ブルー スリー ヌンチャク。 ブルースリーの身長と体重|小柄なのにも関わらずなぜ強かったのか?

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」公式ホームページ

ブルー スリー ヌンチャク

経歴 [ ] 出生・幼少時代 [ ] 父親ので演劇の役者のと、コーカソイド・のハーフの母親(中国名:何愛瑜、の実業家 () の娘)が家族を連れて長期アメリカ巡業中、辰年の、辰の刻(午前8時)にのの病院で生まれた。 5人兄弟の次男、兄弟には、姉フィービー・リー(李秋圓)、アグネス・リー(李秋鳳)、兄・ピーター・リー( ())がいた。 弟・ロバート・リー()は、8歳下である。 映画には芸名の 李小龍で出演している。 生後3ヶ月あまりでサンフランシスコで製作された映画『金門女』()に出演した。 その後の下のに帰国した。 1941年12月からとイギリスが開戦し、香港がの下におかれ映画の製作が止まったために出演作はないが、終了後、製作が再開された8歳頃から子役として数多くの映画に出演。 また香港分会にて北派の邵漢生に指導を受け、節拳(弾腿門)などを学んだ。 また1953年には13歳のブルース・リーが5年間、の使い手であるのもとで修業している。 と18歳のブルース・リー 渡米・結婚 [ ] 何不自由なく育ったリーの将来を心配した父は、「俳優の不良息子」として悪名を知られた香港から離し、渡米を命じる。 18歳のリーは、わずか100ドルの所持金で単身渡米し、に移り住む。 新聞配達のアルバイトをして職業訓練学校のシアトル・セントラル・カレッジに通い卒業資格を得て、哲学科に進学。 勉学に励むかたわら、「振藩國術館」を開いての指導を始める。 高校での講師もしていた。 その頃、同じ大学の医学生で、道場の生徒だったスウェーデン系イギリス人リンダ・エメリーと結婚。 その後、大学を中退し、道場経営に専念。 武道家からアクションスターへ [ ] に、アメリカの「ロングビーチ国際空手選手権大会」で詠春拳の演武をしたフィルムが、の目に止まり、TVシリーズ『』の準主役に抜擢される。 正義のヒーロー「グリーン・ホーネット」の助手兼運転手として、目の周辺だけを隠すマスク をつけたのカトー役を演じ、派手なアクションで人気を博す。 これをきっかけに、でのやプロデューサーを顧客に武術の個人指導をするようになり、TVや映画などのゲスト出演を重ねる。 『グリーン・ホーネット』の後、アメリカの連続テレビドラマ『』を企画し、自ら主演を願ったが、東洋人であることなどを理由に叶わなかった。 に、香港の大手映画会社の(邵氏兄弟有限公司)から独立した(鄒文懐)が設立したばかりの(嘉禾娯楽事業有限公司)と1本1万香港ドルで2本の映画出演の契約をする。 翌に、成人後の初主演映画『』が公開され、香港の歴代興行記録を塗り替える大ヒットになった。 リーは、一躍、香港のトップスターに躍り出る。 主演第2作の『』(1972年)では主演と武術指導を担当し、3作目の『』()では、自ら「コンコルド・プロダクション」(協和電影公司、ゴールデン・ハーベストとの共同出資)を設立し、製作・監督・脚本・主演の四役を担った。 この3作によって、リーは香港で不動のトップスターの地位を築き、ゴールデン・ハーベストは興行収入で香港最大の映画会社となった。 秋から、リーの2作目の監督映画『』の撮影がスタートする。 しかしハリウッドのとコンコルド・プロダクションとの合作映画『』の企画が持ち上がり、『死亡遊戯』の製作は中断される。 1月から、アメリカと香港の合作映画『燃えよドラゴン』の撮影が始まる。 かつて『燃えよ! カンフー』の主演が叶わなかったリーの意気込みは並々ならぬものがあり、エキストラへの武術指導に始まり、脚本や撮影にも詳細な意見を出した。 死去 [ ] シアトル市内にあるブルース・リー親子の墓。 墓には理念(Jeet Kune Do concept)である「以無限為有限 以無法為有法」と「YOUR INSPIRATION CONTINUES TO GUIDE US TOWARD OUR PERSONAL LIBERATION」が刻まれている。 1973年7月20日に、リーは、『』で共演予定の女優、(丁珮) の香港の自宅で頭痛を訴え、鎮痛剤(を含むEquagesic)を飲んでベッドに横になった。 しかし、そのまま昏睡状態に陥ったため、ティン・ペイはを呼び、そのままクィーン・エリザベス病院へ搬送されたが、死亡が確認された。 32歳であった。 は香港とシアトルで行われた。 香港では数万人のファンが葬儀に参列し、シアトルの葬儀にはリーの弟子だったやも参列した。 遺体はシアトルのダウンタウン近くのレイクビュー墓地に埋葬された。 リーの死後、彼が待望していた主演作『』がアメリカを皮切りに世界各地で公開され、ヒットした。 しかし、地元香港では、前作『ドラゴンへの道』の興行収入を大きく下回った。 『燃えよドラゴン』でアクションスターとして世界的に知名度が上昇した時、すでにリーは亡くなっていた。 