いちじく パン。 コストコの20個パン『くるみ&いちじくロール』は素朴味で朝食にもおやつにもアリ

いちじく

いちじく パン

コストコ|ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール|998円 こちらがコストコのベーカリーコーナーで見かける 『ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール(WALNUTS HAXEL&FIG ROLL)』(品番:93338)。 2種類のパンが各10個ずつ、合計20個入って、お値段は998円(税込、税抜924円)です。 ちなみに、パッケージには内容量が記載されていませんが、編集部で独自に計測してみたところ1,123gありました。 というわけで、1個あたり約56gで約50円という計算になります。 噛みごたえがあり素朴な味わい くるみ(ウォールナッツ)とヘーゼルナッツを混ぜ込んだパン。 生地は目が詰まっており、ややかための歯ごたえで、若干パサッとした食感ですね。 バターや卵、牛乳が使われておらず、素朴な味わい。 噛むうちにこうばしい風味がふんわり漂います。 また、ナッツのコリコリとした歯ごたえが楽しい。 ほんのり塩味で、砂糖は使われていません。 「小腹が減ったけど、甘ったるいものは求めていない」なんてときにはありがたい存在です。 こちらはいちじく(フィグ)のパン。 ドライフルーツのいちじくが混ぜ込まれています。 生地はむっちりとして噛みごたえがあり、ややしっとりとした舌触り。 こちらもバター、卵、牛乳は使われていません。 ほんのりと酸味が感じられ、いちじくの素朴な甘さが引き立てられます。 ちょっとしたおやつに、ちょうどよい塩梅ですね。 どちらも、軽く焦げめが付く程度にトーストすると、ふんわりと仕上がって、風味も際立ち、よりおいしい! 可能であれば、オーブントースターで加熱していただくことをおすすめします。 * * * 『ウォールナッツヘーゼルナッツ&フィグロール』は、バター・卵・牛乳不使用の、素朴な味わいのパンです。 食べきりやすいサイズで、小腹満たしにうってつけ。 朝食にもおやつにもおすすめですよ。 おすすめ度.

次の

マチノパン いちじくとクリームチーズ【ローソン】の感想

いちじく パン

人気のドライフルーツ、いちじく 果物を乾燥させたドライフルーツは、保存性が高まり、甘みや栄養がぎゅっと詰まっています。 今回は、ドライフルーツの中でも人気のドライいちじく ドライフィグ について、効能やパンに取り入れる方法を、レシピと共にご紹介します。 健康にも美容にも良いドライいちじく いちじくの主な原産地はアラビアの南部で、そのままでも栄養価や薬効が高い果物。 でも、乾燥させて水分を抜いたドライいちじくは本来の栄養が凝縮され、生で食べるよりも栄養価が高くなる成分が多いのです。 ドライいちじくに含まれる栄養素 ミネラル ドライいちじくは、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル分が豊富です。 カルシウムは骨や歯を丈夫に。 鉄分は貧血の改善などに。 カリウムは体内の余分な塩分を排出し、むくみや高血圧を予防してくれる効果があります。 食物繊維 ドライいちじくには水溶性食物繊維 ペクチン と不溶性食物繊維 セルロース がバランスよく含まれているため、便秘解消にも効果的。 美容にも効果を発揮 ドライいちじくに含まれる植物性エストロゲンは、女性ホルモンと似た働きをする物質。 女性ホルモンのバランスを整え、更年期障害の軽減などにも効果があるといわれています。 抗酸化物質も含んでいるので、アンチエイジングも期待できそうですね。 パンとドライいちじく ドライフルーツとパンは王道の組み合わせで、パンがより香り豊かに仕上がります。 ドライいちじくは、プチプチした食感が少し歯ごたえのあるハードなパンやナッツの食感と相性抜群。 優しい甘みは、ライ麦やチーズの酸味とよく合います。 イラン産?トルコ産? ドライいちじくは、イラン産とトルコ産が多く出回っています。 イラン産は小粒でしっかりと水分が抜けきってかたく、かめばかむほど味が出てくるタイプ。 トルコ産は大粒で少しやわらかく、まるでジャムのように甘く濃厚。 パン作りにはトルコ産がおすすめです。 おすすめのアイテム ドライいちじくの下準備 ドライいちじくをパン作りに使用する際は、やわらかく戻すことが大切。 なぜなら、乾燥したままのいちじくを混ぜ込むと、パン生地の水分を吸い取ってしまい、パンがかたく焼き上がってしまうから。 やわらかく戻す方法はいくつかありますが、代表的なものは湯通しです。 熱湯に10秒間程度入れてザルにあげ、キッチンペーパーで水気を拭き取ればOK。 他に、洋酒に漬ける、水に一晩浸す、などの方法もあります。 いちじくとカシューナッツのパン ドライいちじくと相性のよいライ麦とカシューナッツを合わせた、少しハードなパンをご紹介します。 お料理やワインのお供にしたり、チーズや発酵バター、はちみつをのせたりして楽しんでも。 材料 2個分• 準強力粉…160g• ライ麦粉…40g• 水…135g• きび砂糖…10g• 塩…3g• インスタントドライイースト…2g• ドライいちじく…80g• カシューナッツ…20g おすすめのアイテム 下準備• ドライいちじくは、上記の「ドライいちじくの下準備」を参照してやわらくし、1cm角にカットする。 カシューナッツはトースターなどで軽くローストし、大きめに砕く。 他の材料は常温にしておき、暑い時期以外は水も人肌程度に温める。 作り方• ボウルにいちじくとカシューナッツ以外の材料を入れて、ヘラなどで混ぜる。 水気がなくなればこね台に出す。 べたつきやすいので、台にたたきつけるようにして約5分間こねる。 *材料が均一に合わさればOK。 同じことを繰り返し、両手で生地をもむように具材を均等に混ぜ込む。 一つに丸め、とじ目を下にしてボウルに入れる。 ラップをして一次発酵をする。 生地が約2〜2. 5倍の大きさになれば発酵完了。 生地を手で押さえてガスを抜き、2等分にする。 具材がなるべく表面に出ないように丸め、乾燥しないようにボウルをかぶせて15分間休ませる。 再びガスを抜いて、とじ目を上にする。 さらに半分に折って、とじ目をとじる。 オーブンシートを敷いた天板に並べ、湿気のある暖かい場所で約2倍の大きさになるまで二次発酵をする。 発酵が完了したら生地の表面に強力粉を振って、ナイフで斜めに6か所切れ目を入れる。 「いちじくとカシューナッツのパン」の詳しいレシピページは。

