天然 素材 吉本。 星田英利

爆笑問題・太田、ナイナイや雨上がり決死隊らが所属していた吉本印天然素材を「バカにしてた」と告白「ブサイクなくせに(笑)」

天然 素材 吉本

かつてのメンバー [ ]• ( ・) - リーダー兼MC。 1996年まで参加• (・) - 1994年まで参加• (・)• (・)• (・) - 現在は解散• (島川学・高橋智) 初期に脱退 [ ]• (・) - 現在は解散• 概要 [ ]• 何をやっても客が笑わないにてぜんじろうが「こんなにおもろいのに笑わない、客は死ね! 」と楽屋で毒づく芸人ユニットとして「 しねしね団」を結成。 『』でテレビデビューし、番組内で集団コントを披露した。 だが、ひたすらおもしろい事を追求したいメンバーと、アイドル芸人として売り出したいとの間に軋轢もあり、ぜんじろうは脱退させられ、ダンスもできるアイドル芸人ユニット「 吉本印天然素材」として売りだされる。 初期段階でTEAM-0と石野が脱退し、6組12人のグループとして活動。 現在「元天然素材メンバー」として扱われるのがこの12人である。 しねしね団の傘下には「アパッチ予備軍」という集団も存在した。 関西出身芸人でありながら主に東京で活動していた。 とでは、火曜深夜に『 吉本印天然素材』という同名の冠番組が放送されていた。 これは1993年3月に一旦終了したが、それから半年後に日曜夕方枠で復活し、ナインティナインの冠番組『』の前身となった。 イベントでを満員にするなど、若い女性を中心にアイドル的人気があった。 岡村曰く、「」「」「」「」以上に女性に人気があった、と後に語っている。 同時期に当時世界的にヒットしたユニット・の曲「 No Limit 」がテーマ曲のように使われていた。 ラップの曲調のダンスの中に『』を入り混ぜたのは日本のユニットでは初。 「」より四半世紀前に取り組まれていた。 「No Limit」を踊る際メンバー間で振り付けに『シムラ』(志村けんの一丁目一丁目)『オギノメ』(荻野目洋子のダンシングヒーロー)の部分に似ている振り付けに名前を付けていた。 また、この番組には吉本の地方事務所所属芸人の出演コーナーもあり、現・のが当時組んでいたお笑いコンビ「マグニチュード」も名古屋吉本代表として出演していた。 主に振り付けを担当していたのは、後にほかの楽曲の振り付けを担当して有名になったである。 ダンスでは、ブレイクダンス経験のある岡村の実力が突出していた。 その次にダンスの上手かった宮迫、宮川、竹若の3人が岡村とともにセンターメンバーを務め、他のメンバーはバックダンサー扱いであった。 しかし、お笑い芸人として吉本に所属するメンバーとしては、ダンスを踊るアイドルユニットの方針に抵抗を示した者も多く、岡村は私情による反抗心で夏に接しており、矢部に至ってはダンスの才能もなければやる気もなく、さらに稽古中に他のメンバーにちょっかいを出したりと、最悪の問題児であった。 そんな矢部に耐えられなくなった夏は、「私のために踊ってよ! 」と怒りを表すが、矢部は「お前のために踊っとるんちゃうわボケ!! 」と罵倒、号泣した夏は稽古場から帰ってしまった。 その後矢部は、周りのメンバーからこってり絞られた。 その後、2001年の『』の特番において、ナインティナインと夏は和解を果たした。 『めちゃイケ赤DVDシリーズ』にも収録されている。 他にも宮迫が、あまりにも自分の目指す芸人像とかけ離れていて嫌だった仕事であると示すエピソードとして、差し歯と間違えて「これぐらい嫌なんじゃ」と言いながら健康な歯を引き抜いた事を語っている。 天然素材で居酒屋に飲みに行った際、メンバー同士の喧嘩を止めようと缶ビールをチョップで真っ二つにしたというエピソードもあった。 (すべらない話で語られていた。 当時は、雨上がり決死隊やFUJIWARAの人気が高かった。 