北海道 緊急 事態 宣言 2 回目。 緊急事態宣言から2回目の週末の買い物~北海道

「新型コロナウイルス 北海道の『緊急事態宣言』と日本の感染対策に必要なこと」(時論公論)

北海道 緊急 事態 宣言 2 回目

もくじ• 緊急事態宣言発令の直後 北海道で緊急事態宣言が発令されたのは、2月28日の金曜日の午後6時前のことでした。 「 週末の外出は控えるように」との鈴木直道知事からの要請がありましたが、あまりの急な出来事に北海道民は驚きを隠せません。 参考記事: それと同時に プチパニックを起こすことになります。 翌日の土曜日には、多くの市民がスーパーなどに殺到することになりました。 我々家族は、仕事もあったために、土曜日の外出を控えることにします。 しかし、それが更なる 焦燥感を覚えることになってしまいました。 そして、さらに翌日の日曜日には、さすがに買い出しに行こうということになり、朝の空いている時間帯を狙ってスーパーに向かいます。 そこでは 衝撃の光景を目の当たりにしました。 参考記事: トイレットペーパーとティッシュペーパーが 完売に・・・ そして、インスタント麺やパスタなどの食料品も 品薄状態です。 素直に土曜日の外出を控えたことを やや後悔してしまいました。 また、完全に出遅れてしまったという焦りが募り、他のお店にも足を運ぶことに。 しかし、トイレットペーパーだけは、 どこに行っても完売でした。 他の食料品などに関しては、品薄ではありましたが、特に問題はなさそうだったので少し安心します。 とはいえ、あの完売した棚を見ると、本当に焦ってしまい、今後の生活に不安を覚えることになりました。 今後はさらに ひどい状況に陥るということを覚悟します。 Sponsored Link 緊急事態宣言発令から2回目の週末 緊急事態宣言が発令されてから、初めての月曜日を迎えます。 街の風景も完全に一変するのかと思いきや、 普段通りの朝の通勤風景でした。 子供たちはいないものの、公共交通機関は多くの人が利用しています。 私は車で通勤しているのですが、道路も普通に混んでいました。 職場の雰囲気は緊張感は高まっていましたが、それほど 大きな変化はありません。 とはいえ、消毒に関しては徹底することになります。 そして普段通りの1週間が始まりました。 職場は札幌の繁華街である すすきのにあるため、観光客の姿が徐々に減っていくのを感じます。 そして、緊急事態宣言が発令されてから 2回目の金曜日の夜を迎えました。 1回目の金曜日の夜は、緊急事態宣言が発令された直後だったため、いつも通りの賑わいでした。 2回目の金曜日の夜は、 明らかに人が少ない・・・ そして、観光客もほぼ見ることが無くなりました。 2回目の日曜日にも朝からスーパーへ買い出しに行きました。 相変わらず、トイレットペーパーとティッシュペーパーは 品薄状態でした。 マスクや消毒液類はもちろんありません。 しかし、食料品はほぼ普通に戻っていたので、安心することが出来ました。 緊急事態宣言発令から3回目の週末 平日はほぼ変わらない状況で生活し、緊急事態宣言の発令から 3回目の週末を迎えます。 そして、緊急事態宣言は3月19日までの予定なので、最後の週末ということになりました。 3回目の日曜日も朝からスーパーに向かいましたが、 明らかに人が多い! どうしてかな~?と思いつつ、買い物をしていると、 驚きの光景を目にすることになります。 トイレットペーパーが山積みになっており、 お一人様10点限り・・・ 誰がそんなに買うのか!と思わずツッコミを入れたくなりました。 食料品も 完全に復活し、全国で品薄といわれていた納豆や乳製品もたっぷりとあります。 少し時間はかかったものの、札幌の物流は しっかりとしているのだと感心させられました。 あとはこのまま感染の拡大が収束に向かってくれればな~と思いますが、そう簡単に 収束には向かっていない状況が続いています。 そして、緊急事態宣言がどうなるのかが気になります。 緊急事態宣言は解除されるの? 緊急事態宣言は当初、 2月28日から3月19日までの期間となっていました。 そしてもう少しでその期限を迎えることになります。 鈴木直道知事は「 感染者数の状況などを見て判断したい」と述べていましたが、北海道での感染者数は減っているのでしょうか。 感染者数の推移 緊急事態宣言が発令された 2月28日から3月15日の現時点での感染者数の推移です。 2月28日・・・12人 2月29日・・・4人 3月1日・・・2人 3月2日・・・5人 3月3日・・・2人 3月4日・・・3人 3月5日・・・1人 3月6日・・・7人 3月7日・・・8人 3月8日・・・3人 3月9日・・・7人 3月10日・・・3人 3月11日・・・7人 3月12日・・・ 10人 3月13日・・・9人 3月14日・・・7人 3月15日・・・4人 3月15日の現時点で、感染者の合計は 148人に達してしまいした。 そして、この期間中には、医療従事者の感染も報告されています。 この数字だけ見ていると、 収束とはほど遠いような感じですよね・・・ Sponsored Link おわりに 北海道における 緊急事態宣言の発令によって、買い物が出来るのかについては、 商品さえ残っていればというのが結論でした。 今後、政府が発動するかもしれない緊急事態宣言については、その内容によって大きく異なると思います。 厳しい内容であれば、 外出禁止に近い状態となるのかもしれません。 しかし今のところ日本では、爆発的な感染の拡大は認められていないので、その可能性は低いのではないでしょうか。 ただし、新型コロナウイルスが収束してくるのには、 かなりの時間を要すると考えられます。 そして、完全な終息となると、まだまだ先が見えません。 そう考えると、北海道の 緊急事態宣言は延長されるのではないでしょうか。 とはいえ、経済的な落ち込みが徐々に明るみになってきました。 様々な人が経済とのバランスを主張していますが、その舵取りは本当に難しいところですよね。 政府は今後、 様々な救済措置を講じると発言しているので、それを期待しつつ、頑張って先を見るしかありません。 一日も早い終息宣言が出されるのを待ちましょう。 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました! オススメ記事: オススメ記事: オススメ記事:.