死後、『』などの過去の映画が世界中に配給された。 怪鳥音 [ ] 格闘の際に発する「アチョー」という独特の叫び声は「怪鳥音」(かいちょうおん)と呼ばれる。 1970年代前半の香港映画界はリーの母国語でもある香港現地語の広東語ではなく北京語で製作される映画が主流であり、リーの成人後の映画は全て北京語声優によりセリフが北京語に吹き替えられた為、リー本人の声ではない(「燃えよドラゴン」ワーナー国際英語版を除く)(リーの死後80年代に作られた広東語版は当然ながら別人による更なる吹き替え音声である)が、怪鳥音だけはリー自身の声である。 ただし北米版『』と国際版『死亡遊戯』だけは、怪鳥音の掛け声も別人の吹き替えになっている。 武道家 [ ] リーが正式に門下に入ったのはのみだが、北派の中国拳法も数多く研究していた。 『』のオーディション映像などでさまざまな型を演ずるのを見ることができる。 なおオーディションで演舞した虎の型、龍の型などは即興で行ったもので中国武術には存在しない。 のであるは1967年にリーと出会い、で導入されていたとを身に纏ってのや、格闘哲学を参考にした。 それまでアメリカ国内の空手の試合は、対戦相手の体にせずにでポイントを争う試合が一般的だった。 1970年1月17日に開催された空手大会では、スペシャルマッチとしてで初めて、ボクシンググローブを着用して直接打撃する試合が行われた。 ルイスは対戦相手のGreg Bainesに2ラウンドKO勝ちし 、1974年にはアメリカンの団体であるを設立している。 以上の歴史的事実から、ジョー・ルイスはブルース・リーこそアメリカにおけるフルコンタクト空手、つまりアメリカのキックボクシングの父であり、上記の試合でリーから学んだダブルフックのコンビネーション、ポジショニングの確立、速やかに距離を詰める事の重要性、爆発力を伴った最初の一撃といったリーが常に強調していた原則を念頭に置いた試合運びを心がけた事を、自身の教則ビデオ、What Bruce Lee Taught Meの冒頭、上記のGreg Bainesとの試合動画のナレーションにて告白している。 1971年~1988年の間、アメリカでやといったの独立ランキングを管轄していたSTAR Standardized Tournaments and Ratings システムは、年間最優秀選手並びに貢献した関係者を各年毎に表彰していたが、Greg Baines戦におけるジョー・ルイスのKO勝利に貢献したとして、1971年のTRAINER-COACH OF THE YEARにブルース・リーを選出している。 トレーニング [ ] リーは俳優として映画ビジネスの世界で活躍し、多忙をきわめるなかにあってもとして修行を怠ることはなかった。 海外でのロケーションなどでしばらく自宅を離れるときは、専用の運動靴を持参し、ロケ先でトレーニングを行っていた。 暇さえあればボールを繰り返し握る握力向上の鍛錬やパンチをできるだけ早く打ち続けるトレーニングを行っていた。 のビデオをすべて所有し、トレーニングに利用していた。 リー自身はサウスポースタイルを基本としていたため、オーソドックススタイルのアリのビデオを鏡に映して模倣し、その動きが本来の自分の動きになるまでトレーニングした。 として、を積極的に取り入れていた。 そのほか [ ] の才能もあり、が最も得意だった。 香港のダンスコンテストで優勝したこともあり、その映像が出回っている。 ダンスを習ったのは、武道とは無関係で、単に女性にモテたかっただけといわれている。 哲学を専攻していたこともあり、西洋および東洋思想に精通していたばかりか、から まで研究していた。 その成果は、截拳道の思想面に活かされている。 体を壊し、数ヶ月間の療養生活を余儀なくされた期間、数多くの本を読み漁りそれらを合わせると図書館ができあがるほどであった。 また画才もあり、古代中国の武術家のイラストでデッサン力や構図の構成力が発揮されている。 で見せたが代名詞のようになっているが、劇中で使われたのは正確には「タバクトヨク」というの武器である。 死因 [ ] 公式な死因は(のうふしゅ)である。 司法解剖の結果、微量のが検出された。 リーは、『』の撮影約1ヵ月後の5月10日にゴールデン・ハーベストのスタジオで、音声吹き込み中に、昏倒し意識不明の重体に陥り、そのまま病院に運ばれ2時間後に回復するも入院し、13日には退院している。 その後、渡米し精密検査を受けるが結果は異常なしであったとされる。 脳浮腫が起きた原因は背中の古傷に長年使っていた痛み止め薬と、その晩に服用した頭痛薬の副作用といわれている。 一部で既にリーの脳にあった腫瘍にこれらの薬が作用して破裂を起し脳浮腫になったと言う説もあるが、検死解剖では脳浮腫が確認されているのみで、脳腫瘍並びにその破裂による脳内出血の報告はない。 死因に関して紛糾したため、香港政庁は1973年9月に裁判を開いた。 