しかし、ナインティナインが単独で仕事する機会が増えるにつれて、活動は縮小。 1994年にナイナイが、1996年には雨上がりがそれぞれ脱退。 雨上がりの脱退後は、ユニット名を「 天然劇場」に改名するも、人気が下降したため、1999年に解散。 なお、過去の活動や解散などについて紹介されるときは、「天然劇場」ではなく「天然素材」の名称が使われている。 1999年の解散から年月を経ているが、コンビ解散はあるものの、引退したメンバーは軌保(元TEAM-0)のみである。 メンバーの中で一番真面目なのは蛍原で、メンバーの中で一番ダンス下手なのは蛍原である。 動きでキレがありおもしろいアクション芸人で、宮迫と原西と岡村は動きの新御三家と呼ばれていた。 2018年2月12日、音楽特番「-青春のアイドル50年間-」の中で少しの間だが紹介された [ ]。 その後 [ ]• 雨上がり決死隊 脱退後も東京で活動するが、『』など東海地区のテレビ番組へ出演が増え、宮迫曰く「どん底の生活」を過ごす。 2000年頃から『』、『』など全国ネットの番組に出演するようになり、その後冠番組『』 、『』などのレギュラー番組を持ち、2019年までは『』のMCを務めた(2020年からは蛍原単独でMC)。 蛍原もローカルで長年単独のレギュラー番組をいくつか持ち、宮迫は俳優業を行っていた。 宮迫は天然素材以外にも、とのユニット「」や、元のと2人と「荒川乃土手」も組み活動した。 『』では、蛍原と宮川は共演中。 『』では、岡村と共演。 映画『』では、コンビとして2002年・2017年とゲスト声優を務めた。 「」としても活動していた。 2人とも既婚者。 宮迫はにより吉本興業との契約を2019年7月19日に解消され、現在は蛍原が「雨上がり決死隊 蛍原徹」として活動。 コンビ時代から出演しているアメトーーク、体育会TV、何だコレ!? ミステリーのMCを務め、宮迫降板後の『』にも2代目お父ちゃん役で出演中。 ナインティナイン 脱退後も、コンビとして映画『』や岡村単独出演の『』『』『』、『』、矢部単独出演『』など俳優業を務めたりバラエティ番組では、『』『』出演を皮切りに急速に全国ネットの番組に多数出演し、『』『』など20年以上続くゴールデンタイムの長寿レギュラー番組を持つ売れっ子となる。 現在も、『』『』『』『』のMCを務めるなど活躍している。 ラジオ番組『』は約20年半(『オールナイトニッポン』全体で史上最長の放送期間)放送され、岡村は後番組『』も続投、2020年5月14日からは矢部が『岡村隆史のANN』に合流する形で、6年ぶりに『ナインティナインのオールナイトニッポン』 が復活した。 コンビだけでなく単独としても多くのレギュラーに出演。 矢部単独では、『』『』に出演中。 岡村単独では、『』『』『』に出演中。 『』の短期レギュラーも務めた。 矢部は、2013年に元女子アナのと結婚。 FUJIWARAの2人は、「天素で売れて浮かれていた自分たちと比べて、ナインティナインの2人はすごく冷静に自分たちを客観視できていた」などと述べている。 解散直後は主に関西で活動。 1997年から出演した『』が人気となり、1999年にはの主力メンバーに。 これらが追い風となって関西を中心に再び人気を集め、2003年頃から再び東京へ進出した。 原西は「一発ギャグマシーン」『』では「原西ゴリラ」が人気となる。 原西も既婚者。 藤本は「ガヤ芸人」としてとパクリ芸などで呼ばれ、『』や『アメトーーク』など他の番組に呼ばれるようになる。 と結婚しイクメン芸人としてもバラエティ番組に多数出演していたが、2019年12月31日に離婚。 にてコンビとして初の冠番組『』という番組を持ったこともある。 2016年に、藤本単独で初の通販番組「キニナル! 金曜日」のMCを務める。 で、また冠番組『』を持つことになる。 「」では、レギュラー出演していた。 バッファロー吾郎 解散後は主に関西で活動。 