お待ちしております 就活。 「待っている」の敬語とは? 「お待ち申し上げております」が正解【ビジネス用語】

「お待ちしております」の意味と使い方

お待ちしております 就活

コンテンツ目次• その意味と使い方をみていきましょう。 【「お待ちしております」の意味とは】 この言葉は純粋に、「待っています」という意味を表すもの。 さらに敬語をとった形が「待っている」という言葉です。 そもそも「待つ」とは、順番を待ったり、人を待ったり、手紙やメールの返事を待ったり…といった何かが来ることを望みながら時間を過ごすことを意味します。 【どんな使い方が正解?】 「お待ちしております」というフレーズを使うことが多い場面は、目上の人に対して話すときではないでしょうか。 敬語表現として、よくビジネスシーンでも聞かれる言葉です。 敬語表現の中でも、謙譲語に分類されます。 その理由は、「いる(居る)」を「おります」と謙譲語に置き換えられているからです。 「お」は「待つ」につけた丁寧な言葉として表現されています。 自分よりも相手が目上であることを示すときに使われる謙譲語。 ビジネスシーンでは、会社の上司や取引先、お客さまのような目上の人物に対して使用します。 その他に、 「お待ち申し上げております」という敬語を使う場合もあります。 この場合は、動詞の「待つ」に敬意を表すときに、「言う」の謙譲語である「申し上げる」を使って尊敬の意を相手に伝えるときに使われるようです。 「お待ちしております」という言葉よりもより丁寧で敬意が強く現れる表現となります。 一般的なビジネスシーンでは、「お待ちしております」という謙譲語を使用するのがベターだといえるでしょう。 「お待ちしております」という言葉を使ってもよいのかどうか、悩む人も多いことでしょう。 そんな中、よく迷う言葉が「ご連絡お待ちしております」という敬語表現です。 「ご」と「お」をつけることで二重丁寧語になっているのではないか…と考えてしまうケースが見受けられます。 この場合は、「ご連絡」という丁寧語が相手に対しての敬意を表す表現になるため、「ご」をとってしまうことで敬意を欠いてしまう言い方になるようです。 そのため、「ご」は必ずつけて丁寧に相手に伝えましょう。 さらに、「ご連絡をお待ちしております」といったように、間に「を」と挟むことで丁寧度を増す言い方もできます。 また、メール文では、最後の締めの文章として使われることが多いことから、より丁寧に伝えることも問題ないと言われているようです。 たとえば、「ご連絡のほど、何卒お願いいたします」「ご連絡、お待ちいたしております」といった少し丁寧すぎる印象を与えてしまいそうな表現で伝えてもよいでしょう。 しかし、いざ声に出して敬語を使うときに、どんな風に話したらよいのか戸惑ってしまう人も多いはず。 そんなときは、間に一呼吸おいて伝えてみる方法がおすすめです。 たとえば、「ご連絡お待ちしております」と相手に伝えたいときに、「ご連絡」で一呼吸おいて「お待ちしております」と続けます。 一呼吸おくことにより、丁寧さを印象づけることができ、さらにしっかりと伝えることができます。 さらに、最後に心を込めてお辞儀をプラスすることで印象アップにつながることでしょう。 しかし、なれない敬語を無理に使おうとすることで、相手に失礼な言葉や態度を見せてしまうこともあります。 丁寧な言葉使いは、普段から使い慣れておくことが大切です。 就職活動を本格的に行う前に、日常生活の中でも違和感なく使えるようにマスターしておくとよいでしょう。 言葉にばかりとらわれてしまうことで、自己PRに力を注げないこともあるため、ほどほどに自分らしさを表現することを忘れない範囲でチャレンジすることが大切だといえます。 「敬語をきちんと使える自信がない」「面接でどんな風に臨んでいいのかわからない」といった悩みをお持ちの方、ぜひ一度就活・転職に関するプロのアドバイザーに相談してみませんか? 当ハタラクティブでは、アドバイザーとのマンツーマンのカウンセリングを行っています。 悩み相談はもちろん、敬語の使い方、面接対策、履歴書の書き方、企業への対応の仕方などにも対応。 さまざまなサポートを受けることができます。 一人で悩んでしまう時間を有効活用したい方、万全の準備を行って就活・転職活動に臨みたい方におすすめです。 ぜひハタラクティブのサービスを活用して新たな道を歩みませんか?.

