妊婦でもできる仕事。 妊婦さんっていつまで仕事できるの? [ママリ]

妊婦でもできる仕事探し|妊娠中でも働けるよ

妊婦でもできる仕事

働く女性が増える一方で、妊娠・出産をきっかけに仕事をやめる女性の数もまだまだ多い現代社会。 本当は仕事を続けたかったのに、妊婦だとつわりや、お腹の張りといった自分ではどうにもできないような体調不良が原因で、やむなく仕事をやめることにしたという方も少なくありません。 妊婦でも、これまでバリバリ働いてきた方は、ただ家事だけをやる毎日が億劫だったり、つまらないと感じることでしょう。 妊婦でも、働ける環境さえ整えば、もっと仕事をして収入を得たいと考えるのが普通です。 実際に子供が出てきてしまったら、出産後は、自分のために使える時間もありません。 出産前までに、旅行や資格取得など、様々なことに挑戦する妊婦さんもいます。 そんな妊婦さんたちの新しい働き方の選択肢として、ワークに取り組むという方も増えています。 一口に在宅ワークと言っても、様々なジャンルがあり、これまで勤めてきた会社での職歴を生かせるものから、まったく新しい仕事に取り組むチャンスなども豊富にあります。 今回は、妊婦でもできる在宅ワークの種類や、実際の仕事内容の他、妊婦が在宅ワークをする際の注意点などを詳しくご紹介致します。 妊婦でもできる在宅ワーク1:内職 ここからは、妊婦でもできる在宅ワークの種類を大きく3つに分けてご紹介していきます。 まず、一つ目におすすめするのが、内職です。 内職は、昔から、家庭の外に出て働けない事情のある専業主婦に人気のある在宅ワークで、シニア世代の多くは、今でも在宅ワーク=内職と考える方が少なくありません。 内職は、簡単な手作業や軽作業を自宅で請け負うことができるため、体調が不安定な妊婦さんでも、気軽に始めることができます。 また、内職のお仕事は、仕事内容が単純作業である場合がほとんどなので、未経験・無資格でも仕事を受注できるチャンスが十分あり、妊婦さんでも、仕事をさせてもらえる可能性が高い在宅ワークなのです。 では、実際に内職にはどんな種類のお仕事があるのでしょうか?妊婦さんでも取り組める案件をいくつか挙げてみます。 シール貼り うちわ貼り 文具組み立て 袋詰め・パッキング 値札つけ 検品 アクセサリー 上記をご覧になって分かるように、妊婦さんでも取り組める内職のポイントは、どれも軽作業で座って行えるというお仕事ということです。 在宅ワークとして内職を行う際のメリットは、とにかく、年齢、性別、経験など不問で働き始められるという点と、自分のペースで仕事を進めていけるという点です。 在宅ワークですので、妊婦さんで体調の悪い時期や体調が思わしくない日は、仕事をしなくてもよいというのが最大のメリットです。 在宅ワークで内職をする場合の最大のデメリットは、収入が低いという点です。 内職は「家内労働者法」という法律で、最低工賃が決められてはいるものの、作業単価が低く、1つ納品しても1円以下という案件が非常に多いのです。 妊婦で、身重の体をおして、一生懸命内職を頑張っても、思ったほど収入にならず、がっかりすると言うことも多々あります。 内職で妊婦さんが1ヶ月に稼げる金額は、体調に留意しながら、1日3、4時間作業した場合は、慣れないうちは月1万円にも満たないケースがほとんどです。 あくまでも、在宅ワークで内職をする場合は、隙間時間の活用や、ちょこっとしたお小遣い稼ぎ程度に考える方がよいでしょう。 妊婦でもできる在宅ワーク2:クラウドソーシング 妊婦でもできる在宅ワーク、続いては、インターネットの「クラウドソーシングサービス」を利用して働く方法について見ていきます。 クラウドソーシングでは、インターネットの専用サイトを経由して、企業から直接仕事を受注して、パソコンなどを使って作業した成果物をクライアントに納品して報酬を得るという、新しい働き方です。 