同法廷書記長の藩健成によると、イギリス統治下にあった香港で出された正式な判決は【死因不明】である。 脳浮腫が起きた原因は確定されなかった。 イリノイ州シカゴにあるクック郡医療検査官事務所のジェームズ・フィルキンス(James Filkins)は、死因を『(てんかん)』であるとしている。 フィルキンスは、検死解剖による死因の公式発表にも誤りがあると指摘している。 報告書どおり、リーの死因が鎮痛剤による過剰反応なのであれば、それはを起こしたことになる。 しかし、この場合は首のかぶれという外傷を呈するものであり、報告書の「目立った外傷はなし」との記述と矛盾するとして、リーの死因はSUDEP(癲癇による突然死 )であると主張している。 この症状が認識されたのは1995年以降のため、死亡当時は可能性が検討されていなかった。 [ ] 交友 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) 友人・後輩 [ ]• () - リーの亡くなった14年後の1987年に交通事故にて死去した際、香港では「あの世で寂しくなった李小龍が、親友の小麒麟を連れて行った」と噂された。 [ ]• - 初対面の際、ブルース・リーは目にも止まらぬ速さのサイドキックを一瞬で顔ぎりぎりのところで止めて見せ、あまりにも強烈な挨拶に腰が引けたという。 [ ]• - 『』で門下生役と、『』ではの相手で出演。 - 『』ので共演。 縁のある日本人 [ ]• - リーは千葉の大ファンで 、リーから千葉に共演を申し入れたことがある。 - 『ドラゴンへの道』『』の撮影監督で、 プライベートでも仲が良く、撮影終了後に「サイブン(ニックネーム、西本の読み)さん、スキヤキ〜」と言って毎晩のように香港の日本食レストランに足を運んだという。 『』のクランクアップ後西本にブルース・リーから電話で「今度、『』の撮影を再度行うので、空けておいてほしい」と連絡があったが叶わなかった。 [ ]• - リーは『』のファンで、自身が盲目の中国武術家を演じる写真も残っている。 - テレビドラマ『』や『』で演じた格闘シーンは、リーの影響を受けている。 [ ]。 — ブルース・リーにヌンチャクを紹介した。 リーの死後も家族と深い親交が今でもある。 [ ] 門下生 [ ] 直弟子 [ ]• - イノサントアカデミー代表。 ()- リーの弟子でスパーリングパートナー。 リーが最終的に自身のファイティングスタイルと定めたを受け継いでおり、その普及に努めた。 ()- 日系二世の武道家。 リーの弟子で「振藩國術館」の設立に関わり、シアトルの道場の責任者でもあった。 - 親交が深く2人で脚本を手掛けた『』という映画で共演する予定だった。 でロケ・ハンまで行われたが、リーの死で中止となった。 - にも師事している。 映像作品 [ ] 少年期 [ ] で少年期、青年期に出演した作品。 いくつかは香港、アメリカなどでVCD、DVDがリリースされている。 日本では2003年に"BRUCE LEE ULTIMATE COLLECTION -李小龍的追悼秘蔵収集- ブルース・リー アルティメット・コレクション"のタイトルで販売された。 『金門女』(1941年)小李海泉名義• 『萬紫千紅』(1948年) 新李海泉名義• 『夢裡西施』(1949年)小李海泉名義• 『樊梨花』(1949年)新李海泉名義• 『細路祥』(1950年)日本題名『ドラゴン スモール・ブラザー』李龍名義• 『凌霄孤雁』(1950年)• 『人之初』(1951年)• 『苦海明燈』(1953年)日本題名『ドラゴン スパーク・オブ・ホープ』• 『慈母涙』(1953年)• 『父之過』(1953年)• 『千萬人家』(1953年)日本題名『ドラゴン ミリアッド・ファミリー』• 『危樓春暁』(1953年)• 『愛 上集 』(1954年)• 『愛 下集 』(1954年)• 『孤星血涙』(1955年)日本題名『ドラゴン オーファン』• 『守得雲開見月明』(1955年)• 『孤兒行』(1955年)• 『兒女債』(1955年)• 『詐癲納福』(1956年)• 『早知當初我唔嫁』(1956年)• 『雷雨』(1957年)• 『甜姐兒』(1957年)• 『人海孤鴻』(1958年) 渡米後 [ ] TVシリーズ• 『』(〜、原題:The Green Hornet)全26話に出演。 助手「カトー」を演じる。 毎週金曜日の午後7時半から8時に米ABC系で放映。 日本ではにテレビ放映。 『』(〜、原題:Batman)3話にカトー役でゲスト出演。 『』(、原題:Ironside)空手道場範師レオン・スー役で出演。 『』()カラテ道場範師Mr. Yoto役で出演。 『』(、原題:Here Come The Brides) "Marriage,Chinese Style"の回に中国人花婿役で出演。 『』(〜、原題:Longstreet) "The Way of The Intercepting Fist"、"Spell Legacy Like Death"、"Wednesday's Child"、" I See, Said The Blind Man"の4エピソードに出演。 