次の

北海道と札幌市 2度目の“緊急事態宣言”(日本テレビ系(NNN))

北海道 緊急 事態 宣言 2 回目

専門家は、数が単に減っているだけではなく、なだらかに減っているのか、急激に減っているのか、カーブの下がり方も重要なポイントだとしている。 また、全国の1日の新規感染者数が100人を下回り、2ケタになるのが目安だと話す専門家もいる。 「死者数」の推移も重要な指標だ。 国内の死者数は、宣言が出た4月7日は1人、累計109人(クルーズ船含む)だった。 それが4月29日は22人、累計448人(クルーズ船含む)となった。 海外と比べると少ないが、死者数は増えている。 累計の感染者数が2倍になるまでの日数のことを指す。 専門家が最もおそれている「オーバーシュート」(爆発的感染)は、感染者数が2倍、そのまた2倍、さらに2倍と、「指数関数的」に増えていく状態だ。 現在、国内ではオーバーシュートは起きていないが、この「倍化時間」が2~3日となると、オーバーシュートと判断される。 専門家会議では、東京の4月上旬の「倍化時間」は5日だったとしている。 「倍化時間」の正式な算定方法は明らかにされていないが、東京では、累計の感染者数が500人に達したのが3月31 日。 5日後の4月5日には1000人を超えた。 その7日後の12日には2000人を超えた。 4000人に達したのは、その16日後の28日だった。 感染者が倍になる時間が伸びるほど、感染拡大のペースが落ちていることは見て取れる。 政府は人との接触を8割削減する目標を掲げ、私たちに行動変容を求めている。 試算を行った西浦教授によると、8割削減できれば、宣言後1か月で確定患者数の減少がデータ上にはっきり見えるという。 5月6日ごろには効果が目に見えてくるというのだ。 一方、削減率が8割に届かないと、感染者数を減少させるためにはさらに時間を要するという。 「削減率が7割だと感染を抑えるのに2か月以上かかる」と見る専門家会議のメンバーもいる。 では、どうやって8割削減を証明するのか。 その物差しが22日の専門家会議の提言で示された。 人の移動の流れを表す 「人流」と、接触数を示す 「接触率」の2つの指標で見るという。 携帯電話会社が提供したデータが、内閣官房の特設サイトや、NHKのホームページで公開されていて、私たちも毎日チェックできる。 Q:解除の見通しは? A:接触の8割削減に加え、感染者数と医療提供体制が重要な点となる。 感染者数を減らして感染源が追えるところまで戻す。 Q:どの程度だと追えるのか? A: 1日当たりの確定患者数が10人程度の場合は東京都内でも接触者を十分追跡できていたので、そのレベルまで下げたい。 また、医療機関の受け入れ体制が整うことを見て行動制限を解除するかどうか検討する。 Q:解除のイメージは? A:学校や企業は段階的になるだろう。 出勤は50%削減に戻す、30%削減に戻す、というように少しずつステップを踏みながら実施していく。 今すぐにこれまでと同じ生活が戻ってくるわけではない。 向こう1年間は多かれ少なかれつきあっていかないといけない。 段階的な縮小みたいな形で、必要なところへは自粛を求めることになるのではないだろうか。 