では、クラウドソーシングで妊婦さんが行える仕事には、どんな案件があるのか?ざっと見てみましょう。 アンケート調査 業務 業務 テレマーケター ご覧いただいて分かる通り、妊婦さんが取り組める在宅ワークは、どれも、パソコンを使って座って業務を行い、短期間やプロジェクトベースでお仕事ができるものばかりです。 クラウドソーシングを利用して働く場合は、いくつかの契約形式があり、期間の短いものから「タスク形式」「コンペ形式」「プロジェクト形式」などがあります。 タスク形式の中には、アンケート調査のように簡単な質問に答えて最短1分で作業が完了するようなお仕事もあります。 妊婦さんで、体調があまり思わしくない時でも、横になったまま、スマホ一つで取り組むことができます。 また、データ入力や翻訳業務なども、プロジェクトベースで受注できる案件があり、たとえば、出産までの短期間だけお仕事をしたいという妊婦さんには、こういった短期で完結するクラウドソーシングのお仕事を受注して在宅ワークで稼ぐという方も多いようです。 クラウドソーシングで妊婦さんが仕事を探したい場合は、まず、大手クラウドソーシングサイトなどに、会員登録します。 妊婦だと、体調次第で働けない日も出てきますが、定期的に仕事を受注できれば、同じ在宅ワークでも内職よりはまとまった金額を稼ぐことができます。 例えば、簡単なデータ入力を行っている方なら、1日3、4時間の作業時間で、月に1万円から5万円ほどの収入があるようです。 妊婦でもできる在宅ワーク3:インターネットビジネス 最後にご紹介する妊婦さんでもできる在宅ワークは、インターネットビジネス。 インターネットビジネスには、どんな種類のお仕事があるのか?具体的に見てみましょう。 アフィリエイト(広告収入) ネットオークション フリマアプリ せどり スマホで株式投資 アフィリエイトは、企業の商品やサービスなどを紹介して広告収入を得る方法で、自分でブログを書くなどしてサイト運営し、広告をサイトに貼って収入を得ます。 人気ブロガーの中には、月100万円以上をアフィリエイトで稼ぐという主婦もいるので、妊婦さんでも気軽に挑戦できます。 妊婦さんでは、少し取り組み辛い在宅ワークとしては、フリマアプリ、ネットオークションを利用して行う不用品販売などがあります。 家の不用品を片付けることもできる一石二鳥の在宅ワークですが、荷物を抱えたりしないといけない場合があるので、妊婦にはあまりおすすめとは言えません。 また、インターネットで安く仕入れた商品を転売するせどりも、発送作業などで、荷物を梱包するなどの作業が発生します。 CDなど軽いものなら大丈夫ですが、家電品など大きなものを扱うケースでは、妊婦には体に負担がかかるのでおすすめできません。 一方、スマホだけで行う株式投資(ワンタップバイ)などは、投資金額1000円から行えて、妊婦や主婦でも気軽に挑戦できる人気の資産運用です。 インターネットビジネスを在宅ワークにすると、アフィリエイトや株式投資など、出産した後も、働けなくても定期的に収入が発生するものがありますので、そういった意味では、特に妊婦さんにおすすめと言えます。 妊婦が在宅ワークをする際の注意点 妊婦ができる在宅ワークの種類をいくつかご紹介してきましたが、妊娠中に働く時に、気をつけたいポイントをいくつかご紹介しておきたいと思います。 まず、妊婦さんが最優先すべきは、お腹の赤ちゃんに負担がかからないということです。 母体がストレスを感じるほどきつい仕事をすれば、その分、お腹の赤ちゃんにもストレスがかかります。 在宅ワークといえども、内職では納期がありますので、締切り前になって夜中まで作業したりすれば、かなり妊婦さんの体に負担がかかります。 在宅ワークで働くと決めたきっかけは、そもそも何だったのか?