黒豆 電気圧力鍋。 圧力鍋で煮ものを作る時は、灰汁はどうするんでしょうか。

圧力鍋で煮ものを作る時は、灰汁はどうするんでしょうか。

黒豆 電気圧力鍋

ふっくら黒豆 材料• 黒豆200g• A(塩小さじ1、水600㎖)• B(砂糖200g、濃口しょうゆ小さじ2)• キッチンペーパー1枚 作り方• 黒豆は水洗いしてAに一晩つける(つけ汁は2で使う)• 圧力なべに1のつけ汁とBを加え砂糖のざらつきが無くなるまで完全に溶かす。 1の黒豆を加え混ぜキッチンペーパーで落とし蓋をする• ふたを閉めおもりを「密封」に合わせ「自動調理6」で調理。 室温になるまでそのまま冷やして味を含ませる。 このレシピはパナソニックの電気圧力なべSR-MP300(新しい方)のレシピ本掲載のものです。 旧モデルのレシピ本と同じものですがなべの容量が少し小さくなったので分量が少なめになってます(調味料の比率等は同じ).

次の

黒豆 電気圧力鍋で作るレシピ 重曹や錆釘は必要なし!

黒豆 電気圧力鍋

電気圧力鍋の選び方• おすすめの電気圧力鍋9選• ボタンひとつで簡単時短! しかも安全! 電気圧力鍋の魅力 電気圧力鍋は、火を使わずに圧力調理ができる調理家電です。 ガス火で使用する圧力鍋の場合、基本的に調理中はつきっきりになってしまいますが、電気圧力鍋なら火を使わないので安全。 圧力や火加減(温度)の調整もおまかせで、いわゆる「ほったらかし」調理ができます。 「ほったらかし」調理が可能な調理家電と言えば、ほかにも「スロークッカー」がありますが、沸騰直前の温度で長時間加熱するスロークッカーより、格段に早く調理が完了するのが電気圧力鍋のメリット。 そのため、共働き世帯の増加に伴い、「調理にかけられる時間は限られているけれど、栄養バランスが取れたおいしいものが食べたい」という需要が高まる中で、人気を集めているのです。 電気圧力鍋があれば、仕事から帰ってきてから調理を始めても、その日の夕飯に「長時間煮込んだような、お肉がホロホロの豚の角煮」を食べる、なんてことも十分可能です! 電気圧力鍋の選び方 電気圧力鍋を取り扱うメーカーは増えており、購入する側の選択肢も広がりました。 電気圧力鍋を選ぶ際は、何を基準に選べばよいのでしょうか。 まずは、購入する際にチェックしたいポイントを見ていきましょう。 調理容器の容量 家族の人数によって最適なフライパンの大きさが違うように、電気圧力鍋の(調理容器の)サイズは、その使い勝手を左右します。 ガス火で使用する圧力鍋の場合、容量の目安は「人数+1リットル」と言われており、そのまま当てはめると、「4人家族なら5L」ということになります。 しかし電気圧力鍋の場合、調理容器のサイズが4L以下の製品がほとんど。 ボリュームゾーンは3L前後の製品なので、3Lを基準とし、1〜2人世帯や、1日で食べきれる量を主に作りたい場合は3L未満の製品、3人以上の世帯や、1度にたっぷり作りたい場合は、3L以上の製品を中心に見ていくのが現実的でしょう。 1度に作りたい量に合わせて選べるよう、シロカの電気圧力鍋は2サイズ展開。 少人数世帯向けの「SP-D131」(左)の調理容器のサイズは2L、複数人世帯向けの「SP-4D131」(右)は4Lです 調理モードの種類 電気圧力鍋は、基本の「圧力調理」以外にも、食材に含まれる水分だけで調理する「無水調理」、沸騰する直前の温度で長時間煮込む「スロー調理」や、「蒸し調理」「炊飯」などの調理モードを搭載した、マルチクッカーと呼ばれるものも多く存在します。 また、「保温」「あたためなおし」など、調理完了後に便利な機能の有無もチェックしておきたいポイント。 自分にとって本当に必要な機能に絞って選ぶことも、むだなく活用するコツです。 自動メニューの種類 ほとんどの電気圧力鍋にはいくつかの自動メニューがプリセットされており、簡単なボタン操作だけで、メニューに最適化された温度や加熱時間で調理できます。 今回紹介する製品の場合、メニュー数は少ないもので6種類、多いものでは210種類。 その数は製品によって差があります。 豊富な自動メニューを使いこなせば料理のレパートリーが広がりますが、こちらも調理モードと同様に、宝の持ち腐れにならないよう、内容をよく吟味して判断しましょう。 アイリスオーヤマ「KPC-MA2」の自動メニューの一例。 内蔵メニューは全65種!(写真はメーカーサイトより) 加熱方式はランニングコストが抑えられるマイコン式か、仕上がり重視のIH式か 加熱方式には、多くの電気圧力鍋がマイコン式を採用していますが、IH式を採用しているものも少なからずあります。 