後にbaseよしもとの主力メンバーとして活躍し、数々のイベントをプロデュースする。 「バッファローファミリー」と呼ばれる、劇場やテレビで活躍する機会に恵まれない個性的な若手芸人たちを発掘・サポートし、人気芸人に育てる。 大喜利の大会『』の主催者・プロデューサーでもある。 第1回の『』に優勝し、全国ネットの番組に出演する機会も増えている。 木村は、と改名している。 単独で『』、『』といったにも出演。 竹若も連ドラの脇役に出演し俳優業にも力を入れており、東京に再進出する。 バッファロー吾郎Aは2009年に離婚。 チュパチャップス 天然素材の解散により仕事が激減すると、もともとコンビ仲が悪かったことから、天然素材の解散と同じ年にコンビを解消している。 星田はピン芸人「ほっしゃん。 」として活動を続け、第3回『R-1ぐらんぷり2005』優勝を果たすが、2016年に芸の衰えを理由にで引退を宣言する。 この引退宣言は宮川大輔の説得などもあって撤回をし、現在も芸能界で活動を続けている。 なお、芸名を2014年に本名の「星田英利」名義に戻し元妻と再婚。 2018年から芸人部から俳優部へ移籍した。 宮川は主に舞台役者の仕事をしていたが、2001年の新喜劇出演から芸人復帰。 タレント、俳優として、相方以上に活躍している。 2007年に『』にレギュラー出演。 世界各地の祭りに参加する企画:お祭り男(一時期企画が休止)を担当して人気物になる。 『』では単独MCを務める。 解散後にそれぞれが全国区のタレントとなったため、2人が共演する機会も多く『』にてコンビを解散しても10年以上共演している。 『』にも元コンビ芸人として、共演。 2人とも既婚者。 へびいちご 解散後は主に関西で活動。 やのステージ出演を中心に、関西でのローカルな活動に専念しているが、テレビやラジオへの出演はほとんどと言っていいほど無く、天素のメンバーの中ではダントツで知名度が低い。 『日曜もアメトーーク! 』にて、所属のは恩人と称している。 高橋は岡村との親交が深く、全国放送である『』において、岡村が「一緒に沖縄に行った」などと話題に挙げることがある。 2015年、では、電話で出演していた。 全国ネットでの天然素材メンバーの集まる番組には出演していない。 』のコーナーの「」や「」に唯一出演していない天然素材メンバーである。 ただし、吉本興業の100周年記念イベントの舞台では何度か重要な役を演じており、その結果、関西や東京を含む全国番組に出演する機会が増えていった。 高橋は『ナインティナインのオールナイトニッポン』の収録に参加したり、上記の舞台の宣伝に訪れたりしていた。 しかし、『』のコーナー「テレビのピンチをチャンスに変えるライブ」にて約16年ぶりに天然素材の一員として復活した。 高橋はネット番組にて、進行役で出演した。 その他 [ ]• 吉本の元マネージャーだったが吉本印天然素材メンバーまた、「吉本印天然素材プロジェクト」の立ち上げに関わった。 同じく吉本興業所属のも天素のオーディションを受けていたが、落選した。 曰く「FUJIWARAがいたから落とされた」とのこと。 また、は審査員に「お前ら気持ち悪いねん」と言われ、「じゃあ、なんでバッファロー吾郎入ってんねん! 」と思ったと語っている。 なお千原ジュニアとナインティナインに確執があるという噂が立った理由として、天素と千原兄弟が活動の拠点としたには当時若干の距離があったことも原因だとジュニアは分析している。 後に吉本興業は、天然素材の弟分の「」や番組の企画内で決まった「」や「」コントユニットの「」、ステージユニットの「」といった複数の若手芸人によるアイドル的ユニットを送り出した。 また、天然素材の人気に便乗しようとしたは、、、、の4組8名で「松竹印人工素材(略称は『じんそ』)」というユニットを結成させたが、ほとんど知られることもないまま消滅した。 