その辺をもう一度見直しましょう。 また、在宅ワークでは、通勤のストレスや人間関係のストレスがないというのも大きなメリットですが、自分である程度自己管理ができないと、まとまった報酬を得るのは難しいという側面もあります。 内職やクラウドソーシングなどの在宅ワークは会社勤めと違って、働いて商品を納品しなければ、報酬が発生しません。 妊婦さんは、体調管理が難しく、一度働くペースが落ちると、なかなか思ったように仕事に取りかかれないという状況になりやすいので、できるだけ規則正しい生活をして、在宅ワークに取り組める時間を作っていくようにしましょう。 内職もパソコンを使ったクラウドソーシングも、ほとんど座って作業ができますが、長時間同じ姿勢でいることが多くなりますので、妊娠後期はむくみなどが発生しやすくなります。 適度に運動を入れたり、休憩を挟んでストレッチするなど、妊婦だからこそ、体を労るということも忘れないようにしましょう。 辛いつわりの時期はどうやって在宅ワークを乗り切る? 妊婦さんが働く際に、仕事を続けるのが最も難しいのは「つわり」の時期。 やはり安定期に入る妊娠5ヶ月目までは、個人差がありますが、なんらかの「つわり」を経験する方が多いようです。 中には、一日中トイレにいなければ生活できないというレベルでつわりがひどい妊婦さんもいますので、そういう方は、無理せず休むのが鉄則です。 多少体調が悪くても、どうしても在宅ワークで稼ぐ必要があるという場合は、内職なら、臭いのある商材を扱うお仕事(石けん、お菓子、アロマ商品の袋詰め作業など)を避けるようにしましょう。 また、高単価の在宅ワークの中には、短納期を希望しているケースがたくさんあります。 こういった案件を引き受けると、体調が悪いのに寝ていられないということになりますので、受注前に、しっかりと確認する必要があります。 在宅ワークといえども仕事は仕事ですので、短期契約でも、出産までの期間を計算して、先方に迷惑がかからないように配慮することが大切です。 基本的に妊婦さんが在宅ワークをする場合はスケジュールは詰め込まないというのが鉄則です。 妊婦だけじゃない!在宅ワークで稼ぐ女性たち 妊婦だけでなく、専業主婦でも在宅ワークで稼ぐ人が増えています。 実際に、在宅ワークを行っている主婦の平均収入はいくらぐらいなのでしょうか? 内職やクラウドソーシング経由で行う簡単なデータ入力などを請け負っている主婦の平均収入は月収2万円ほどと言われています。 これは、夫の配偶者扶養の範囲を越えないで働きたいという主婦が多いから、低い金額に収まっているという背景もあります。 稼ぐ主婦の中には、月平均5万円以上在宅ワークで副業収入がある人が多く、長く作業時間が取れる女性の在宅ワーカーなら、月に20万から30万円ほどの報酬を得ている人もいるようです。 妊婦だと、毎日7時間以上在宅ワークに従事するというのは、かなり難しいと思いますので、目標額は5万円ぐらいが妥当と言えるでしょう。 妊婦でもできる在宅ワークで賢く稼ごう! 妊婦でもできる在宅ワークをご紹介してきました。 内職、クラウドソーシングサービス、ネットビジネスなど、現代社会では妊婦でも家にいながら収入を得る方法がたくさんあります。 パソコンが苦手な妊婦さんなら内職、パソコンが得意な妊婦さんなら、クラウドソーシングかネットビジネスという感じで、仕事を選べるのも魅力です。 堅実で効率的な働き方としては、パソコンができるなら、クラウドソーシングサービスを利用して在宅ワークで多少稼ぎ、そのお金をネットビジネスで株式投資などに使って資産を増やすという方法です。 妊婦だからこそ、体調管理はしっかりと行って、お腹の赤ちゃんが元気に生まれてくるように、自分のペースで働きましょう。 在宅ワークなら、それが実現できますよ!.

