ 【トリプレットC】31,320円~ トリプレットA レベルは高校2年生以上。 大学受験英語を学ぶためのコースになっています。 6人と少人数なので、一人一人に寄り添った授業が行なわれます。 トリプレットB レベルは中学以上。 高校生が復習のために利用することが多く、中1からの復習期間は週4~6、追い付いてきたら週2~3など、通塾回数を自分で決めることができます。 トリプレットC レベルは中学英語~高校1年まで。 英語の基礎力を学ぶコースになっています。 こちらもトリプレットBと同じように通塾回数を自分のレベルに合わせて変えることができます。 口コミ• 最後の1年間で偏差値を40も上げることができ、高校入学時には高嶺の花であった第一志望校に合格することができました。 授業もわかりやすく、一人一人に合ったやり方で教えてもらえるので理解するのも早かったと思います。 英語の基礎からしっかりと学べるので、英語が苦手な人でも好きになるくらい楽しく通えました。 今まで、テストでも点数が悪く、英語はどちらかというと「嫌い」だったのですが、トリプレットイングリッシュスクールに通い始めてからは英語が「好き」になり、今では得意科目になりました。 悩んでいるなら、すぐに始めることをオススメします。 英語嫌いの私に根気強く付き合ってくれた先生たちには本当に感謝しています。 トリプレットイングリッシュスクールなしでは、今の私はなかったと思います。 本当に英語が嫌いで、成績も下のほうだったのですが、通い始めてから1年くらいで自分でもびっくりするほど点数が上がりました。 トリプレットイングリッシュスクールは、「英語が苦手」「英語が嫌い」「どうやって英語を勉強したら良いかわからない」「英語を勉強しているのに点数につながらない」という方にピッタリのスクールだと思います。 英語の勉強の仕方がわからなかったり間違っていると、なかなか点数が上がりませんが、トリプレットイングリッシュスクールでは、しっかりと勉強の仕方も教えてもらえるので、効率的に点数を上げることができます。 復習に重きを置くトリプレットイングリッシュスクールは学校の授業対策に強い英語塾ですが、それは結果的に大学受験対策にもつながると思います。 今まで英語が苦手だったのですが、トリプレットイングリッシュスクールの先生方の熱心な指導のおかげで、第一志望に合格することができました。 一人一人に合った勉強内容で、わからないところをすぐに質問ができるのは、本当に良かったと思いました。 今では、英語が得点源になるほど英語が得意になりました。 トリプレットイングリッシュスクールでは週に何度も勉強するので、英語力がアップしてきたのも実感でき、それが点数にもつながったと思います。 とにかく英語が苦手な息子を何とかしたく、すがる思いでトリプレットイングリッシュスクールにたどり着きました。 決め手になったのは、中一の英語からしっかりと勉強をし直すということ。 実際に通塾するようになってからは、目に見えるぐらい英語の学力が上がっていって本当に感謝しています。 本音を言えば…もう少し月謝が安くなってくれるとありがたいですが…。 英語の定期試験で平均点を超えられなくなってしまい、通い始めたのがトリプレットイングリッシュスクールです。 1年半通った結果、平均点を超えられるようになりました。 また、今現在大学受験を目指しているところですが、英語は得点源となっています。 3者面談もお願いすると行ってもらえます。 授業料は少し高いかなと思いますが、それだけ意味のある学びができており満足です。 通い始めてから、中学校の英語の授業も受けやすくなっているようで、テストの成績も良くなりました。 短期間で英会話を習得できる、という点が気に入っています。 学校の授業に追いつけていない生徒も多く通っているようです。 大学受験のために通っています。 英語の基礎から応用まで、短期間で幅広く学べる教室です。 通い始めてから英語がレベルアップ。 英語を習うことに喜びを感じながら通っているようです。 大学受験に向けて英語の基礎を作ることができますし、模擬試験もあるため、実践で役立ってくれます。 平岡塾 平岡塾は「主体的個人の育成」「独立独歩」「自己管理」「反復的・立体的な授業構成」「能率主義」「実証主義」の6つを掲げ、中高生たちへの指導に当たっています。 これらを敢えて一言にまとめると「自主的に英語の勉強をする」ということになります。 やはり自分自身で勉強をしなければ、身に付くものも身に付きません。 言われて嫌々勉強をしてしまえば、やらされている感が大きく出てしまい、全く身にならないからです。 ここを重点的に意識改革を行い、後は基本的なことを反復するだけ。 高校生向けコースの特徴 東大合格率80%以上を誇る平岡塾。 