『』(、原題:Marlowe)- ウィンスロー・ウォン(中国人の殺し屋) 香港帰国後 [ ] 映画• 日本では1974年の洋画部門の第4位、6億円• 日本では1978年の洋画部門の第5位、14億5000万円。 短編フィルム [ ] リーの死後、未公開映像として公開されたもの。 「チャーリー・チャンの息子」スクリーンテスト()• 「グリーン・ホーネット」衣装テストフィルム()• Gung Fu Television Demo」() テレビ番組「Milton Berle Show」に出演した際の武術デモンストレーション。 「Bruce Lee : The Lost Interview」() カナダの作家ピエール・バートンが香港TVBスタジオでインタビューしたフィルム。 現存する唯一のインタビュー映像。 「アーナ・カプリフィルム」 『燃えよドラゴン』で競演した女優のアーナ・カプリが個人撮影した8ミリフィルム。 イベントで公開された。 関連映画・ドラマ [ ] リーが間接的に関係する映画、未発表フィルムを使った映画、ドキュメンタリー映画など。 アクション指導• 『』(1968年、主演)• 『』(1969年、主演) 原案• 『』(1973年、主演)• 『』(1977年、主演) 未発表フィルム使用• 『』(1980年、主演)• 『』(2000年、主演) ドキュメンタリー映画• 『』(1973年)• 『』(1984年)• 武術指導をしている姿を盗み撮りして無断使用)など数多い。 伝記映画・ドラマ [ ] 伝記映画• 『』(1975年、主演)• 『』(1976年、主演)• 『』(1993年、主演)• 『』(2010年、主演)• 『』(2016年、主演) 伝記テレビドラマ• 『』(2008年、制作、(当時、会社の俳優)主演。 日本ではで放送) 全50話の伝記ドラマ。 中国にて、平均視聴率、最高視聴率の新記録を打ち立てた。 パロディ・オマージュ映画、リーに影響された映画など [ ] 詳細はブルース・リーが主演・出演している映画・ドラマのそれぞれの項を参照。 『』 -。 『』を題材としたアニメ映画。 リーを思わせる風貌のが登場する。 『』 -。 が、リーへのオマージュを込めて制作した映画。 『』 -。 リーに憧れる黒人青年の物語。 『』 -。 亡くなったリーの霊が主人公を鍛える青春アクション映画。 『』 - さんがブルース・リーの霊を憑依させて戦う。 『』 -。 『ドラゴン怒りの鉄拳』にオマージュを捧げたドニー・イェンアクション監督兼主演の後日譚的映画。 劇中では『』を彷彿とさせる仮面の男も登場する。 ソックリさん [ ] リーの死後、やでは「ドラゴン映画」「リー映画」が数多く製作され、多くのソックリさんが登場した。 いずれもヒット作品とはならなかったが、一部には「ソックリさん映画」のコレクターもいる。 (ホー・チョンドー) - 台湾の武道家・俳優。 日本のTVドラマ『』にも出演した。 - 出身の俳優。 - 香港の俳優。 - 韓国出身の俳優。 『』に主演。 (シー・テンロン、ドラゴン・セキ) - の俳優。 (チャン・クォックァン) - 香港の俳優。 (チャウ・シンチー)によって見出され、『』『』に出演。 『』 連続テレビドラマ や『』では、リーを演じる。 漫画、ゲーム、アニメへの影響 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年2月) 漫画 [ ]• ブロース・ドラゴン - 原作の『番長惑星』のキャラクター。 雷音竜 - 原作の『』の主人公。 なお本作ではブルース・リー本人がとともに復活し竜と闘う展開となるが、至極あっさりと倒されてしまう。 ドラゴン撃ちの竜 - 『』の敵キャラクター。 『』 - 主人公の描写にはブルース・リーの影響が見られる。 ブルース・ソー - 作『あほ拳ジャッキー』に登場するリーのパロディキャラクター。 - 『』のキャラクター。 初登場時のイメージBGMは『燃えよドラゴン』のテーマ。 - 原作の『』に登場するキャラクター。 春巻龍 - 『』に登場するリーのパロディキャラクター、その他にもブルース・リーのパロディキャラクターが出てくる。 『』 - との描写にはリーの影響が見られる。 両者とものスペシャリストとして描かれている。 李白竜 - 『』に登場するこの霊の元ネタとなった。 ここでは死因は銃殺。 只野仁 - 『』の主人公。 アニメ [ ]• 『』 - 主人公・鎧武士の外見や格闘アクションにリーの影響が見られる。 スパイク・スピーゲル - 『』の主人公。 截拳道の達人で、ブルース・リーを心の師と仰ぐ。 ギョーザ・リー - 『』のアニメオリジナルキャラクター。 特撮 [ ]• ブルーサ・イー - 『』に登場する獣拳の創始者。 ワルツ・リー - 『』の悪役ゲストキャラクター。 ゲーム [ ]• - 格闘ゲーム『』。 