次の

妊婦の仕事探しは大変?雇ってもらえる?妊娠中でもOKのお仕事

妊婦でもできる仕事

妊娠中、無理はしたくないけど仕事をして子供が生まれた後の家計を少しでもプラスにしたいですよね。 出産にかかる費用は、検診や出産・入院費だけで平均約40〜50万円。 所属の健康保険から出産一時金42万円は貰えますが、出産は子育てのスタート。 赤ちゃんのお世話グッズにお洋服・育児アイテム…子育てするには色々と出費が続きます。 生まれてからも、食べもの・洋服・子育てグッズ…赤ちゃんのために出来るだけ良いものを買ってあげたいですよね。 その為にも少しでも働きたい。 そういう妊婦さんがとても多くいらっしゃいます。 でも… 「妊婦でも仕事をやらせてもらえるところなんてない」 って、諦めていませんか? 実は、 妊婦でも出来るお仕事は色々あるんです! でも お腹の赤ちゃんのためにも絶対に無理は禁物。 ですので妊婦さんのお仕事探しは 選び方や求人の探し方がとても重要になってくるんです。 「ちゃんと稼ぎたい」という場合は1か2になりますが、2の在宅ワークもいきなりしっかりと稼ぐのは難しいのが現状です。 ですので、それなりの収入を求めるのであれば1番が最も現実的です。 以降でそれぞれ、詳しくご紹介していきます。 体調が良ければ1番おすすめ!数日〜数ヶ月の「短期のお仕事」 「幸いなことにつわりがひどくなく、妊娠中だけど働きたい。 」 「安定期で体調が良いので、ほどよく仕事がしたい。 」 という妊婦さんは意外に多くいらっしゃいます。 そんな健康な妊婦さんにおすすめなのは、 数日や数ヶ月単位といった短期のお仕事です。 仮に安定期からお仕事をするとすれば、いくら体調が良いと言っても、妊娠後期になりお腹が一層おおきくなってくる8〜9ヶ月ごろまでが望ましいですね。 ですので、短日〜数日のお仕事か、もしくは数週間〜数ヶ月単位のお仕事が適しています。 妊婦さんが短期のお仕事を探すなら、アルバイトではなく「派遣スタッフ」で探しましょう! 単発や短期のお仕事というと、アルバイトをイメージするかもしれません。 確かにアルバイトで短期のお仕事は色々ありますが、妊婦さんであれば、私は 派遣登録して仕事を探すのを強くお勧めします! 実は派遣スタッフで仕事さがしをするのは、 パートやアルバイトで応募するよりも、妊婦さんにとってメリットがすごく多いんです。 妊婦さんにとって派遣スタッフのメリットとは? 妊婦さんが派遣登録してお仕事探しをするには、パートアルバイトと比べて以下のようなメリットがあります。 接客業など立ち仕事が多いアルバイトに比べ、 デスクワークなど体に負担の少ない業務が多い• 800円台などの時給が主なアルバイトに比べ、派遣は 1,500円以上などの高時給が多い• 派遣会社のキャリアカウンセラーに相談し仕事を紹介してもらえるので、 自分で探すよりも希望にマッチした職場に出会いやすい• 現在妊娠中であることや、いつまで働くかなど 企業側との交渉を派遣会社が仲介して行ってくれる• 一度登録しておけば、 産後仕事を探す際にもスムーズにスタートできる• スキルアップのための eラーニングが無料で受講出来る 派遣というと、 週5日勤務フルタイム・半年〜1年単位の契約 といったイメージかもしれませんが、実は• 1日・数日単位のお仕事• 1〜2ヶ月単位のお仕事• 週3日、1ヶ月のうち数日・月末月初のみ勤務のお仕事 などの、フレキシブルな勤務形態の求人がかなり充実しています。 しかも、業務内容はデスクワークでパソコン作業や、コールセンターで問い合わせの電話をうけるなどの、 座ったままできる仕事が主になりますので、妊娠中でも比較的体に負担が少ないと言えます。 アルバイトで多いイベントや接客の短期のお仕事は、いくら元気な妊婦さんだといっても、一日中立ち仕事をするのはそれまでずっと経験していて慣れているならともかく突然やるにはハードルが高すぎますよね。 また、派遣であれば派遣会社のスタッフさんに相談し、求人を探すことができるのも大きなメリット。 派遣会社のキャリアドバイザーは、各企業の社風などもよく把握しているので、自分にマッチした会社を見つけやすくなります。 さらに、アルバイトの場合 求人に応募・面接・問い合わせ・相手との交渉などを自身で行う必要があります。 