Q:解除・延長は、全国一律ではなく地域ごとが望ましい? A: 緊急事態宣言の対象は当初7都府県だったのをあとから地域を増やしたように、逆のこともあると思う。 地域別にしていったほうがいいと思う。 Q:特定警戒都道府県に指定したところは延長し、それ以外は解除するということは? A:それもあるかもしれない。 でも、状況を評価してからの話なので、そうなるかどうかは今の段階ではわからない。 Q:このウイルスとは1年くらい付き合わなければいけないのか? A:1年ではなくもっと長く付き合う可能性はある。 しかし、流行の波が来るたびに同じことを繰り返すのではなく、行政も専門家も一般の人も、賢い付き合い方を考え、それを生かしていくことが必要でしょう。 Q:感染者数が多い都道府県と、少ないところとで場合分けをすることもある? A:そういう考えもあるでしょう。 解除するときもわかりやすくないとだめだ。 100%の解はないが、『なるほどそうなのか、それなら分かった』という根拠を示して、科学的にも社会学的にも説明できなければいけない。 いったん解除した宣言を、またかけることもありうる。 その時、今のような8割削減をやるのかどうかは分からないが。 仮に1か月で終われば、後は何でもありにはならない。 これは1回だけでは終わりませんよ、心の準備をしてもらいたい。 Q:解除にあたっては、海外の例も参考にするのか? A: 中国やシンガポールでは、行動制限の解除後も、ライブハウス、接待を伴う飲食店などは休業を続けた。 これを参考にする。 解除後もハイリスクな場所や、地域間移動を伴うイベントは自粛要請を継続する可能性がある。 Q:8割削減は厳しい目標だ。 A:目的は感染者数を減らすことで、そのための手段・条件なわけだ。 どういう行動をすれば、どうなるのか、日本人全体が学んでいくことが大事だ。 「オーバーシュートを起こさずに、ロックダウンもかけずに感染を抑制する」、日本はこれができる可能性がある。 仮にできたとすれば自信になる。 毎日発表される感染者数などの数字は、私たちの2週間前の行動を反映している。 このため、尾身氏は「緩むとすぐに増えかねない」として、大型連休中も外出の自粛を続けるよう、重ねて呼びかけた。 「人との接触を減らすための10のポイント」を参考にしてほしいという。 今回の取材で見えてきた専門家の見解をまとめてみた。 ・感染者数は、東京、大阪、福岡などは減少傾向に転じているが、予想より減少のスピードが遅い。 ・全国一斉に全面的に解除するのは難しい。 ・特定警戒都道府県と、それ以外で対応が分かれる可能性がある。 ・経済活動の再開も段階的に行うことになる。 ・今後1年単位での長期戦を覚悟しなければならない。 いったん解除しても、再び流行の波が来たら、再度宣言を出すなど厳しい措置をとることもあり得る。 専門家会議は、あくまで科学的な知見や数値に基づいて判断する姿勢だ。 一方、経済や社会に与える影響は、専門家会議の範囲外となっている。 政府は、専門家が示す科学的な評価に加え、経済的・社会的な影響も考慮して、最終的に政治判断を行う。 自分の地域はなぜ延長なのか、どうなれば解除できるのか、多くの人が納得できる説明が求められている。