同時期には、他に東京のお笑い系事務所4社(、、、)が天然素材への対抗策として、「」を通じて、海砂利水魚(現・)、、、、、の7組16名によるお笑いユニット「東京ギャグファクトリー(略称は『T. F』)」を結成している。 S)」(、文珍、八方、きん枝、小染)、「チンチラチン」(、、)の他に、「」(、、、)などがある。 2018年、がプロデュースする坂道シリーズ第3弾『』が誕生。 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• 吉本印天然素材()• 日曜 16:55 - 17:15 (1993年10月3日 - 1994年3月27日)• (、1994年10月 - 1995年3月)• (、1994年4月 - 1994年9月)• (TBSテレビ、1995年4月6日 - 1995年9月26日)• 慢性吉本炎(TBSテレビ、1995年10月5日 - 1997年3月27日)• (、1996年1月 - 9月)ナイナイ、雨上がり脱退後に「天然劇場」名義で出演。 (日本テレビ、1996年 - 1997年)ナイナイ、雨上がり脱退後に出演。 () - 初期のみに出演。 ラジオ番組 [ ]• 吉本印天然素材のオールナイトニッポン() - 1994年3月24日(木曜) 25:00 - 27:00に放送された単発番組。 同番組の放送中、あるメンバーが同年4月4日からラジオのレギュラーを担当することを告知し、後に現在まで続く長寿番組『』がスタートした。 映画 [ ]• - 原作ではをモデルにした「千河兄弟」というコンビが登場したが、千原兄弟は天然素材に参加していないため、映画版では「藤原兄弟」に変更され、キャストもFUJIWARAに変更された。 現在でも藤本が「なんで同期のジュニアを演じんねん」とトークのネタにしている(正式には千原ジュニアをモデルにした役)。 CM [ ]• マルちゃん ヌー大陸() - ナイナイの岡村がメイン。 マルちゃん ラーメン横丁(東洋水産) - ナイナイの岡村がメイン。 プレーヤー() - メインはあくまでもナインティナインの2人であり、その他のメンバーはオマケ扱いされていた。 15秒、30秒バージョンともに共通で、ナイナイ以外のメンバーは1シーン、約2秒ほどしか出番が無い。 はいお茶 涼水仕立て() - ナインティナインメインのバージョンとその他のメンバーのバージョンがある。 ビデオ [ ]• てんそ6月号• てんそ特別号• てんそ満員御礼• てんそ8月号• てんそ大入満員 吉本印天然劇場94冬の巻 BANDAI HOME VIDEO BES-1076• てんそ笑大作戦• てんそコンビネタ• てんそ一発逆転• てんそ爆弾• てんそ千客万来 吉本印天然劇場冬の巻95 BANDAI HOME VIDEO BES-1192• 吉本印天然素材スペシャルライブ in KORAKUEN• 吉本印天然素材 V1 - V5• てんそパォーン! 水金地火木天然素材 BANDAI HOME VIDEO BES-1353 CD [ ]• 写真集 [ ]• Forever Friend ship - ナインティナイン脱退後に出版。 吉本印天然素材 特別天然危険物• 吉本印天然素材写真集 てんそもり!吉本印天然劇場冬の巻'94全記録 DVD [ ]• 吉本印天然素材 DVD第一巻(吉本印天然素材スペシャルライブ in KORAKUEN、吉本印天然素材V1、V2を収録)• 吉本印天然素材 DVD第二巻(吉本印天然素材V3、V4、V5を収録) (2巻とも2014年3月29日に発売された) 解散後 [ ]• (日本テレビ) - 2006年から年に1回ほどのペースで「」を放送。 出演は雨上がり決死隊・FUJIWARA・星田(初期天素メンバーの山崎邦正は番組レギュラー)。 -2006年、「」天然素材同窓会を放送。 