次の

いちじくを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

いちじく パン

人気のドライフルーツ、いちじく 果物を乾燥させたドライフルーツは、保存性が高まり、甘みや栄養がぎゅっと詰まっています。 今回は、ドライフルーツの中でも人気のドライいちじく ドライフィグ について、効能やパンに取り入れる方法を、レシピと共にご紹介します。 健康にも美容にも良いドライいちじく いちじくの主な原産地はアラビアの南部で、そのままでも栄養価や薬効が高い果物。 でも、乾燥させて水分を抜いたドライいちじくは本来の栄養が凝縮され、生で食べるよりも栄養価が高くなる成分が多いのです。 ドライいちじくに含まれる栄養素 ミネラル ドライいちじくは、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル分が豊富です。 カルシウムは骨や歯を丈夫に。 鉄分は貧血の改善などに。 カリウムは体内の余分な塩分を排出し、むくみや高血圧を予防してくれる効果があります。 食物繊維 ドライいちじくには水溶性食物繊維 ペクチン と不溶性食物繊維 セルロース がバランスよく含まれているため、便秘解消にも効果的。 美容にも効果を発揮 ドライいちじくに含まれる植物性エストロゲンは、女性ホルモンと似た働きをする物質。 女性ホルモンのバランスを整え、更年期障害の軽減などにも効果があるといわれています。 抗酸化物質も含んでいるので、アンチエイジングも期待できそうですね。 パンとドライいちじく ドライフルーツとパンは王道の組み合わせで、パンがより香り豊かに仕上がります。 ドライいちじくは、プチプチした食感が少し歯ごたえのあるハードなパンやナッツの食感と相性抜群。 優しい甘みは、ライ麦やチーズの酸味とよく合います。 イラン産?トルコ産? ドライいちじくは、イラン産とトルコ産が多く出回っています。 イラン産は小粒でしっかりと水分が抜けきってかたく、かめばかむほど味が出てくるタイプ。 トルコ産は大粒で少しやわらかく、まるでジャムのように甘く濃厚。 パン作りにはトルコ産がおすすめです。 おすすめのアイテム ドライいちじくの下準備 ドライいちじくをパン作りに使用する際は、やわらかく戻すことが大切。 なぜなら、乾燥したままのいちじくを混ぜ込むと、パン生地の水分を吸い取ってしまい、パンがかたく焼き上がってしまうから。 やわらかく戻す方法はいくつかありますが、代表的なものは湯通しです。 熱湯に10秒間程度入れてザルにあげ、キッチンペーパーで水気を拭き取ればOK。 他に、洋酒に漬ける、水に一晩浸す、などの方法もあります。 いちじくとカシューナッツのパン ドライいちじくと相性のよいライ麦とカシューナッツを合わせた、少しハードなパンをご紹介します。 お料理やワインのお供にしたり、チーズや発酵バター、はちみつをのせたりして楽しんでも。 材料 2個分• 準強力粉…160g• ライ麦粉…40g• 水…135g• きび砂糖…10g• 塩…3g• インスタントドライイースト…2g• ドライいちじく…80g• カシューナッツ…20g おすすめのアイテム 下準備• ドライいちじくは、上記の「ドライいちじくの下準備」を参照してやわらくし、1cm角にカットする。 カシューナッツはトースターなどで軽くローストし、大きめに砕く。 他の材料は常温にしておき、暑い時期以外は水も人肌程度に温める。 作り方• ボウルにいちじくとカシューナッツ以外の材料を入れて、ヘラなどで混ぜる。 水気がなくなればこね台に出す。 べたつきやすいので、台にたたきつけるようにして約5分間こねる。 *材料が均一に合わさればOK。 同じことを繰り返し、両手で生地をもむように具材を均等に混ぜ込む。 一つに丸め、とじ目を下にしてボウルに入れる。 ラップをして一次発酵をする。 生地が約2〜2. 5倍の大きさになれば発酵完了。 生地を手で押さえてガスを抜き、2等分にする。 具材がなるべく表面に出ないように丸め、乾燥しないようにボウルをかぶせて15分間休ませる。 再びガスを抜いて、とじ目を上にする。 さらに半分に折って、とじ目をとじる。 オーブンシートを敷いた天板に並べ、湿気のある暖かい場所で約2倍の大きさになるまで二次発酵をする。 発酵が完了したら生地の表面に強力粉を振って、ナイフで斜めに6か所切れ目を入れる。 「いちじくとカシューナッツのパン」の詳しいレシピページは。

次の