第49回衆議院議員総選挙。 第48回衆議院議員総選挙の投票率の実情をさぐる(不破雷蔵)

第48回衆議院議員総選挙の投票率の実情をさぐる(不破雷蔵)

第49回衆議院議員総選挙

国政選挙における年代別投票率について 国政選挙の年代別投票率は、平成29年10月に行われた第48回衆議院議員総選挙では、10歳代が40. 49%、20歳代が33. 85%、30歳代が44. 75%となっています。 (全年代を通じた投票率は53. 68%) また、令和元年7月に行われた第25回参議院議員通常選挙では、10歳代が32. 28%、20歳代が30. 96%、30歳代が38. 78%となっています。 (全年代を通じた投票率は48. 80%) このように、若年層全体としては、投票率はいずれの選挙でも他の年代と比べて、低い水準にとどまっていることから、総務省では、特に若年層への選挙啓発や主権者教育に取り組むとともに、関係機関等と緊密な連携を図り、投票率の向上に努めることとしています。 衆議院議員総選挙における年代別投票率の推移 参議院議員通常選挙における年代別投票率の推移•

次の

第4回衆議院議員総選挙

第49回衆議院議員総選挙

57 73. 44 73. 50 第2区 149,046 170,199 319,245 116,006 132,618 248,624 33,040 37,581 70,621 77. 83 77. 92 77. 88 市部 224,050 252,965 477,015 166,609 188,572 355,181 57,441 64,393 121,834 74. 36 74. 54 74. 46 郡部 60,217 68,218 128,435 48,881 54,925 103,806 11,336 13,293 24,629 81. 17 80. 51 80. 82 合計 284,267 321,183 605,450 215,490 243,497 458,987 68,777 77,686 146,463 75. 81 75. 81 75. 81 全国 66. 80 68. 18 67. 51 当日有権者数、投票者及び投票数 市郡別 選挙当日の有権者 比例代表 投票者数 棄権者数 投票率% 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 市部 224,149 99 253,104 139 477,253 238 166,604 29 188,582 35 355,186 64 57,545 70 64,522 104 122,067 174 74. 33 29. 29 74. 51 25. 18 74. 42 26. 89 郡部 60,262 45 68,268 50 128,530 95 48,885 16 54,913 10 103,798 26 11,377 29 13,355 40 24,732 69 81. 12 35. 56 80. 44 20. 00 80. 76 27. 37 合計 284,411 144 321,372 189 605,783 333 215,489 45 243,495 45 458,984 90 68,922 99 77,877 144 146,799 243 75. 77 31. 25 75. 77 23. 81 75. 77 27. 03 全国 66. 75 26. 42 68. 13 25. 11 67. 46 25. 78 ()内は、比例代表のうちの在外投票。 投票数 区分 投票総数 有効投票数 無効投票数 無効投票率% 小 選 挙 区 第1区 210,359 207,196 3,163 1. 50 第2区 248,620 244,919 3,701 1. 49 市部 355,173 349,998 5,175 1. 46 郡部 103,806 102,117 1,689 1. 63 合計 458,979 452,115 6,864 1. 50 全国 平均 69,524,632 68,066,292 1,458,340 2. 10 比 例 代 表 市部 355,179 346,242 8,937 2. 52 郡部 103,797 100,580 3,217 3. 10 合計 458,976 446,822 12,154 2. 65 全国 平均 69,528,426 67,811,069 1,717,357 2. 717 落 こむろ寿明 (小室寿明) 34,999 男 44 民主党 新 重 27.