一方派遣社員の場合は、派遣会社の担当キャリアカウンセラーが、 あなたの希望をヒアリングした上でマッチしたお仕事を探してくれるのです。 応募する際にあなたが妊娠中であることや、希望なども伝えてくれるので 自分からは直接伝えにくい要望も交渉しやすいです。 そして産後の仕事復帰を見据えた場合も、 派遣登録しておくメリットが多いにあります。 派遣会社に既に登録してあれば、産後働きたいと思った時にすぐに仕事探しが始められますし、 eラーニングでパソコンなどのスキルアップも無料で取り組めるんです。 産後の仕事復帰に関しては、詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。 妊婦さんにオススメの派遣求人内容 業務内容では、 データ入力などのパソコン作業や、コールセンター業務は座ったままのデスクワークなので、身重な妊婦さんにおすすめです。 コールセンターの場合はアウトバウンド(発信業務)は営業電話をする事が多くストレスも溜まりやすいため、時給は高いけどオススメ出来ません。 インバウンド(受信業務)の申し込み受付などのコールセンター業務を選びましょう。 その他には 単発の試験監督や受付など、短日のみで日給1万円以上のものもあります。 また、 できれば通勤電車や外出は避けたいという場合に在宅でできる事務ワーク求人も最近は多くなっています。 そういった案件は人気ですので、派遣会社の新着求人案件をこまめにチェックして早めにエントリーしましょう。 妊婦さんが派遣登録するなら、ママ向け支援が充実している派遣会社で 妊娠中にお仕事を探すなら派遣で探すのがおすすめとご紹介してきましたが、 登録する派遣会社もきちんと選ぶ必要があります。 派遣会社は多くありますが、それぞれ扱っている求人内容や、得意なジャンルが異なります。 産後のことも見据えるのであれば、 育児ママも働きやすい派遣会社を選びましょう。 また、1つの派遣会社で探すよりも いくつかの派遣会社に登録をして求人をチェックしたほうが、効率的に自分の希望にあった求人に早く出会える確率が高まります。 ここでは、私が実際に登録していた2社をご紹介します。 1番おすすめ!ママ支援&サポートが充実「テンプスタッフ」 妊婦さんや子育てママにすごくお勧めなのが、テンプスタッフ。 派遣会社大手のテンプスタッフは、週5日フルタイム業務の派遣とは別の 「主婦向けのパートタイム派遣を扱う専門部署」があるんです。 コロナ不況が騒がれていますが多くの業種を扱う業界最大手のテンプスタッフでは、• 特需で人手不足の企業求人• 在宅でできる事務求人 なども扱っていますので、今月や来月スタート求人も多くあります。 まずはどんな求人があるかWeb登録してチェックしてみてください。 体調が心配・隙間時間だけ自宅でやりたい方は「クラウドワーク」 まだ初期で安定期前の方や、つわりで体調に波があるという方は、在宅でクラウドワークという働き方があります。 やっぱり自宅で出来るのは安心で嬉しいですよね。 在宅というと内職のイメージがあるかもしれませんが、 内職では単価があまりに低くて体も動かさなくてはならないため、ここではパソコン作業メインの在宅ワークをご紹介します。 育児・家事に関する質問記事作成:1000文字程度 10テーマ 3,000円• 住宅ローンに関する記事作成:2,000文字程度 1,200円 等など。 デザイン制作系作業 これまでにデザイナー経験があり自宅にもPhotoshopやイラストレーターなどがある方は、デザインの在宅ワークがとってもおすすめです。 また、仕事ではやったことがなくても、趣味などでイラストを書いている方なども技術があればお仕事のチャンスがあります。 ロゴ作成などの簡単な案件から、中には大手企業の新商品や新キャラクターデザインなどのコンペ案件も存在します。 在宅ワークにおすすめのサイト「クラウドワークス」 簡単なライティングやアンケート回答、データ入力などの初心者でもやりやすい案件が多く始めやすいのは、やはり在宅ワークサービス最大手の です。 例えば、以下のようにアンケートに回答して数分で終わるものや、体験談の記事投稿するようなものなど様々な案件があります。 