次の

COVID

北海道 緊急 事態 宣言 2 回目

もくじ• 緊急事態宣言が出た直後 北海道で緊急事態宣言が出たのは、2月28日の金曜日、午後6時前のことでした。 とはいえ、仕事中でそれを知らなかった北海道民も多くいたはずです。 参考記事: 私も仕事中でしたが、妻がテレビで、鈴木直道知事の会見を見ていました。 妻から連絡をもらい、緊急事態宣言のことを知ったのですが、それによって、 何か特別なことをしなければいけないのか?と戸惑います。 しかも、その具体的な内容に関しては、 一切分かりません・・・ とりあえず、事の重大さを感じ、翌日の土曜日はスタッフを休ませることに決めました。 そして、私も仕事が終わった後は、急いで家路につくことに。 職場は札幌の繁華街、 すすきのにあるのですが、街はいつもの金曜日の夜と ほぼ変わらない人出でした。 そこで、緊急事態宣言が出ても、 特に影響は無いのかな~?と軽く考えてしまいます。 そして翌日の土曜日は、娘を妻の実家に預け、妻と二人で職場に向かいました。 午前中で仕事を終わらせ、午後からは 素直に外出を控えることにします。 しかし、夕食は前もって予約していたため、悩みましたが外食することに。 もしかしたら、お店も臨時休業になっているのではないかと心配しましたが、普通に営業しており、席も満席でした。 今のところ、特に影響は無さそうだと思い、さらに翌日の日曜日は、人混みを避けるために朝からスーパーへ買い出しに行くことに決めます。 そして、日曜日にスーパーへ行ったのですが、そこでは、 衝撃的な光景を目にすることになりました・・・ Sponsored Link 緊急事態宣言が出た最初の日曜日 土曜日は仕事もあったため、買い出しに行くことが出来なかったのですが、 スーパーが大混雑しているとの情報を耳にしていました。 その情報を聞いた時に、 一抹の不安が頭をよぎります。 そして、日曜日の朝に急いでスーパーに向かうことにしました。 朝早かったのですが、人出はそこそこありました。 とにかく急いで買い物を終わらせようと、カートにかごを乗せ、売り場を回ることにします。 ふと、トイレットペーパーの棚をみると、 そこには何もありません・・・ その光景を目にした時には、 非常に強い衝撃を受けました。 それと同時に、出遅れてしまったという後悔と 強い焦燥感に襲われることになります。 その隣にあるティッシュペーパーの棚にも何もありませんでした。 そして、インスタント麺やカップ麺も 品切れや品薄の状態・・・ パスタやレトルト食品も同じような状態になっていました。 どんどんと焦りが募り、ほかのお店にも足を運ぶことに。 一目散に向かったのが、トイレットペーパーとティッシュペーパーのコーナーです。 が~ん・・・ ここでも 見事に完売です。 しかし、食料品に関しては、品薄にはなっていましたが、まだ大丈夫そうでした。 とはいえ、トイレットペーパーとティッシュペーパーのことが気になり、さらに違うお店にも足を運びます。 その後2軒はしごしたのですが、トイレットペーパーは 完全にありません。 ティッシュペーパーは、購入制限がありましたが、わずかに残っていました。 参考記事: とはいえ、このような状態は 全国的に広がっていたようですね。 お米も無くなっている地域もあるのだとか・・・ さいわい、北海道はお米の産地でもあるため、お米の心配は無いと思いますが。 ということで、様々な物の 品切れや品薄は、緊急事態宣言に関係なく起こるということを認識しました。 今後何が起こるのか分からないので、 ある程度の備蓄は必要ですね。 平日の様子 最初の週末が終わり、平日が始まります。 緊急事態宣言の影響で、 街の様子が一変するのかと思いきや、いつも通りの光景でした。 