以外のメンバーが出演。 12年ぶりに集合し、当時の暴露話とダンスを披露した。 - 蛍原、宮川大輔、バッファロー吾郎A(木村) 以外のメンバー9人が集結しダンスを披露した(なお、宮川のポジションは夏まゆみの指名で矢部が受け持った)。 構成:法島伸雄、鈴木伸幸、保谷大太• ステージ編成:大工富明• TD:一ノ瀬健次• SW:竹内一也• カメラ:南良郎• 音声:酒井孝• 照明:宇野淳子• VE:三浦錦也• デザイン:大竹潤一朗• 美術:大野一、西村眞司、三井ことね• 音効:今野直秀• TK:石島加奈子• 広報:伊藤麻江• 企画・構成:谷口秀一• : [ ]、海野裕二、平島泰憲、柳井誠也、中屋満、長島一泰、• :高家宏明、長島一泰、山田直樹、• デスク:桜井園子• 制作協力:• 企画制作:日本テレビ、吉本興業• 制作著作:日本テレビ 脚注 [ ]• 2019年7月19日に吉本興業との契約を解消。 ぜんじろう. インタビュアー:. 2014年7月5日閲覧。 『JUNK座談会スペシャル2008』2008年12月25日 - 2009年2月28日配信• 『』2009年9月3日放送• 2020年4月30日から2週連続で矢部がゲスト出演しており、岡村単独の放送は2020年4月23日が最後となった。 詳細は『』を参照• デイリースポーツ. 2017年8月26日閲覧。 「人工素材」は吉本に対抗した松竹芸能が会社を上げて結成したユニットといわれていたが、実際はTKOのが提案していたことがわかっている 2009年05月12日放送分より•

次の

宮川大輔、「天素」時代の貴重写真インスタに 岡村も宮迫もみんな若い...: J

天然 素材 吉本

概要 [ ] 東芝銀座セブンビル内に開場。 開館以前は、のショールームやラジオ番組などの公開録音、晩年はイベントなどの会場としても使われていた『東芝銀座セブン』(閉場)であり、その跡に設けられた。 略称は「銀7」。 オープン前のチラシデザインは漫画家のが担当した。 小さなを抱えたイメージキャラ「スリスリおじさん」と「本当は東京、好きなんですわ」というキャッチコピーが描かれた物だった。 初代支配人は、のマネージャーをしていたことがある森田耕司が務めた。 開館当初は大阪で爆発的人気を得ていたやその弟分グループ、のメンバーが出演、1994年にで放送されていた『』も、この劇場から平日の毎日生放送され 、また、当時では、この劇場名に因んだタイトルの『ラジオ7丁目劇場』が『』内などで放送されていた。 その後、徐々にやなどの東京勢に比重が置かれるようになっていった。 1995年以降は東京NSC出身者も加わり、徐々に人気が出てきた。 大阪で礼儀作法を十分に学んできた「天然素材メンバー」や「2丁目メンバー」が初期のうちに抜け、東京組が劇場を取り仕切るようになった時を回顧して、は「無法地帯」、は「学校みたいだった」と当時を振り返っている。 極楽とんぼを筆頭に天然素材メンバーや関西勢に口を聞くなと耳打ちしていた時期もあった。 同年にがオープンした内の「百人劇場」に「吉本・伝馬町劇場」 として銀座7丁目劇場の一部メンバー(チュパチャップス、ココリコ、など)が出張していたほか、『吉本・伝馬町劇場 生だ! SHIZUOKA金ゴロー』が生放送されていた。 これをきっかけにDonDokoDonやがテレビ静岡で番組レギュラーを持った。 この翌年のに東芝銀座セブンビルは建て替えられ、現在はの店舗などが入るビルとなっている。 銀座7丁目劇場とが相次いで閉館になった事で、2001年のの開館までの間東京吉本の若手芸人たちはホームグラウンドといえる舞台を失う事となり、先行して売れた芸人は番組出演やビルの会議室を借りてのイベントでネタ披露を行い、そんな金がない超若手芸人は路上でライブを行うなど苦難の日々を送った。 のようにこの時期に吉本に見切りをつけ、他の事務所に移った者もいる。 