次の

第48回衆議院議員選挙(衆議院議員総選挙)2017年10月22日投票 | 選挙ドットコム

第49回衆議院議員総選挙

この記事で示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、特定が求められています。 ご存知の方はをお願いします。 後、下(帝国議会)における最後の総選挙となった。 また、男女制度を採用して初の選挙となった。 概要 [編集 ] 敗戦後、(GHQ)による間接統治が行われることとなった。 帝国議会も翼賛体制が崩壊し、日本進歩党、日本自由党、日本社会党など戦前の政党を系譜とする主要政党以外にも、日本協同党や非合法とされた日本共産党のほか、政党が相次いで結成された。 そのような中で、政治的自由や民主的選挙の実施を目的とした衆議院議員選挙法改正が施行され、衆議院が解散された。 占領下の(北海道2区)及び占領下の(東京2区)と(鹿児島全県区)と(沖縄全県区、定数2)については選挙が実施されなかった。 東京2区と福井全県区で定数のうち最下位の各1名分が法定得票数に達せず、が実施された。 選挙データ [編集 ] 内閣 [編集 ]• 選挙時:(第44代)• 選挙後:(第45代) 解散日 [編集 ]• (昭和20年) 解散名 [編集 ]• 解散 公示日 [編集 ]• (昭和21年) 投票日 [編集 ]• 1946年(昭和21年)4月10日 改選数 [編集 ]• 466 法定数は468、定数2のはアメリカ軍政下にあり選挙は行われなかった。 選挙制度 [編集 ] 投票へ向かう有権者• 02人区:1• 04人区:2• 05人区:5• 06人区:7• 07人区:5• 08人区:4• 09人区:8• 10人区:6• 11人区:5• 12人区:2• 13人区:4• 14人区:3 ・・・・・の6都道府県は2選挙区に分割され、それ以外の40府県は全域で単一の選挙区となった。 定数が最少の4人区は全県区と全県区。 沖縄全県区に限っては特に2人区としたが、同県でこの選挙は結局行われなかった。 定数が最多の14人区は北海道1区・全県区・全県区。 (北海道は1区と2区の合計が23人で、東京都の1区2区合計22人を上回る全国最多の定数配分を受けた。 ) 投票方法 、(定数10以下で2名、11以上で3名)、1票制 選挙権 満20歳以上の日本国民男女 改正衆議院議員選挙法(昭和20年法律第42号)の附則に「戸籍法ノ適用ヲ受ケザル者ノ選挙権及被選挙権ハ当分ノ内之ヲ停止ス」により、前回の総選挙まで選挙権・被選挙権を有していた日本に在住する朝鮮人・台湾人の参政権が停止された。 被選挙権 満25歳以上の日本国民男女 有権者数 36,878,420(男性:16,320,752 女性:20,557,668) 選挙活動 [編集 ] 進歩党総裁の町田忠治など前議員の多数がに該当して出馬を断念したほか、この選挙で当選した議員の中にもその後に公職追放に該当するとの通知を受けて議員辞職した者がいた。 党派別立候補者数 [編集 ] この節のが望まれています。 党派 合計 前 元 新 男性 女性 公示前 日本自由党 486 15 42 429 17 日本進歩党 380 18 23 339 26 日本社会党 330 7 18 305 8 日本共産党 143 0 0 143 0 日本協同党 94 1 1 92 1 諸派 570 1 4 565 1 無所属 767 4 11 752 5 合計 2,770 46 99 2,625 2,691 79 58 出典:• 候補を擁立した政党数:258 候補者数、政党数はいずれも総選挙史上最多。 選挙結果 [編集 ] 党派別獲得議席 [編集 ]• d 第22回衆議院議員総選挙 1946年(昭和21年)4月10日施行 党派 獲得 議席 増減 得票数 得票率 公示前 140 0123 13,505,746 24. 08%(前回比: 11. 08%) 【 男性:78. 52%(前回比: 4. 64%) 女性:66. 97%(初)】 党派別当選者内訳 [編集 ] 党派 合計 前 元 新 男性 女性 日本自由党 140 14 24 102 136 4 日本進歩党 94 14 8 72 88 6 日本社会党 92 7 15 70 84 8 日本協同党 14 1 1 12 14 0 日本共産党 5 0 0 5 4 1 諸派 38 0 1 37 27 11 無所属 81 4 2 75 72 9 合計 464 40 51 373 425 39 出典:朝日新聞「朝日選挙大観」 都道府県別獲得議席 [編集 ] 都道府県 定数 自由 進歩 社会 協同 共産 諸派 無 欠員 01北海道 23 6 0 4 7 1 3 2 0 02青森県 7 2 3 1 0 0 0 1 0 03岩手県 8 4 2 2 0 0 0 0 0 04宮城県 9 3 1 1 0 0 3 1 0 05秋田県 8 1 1 3 0 0 2 1 0 06山形県 9 3 1 1 0 0 1 3 0 07福島県 13 4 6 2 0 0 0 1 0 08茨城県 13 