自慢の猫ちゃん写真投稿や… 感想募集。 覆面調査は暇つぶし&お小遣い稼ぎにもなり嬉しいですね。 様々な種類があります。 1件100円・作業時間数分などの気軽な案件もあるので、少しずつ始めてみたい方にもぴったり。 単発を何件かしっかりとこなして行くと、評価されていきます。 評価数が増えて この人に頼むと安心!と思ってもらえると、継続案件なども依頼がくるようになりますよ。 ただし、やはり 仕事1件の単価は数百円などが多く、しっかり稼ぐというよりは隙間時間の活用というレベルで思った方がよいでしょう。 在宅ワークで月に数万〜10万レベルで稼ぎたい方は、上述したように 派遣で在宅ワークOKの求人を探す方が優良求人を見つけやすいですよ。 ゆくゆく自宅でサロンを開いたり、ハンドメイドグッズをネットで販売したりと活躍の場を広げることも可能です。 ただし、いきなり大きく稼ぐことは難しいので、将来的には…と考えている方はこの機会に少しずつ始めてみても良いかもしれません。 ネイルサロン ネイルが好きな方は、自分でジェルネイルを勉強して、ゆくゆくはネイルサロンをオープンするという方も。 一度道具を揃えれば、小スペース・低コストで始められるので、実はそうやってスタートして少しずつ大きくしていくという個人経営のネイルサロンは結構多いんです。 まずはお友達などに来てもらって、少しずつ口コミで広げていきましょう。 ハンドメイドアクセサリー通販 出典: 細かなハンドメイド作業が好きな方は、自分の作品をオンラインで販売してみましょう。 今はハンドメイドクリエイター専用の販売サイトがあり、以前のようにオークションサイトで売るよりもとても人気ですし、安心です。 >> 妊娠中はゆったり過ごすと割り切り、産後の仕事復帰に備えるのも手 これまで色んな妊娠中でも出来る働き方をご紹介してきましたが、 「どうしても働きたい・働かなくてはいけない」という事情でなければ マタニティ期間はゆったりすると割り切るのも一つの手です。 妊娠期間は人生のなかでも滅多に体験することのできない貴重な期間。 お腹の赤ちゃんとの時間をゆっくりと楽しんで見ても良いでしょう。 産後の仕事復帰のために、マタニティ中にスキルを身につけて 妊娠中は働かないと決めても、今後のために出来ることがあります。 それは、 産後仕事復帰のために今から準備をしておくこと。 「今後ずっと専業主婦でいく!」と決めているのでなければ、産後しばらくするとみなさん、仕事復帰の壁に直面します。 今は想像できないかもしれませんが、この仕事復帰の壁はかなり大きく育児ママに立ちはだかるのです…! その時に有利に仕事探しを進めるためにも、今からやっておきたいのは スキルアップ。 特に、事務職などでそれなりに稼ぎたいようであれば、パソコンスキルは高ければ高いほど時給も高い求人に採用されやすくなります。 幸いなことにパソコンスキルは、PCや、最近はスマホだけでもeラーニングなどで学べるようになっているので、無料で利用できるサービスを活用してみてください。 お腹の赤ちゃんを第一に、自分に合ったスタイルで過ごそう 同じ妊婦さんでも、体調や体力の有無など、どんな働き方がマッチするかは人それぞれです。 お腹の赤ちゃんを第一に負担のない働き方を探して、楽しくマタニティ期間を過ごしてくださいね。 人気の記事はこちら。 妊娠中でも、体調が良ければ少しでもお仕事をして出産・育児費用を稼ぎたいですよね。 また、ずっと家にこもっ... 産後、子育てが落ち着いたらまた働きたいな、と漠然と考えている方も多いのでは。 ただ、子育てをしながら仕事... 派遣の求人で短期のお仕事って実際はどんなものがあるの? と、派遣未経験の方は不安に思うかもしれません。... 妊娠中の体調や、妊活などを機にお仕事を辞めてしまう女性は多くいます。 産休育休などを取得出来る場合もあり... 自分で何でも作ってしまうのが好きという方は、好きを活かした在宅ワークを始めてみませんか? 自宅のほんの少... 妊娠中にお仕事を見つけた先輩プレママの体験談や口コミをご紹介していきます。 コールセンターや、単発の派遣... 自宅で憧れのネイルサロンをオープンした先輩主婦の体験談をご紹介します。 やってみたいけど、実際は月にどれ...