Blues(ブルース) - 格闘ゲーム『』。 ジャッキー・ブライアント - 格闘ゲーム『』。 マーシャル・ロウ - 格闘ゲーム『』。 フォレスト・ロウ - 格闘ゲーム『鉄拳』。 ドラゴン - 格闘ゲーム『』。 ジャン・リー - 格闘ゲーム『』。 王 - アクションゲーム『』。 ホワン・ヤンロン - 『に登場するの架空のロボットアニメ『』のキャラクター。 - 制作の格闘ゲーム。 『』 - 登場人物の里中千枝が戦闘終了後にブルース・リーのセリフを喋ることがある。 伝記 [ ]• マシュー・ポリー『ブルース・リー伝』棚橋志行訳、亜紀書房、2019年• 『ブルース・リー 李小龍の栄光と孤独』晶文社、2005年/ちくま文庫、2019年7月• 『現代思想 総特集ブルース・リー 没後40年、蘇るドラゴン』、2013年10月臨時増刊• 『ブルース・リー 生きつづける魂』、2019年8月• 『ブルース・リー 命を焼きつけた100分』河出書房新社、2016年 その他、特記事項 [ ]• 日本での劇場公開時、『』、『』、『』の3作には、日本側の配給元がが歌う日本オリジナルの主題歌やBGMを挿入していた。 現在、発売されているDVDには、当時の主題歌やBGMは使われていない。 長年レメディオスは「謎の歌手」だったが、日本のファン がポルトガル系香港人だと突き止めた。 その後、ファンが主導して主題歌の再収録 や、日本にとともに招いてトークイベント などが行われ、10月に新たに収録した「SONG OF DRAGON Mike Remedios The Final」(Chife Delight Music)というCDが発売された• 遺品である免許証、サングラス、契約書が『』(2004年6月22日放送)に登場。 高額な鑑定結果となった。 ギャラリー [ ]• 広東語は香港商務印書館1989年版「普通話粤音商務新詞典」、李珍華・周長楫編「漢字古今音表」修訂本(北京中華書局1999年)、華南師範大学中文系編「広州音字典」(香港三聯書店1985年版)などにもとづく。 香港経済界の大立者、 ()の異父弟、何福の孫にのカジノ王がいる。 映画『ドラゴン怒りの鉄拳』は精武体育会についての伝説(史実ではない)がテーマである。 このマスクは、後に映画『』で「カトーマスク」と呼ばれる。 カトー役のイメージのため、リーをだと誤解しているアメリカ人も多かった。 主人公の混血児ケインを演じたのは。 この葬儀の様子は『死亡遊戯』の中で実際に使われている。 この現象について、映画関係者や批評家は、「香港や中国の観客は、リーのような小柄で細身の田舎者が、日本人や屈強な白人を痛快に叩きのめすような内容の作風を望んでいたから」などと分析している(『ブルース・リーの燃えよドラゴン完全ガイド』ロバート・クローズ著(白夜書房))。 John Corcoran著 THE MARTIAL ARTS SOURCEBOOK 40ページ HarperPerennial A Division of HarperCollins Publishers 1994年• "KRISHNAMURTI 100 years" Evelyne Blau,Stewart, Tabori and Chang においてジークンドー思想との類似性が指摘されている。 『截拳道への道』に「断片ではなく全体を見ること」という記述があるが、ここでクリシュナムルティの名がメモされている。 主に哲学や各種マーシャルアーツに関する本を多く読んでいたとされる。 この症状は心肺停止を引き起こすため、イギリス国内では毎年500人がSUDEPで亡くなっている。 特に20 - 40代までの人に多く見られ、睡眠不足やストレスから起こる可能性もあるという• 2016年3月18日. 【今だから明かす あの映画のウラ舞台】. 2016年6月5日閲覧。 『SPORTS CITY』第1巻第2号、鎌倉書房、1981年8月、 32頁。 映画「ブルース・リーの生と死」1973年 ゴールデン・ハーベスト製作• その後、に主演で映画化。 参考文献 [ ]• 『ブルース・リー 永遠のドラゴン』著(1974年12月、芳賀書店)• 『闘魂ブルース・リー』日野康一著(1982年10月、芳賀書店)• 『ブルース・リー 不滅のドラゴン』スクリーン著(1985年12月、近代映画社)• 『ブルース・リー・ストーリー』リンダ・リー著(1993年10月、キネマ旬報社)• 『ブルース・リー・メモリアル』リンダ・リー他著(1994年7月、キネマ旬報社)• 『映画秘宝 Vol. 3 ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進! 