しかし、マスク姿の人はかなり増えましたね。 マスクをしていない人に対する 視線が厳しくなってきていることも事実です。 とはいえ、マスクが入手できなかった人も多くいるようなので、逆にかわいそうですよね。 参考記事: ちなみに私の職場の様子に関しては、緊張感が高まっているものの、ほぼ変わらなかったです。 しかし、街の人通りは、 日を追うごとに減っていきました。 それが顕著だったのは、非常事態宣言が出てからの 2回目の金曜日の夜でした。 その日も午後9時まで仕事をし、家路につくため、職場から駐車場に向かいます。 最初は気にしていなかったのですが、 明らかに人が少ない! いつもは邪魔なくらいにいた 観光客も全くいません。 そして、客待ちのタクシーもかなり多かったです。 駐車場から車を出す時も、先週の金曜日までと全く異なりました。 いつもであれば、歩行者が多く、道路も混んでいるため、結構時間がかかります。 ところが、その日は 驚くくらいにスムーズでしたね。 このような状況も、緊急事態宣言とは関係ないのかもしれませんね。 北海道の現状 北海道の現状に関しては、もはや全国の状況と変わらないのではないでしょうか。 観光客がほとんどいなくなり、徐々に 倒産する会社も出てきました。 観光バスの運転手も、 容赦なく解雇されているようです。 緊急事態宣言が出てから2回目の週末を迎えますが、鈴木直道知事はややそのトーンを落としました。 経済への影響を重く見た鈴木直道知事は、 やや緩和した形で、外出を控えるようにアナウンスしています。 とはいえ、北海道民の緊張感は完全に高まっており、営業を自粛する飲食店や各施設も増えています。 これは確実に緊急事態宣言の影響が大きいのではないでしょうか。 そして、その緊急事態宣言が、新型コロナウイルスの 感染拡大を防いでいるのかも気になりますよね。 北海道での新たな感染者は減った? 緊急事態宣言が出てからの、1日ごとの新たな感染者数を紹介しますね。 2月28日・・・ 12人 2月29日・・・ 4人 3月1日・・・ 2人 3月2日・・・ 5人 3月3日・・・ 2人 3月4日・・・ 3人 3月5日・・・ 1人 3月6日・・・ 7人 3月7日・・・ 8人 3月8日は、 現時点で3人の感染者が出ており、合計で 101人となっています。 一時期、1日当たりの感染者数が減っているようにも見えますが、その数は着実に増えてきました。 ほかの都府県でも急激に増えているところもありますが、北海道での感染者数が 全国で1番多いのには変わりませんね。 そして、 札幌市民の感染者数の増加が目立ってきています。 今後は検査体制も強化されるようなので、感染者数は一気に増えていくのかもしれません。 この数字は、もはやあまり意味を持たなくなってきましたが、緊急事態宣言のお陰で、少しは抑えられているのかもしれませんね。 Sponsored Link おわりに 政府も緊急事態宣言を出すことを検討しているようですが、仮に出たとしても慌てることはありません。 というか、すでにそれに近い状況にもなっていますよね。 全国のニュースでも、日本国民全体が かなりの緊張感に立たされていることが分かります。 それが、経済に及ぼす影響は計り知れません。 とはいえ、今は余計な心配をせずに、新型コロナウイルスの感染を防ぐことに注力しましょう。 今後しばらくは、暗い気持ちになるニュースが続くとは思いますが、何とか踏ん張るしかありませんね。 一日でも早い終息宣言が出されるのを待ちましょう。 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました! オススメ記事: オススメ記事: オススメ記事:.

次の