やペナルティなど7丁目劇場出身者からは思い入れの強い劇場である。 その反面やなどの天然素材メンバーからは天然素材ブームからの強制的な東京進出と強引な劇場出演により、後にナインティナインからは「失敗した劇場」と揶揄されており、それぞれの7丁目劇場の印象は180度違うものとなっている。 に行われるリニューアルした「吉本興業創業100周年特別公演」にて、、ココリコ、、ペナルティ、の「銀7メンバー」が集結、出演している。 お笑い虎の穴TOKYO [ ] 銀座7丁目劇場には、看板芸人の発掘を目的としたやのシステムに近い所属芸人のピラミッド構造のランク分けシステムが存在した。 これを「お笑い虎の穴TOKYO」と呼び、トップに位置する「GOVERMENT ISSUE」とその予備軍候補の、ネタを披露できる時間が異なる「1分組」「2分組」「3分組」とネタ時間5分の「私服組」にランク分けされていた。 いずれも毎週行われるオーディション形式のライブでの観客と審査員による投票でランクが決められるようになっており、1人あたり0〜3点の点数をつける(観客と審査員計150人の場合は450点満点となる)。 1〜3分組は公平のために衣装は黒一色のみと規定され、「黒服組」と総称されていた。 ランク上位への昇格条件は以下の通りである。 1分組:150点以上獲得で上位へ• 2分組:225点以上獲得で上位へ• 3分組:188点以上を3ヶ月間(10回)キープで上位へ なお、劇場開設当時のGOVERMENT ISSUEのメンバーは極楽とんぼ、夏生、ロンドンブーツ1号2号、ペナルティ、・、、、、ココリコ、DonDokoDon、チョコチップの11組であった。 過去に出演していた代表的な芸人 [ ]• (解散。 は一度『ほっしゃん。 』の芸名で活動した後本名に戻して活動中。 相方のも共にピンで活動中)• (解散。 後藤はピンで活動するも後に引退、久馬はで活動中)• (解散。 松村は引退、灘儀()はザ・プラン9のメンバーに)• (解散。 田村は『』の芸名でピン芸人として活動中)• (2014年3月22日のライブを最後に解散。 ユウキロックは節電やプロレスなどのオタクタレント及び芸人の講師・演芸インストラクターに転身、大上は司会業や子供向けの朗読業に転身)• (解散。 高野は引退、増本・石原は裏方で活動中)• (解散。 森永は引退、島根はピンで活動中)• (平畠・山口は個々に活動し実質ピン芸人状態だが、コンビ自体は解散していない)• (解散。 成島は俳優として活動中、衛藤はのリーダー、elsaとして活動中)• (解散。 坂本は妻とコンビを組んだ後に引退、熊本は俳優で活動中)• ウルグアイパラグアイ(『』に改名後解散。 植村は引退、桑折はピンで活動中)• (解散。 高瀬は引退。 五十嵐はラーメン屋を開業、後に閉店。 (『』に改名し別事務所で活動中)• 山崎圭介(現・)• (解散。 山本は現在はピン芸人として活動、樅野は放送作家として活動中)• (解散)• (解散。 谷口は『谷口聡』の芸名でピンで活動、石割は引退)• (解散。 メンバーのはのメンバーとして加入後、脱退しピン芸人として活動)• (解散。 メンバーのはの座長やタレントとして活動中。 山本は名義で放送作家として活動中)• (解散。 土肥はピン芸人として活動)• (解散。 井戸田は元『バツイチ』『メトロイド』の小沢一敬と『』を結成し別事務所で活動中)• (解散。 関はピン芸人として活動中、金成は元ガラクタパンチ菊池と『』を結成し活動中)• (解散。 ナベ・タケト・ハブそれぞれピンで活動中)• トーメン団地(現:『』)• (解散。 林は引退、家城は『』の芸名でピンで活動中)• (解散。 菊池は元ハローバイバイの金成と『』を結成し活動中)• (解散。 ハンバーグは引退、宮崎は『』の芸名でピン芸人として活動中)• 他多数。 脚注 [ ].