次の

妊婦さんはいつまで仕事ができる?休む際の注意点やそれぞれの事情

妊婦でもできる仕事

平成28年には男女雇用機会均等法が改正され、平成29年から妊娠・出産に関するハラスメント防止措置が義務化されています。 こうした政府の方針や各家庭の経済的な事情が、仕事を続ける選択をする人が増えている要因のひとつかもしれません。 一方で、業務内容や妊娠の経過、家庭の事情で仕事をセーブしなければならない人もいます。 業務内容の変更や出勤時間の緩和、休職や退職、転職といった対応をとる人もいるでしょう。 転職や退職は、生活に大きく影響を与えるものです。 妊婦さんが仕事を続けるにあたっての問題点を明確にし、どのような対応方法があり、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのかを確認しましょう。 その上で、妊婦として仕事を続けるかどうかを慎重に検討して判断したいですね。 妊娠による心や身体の変化は、妊婦さんの仕事に影響を与える場合があります。 つわりや貧血などの体調不良で仕事がきつい、睡眠不足が続き仕事に対して無気力になった・集中力が低下したというケースが考えられるでしょう。 また仕事が憂鬱だったりイライラしたりするのも、妊娠・出産に対しての不安やストレスが原因かもしれません。 また妊娠は妊婦さんだけでなく、周囲の人にも変化をもたらすことがあります。 妊婦さんへの対応に不慣れな職場であれば、妊婦さんへの接し方にぎこちなさがあったり配慮が足りなかったりすることもあるでしょう。 妊婦さんが職場で疎外感を抱いている場合、周囲の気遣いと妊婦さん側がしてほしいことが噛み合っていないケースもあるかもしれません。 自分の変化も周囲の変化も、何が原因でどう対応すればうまくいくのか、自分なりに一度考えてみることから始めると良いかもしれません。 原因に合わせて、どのような選択肢があるのかを検討してみましょう。 働いている妊婦さんであれば、「いつまで仕事を続けられるのか」「産休はいつからになるのか」といったことが気になりますよね。 妊婦さんが仕事を続けられる期間については、明確なルールはありません。 妊婦さん本人の体調や考えによるでしょう。 産休(産前産後休業)は、出産予定日の6週間前(双子以上の場合に14週間前)から本人の請求によって休暇を取得できる制度です。 育児休業は条件を満たした人のみ取得が可能ですが、産休は正社員・パート社員・派遣社員・契約社員といった雇用形態に関わらず、誰でも取得できます。 仕事を継続する場合には、産休が取得できるようになる妊娠9ヶ月の妊娠34週以降は、無理に仕事を続けない人が多いようです。 一方で、大事をとって安定期ごろまでには退職する人や、職場や家庭の事情で臨月まで仕事を続ける人もいます。 「いつまで仕事を続けるか」は、家族やパートナーとよく相談しつつ、妊婦さん自身の体調を考慮しながら検討してくださいね。 家族構成や家族関係、家事・育児の負担状況など、家庭の事情によって仕事を続けるかどうか悩む妊婦さんもいます。 続けるとしたらいつまで続けるのか、どのような形態・時間帯で働くのか、働き方について考える人も多いことでしょう。 たとえば二人目以降の妊娠の場合には、妊娠中の心と身体の変化に加えて子育てや家事、仕事に追われて大変ですよね。 妊娠中に離婚したケースや未婚で出産する場合も、悩みは多いでしょう。 特に高齢出産や持病がある人の出産は、一般的な妊婦よりもリスクが上がるといわれており、仕事の継続や働き方について慎重に検討する必要があります。 また、双子以上の妊娠(多胎妊娠)の場合も、一般的な妊婦さんよりも動きづらかったり合併症になったりするリスクが高まるといわれています。 それぞれの妊娠の経過や体調、家庭の事情は異なりますが、とりわけリスクがある場合には、仕事をセーブする方法を検討してみることが大切かもしれません。 通勤時や勤務中に車を運転しなければならない人や、仕事中に重いものを持ったり脚立で高いところに登ったりする必要がある人も、安全面で悩むかもしれません。 また海外や国内への出張が多く、飛行機に乗る機会が多い人は、体力面やお腹の赤ちゃんへの影響、緊急時の対応などが気になるのではないでしょうか。 業界や会社の規模によっては、配置換えをしてもらい、一時的に事務作業などの比較的リスクの少ない仕事を任せてもらえる場合があります。 ただ、すべての職場でそのような環境が整っているわけではないため、やむを得ず休職や退職、転職に踏み切る妊婦さんもいるでしょう。 妊娠の経過や体調、家庭の事情、職場環境などさまざまな要素を考慮しながら、できるだけ後悔のない選択ができると良いですね。 