ふくろう カフェ 楽園。 高崎市にもふくろうカフェがオープン!「ふくろうカフェ楽園」

【ふくろうカフェ楽園】群馬県高崎市にあるオススメ癒しスポット!|Tax Coffee

ふくろう カフェ 楽園

フクロウカフェとは? フクロウカフェは 他のアニマルカフェと同様に食事をしつつ フクロウとふれあいを楽しむカフェです。 店内にはフクロウが数羽放たれており、 自由に触ったり 腕に乗せたりすることができます。 一緒に写真を撮れるカフェもあります。 その際はフクロウの目にフラッシュの光を 当てないようにしましょう。 フクロウは夜行性です。 でもだからと言って昼間は 何も活動しないわけではありません。 目も見えているしエサも食べます。 ただ、活発に行動するのは 夜の方が多いという事なのです。 フクロウカフェではもちろん 睡眠を取っているフクロウもいますが、 お客さんと触れ合っている フクロウも多いのです。 販売店を併設しているカフェもあり、 そういう所では購入も可能です。 群馬のフクロウカフェとは? カフェは集客の為に都内や 賑やかな都市にオープンする事が多いです。 そんな通説を翻したのが 群馬で初めてのフクロウカフェとなった 「ふくろうカフェ 楽園」 です。 都内などでフクロウカフェを出店しているのは 企業が多いですが、 この楽園のオーナーは個人の方です。 元々フクロウが好きで自宅で飼育しており、 あちこちのフクロウカフェに 足を運んでいたオーナーさんが 「なぜ群馬にはフクロウカフェが 無いのだろう?」 と疑問を感じ、それならば と実際に作ってしまったお店です。 森をイメージして作られた店内には 10羽を超えるフクロウが お客さんを待っています。 群馬を始め、周囲の都道府県にも フクロウが好きな人はたくさんいます。 実際に女性や家族連れがオープンから 連日多く訪れています。 「フクロウカフェ 楽園」詳細• 住所:群馬県高崎市棟高町1802-17• 電話:080-9193-2960• 営業時間:12時~19時• 定休日 月曜日• 料金:1時間 ワンドリンク付き 一人1200円 (中学生以下 800円) ふくろうカフェのメリットは? フクロウをペットとして 飼っている人が年々増えています。 「夜行性で肉食であの 大きな目がちょっと怖い」 と思っていても、 実際に触れ合うと ふわふわの毛が気持ちよく、 腕に乗る姿が可愛らしいです。 でも自宅で飼えない人も多いのが事実。 理由としては• 他の動物を飼っている• 面倒を見る自信がない 理由は人それぞれですがそんな人達に フクロウカフェはおすすめです。 群馬県では「楽園」以外にも これからフクロウカフェが きっと増える事でしょう。 「楽園」のオープン以降、 フクロウが好きな人達にとって群馬県は 「特別な場所」になっています。 休みの日には混雑して 入店できない人もいるそうなので 予約は必須です。 遠方のフクロウ好きさんもぜひ 旅行の際に観光プランに「楽園」を 加えてみてはいかがでしょうか?.

次の

群馬の人気フクロウカフェは?料金相場や内容は?

ふくろう カフェ 楽園

たとえひどい環境であっても、食べ物と水があれば、ある程度の期間、生きることができる。 しかし、自由がなく、習性や欲求を満たすことのできなければ、動物は徐々に身体的・精神的にも追い込まれていく。 ストレスが人間の病気の大半の原因となっていることは誰もが知る事実だが、同じことが他の動物にも言える。 このことを考慮せず、簡単には死なないことを利用した娯楽が日本で広がっている。 フクロウなどの野生動物を利用した「アニマルカフェ」だ。 フクロウカフェでは、フクロウの足をリーシュという短い縄で繋いで飛べないように拘束し、様々な種類のフクロウを多数並べて展示する。 客は金を払って入場し、フクロウのそばに近づき、スマホで写真を撮り、触り、好みのフクロウを指名し、腕に乗せてみたりする。 フクロウは、拘束されて飛べないがバタバタと羽を広げ飛翔を試み、足の拘束を解こうとリューシュを噛むという行動を見せる。 獲物を探すときや異変を感知した際に行う、首をぐるぐると回し状況を把握しようとする行為をすることもある。 その他の時間は周りで写真を撮り動き回る人間の行動や、室内の微妙な変化を見続ける。 客がフクロウカフェに滞在する時間は30分~1時間程度だが、フクロウたちは一日中そこに居続けなければならないのだ。 「かわいい」「癒される」……その裏側には多くの問題がある。 私が代表理事を務めるNPO法人が調査した16軒のフクロウカフェからみた実態を具体的に見ていこう。