マイコン式とIH式はそれぞれ以下のような特性があるので、覚えておくと製品選びの際に参考になるでしょう。 マイコン式:調理容器を下からヒーターで加熱する方式。 IH式に比べて熱の通りにムラが出やすいですが、電気代が安めです。 IH式:電磁誘導によって容器を全体から加熱する方式。 消費電力が高いため、電気代が高くなりがちな半面、食材をムラなく加熱できるので、仕上がりにこだわるならIH式がおすすめ。 圧力の強さや、圧力調整機能の有無 圧力が強いほど沸騰した際の鍋の中の温度が高くなるので、短時間で食材をやわらかくすることができます。 現在流通している製品は70kPa程度のものが多いですが、製品によっては圧力の強さを切り替えることも可能。 火の通りにくいものを調理する際は圧力を強く、煮崩れしやすい食材の場合は圧を弱く、といった具合で調整ができます。 予約機能の有無 電気圧力鍋は予約調理設定をしておけば、帰宅してすぐにできたての料理を食べられるので、さらに便利です。 なお、食材の傷みなどを懸念する関係で、予約機能を搭載している製品でも、すべてのメニューが予約調理に対応しているわけではないので注意しましょう。 ふたはスライド式かプッシュ式か 電気圧力鍋のふたは、左右に回転させて開け閉めするスライド式と、炊飯器のように上方向に開けるプッシュ式の2種類があります。 スライド式はふたを本体から分離して手入れができる点が便利で、プッシュ式は片手でも開けられるというメリットがあります。 プッシュ式でも、ふたを丸ごと取り外せるモデルもあります 手入れするパーツが多すぎないか 電気圧力鍋は通常の鍋よりもパーツが多いため、どうしてもメンテナンスには多少手がかかります。 どの機種でも基本的に、調理のたびにふた、パッキン、おもりなどを外して洗う必要があります。 手入れを怠っていると故障の原因になりかねないので、この辺りも事前に確認しておきたいところです。 調理量が多くなければそれほど汚れませんが、毎回のことなので、無理なく洗える範囲かチェックしておきましょう おすすめの人気モデル9製品 ここからは、価格. comで人気の、おすすめ電気圧力鍋をご紹介します。 調理容量は1. 3Lで、1〜3人世帯にちょうどよいサイズです。 コンパクトながら機能は充実していて、圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理、温め直しができる1台6役。 同様の調理モードを搭載し、2〜6人分の調理に適した「SP-4D131」(圧力はkPa)も展開されています。 自動調理メニューも豊富 KPC-MA2は、グリル鍋としても使用できる、電気圧力鍋の枠を超えたマルチクッカー。 コンパクトなサイズで調理容量は1. 4Lと多くはないので、ひとり暮らしにもおすすめです。 さらに65種類と豊富な自動調理メニューも搭載したお得感のある1台。 「KPC-MA2」(ブラック)より自動メニューの数が少なく、操作パネルの仕様も異なりますが、インターネット限定販売のホワイトモデル「PC-MA2」もあります。 2kg コード長:約1. 象印 圧力IHなべ「EL-MB30」 「可変圧力機能」で味しみしみ! 炊飯器メーカーが作ったIH式の電気圧力鍋 炊飯器メーカーでもある象印が作った、IH式を採用した電気圧力鍋。 最大の特徴は、加圧と減圧を繰り返して食材をやわらかくし、少ない出汁でも味をしっかりしみこませることができる「可変圧力機能」を搭載している点。 におい残りを抑える「クリーニング」機能も備えています。 【番外】シャープ ヘルシオ ホットクック「KN-HW24E」 「まぜ技ユニット」が大活躍! 電気圧力鍋ではないけどおすすめです 人気の電気無水鍋。 メニューに最適なタイミングで食材をかき混ぜる「まぜ技ユニット」をフタの内側に搭載。 センサーが温度や蒸気を検知して火加減を調整するほか、食材の分量や加熱にともなう状況を自動で判断して仕上げてくれます。 圧力調理には対応していないため、電気圧力鍋より調理時間は長くなるものの、予約機能を使用すれば「朝仕込んで夜食べ頃」という使用法も可能。 「必ずしも圧力調理・時短調理にこだわらない」という場合は、選択肢に加えてみてはいかがでしょう。 定格容量2. 4Lの2〜6人用モデル「KN-HW24E」、同1. 6Lの2〜4人用モデルのほか、コンパクトサイズで容量1Lのがラインアップされています。