次の

ナイナイ岡村vsFUJIWARA 天然素材時代に確執「見下してたよな?」/芸能/デイリースポーツ online

天然 素材 吉本

ほかハロー! プロジェクトの楽曲の振り付けを担当して有名になった 夏まゆみさんである。 」 と怒りを表すが 矢部は「お前のために踊っとるんちゃうわボケ!! 2000年頃から『エブナイ』、『ワンナイ』など全国ネットの番組に出演するようになり 現在では冠番組『アメトーーク! 』 『雨上がり食楽部』のほか 『世界の何だコレ!? ミステリー』などのレギュラー番組を持つなど 売れっ子となる。 『R-1グランプリ』のMCでもある また、宮迫は俳優業でも活躍している。 天然素材以外にも くずや元ジャリズムの桂三度と三又又三2人と「荒川乃土手」としてもユニットを組み活動した 蛍原もローカルで長年単独のレギュラー番組をいくつか持っていた。 『炎の体育会TV』では 宮川と共演中。 『妖怪大戦争』では、岡村と共演。 映画『クレヨンしんちゃん』では コンビとして2002年・2017年と2回連続ゲスト声優を務めた。 岡村単独では 『なるみ・岡村の過ぎるTV』『東野・岡村の旅猿』『おかべろ』に出演中 『笑っていいとも! 』の短期レギュラーも務めた 矢部は、2013年に元女子アナの青木裕子と結婚 FUJIWARAの2人は、「天素で売れて浮かれていた自分たちと比べて ナインティナインの2人はすごく冷静に自分たちを客観視できていた」などと述べている FUJIWARA 解散後は主に関西で活動。 1997年から出演した『吉本超合金』が人気となり 1999年にはbaseよしもとの主力メンバーに。 これらが追い風となって 関西を中心に再び人気を集め、2003年頃から再び東京へ進出した。 原西は「一発ギャグマシーン」『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』では 「原西ゴリラ」が人気となる。 原西も既婚者。 藤本は「ガヤ芸人」としてアンタッチャブル山崎とパクリ芸などで呼ばれ 『ロンドンハーツ』や『アメトーーク』など他の番組に呼ばれるようになる 木下優樹菜と結婚しイクメン芸人としてもバラエティ番組に多数出演している テレ東にてコンビとして初の冠番組『FUJIWARAのありがたいと思えッ! 』 という番組を持ったこともある。 2016年に、藤本単独で初の通販番組 「キニナル! 金曜日」のMCを務める。 AbemaTVで また冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』を持つことになる 「名医のTHE太鼓判! 」では、レギュラー出演者中。 雨上がり同様、コンビ揃って既婚者 バッファロー吾郎 解散後は主に関西で活動。 後にbaseよしもとの主力メンバーとして活躍 、数々のイベントをプロデュースする。 「バッファローファミリー」と呼ばれる、劇場やテレビで活躍する機会に 恵まれない個性的な若手芸人たちを発掘・サポートし、人気芸人に育てる。 大喜利の大会『ダイナマイト関西』の主催者・プロデューサーでもある。 第1回の『キングオブコント2008』に優勝し、全国ネットの番組に出演する 機会も増えている木村は、バッファロー吾郎Aと改名している 単独でNHK『マッサン』、『花子とアン』にドラマ出演 竹若も連ドラの脇役に出演し俳優業にも力を入れており、東京に再進出する バッファロー吾郎Aは2009年に離婚。 チュパチャップス 天然素材の解散により仕事が激減すると、もともとコンビ仲が悪かったことから 天然素材の解散と同じ年にコンビを解消している 星田はピン芸人「ほっしゃん。 」として活動を続け 第3回『R-1ぐらんぷり2005』優勝を果たすが 2016年に芸のを衰えを理由にInstagramで引退を宣言する この引退宣言は宮川大輔の説得などもあって撤回をし 現在も芸能界で活動を続けている。 なお、芸名を2014年に本名の 「星田英利」名義に戻し元妻と再婚 2018年から芸人部から俳優部へ移籍した。 宮川は主に舞台役者の仕事をしていたが、2001年の新喜劇出演から芸人復帰 タレント、俳優として、相方以上に活躍している 2007年に『世界の果てまでイッテQ! 』にレギュラー出演 10年お祭り男として人気物になる。 』にも元コンビ芸人として、共演。 2人とも既婚者。 へびいちご 解散後は主に関西で活動。 ルミネtheよしもとやうめだ花月の ステージ出演を中心に関西でのローカルな活動に専念しているが テレビやラジオへの出演はほとんどと言っていいほど無く 天素のメンバーの中ではダントツで知名度が低い 『日曜もアメトーーク! 』にて 松竹芸能所属のゴッホ向井ブルーは恩人と称している。 高橋は岡村との親交が深く、全国放送である 『ナインティナインのオールナイトニッポン』において 岡村が「一緒に沖縄に行った」などと話題に挙げることがある 2015年、ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポンでは 電話で出演していた。 ただし、吉本興業の100周年記念イベントの舞台では 何度か重要な役を演じており その結果、関西や東京を含む全国番組に出演する機会が増えていった 高橋は『ナインティナインのオールナイトニッポン』の収録に参加したり 上記の舞台の宣伝に訪れたりしていた。 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!! 』のコーナー 「テレビのピンチをチャンスに変えるライブ」にて 約16年ぶりに天然素材の一員として復活した。

次の