というと、何やらすごい受験テクニックを教えていると思ってしまいがちですが、実際には「基本を何度も繰り返して身体に刷り込む」という、至ってオーソドックスな指導を行っています。 それだけ、英語の学習においては基礎・基本が大事というわけです。 料金 【高1~2】月額17000円(週1回3~4時間) 【高3】月額22000円(4. 5~6時間) 口コミ• 東大を目指していたわけではないのですが、英語力は東大レベルまで引き上げたいと思っていたので、思い切って平岡塾に通わせたんですが…。 実は英語力が向上したというよりも勉強に対する考え方が大きく変わって全科目の成績がアップという、とんでもない副産物を与えてくれました。 本当に頭が上がらないほど感謝な気持ちになった次第です。 平岡塾に通ったおかげで、大学受験に合格できただけでなく、「世界で活躍する」という目標も持つことができました。 ロングマンやオックスフォードの英文法を繰り返し学びました。 そのため、入試のときも英文法で困ることはまったくありませんでした。 大学受験に向けたテクニックというよりは、英語という言語が持つシンプルで美しい言語体系を学ばせてもらいました。 大学受験対策として通いました。 受験対策だけでなく、文学作品などの教材を使って速読力・読解力も身につけることができます。 長文に慣れたおかげで、単語や文法といった力もつけることができたため、英語を武器にして希望校に入学することができました。 宿題の量も多く、通っていて心が折れそうになったこともあります。 しかし、宿題を達成したときは感じたことがないほどの充実感を味わいました。 このような指導があったおかげで、学校のテストにも気負わずに挑むことができたと思います。 受験のためだけの英語ではなく、美しい英語を学びました。 学問だけでなく、精神面で学ぶことも多かったです。 英語を通じて、自己実現に向けた第一歩を平岡塾で歩みだすことができました。 池田英語塾 高校生向けコースの特徴 池田英語塾の指導対象は原則高校生ということで、高校の英語の授業と大学受験に特化した英語塾と言えます。 池田英語塾が力を入れているのは「長文読解」で、とりわけ「同時通訳方式(スラッシュリーディング)」という長文読解法の指導を得意としています。 もう少しこの同時通訳方式について掘り下げて説明をすると…長文を読みながら区切り文字を入れて理解していく方法になります。 日本語の言葉の単位分けをする勉強のとき「言葉の愛大に "ね" を入れて区切って理解をする方法」というものがあります。 これと似た方法となるわけです。 池田英語塾の場合は、言葉単位ではなく熟語単位だったり色々な区切り方をします。 誤解してはいけないのが「適当に区切るわけではない」ということ。 しっかりとルールがあって、そのルールを学ぶことが、ある意味で池田英語塾の大きなポイントになるわけです。 これさえマスターすることができれば、どんな長文が出てきたとしても、落ち着いて対応をすることができるようになります。 後は、英語の基礎力を上げていけば、英語が勉強ではなく、ただただ文章を読むという自然な形になっていく。 これが、池田英語塾の大きな特徴の1つとなります。 「塾長自身による個別指導」や、「携帯メール質問対応」「生徒限定オンライン動画」といった24時間体制のサポートも池田英語塾の大きな特徴です。 正直なところ、英語塾であれば何処でも良かったというのが本音です。 軽い気持ちで、スラッシュリーディングという手法に興味が沸いて、通わせるようにしました。 蓋を開けてみれば、素晴らしい英語の読解法だということが直ぐに理解できました。 もちろん最初のうちは慣れていないため、ぎくしゃくとした読解でしたが、ある日を境に、この手法のコツを掴んだらしく、みるみるうちに長文をスラスラと理解できるようになったのです。 本当に池田英語塾様様と思っております。 池田先生による長文読解法はまさに画期的で、このような素晴らしい授業を行うことができる先生はほかにいないと思います。 大学受験において大きなウェイトを占める長文を読むことができるようになったことで、英語に対する苦手意識がなくなりました。 自分が受ける大学の試験形式を分析したうえで、それに合わせた授業をしてくれたのでとても助かりました。 個別指導で、自分のペースで英語が学べる塾です。 予備校のように、自分に必要がないコースを受講させられることはありません。 苦手な長文読解を克服したことで成績も伸ばすことができ、おかげさまで第一志望の大学に合格できました。 長文を読めるようになったことで、英語に対する苦手意識がなくなりました。 英文を読むコツを教えてもらえて良かったです。 読解力は大学受験時だけでなく、その後論文を読むときなどにも役立っています。 予備校に通っても英語の点数が伸びなかったため、池田英語塾に入りました。 長文読解法が革命的で、知らない単語があっても読解できるようになりました。

次の