』(1996年9月21日、洋泉社)• 『ブルース・リーの燃えよドラゴン完全ガイド』著(1996年4月25日、白夜書房)• 『截拳道への道』ブルース・リー著(1997年5月15日、キネマ旬報社)• 『ブルース・リー・リターンズ 超人伝説』(1997年8月8日、キネマ旬報臨時増刊号)• 『伝説のブルース・リー』BLACK BELT誌編(1998年4月、フォレスト出版)• 『ブルース・リー・クロニクル』松宮康生著(1998年8月、フォレスト出版)• 『ブルース・リー ザ・ファイター』M・ウエハラ著(1998年11月9日、フォレスト出版)• vol. 1 ドラゴンかく語りき[インタヴュー 1958〜1973] ジョン・リトル編• vol. vol. 『BRUCE LEE THE GREATEST』松宮康生著(1999年8月30日、フォレスト出版)• 『ブルース・リー最後の真実』松宮康生著(2008年9月2日、ゴマブックス) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ブルース・リーに関連する および があります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (英語)• - (英語)•

次の

レッスン of フリースタイルヌンチャクin中野

ブルー スリー ヌンチャク

倉田氏の視点に立てば、ブルースとの出会いは彼の履歴のほこるべき出来事でしょうが、残念ながらブルースや彼を取り巻く周囲の視点からは倉田氏の存在は無きに等しいもの、といわざるをえません。 一夜にしてスーパー・スターの座にのぼりつめた人物のまわりには、その名声にあやかろうと有象無象が寄ってくるのは古今東西変わることはありません。 あれは俺が教えたんだ」と頑なに主張し、まるでブルース・リーを世に送り出したのは自分だ、といわんばかりの勢いです。 全うなブルース・ファンなら、このような「戯れ言」の真偽のほどをムキになって説くまでもないのですが、中途半端に興味があると、人間、その出入り口でうろつくものです。 結果、ウソも真実もごちゃまぜの知識として仕入れてしまうということになります。 そのようなことにならぬためにも、思い切ってドアを蹴破り中に入ることをおすすめします。 これからも「真実のブルース」についてのみ語り合っていこうではありませんか、my friends。 右端:倉田さん ブルース・リーにヌンチャクを教えたのはダン・イノサント氏で間違いありません。 確かに沖縄にもヌンチャクはありますが、ブルース・リーが使ってるヌンチャクはダン・イノサント氏が専門としている武術である、フィリピノ・カリというフィリピン武術の代表的な武器である「タバクトヨク」というものです。 倉田保昭氏の言ってる事は嘘ばかりです。 そればかりか、私は倉田氏は実際にはブルース・リーと親交など無かったのではないかと考えています。 70年代当時、「死人に口なし」をいいことに、世界中でブルースとのありもしない親交を語って一儲けした無名の俳優や格闘家達が一斉に表れました。 倉田氏もその中の一人ではないでしょうか。 ブルース・リーと一緒に映っている写真が残っていますが、どれも「ファンサービスで映ってくれた」的なものばかりです。

次の

フリースタイルヌンチャクin中野

ブルー スリー ヌンチャク

概要 [ ] 形状は2本の同じ長さのをやで連結したもので、本来定寸はないが一般的には棒の長さ25~45程度、太さは24~36mm程度、連結する紐や鎖の長さ100~180mm前後で全長70~100㎝程度のものが多い。 フリースタイルの振り方はロープを手首に掛けて棍を回転させる技が多いのでロープの長さが13cm~15㎝のロングロープヌンチャクを棍頭を握って振る。 これに対してショートロープヌンチャクは棍が長めで振り方は根底を握ってX字振りなど豪快な大振りを行う武道ヌンチャクに用いられている。 ロープが短いので棍が乱れず安全性がある。 振り回して相手を殴打したり、短棒として片手あるいは両手持ちで「受け」「打ち」や「突き」に用いられ、連結部分で相手の腕や棒を絡め取って関節を極めたり投げたり、締める技もある。 起源 [ ] ヌンチャクは沖縄古武術の武器として知られるが、起源には諸説がある。 では「 ムーゲー」からの発生説が一般にはよく知られているが、他にもやの用具「(くるまんぼう)」からの発生説などもある。 ヌウチクと発音する流派もあるが、60以上に分かれるという福建語の方言起源なのか、沖縄での訛りなのかは不明である。 フィリピン武術の「カリ・」でも使われている。 フィリピン武術の歴史は古く1300年代後半には既に存在していたと言う記録も残っている。 15世紀にフィリピンはスペインの侵略で植民地となり、禁武政策がとられたため、民衆はカリを儀式の踊りに組み込んで伝承させたという説もある。 しかし、現在のカリ、エスクリマ、アーニスなどと呼ばれるフィリピン武術は、南部のミンダナオ島やスールー諸島のイスラム系民族(非常に戦闘力の高い勇猛な海賊でもあった)に対抗させるため、スペイン武術のエスパダ・イ・ダガ(短剣と刀の二刀を操る剣術)などを教えたのが基礎になったことがわかっている。 もちろん、それ以前にも土着の武術はあったし、貿易で訪れたり住み着いた明(中国)や日本の武術も流入していたはずである。 