次の

ふくろう珈琲店(滋賀県大津市)の場所と行き方は?評判やメニューも調べてみた【人生の楽園】

ふくろう カフェ 楽園

見出し• コンセプトは癒しの空間 高崎イオンへ向かう県道25号線沿いに2016年8月にオープンしたふくろうカフェ 「楽園」。 かわいいフクロウ達と触れ合いながら、ドリンクが楽しめます。 店内に入ると、受付兼レジがあり、 フクロウがお出迎えしてくれます。 中へ進むとカウンターや丸いベンチシートが用意され、 小さな窓からは太陽の光が差し込み、森のなかに迷い込んだかのようです。 そして店内を見回すと、まるで森のような緑が広がります。 ワンドリンク無料で、一口サイズのお菓子もついてきます。 動物を扱うので、食事など食べ物の提供はありません。 メイソンジャーに入ったドリンクをストローでいただきます。 フクロウたちを紹介 フクロウたちには、それぞれ名前がつけられています。 アメリカフクロウのタイガー オーストラリアや南アフリカ、アメリカ大陸、 インドネシアに生息するメンフクロウの黒豆とソルト アフリカオオバコノハズクのラッキーとニュージランドアオバズクのキャンディー ヨーロッパや北西アフリカ、カスピ海などに生息するモリフクロウのマロンとモモ アルゼンチン北西部出身のスピックスコノハズクのラム ボリビア、パラグアイに生息するチャコモリフクロウのマーブル いかつい顔つきのキッド ハリーポッターで話題となった白いフクロウのパーラは、店内でも人気のフクロウです。 変わったお顔のフクロウさんも! こんなかわいらしいフクロウを触ってなでて眺めて楽しむこともできます。 一部のフクロウを除いて、腕や肩に乗せてみることもできます。 鍋つかみのような綿の入った手袋をして安全性を保ちながら、 好きなフクロウを1羽手に乗せることができます。 少し最初はドキドキしますが、安全なので大丈夫。 緊張しないで優しい気持ちで触れ合うといいでしょう。 本物のフクロウやフクロウアイテムも販売中 メンフクロウは180000円から、モリフクロウは380000円から販売されています。 またフクロウゲージの販売もおこなっています。 可愛いフクロウグッズも充実 ふくろうブローチやぬいぐるみ、ボールペン、お財布、 バッグ、ペンダントなど様々なアイテムを販売しています。 どれも可愛いフクロウがモチーフになっています。 白い蛇で金運アップ? 白い蛇のチロルちゃんもフクロウカフェで待っています。 白い蛇は金運アップにつながるといわれており、 チロルちゃんやほかの 蛇パイソンの抜け殻が何と200円で販売されています。 チロルちゃんをこんな風に首にかけてみたい人は、スタッフに声をかけてみましょう。 ふくろうカフェを満喫したあとは、「洞窟観音」の観光もオススメ。 延長料金大人500円・子供(中学生以下)300円 延長料金にドリンクはつきませんが 希望者には100円でワンドリンクの提供があります。 ふくろうカフェ楽園アクセス 住所: 群馬県高崎市棟高町1802-17 電話: 080-9193-2960 料金: 大人1200円 子供(中学生以下)800円 ワンドリンク付き 営業時間: 平日12:00~19:00 土曜日曜祝日11:00~20:00 定休日: 月曜日(祝日は営業) 駐車場: 28台 閉店時間の1時間前まで入店可能です。 予約制ではありませんが、事前に予約をしておくと待ち時間が少なくて済みます。 フクロウの見学、ふれあい、写真撮影は可能ですが、フラッシュ撮影は禁止です。 群馬初!ふくろうカフェ楽園でフクロウとふれあおう!まとめ 群馬県で初めてのふくろうカフェいかがでしたか? フクロウの森でドリンクを楽しんだり、フクロウと触れ合ったりできるまさに楽園。 店内の雰囲気はとても自然に近く、小鳥のさえずりも聞こえてきます。 フクロウによって性格や動きが違うので、とても面白いですよ。 ふくろうカフェ楽園でフクロウと触れ合う非日常的な体験をしてみてはいかがでしょうか。

次の