次の

電気圧力鍋とガス圧力鍋の違いは?時短調理のできる電気圧力鍋の紹介

黒豆 電気圧力鍋

シンプルで、充実した機能がおすすめポイント。 圧力をかける時間を1分以下にもできるので、どんな野菜も煮崩れしません。 手頃でコンパクトな炊飯器サイズは、キッチンで場所もとらず、扱いが楽です。 少人数分の調理はもちろん、圧力を使わない調理もできます。 このシリーズには、容量や機能などのバリエーションが豊富です。 選ぶポイントは、プリセット(自動)メニューが多いか少ないか、スロー調理ができるかでしょう。 電気圧力鍋 SP-4D151の詳細 メーカー siroca タイプ マイコン 調理容量 2. 3cm プリセットメニュー数 10 参考価格 32,400円(税込) 2. 電気圧力鍋とは 画像: 圧力鍋は、時間がかかる煮込み料理などの調理時間を短縮できる便利な調理器具。 一般的な圧力鍋はガスコンロで加熱しますが、この加熱工程を電気で行います。 電気炊飯器タイプですから、キッチンに置いてもさほど場所を取りません。 電気であることのメリット 画像: 鍋を密閉して圧力をかけることで鍋内部が高温になり、より短い時間で調理することができるという仕組みは、電気圧力鍋でも通常の圧力鍋も同じです。 ただ、コンロの火加減や加熱時間を調整したり、圧力がかかった蓋の開け閉めに苦労するなど、圧力鍋で懸念材料だったデメリットを電気圧力鍋は解消してくれます。 まず第一に、電気圧力鍋はつきっきりで見たり、火加減を調整したりする必要がありません。 センサーによる自動調理ですから失敗することもなく、食材のうまみや栄養を逃がさずに食すことができます。 また、やけどの危険や調理中の大きな音などもないため、安全性が高く、安心して使うことができる万能調理器具です。 3.電気圧力鍋の選び方 ここからは、電気圧力鍋を選ぶときのポイントについてご説明します。 機能面をチェック 画像: スイッチ一つで目的の料理が仕上がる便利なアイテムですから、機能面での多彩なバリエーションが展開されています。 搭載されているものを確認してみましょう。 プリセットメニュー プリセットメニューは、自動調理できるメニューのこと。 パネルのボタンを押したり、レシピ番号を入力したりと、簡単操作で調理ができます。 製品の性能にもよりますが、5~10種類くらいのプリセットメニューが付いたものがおすすめです。 スロー調理 スロー調理は、小さなエネルギーで長時間加熱し続けることで、食材をじっくり柔らかくする調理法。 肉なら箸で割けるほど、ほろほろに仕上がります。 調理時間をたっぷりとれるときには、スロー調理がおすすめです。 無水調理 水を加えず、食材にもともと含まれている水分や油分を活かして調理するのが無水調理です。 食材に含まれるビタミンやミネラルなどの流出を防ぎ、栄養そのままに旨味や香りを逃がしません。 優れた熱効率と短い時間で食材に火を通すことができます。 蒸し調理 蒸し機能があれば、茶碗蒸しなどの蒸し料理のほか、魚や肉、野菜などの食材を蒸すことも可能。 魚や肉は、余分な脂を落としてヘルシーに仕上げることができます。 炊飯機能 通常の炊飯器のように使えます。 白米や炊き込みご飯はもちろん、玄米も手間をかけずにふっくらとおいしく炊き上げてくれます。 保温機能 シチューやカレーなどの煮込み調理したものをそのまま保温できます。 家族の食事の時間が異なる場合でもその都度温める必要がないため、毎日の食事の支度を楽にしてくれます。 