職場や職種、家庭の事情に不安がなくても、妊婦さん自身の体調に不安がある場合には、仕事をどうすべきか考える人もいるでしょう。 ひどいつわりが続いていたり、腰痛や恥骨痛であまり動けかったりする場合もあります。 寝不足が続いて日中眠いため、作業に集中できないという悩みを抱える人も多いようです。 その他にも、貧血や腹痛・吐き気といった症状で悩む妊婦さんは多いかもしれません。 妊娠していなくてもかかる風邪などの体調不良による休みを含めると、休む日数が多くなる妊婦さんもいます。 しかし周囲の目が気になる場合でも、無理をしすぎないことが重要です。 もちろん、仕事で無理をするとただちに切迫流産・切迫早産・合併症のリスクが高まるというわけではありませんが、可能性がまったくないとは言い切れないことは知っておきましょう。 また入院や安静指示が出た場合も、仕事についてどうすべきか悩む妊婦さんもいるでしょう。 妊娠中は突然の入院や安静指示が出るケースが珍しくないため、まずは職場に事情を説明し、よく話し合いましょう。 長期間の入院や安静指示が出た場合には、退職だけではなく、休職や有休消化も検討してみてくださいね。 妊婦さんが仕事を続ける際に気になるのが、職場における周りの目かもしれません。 「周囲から迷惑だと思われていないか」「体調不良で仕事を休むことをさぼりだと思われていないか」など、気になることは多いでしょう。 残念ながら妊婦さんが仕事を続けることに、理解を得るのが難しい職場もあります。 妊娠・出産を理由に辞めるようにと言われたり、妊婦健診に行かせてもらえなかったりすることは、「マタニティハラスメント」に該当します。 男女雇用機会均等法においては、事業主にマタニティハラスメントの防止措置をとることを義務付けるとともに、相談窓口を設置しています。 こうした制度を知っておき、いざというときには活用できるかどうか検討してみると良いでしょう。 ただし、妊婦さんの勤務時間が減ったり業務内容が変更になったりすることで、誰かに影響をおよぼすことはあります。 妊婦さんの状況がわからないため、迷惑だと思ってしまう人もいるかもしれません。 自分の体調や妊娠の経過について周囲に状況をきちんと伝え、フォローしてくれる仲間に感謝することは忘れないようにしたいです。 企業によっては、社内の制度が十分に整っていない部分もあるため、妊婦さんへの理解がないところもありますが、一方で、きちんと話すことで理解をしてもらい、社内の制度が改善されていく事例もあります。 社会で女性が働きやすい環境を作るために、女性側からの発信も大切です。 長期的な視点で見た時に、自分たちで制度を整えていくことで、今後同じように働く女性たちが、より働きやすい環境を作るきっかけにもなります。 妊娠初期のひどいつわり、つらい貧血やめまい、腰痛や恥骨痛といった症状に悩む妊婦さんは、少なくありません。 あまりにもひどい症状が続く日には、仕事を休みたいと考える妊婦さんもいるでしょう。 「他の妊婦さんに比べて休みがちだ」といった指摘をされると、休みにくくなってしまう人もいるかもしれません。 しかし、つわりをはじめとした妊娠に伴うつらい症状の有無や程度には、個人差があるため、他人と比べる必要はありません。 我慢せず、必要であれば「母性健康管理指導事項連絡カード」を用いて、休みたい理由と医師からの指示を明確に会社に伝えるのも良いかもしれませんね。 仕事が忙しくて、なかなか休めない妊婦さんもいるでしょう。 妊娠中に無理をすると、ケースによっては切迫早産などのリスクが高まることがあります。 出勤するとしても、こまめに休憩したり、昼休憩にしっかり休んだりして、できるだけ身体をいたわりましょう。 様子を見て早退や遅刻、有給を検討するのも良いでしょう。 妊娠・出産という人生における大きなイベントに際して、これからの生活と仕事をどのように両立していくかついて考える女性は多いかもしれません。 妊娠による身体の変化や心の変化、環境や人間関係の変化は、仕事においてもさまざまな部分に影響を与えるでしょう。 いつまで仕事を続けたいか、正社員・パート・在宅などどのような形態で働きたいか、産後も見据えて一度検討してみるのも良いかもしれませんね。 妊婦さんひとりで悩まず、家族やパートナー、職場の上司・同僚、医師や専門窓口への相談を検討してみることも大切です。 「相談するのは迷惑なのでは」とためらう必要はありません。 話をするだけでも心が軽くなったり、自分の考えがまとまったりする場合もあります。 体調面でも精神面でも、無理せずに仕事と向き合っていきましょう。

次の