4 5 1 0 0 0 3 0 09栃木県 10 2 4 2 1 0 1 0 0 10群馬県 10 1 5 3 0 0 0 1 0 11埼玉県 13 8 2 2 0 0 1 0 0 12千葉県 13 6 2 1 0 0 1 3 0 13神奈川県 12 6 0 4 0 0 1 1 0 14山梨県 5 1 1 2 0 0 0 1 0 15東京都 22 7 1 9 0 2 2 0 1 16新潟県 15 5 5 4 0 0 0 1 0 17富山県 6 1 2 0 0 0 2 1 0 18石川県 6 3 0 1 0 0 0 2 0 19福井県 5 1 1 0 0 0 0 2 1 20長野県 14 2 1 3 1 1 1 5 0 21岐阜県 10 5 2 1 0 0 0 2 0 22静岡県 14 7 0 3 1 0 1 2 0 23愛知県 18 4 5 3 0 0 2 4 0 24三重県 9 1 4 1 0 0 1 2 0 25滋賀県 6 3 0 2 0 0 0 1 0 26京都府 10 3 1 3 0 0 0 3 0 27大阪府 18 3 4 5 0 1 3 2 0 28兵庫県 18 5 7 4 1 0 0 1 0 29奈良県 5 1 1 0 1 0 0 2 0 30和歌山県 6 3 1 0 0 0 0 2 0 31鳥取県 4 1 1 0 0 0 0 2 0 32島根県 6 1 2 2 0 0 0 1 0 33岡山県 10 3 2 2 0 0 0 3 0 34広島県 12 3 1 3 0 0 2 3 0 35山口県 9 4 0 1 0 0 1 3 0 36徳島県 5 0 0 0 0 0 0 5 0 37香川県 6 3 0 2 0 0 0 1 0 38愛媛県 9 2 4 2 0 0 1 0 0 39高知県 5 2 1 2 0 0 0 0 0 40福岡県 18 2 5 8 0 0 0 3 0 41佐賀県 5 2 2 0 0 0 0 1 0 42長崎県 8 5 1 1 0 0 0 1 0 43熊本県 10 4 2 1 0 0 0 3 0 44大分県 7 2 2 0 0 0 2 1 0 45宮崎県 6 0 0 0 0 0 4 2 0 46鹿児島県 11 1 2 1 2 0 3 2 0 47沖縄県 2 - - - - - - - 2 合計 468 140 94 92 14 5 38 81 4 政党 [編集 ] :140議席 総裁: 幹事長 : 総務会長 : 政務調査会長: :94議席 総裁: 幹事長 : 総務会長 : 政務調査会長:木村小左衛門 :92議席 :(空席) 書記長: :14議席 委員長: 副委員長 : 書記長 : 政務調査会長: :5議席 : 政治局員: :38議席• 4議席(1団体) 日向民主党 :、、、森由己雄(いずれも宮崎全県区)• 3議席(2団体) 北海道政治同盟 :、(いずれも北海道1区)、(北海道2区) 宮城地方党 :、安部俊吾、(いずれも宮城全県区)• 2議席(3団体) 農本党 :麻生正蔵、稲田健治(いずれも富山全県区) 広島協同民主党 :大宮伍三郎、(いずれも広島全県区) 日本農本党 :、原国(いずれも鹿児島全県区)• 1議席(22団体) 新生公民党 :(愛知1区) 三州農民党 :(愛知2区) 新日本建設同盟 :(三重全県区) 民本党 :(大阪1区) 日本婦人党 :(大阪2区) 全日本職域同志会:(大阪2区) 青年民主主義同盟:(山口全県区) 日本民主党 :布利秋(愛媛全県区) 大分県農本党 :平野八郎(大分全県区) 農民党 :原尻束(大分全県区) 民権同志会 :(鹿児島全県区) 議員 [編集 ] 当選者 [編集 ] 自由党 社会党 進歩党 協同党 共産党 諸派 無所属 1区 2区 全県 全県 及川規 全県 安部俊吾 丹野実 全県 丸山修一郎 島田晋作 大井直之助 鈴木弥五郎 全県 全県 荒木武行 太田秋之助 鈴木周次郎 全県 大津桂一 河原田巌 細田綱吉 宮原庄助 全県 江部順治 杉田一郎 全県 飯島祐之 山田悟六 町田三郎 滝沢浜吉 全県 全県 横田清蔵 青木泰助 斉藤行蔵 藤田栄 全県 鈴木憲一 小此木歌治 磯崎貞序 金井芳次 全県 1区 (欠員) 2区 1区 白井秀吉 小沢国治 2区 吉沢仁太郎 全県 中田栄太郎 麻生正蔵 稲田健治 全県 (欠員) 全県 全県 伊藤恭一 水口周平 稲葉道意 田中実司 日比野民平 全県 増井慶太郎 大塚甚之助 加藤一雄 1区 白木一平 2区 全県 全県 堤隆 全府 竹内克巳 1区 細川八十八 2区 原藤右門 1区 川西清 森崎了三 佃良一 細田忠治郎 2区 八木佐太治 小池新太郎 小笹耕作 全県 全県 全県 佐伯忠義 全県 全県 西山富佐太 中原健次 滝沢脩作 全県 大宮伍三郎 原侑 全県 久芳庄二郎 田村定一 厚東常吉 田辺譲 全県 全県 全県 桂作蔵 林田哲雄 布利秋 稲本早苗 全県 1区 山田善三 古賀喜太郎 2区 石崎千松 森本義夫 全県 田中善内 全県 栗原大島太郎 全県 橋本二郎 渕田長一郎 全県 塩月学 平野八郎 原尻束 八坂善一郎 全県 鹿島透 甲斐政治 森由己雄 全県 的場金右衛門 井上徳命 原捨思 原国 全県 (欠員) (欠員) 補欠当選等 [編集 ] 年 月日 選挙区 選出 当選者 所属党派 欠員 所属党派 欠員事由 1946 5. 