カリではヌンチャクのことを「タバク・トヨク(英:)」 と言い、他のカリの棒術と同じくグルグル振り回しながら操る。 中国のはと同様に長い棒の先に短い棒をつないだ形状で、そこから派生したという説もあるが、確証はない。 梢子棍と同じ構造の脱穀用農具の殻竿(沖縄では車ん棒)を武器にした例は江戸後期の日本にもあったが、そもそも東南アジアや鹿児島などには大きさは異なるものの、紐の短いヌンチャクと同じ形をした穀物の脱穀具も存在した。 歴史 [ ] ムーゲーを装着した琉球馬 沖縄古武術に伝わるムーゲー起源説では、時代、、といった、またある程度以上の上級士族は、用にを飼育しており、日常的にの稽古も怠らなかった。 こうした上流階級の貴士族は、不意の襲撃などに備えて隠し武器(いわゆる)を携帯したり、また身近にある道具を隠し武器として利用するように心がけていた。 例えば、簪(ジーファー)の活用などがそうである。 ムーゲーとは、製の(くつわ)の一種で、普段は馬のに装着されているが、不意の襲撃に遭った時などには、これを外して武器として活用できるように工夫されていたと説もある。 これがヌンチャクの起源であるという。 例えば、のなども、こうしたムーゲーヌンチャクの作り方を心得ていたという説もある。 沖縄の昔のヌンチャクは長さ75(約23cm)から長くて10寸(30cm)までで、一般に小型であった。 それゆえ、の袂(たもと)に忍ばせたり、腰の間に隠したりして、隠し武器として携帯することが容易であった。 また、木製のヌンチャク以外にも、を湿らせて即席の武器として利用したり、あるいはの端に小を包んで縫い付けておけば、立派なヌンチャクの代用品の役割を果たすことができた。 それゆえ、ヌンチャクはの武器ではなく、馬を飼育し、日常的に乗馬の習慣のあった貴士族の隠し武器として考案されたものであったという説をとなえる人もいるが、根拠はない。 1945年(S20)荒川武仙が国際剛柔流空手道連盟三代目会長泉川寛喜先生から「沖縄には拍子木のような武器がある」ということを聞き、いろいろ工夫してヌンチャクを自作し、杉並区の倫武館(旧名 泉武館、仙武館)で宗幹流双幹棍道を普及したのが沖縄以外では最初のヌンチャクの流派だったと思われる。 そのヌンチャクは長さ45cmで棍間が3cmと短く安定した振り方ができるが現在は見かけることは少ない。 また、現存する1970年以前の中国の双節棍は沖縄やフィリピンのものと比べてかなり大型であり、それらが一般的であったとすれば東南アジア貿易の船上や琉球で携帯武器として小型化した可能性はある。 材質 [ ] ヌンチャクの紐部の写真 棒部 [ ] 棒部には、かつてはや、スヌケ(イスの木の心材)などの堅木が用いられた。 今日では、高級品はイスの木や黒檀、タガヤサン、ビワなど。 普通は白樫や、普及品はアラカシやシイ、その他の木製。 フィリピン武術では籐(ラタン)製も多い。 また向けや練習用にやなどの素材も用いられている。 ほかにも、武術ではないジャグリングのフリースタイル・ヌンチャクなどではや内蔵の製なども素材として使用されている。 塩ビパイプ、その他のプラスチックや金属パイプの中に短い木材を差し込み、そこに穴をあけて紐を通すと容易に棍を連結できる。 紐部 [ ] 紐には、かつてはの木根、、馬の、のなどが用いられたという説もある。 今日では、綿やナイロンなどのロープ、(チェーン)などもポピュラーである。 鎖と棒の接合部分にをはめ込んだタイプもある。 強靱さや操作性からはアラミド繊維などを芯にした登山用の細いロープが最適で、チェーン式は動きが遅い。 従来のヌンチャクは細い紐またはロープを2~4本束ねて連結している。 パイプの棍に木材を差し込み、そこに穴をあけてロープ1本で連結することもできるが、接着をよほど工夫しないと強度に不安が残る。 技法 [ ] ヌンチャクの技法は、世界的な普及もあって、現在では世界各国で様々な技法が生み出されている。 以下に紹介するのは、基本的に沖縄の伝統的な技法である。 ヌンチャクの技法の基本は棒の基底部を握り、振り回すことで遠心力を発生させ、これを打撃に利用するものである。 打撃以外にも、棒部による防御などの技法もある。 1970年代半ばに香港で出版された李小龍(ブルース・リー)双節棍の技法書(小冊子)には、双手警天、流星観月、左右逢原、喧賓奪主、鳥倦知環、毒蛇吐信、翻山越嶺、雪花蓋頂、先斬後奏、蘇秦背剣、威振八方、二丁のヌンチャクを使う双龍出海、大鳳展翅、狂龍乱舞などの技名とイラストがあったが、どれも太極拳などの技名や陶淵明、周易などの古語から取ったような名前で、いつからあったものか不明である。 沖縄では一般にヌンチャク一丁による操作を基本とするが、二丁一対を基本とする流派(本部御殿手)もある。 また、振り方にも各流派によって特徴がある。 ほかにヌンチャクの材質、重量、長さによっても要求される技法は違ってくる。 いまでも馬の尾を紐部に使用する流派(渡山流)では、尾の弾力を利用して弾くように振ったりもする。 