オリュンポス 攻略 fgo。 【FGO】≪ネタバレあり≫オリュンポスで黎明の腕シリーズの真実が発覚!みんなの反応まとめ

【FGO】#オリュンポスで輝いた鯖を3騎挙げようが話題に!みんなの反応まとめ

オリュンポス 攻略 fgo

出現するエネミー、ギミックなどを紹介しているので参考にしてください。 次節攻略 目次• キャスターorヒト科以外で行くと防御有利を取れるので、基本的には判別しやすいキャスターで固めていくのがおすすめ。 もちろん、クラス相性等倍でも火力さえ出せれば問題なく倒せるのでこだわる必要はないが、攻略が楽になるのは間違い無いので所持している方は是非使ってみて欲しい。 クラス有利で攻撃をほとんど喰らわないだけでなく、宝具とスキルで回復が得意でさらにスキルの回転が速いため、サポーターとしてはおそらく最適解と言えるだろう。 そもそもキャスターの玉藻の前に完全不利になるように、クラス相性やクラス相性変更が設計されたかのようにも見える。 マーリンや孔明、ジャンヌなどの耐久パーティを編成できれば普通に耐え続けることができるだろう。 チャージ攻撃は無敵で防げるのでチャージ攻撃に合わせて無敵を使おう。 よほど火力に自身があるマスター以外は 3ターン時間を潰してから戦い始めよう。 3ターンの間は敵のチャージ攻撃までのスパンが短くなっているので、耐久に特化した編成で挑みたい。 相性等倍でも1万弱くらってしまうため、無敵や回避で対策したい。 サポーターを入れ替えるという場合は、アタッカー以外には無敵を付与せずに撤退してもらう立ち回りもおすすめ キャスターだと場に残りやすい。 特に耐久に特化したエルキドゥならかなり優位に戦いを進めることができるはず。 長期戦の休息ポイントなので、 チャージ攻撃が来そうなタイミングにブレイクするのがおすすめ。

次の

【FGO】オリュンポスでゼウス実装はあり?なし?みんなの反応まとめ

オリュンポス 攻略 fgo

1st: 強制サポート• 2nd:牛若丸 銀雪の女神たち• 3rd:メフィストフェレス カムランの戦い• 4th:ダビデ 龍脈• 5th:風魔小太郎 ライオンのぬいぐるみ• また、マンドリカルドをアタッカーに採用するのも手。 筆者はスキルレベルが4と低めだったため、クリアーまであと一手足りないという状況だった。 マンドリカルドに聖杯をささげている場合やスキルレベルが高い場合は、牛若丸と交換してみてほしい。 なお、本クエストは『 FGO』のストーリーの中でも比較的難しいクエストとなっている。 無理せずに、令呪の使用も選択肢に入れておこう。 デメテルの行動パターン デメテルには一定の行動パターンが存在する。 特に注意したいのは防御力アップ&ダメージカットスキルで、防御力無視宝具を用意していない場合は与ダメージが大幅に下がってしまう。 筆者の採用したメフィストフェレスなどが持つ強化無効スキルや宝具で、防御力アップ&ダメージカットを発動させないようにするとよいだろう。 強化解除も可能なので、強化解除宝具(メディアなど)や強化解除スキル(アレキサンダーなど)を持つサーヴァントを連れていくのも有効だ。 【行動パターン】• 1ターン目:防御力アップ 3T &ダメージカット 1T +全体攻撃2回• 2ターン目:チャージ3増加&攻撃力大アップ 1回 +全体攻撃2回• また、例えば1ターン目にデメテルのスキルを封印した場合は、2ターン目に防御力アップ&ダメージカットスキルを使用する。 必ず上記の順番にスキルを使用し、行動を阻害してもスキップされないので、対策を立てやすい。 【ブレイク時の行動】• 1ゲージ目:プレイヤー全体の強化解除&強化無効 3回 付与• 2ゲージ目:自身に混乱付与 3T &毎ターンHP10000回復&ガッツ状態 1回・回復量15万 付与 クリアー手順 HPゲージ1本目 本パーティの場合は、3ターン以内のブレイク&メフィストフェレスの生存がほぼ必須となる。 しかし、何も対策をしていないと2ターン目でメフィストフェレスが消滅してしまうので、 強制サポート の第2スキルの攻撃力ダウン効果を利用して、被ダメージを抑えるように立ち回ろう。 クリティカル攻撃を受けてしまった場合はHPが足りなくなるので、リセットしたほうがよい。 【ゲージ1本目の目標】• 3ターン以内にデメテルをブレイク• 3ターン目までメフィストフェレスを生存させる• メフィストフェレスの第3スキルを使用• 牛若丸の第1、第2スキルを使用• カイニスの第2、第3スキルを使用• 牛若丸のNPをためつつ、カイニスの攻撃でデメテルの攻撃力を下げる 【ゲージ3本目の目標】• 防御力アップ発動ターンに混乱が発動することをひたすら祈る• やられる前にやる 以降、デメテルの特殊スキルで防御力アップ&ダメージカットが発動した場合は敗北が確定する。 混乱は防御力アップ&ダメージカットの1ターン前に発動する弱体無効ではじかれてしまうため、6ターン目でダビデのスキル封印宝具を発動させるのが勝利への布石となる。 とはいえ混乱の発動は確率なので、あとは運の問題だ。 また、アンデルセンの宝具の攻撃力アップ&防御力アップが発動してくれると、勝率が大幅に上がる。 筆者の場合はHP回復以外が不発となってしまったが、なんとか勝利することができた。 【7ターン目手順】• アンデルセンの第3スキルを牛若丸に付与• アンデルセンの第2スキルを使用•

次の

【FGO】≪ネタバレあり≫オリュンポスで黎明の腕シリーズの真実が発覚!みんなの反応まとめ

オリュンポス 攻略 fgo

フレンドはNPCロムルスで固定となっており、マシュを前衛に編成する必要もあるクエスト。 攻略班 ロムルスは後衛に編成も可能ですが、マシュは必ず前衛に編成する必要があります。 邪魔に感じる場合は陳宮で戦闘不能にしてしまうのも選択肢です。 敵はルーラーだが攻撃等倍 登場する敵は全てルーラーだが、特殊強化による攻撃不利を打ち消される。 ただしあくまで等倍になるだけなので、クラス有利のアヴェンジャーを編成すれば非常に戦いやすくなる。 単体宝具で戦おう 敵は3体登場するが、 全体宝具でも1体ずつにしかダメージを与えられない。 単体宝具のほうがダメージを与えやすいので、アタッカーは単体宝具持ちを選ぶのがおすすめ。 特殊なマスタースキルを活かそう 進行度3ではマスタースキルが専用のものに変化する。 どれも対ゼウス戦では非常に有用なスキルなので、うまく活用してゼウスを攻略しよう。 ゼウスはチャージ最大時の攻撃で、ウラーノスとガイアのどちらかを復活させてくる。 ブレイク2回目以降はウラーノスとガイア両方を復活させてくるので、チャージ減少などで対策したい。 厄介なスキルを使用する ゼウスは固有のスキルに加え、これまで戦ってきたデメテルやアフロディーテのスキルも使用する。 スタンや混乱状態で行動を妨害され、回避でうまく攻撃できないこともあり非常に厄介な敵となっている。 攻略班 弱体解除や必中での対策もできますが、頻繁に使用してくるので全てを対策するのは現実的ではアリません。 ある程度は運要素として割り切ることも大切です。 ダメージカットは1ターンで解除されるので、無理に攻めずに待つのがおすすめ。

次の