温め直し機能 休日などにまとめて料理しておけば、平日帰りが遅くなっても素早く夕食が食べられます。 まとめて作って冷蔵庫に保管していたものを、食べる分だけ再加熱できるのは、うれしい機能ですね。 調理容量と本体サイズは要チェック 画像: 電気圧力鍋には調理容量1. 2Lほどの小型のものから、約6Lの大容量のものまで、バリエーションが揃っています。 1人~2人用であれば2リットルくらいまでの小さめのもので十分でしょう。 ひとり暮らしでも自動調理機能等をうまく使えば、料理の幅も広がり、活躍すること間違いなしです。 小型のものは比較的構造や機能がシンプルなものが揃っており、価格もリーズナブル。 3人~4人の家庭でも、電気圧力鍋初心者が手始めに購入するのであれば、小さめサイズを選んでみるのもおすすめです。 電気圧力鍋の本体は、平均的なもので炊飯器の一回り大きめサイズ。 製品によってはかなりコンパクトなものもあります。 置き場所を確保する際に、本体サイズを確認するのもお忘れなく! 電気代は消費電力で決まる? 画像: 電気圧力鍋にはIHタイプとマイコンタイプがあります。 IHタイプは、電磁調理器の加熱原理をそのまま電気圧力鍋に用いたものです。 消費電力は1200W程度のものがほとんど。 細かく温度調節することができるため、煮込み料理や炊飯のほか、発酵食品などを作ることもできます。 一方、マイコンタイプはヒーター式。 消費電力は600~800W程度とIHタイプに比べて少ないですが、IHタイプほど細かく温度調節することはできません。 IHタイプはマイコンタイプより定格電力が大きいので、基本的には消費する電気量も多くなりがちです。 ただし、火加減制御が細やかなので電気代はマイコンタイプとほとんど変わらないか、効率のよさでIHタイプの方が安い場合もあります。 電気圧力鍋を選ぶときは、消費電力を確認するのはもちろん、時間あたりの電気代が表示されているものはチェックしてください。 お手入れのしやすさで選ぶ 画像: 本来圧力鍋は通常の鍋よりも重く突起部分が多いため、洗いにくさが欠点でした。 しかし、現在販売される電気圧力鍋の多くは、お手入れのしやすさに配慮されています。 内鍋や蓋は取り外しが可能ですから、洗うのも楽です。 フッ素樹脂加工などで汚れが落としやすく、できるだけ軽いものを選ぶとよいでしょう。 安全装置は必須 画像: 圧力調理の際に蓋のロックが外れたり、温度制御装置が働かなかったりするなどの事故が起きては危険です。 蓋のロックが音や目で確認しやすいもの、ロックがされていなければ圧力がかからないものを選ぶようにしましょう。 また、マグネット式のコンセントは、万が一、コンセントをひっかけてもはずれるので、鍋を倒したりすることがなく、安全です。 製品安全協会のSGマークや、経済産業省のPSCマーク、圧力なべ協議会によるJPCC基準認定品マークなどは、それぞれが製品の安全性を認めた証です。 このような、安全性への十分な配慮がなされたものをおすすめします。 参考: 『siroca』のこのモデルは、圧力調理と無水調理、蒸し調理、炊飯ができます。 長時間かかる料理もほったらかしたまま時短調理できる、シンプル機能設計です。 マイコン制御だから、材料を入れてボタンを押すだけのわずか3ステップで、プロ級の料理ができあがります。 1人暮らしや2人用にぴったりのサイズ。 レビューでは、「ダイヤル式で使いやすい」「時間もかからず出来上がりが全て美味しい」と、使い勝手がよいと評判です。 9cm 調理容量 1. 3L 参考価格 19,440円(税込).

次の