次の

就活シーンでも活用する「お待ちしております」の使い方|ハタラクティブ

お待ちしております 就活

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 ・「謙譲語」目上の人に対して自分を謙っていう表現 ・「尊敬語」目上の人の動作に使用し、敬意を表現する ・「丁寧語」丁寧な表現をして目上の人への敬意を表す 誤って自分の動作に対して尊敬語を使用してしまったり、目上の方へ謙譲語を使用してしまうと失礼な印象を与えてしまいます。 例えば「上司にも申し上げておきます」は、自社側の上司に謙譲語を使用してしまっています。 正しくは「上司にも申し伝える」になります。 また一つの語に、敬語が二重で使用されている二重敬語も誤った表現です。 例えば、「伺わせて頂きます」は謙譲語の「伺う」と謙譲語の「頂きます」が使用されているので二重敬語です。 正しくは「伺います」となります。 目上の人へ連絡してほしい旨を伝えるには? 目上の人に連絡してほしいと伝えるには、「ご連絡お待ちしております」は正しい表現です。 まず「連絡」は目上の人の動作なので、「ご連絡」というのが適切です。 「待っている」は自分の行為ですので、目上の人に対して謙って表現する必要があります。 「待っている」は「待つ」と「いる」の二語で構成されています。 目上の人に対して謙って表現する「謙譲語」に直すと、「待つ」は「お待ちする」「お待ちいたす」となり、「いる」は「おる」です。 このように一語ごとに区切って考えると、「お待ちしております」は正しいとわかります。 「ご連絡お待ちしております」は一見二重敬語と思われがちですが、細かく分けると正しい敬語であることがわかりやすくなります。 「ご連絡お待ちしております」は、締めの文章としてビジネスメールの中で使いやすい言葉です。 検討や確認を促すために、メールの締めくくりに、「ご連絡お待ちしております」を使います。 「ご連絡お待ちしております」と締められていることで、連絡しなければと相手に意識づけることができます。 「ご連絡お待ちしております」の一文があるだけで読み飛ばされるだけのメールになってしまうところ、しっかり検討してもらえるメールになります。 「ご連絡お待ちしております」は、以下の例文のように、相手からの連絡を求める際に使います。 ご連絡お待ちしております 「ご連絡お待ちしております」に、別文章で、相手の行為を促すこともできます。 その際は最後に「ご連絡お待ちしております」で締めくくるという使い方がおすすめです。 例文 「ご連絡お待ちしております」は正しい敬語なので就職活動で就活生から企業に対しても使用できます。 ただ、正しい敬語にもかかわらず「ご連絡お待ちしております」は上から目線だと感じる人も中にはいます。 正しい敬語を使用しているのに、採用担当が正しい敬語を理解していないせいで失礼な印象がついてしまうのは悔しいです。 「ご連絡お待ちしております」を使用せず、正しい敬語の知識を持たない採用担当にも、きちんと敬意が伝わる言い回しとして、「ご連絡のほど、何卒お願い致します」を使用するといいでしょう。 ここで注意すべきなのが、「何卒よろしくお願いいたします」という言い方にならないよう気を付けることです。 これは厳密に言うと、「宜しく」と「よろしく」だと「宜しく」の方が格が落ちます。 そのため、誤解されてしまう言葉を省いた「何卒お願いいたします」という表現をします。 面接時の「ご連絡お待ちしております」の例.

次の

ヤマハサウンドシステム株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

お待ちしております 就活

クライアントからの電話やメール、お客さまの来店など、ビジネスでは何かを「待つ」というシーンが多くあります。 では、相手に「待っている」という気持ちを伝える時、あなたはなんて言いますか? 本稿では、「待っている」の敬語表現についてご紹介します。 それぞれどのような敬語なのか、詳しく見ていきましょう。 「お待ちしています」 「お待ちしています」という言葉は、「待っている」の「待つ」に、丁寧さを表す接頭語「お」を付け、「いる」に「ですます調」の「ます」を加えた丁寧語です。 「お待ちしております」 「います」の謙譲語が「おります」であることから、「お待ちしております」は謙譲語になります。 「お待ち申し上げております」 「お待ち申し上げております」は、「お待ちしております」と同様の謙譲語です。 「お待ちしております」と違う点は「申し上げる」という部分になりますが、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 さらに、「います」の謙譲語「おります」が付いていますので、「お待ち申し上げております」という言葉は、とても丁寧で敬意の強い謙譲語と言えるでしょう。 「お待ちしています」は丁寧語ですから、基本的には誰に対しても使える言葉ですが、とりわけビジネスシーンでは、上司やお客さまといった目上の人を立てる必要があります。 そのため、目上の人に対しては、謙譲語である「お待ちしております」や「お待ち申し上げておりまのす」を用いた方が適切です。 ただし、「お待ちしております」よりも「お待ち申し上げております」の方がより敬意の強い謙譲語だということを覚えておきましょう。 最も丁寧で敬意の強い謙譲語「お待ち申し上げております」ですが、実は、二重敬語 ひとつの文章に複数の敬語 であるため、敬語としては誤りであるという見解もあります。 そもそも二重敬語が駄目だとされている理由は、丁寧に話そうとするあまり無理に敬語を重ね、相手に違和感を与えてしまうことが結果的に失礼にあたるからです。 例えば、「少しお待ちいただけますか」で十分なところ、「少しお待ちしていただけますか」と言ってしまうなど、敬語に不慣れな若者に多く見られる誤りです。 相手に敬意を示そうという気持ちは理解できますが、相手にスムーズに伝わらないようでは、敬語以前に言葉として不適切です。 その点、「お待ち申し上げております」は二重敬語とはいえ、不適切という程の違和感はありません。 他にも、「お慕い申し上げております」なんて言葉もありますが、こういった表現は、すでに多くのシーンで使われており、敬語として認められていると言えます。 ただ、二重敬語は皇族に対して使われるなど、とても堅苦しい表現になりますので、自分から見て非常に上の立場にある人に対してや、重要な文章にだけ使う程度に留めておいた方がいいかもしれません。 自分がお客さまの立場だとしたら、面と向かって「またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と言われたら、敷居を高くされた感じがして、お店に近づき難い印象を受けてしまいます。 そんな時は、「またのご来店を心よりお待ちしております」くらいの方がいいのではないでしょうか。 敬語というものは、言葉が足りなければ不十分とされ、多ければ多いで失礼とされてしまう少々厄介な表現です。 しかしながら、そんな敬語を正しく使い分けることができてこそ"常識ある大人"と言えるのではないでしょうか。 大人として、社会人のマナーとして、正しい敬語をしっかりと身につけておきたいものですね。

次の