むくの樫の木等で作られた普通のヌンチャクでは、振り回しても映画の中のような音は出ないが、宗幹流のヌンチャクには先端に空けた小穴に金属パイプを装着して笛のような風切り音を出す の原理で発音する 工夫もあった。 これと『風の谷のナウシカ』に登場する蠱笛(むしぶえ)をヒントに1983年和光大学の関根秀樹(照林流)が考案したサウンドオブジェ「ぴよぴよヌンチャク」は、プラスチックパイプ製のヌンチャクに4~6つの音孔が開いており、振り回すと笛のような和音がいくつも出る。 沖縄での従来のヌンチャクはシイや樫などの堅木で作られ、長さ約30~36cm前後、棍間の紐の長さは拳一個分~15cm程度のものが多かった。 宗幹流のヌンチャクは棒が長く紐が短く、フィリピンのものやブルース・リーの影響で作られたものは紐が長い。 現在はラバーヌンチャクなど柔らかい素材で作られたものもある。 ジャグリングの一種であるフリースタイルヌンチャクでは、武術的な防御や打撃の技法は失われ、過剰な回転数と、連結する紐やチェーンを手首に巻いて回転させる リストスピン(リストロール)等の派手な技法が繁用されている。 フリースタイルは外国で発生したニュースポーツである。 これには親指側から回す フロントハンドと 小指側から回すバックハンドの回し型がある。 リストスピンは逆手握りで行うことが多いが順手握りで行うこともできる。 順手の手法は難しくノーマルターンのリストスピンとフィンガースピンが可能である。 リバースターンは親指にロープをかけて回す指回し(フィンガースピン)になる。 これらのフリースタイルは棍を短く握って回転させる短棍(ショートグリップ)で荒川武仙の宗幹流派の振り方は棍の端を握る長棍(ロンググリップ)でゴルフや野球のスウィングのように豪快な一回振りである。 武術としてのヌンチャクは元来が隠し武器という性格上、かつては人前で演武したりして、武器の存在そのものを広くアピールするということはなかった。 例えば、の冊封の際に開催された演武会の目録には、棒や(鉄尺)の演武の記録はあるが、ヌンチャクが演武された記録はない(『島袋全発著作集』)。 ヌンチャクが一般に紹介されるようになったのは、主に戦後である。 それゆえ、棒や釵などと違って、昔から広く知られた伝統的なヌンチャクの型というものは存在しなかった。 しかし、近年では稽古用に、また演武会用に演出を強く意識した型などが、各流派、団体によって創られている。 武術という枠を出て、「美しく表演するスポーツ」「健康に良い運動」といった観点での活動も見られ、型にとらわれないというジャンルが個人スポーツとして欧米を中心に広まっている。 フリースタイルは従来のクラシックスタイルの振り方には見られなかった振り方が加えられている。 古流空手、近代武道、中国武術、エクストリームマーシャルアーツ(楽曲などを伴う演武が中心の武道風アクションパフォーマンス)、ジャグリングなどの幅広い技術展開がなされている。 1990年代に樋口裕乗(ヌンチャク健康法、スポーツ吹矢、U型指笛、ゴム銃メンコ射撃創始者)が作った竜音棍は空洞の発音器が棍についていて振ると「ヒューヒュー」と鳴るが、構造はぴよぴよヌンチャクと変わらない。 竜音棍136式はX字型に上下に片手で4種の振り方を行い、エル字型などのアクセサリーを先行させて振るなどを時間表式にして136の振り方が容易に理解できるようにした武道健康法である。 これは振り方が理解しやすく普及可能と思われるが、短棍のフリースタイルは難しくて主にショーマンを志す若者に人気がある。 フリースタイルは棍を回転中に把棍を手放して飛棍に持ち変える技で、順手から逆手、逆手から順手への持ち替え、ノーマルターンの順手から順手への持ち替えは、ピンチ(つまみ)ロール、リスト(手首かけ)ロール、フィンガーロール、リバースターンではサムロール(親指かけ)の6種がある。 すべて棍をショートグリップ(棍頭握り)で行う。 類似の武器 [ ] 中国武術ではヌンチャクより長大なの方が有名で表演にもよく使われる。 ブルース・リー以前の中国武術ではあまりポピュラーでなかった双節棍(両節棍、二節棍)は、棍の長さも連結部の鎖の環も大きく重いものが多かった。 沖縄武術の武具には、めったに見ないが各部位の長さが短い四節棍も存在している。 その他 [ ] 日本では携帯するとに触れる恐れがあり、海外でも単独所持を法律で禁じている国(カナダなど)もある。 に使う、2つのを短いザイルで結んだ用具()をその形状から「ヌンチャク」とも呼ぶ。 参考文献 [ ]• 荒川武仙『新琉球武道双節棍』1970年。 荒川武仙『宗幹流双節棍道・棒道大全』1985年。 外間哲弘『沖縄空手道・古武道の真髄』那覇出版社、平成11年。 仲本政博『沖縄伝統古武道・改訂版』ゆい出版、2007年。 関根秀樹『民族楽器をつくる』創和出版、1989年。 関根秀樹『新版 民族楽器をつくる』創和出版、2003年。 脚注 [ ] [].

次の