15 東京1区 繰上 自由党 自由党 1946. 7公職追放 6. 6 福井全県区 再選挙 社会党 - - 最下位が法定得票に達せず 7. 1 東京2区 再選挙 自由党 - - 最下位が法定得票に達せず 福井全県区 繰上 進歩党 進歩党 1946. 22辞職 広島全県区 繰上 林興一郎 協同党 進歩党 1946. 22辞職 7. 4 広島全県区 繰上 協同党 自由党 1946. 22辞職 7. 8 福岡1区 繰上 古賀太郎 無所属 社会党 1946. 22辞職 神奈川全県区 繰上 共産党 自由党 1946. 22辞職 7. 12 香川全県区 繰上 進歩党 自由党 1946. 22辞職 9. 19 群馬全県区 繰上 進歩党 社会党 1946. 11死去 1947 3. 1 鹿児島全県区 繰上 自由党 協同党 1947. 14辞職 3. 19 三重全県区 繰上 自由党 進歩党 1947. 8辞職 3. 27 滋賀全県区 繰上 長野重右ヱ門 進歩党 堤隆 社会党 1947. 22死去 出典: 初当選 [編集 ] 計373名 日本自由党 102名 議場の議席に座る女性代議士 当選挙は、日本で初めて女性に参政権が認められた選挙となった。 日本初の女性代議士となったのは、以下の39名である。 ので43名が当選するまで、女性代議士の当選最多記録となっていた。 (五十音順) 氏名 選挙区 政党 年齢 職業 長野 日本平和党 34 主婦 福井 44 無職 京都 無所属 49 無職 宮崎 日向民主党 41 無職 東京2 49 著述業 北海道1 35 無職 京都 無所属 55 無職 徳島 無所属 52 無職 愛知1 新生公民党 60 名古屋高等女学校校長 岡山 無所属 44 岡山高等女学校教諭 和歌山 40 無職 福島 日本社会党 47 無職 三重 日本社会党 47 無職 岩手 日本進歩党 49 農業 茨城 日本自由党 38 無職 千葉 新日本青年党 31 会社役員 東京1 日本自由党 65 医師 広島 日本自由党 49 学校法人理事 鳥取 無所属 53 助産婦 栃木 日本民党 37 無職 京都 京都女子自由党 52 医師 兵庫1 無所属 55 医師 北海道1 日本社会党 56 日用品活用協会嘱託 新潟2 無所属 49 無職 大阪2 日本婦人党 37 無職 神奈川 日本社会党 48 日本女性英学院校長 東京2 餓死防衛同盟 27 無職 大阪1 民本党 26 会社経営 新潟1 日本進歩党 54 無職 群馬 日本進歩党 43 無職 福岡1 日本進歩党 55 女学校講師 東京1 日本社会党 29 山口自転車炊事部長 静岡 日本社会党 45 無職 福島 日本進歩党 45 会社役員 熊本 無所属 47 会社社長 神奈川 新日本婦人党 36 無職 石川 日本社会党 49 無職 山形 中道会 44 無職 秋田 無所属 61 無職 選挙後 [編集 ] 1946年(昭和21年)4月16日、幣原が進歩党総裁に就任し政権居座りを模索するも、各党の反対により4月22日に内閣は総辞職した。 そして5月2日、自由党総裁の鳩山一郎にが下りるも、5月4日に鳩山が公職追放通知をうけて大命拝辞する。 5月16日、外務大臣のに大命降下され、5月22日にが発足する。 帝国議会 [編集 ] 第90回帝国議会 会期:1946年(昭和21年)5月16日 - 11月24日 会派 所属議員 142 97 95 38 33 新光倶楽部 29 無所属倶楽部 25 5 欠員 4 総計 468 出典:• (連記投票、投票者数:443 過半数:223) - 議会で3名候補者を選出し上奏、天皇がうち1名を勅任する。 次に得票が高い樋貝が議長に勅任された。 三木は5月23日公職追放された。 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 橋本五郎、飯田政之、加藤秀治郎「日本政治ハンドブック: 政治ニュースがよくわかる! 」(一藝社)。 - 内閣府男女共同参画局• - 帝国議会会議録データベース• 第3条 関連項目 [編集 ]• 参考文献 [編集 ]• 著『新しき明日の来るを信ず-はじめての女性代議士たち』、1999年 ISBN 4140804394• 上条末夫 1990年3月. 駒沢大学法学部研究紀要. 駒沢大学. 2020年4月2日閲覧。 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年• ・著『戦後政治史』岩波新書、2010年• 神田広樹 2014年6月. 国立国会図書館. 2019年10月閲覧。 佐藤令 2005年12月. 国立国会図書館. 2016年5月26日閲覧。 - 国立国会図書館デジタルコレクション 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NHKアーカイブス.

次の