頂きたく存じます。。 ビジネスの場における「頂きたく存じます」の意味・使い方・注意点

「頂きたくお願い申し上げます」の使い方と例文・敬語の種類

頂きたく存じます。

「いただきたく」の意味 「いただきたく」という言葉は、社会人として働いていた転職者の方だけでなく、これから就活に挑む方でも、恐らく一度は使用したことがあるのではないでしょうか。 実は社内メールでも頻繁に使用されており、定型文のようにつかわれます。 言葉としては「していただきたい」ということから、だれかに「~してもらいたい」という敬語に当たるのが分かります。 「~してもらいたいです」というのを敬語として扱っている場合もありますが、「もらう」の謙譲語が「いただく」になります。 謙譲語とは、自身が相手に対して敬意を表し、相手を立てて自分をへりくだることを指します。 「いただきたく」の英語表現「していただきたい」と同じ用途になりますので、英語では【I would like you to do~】という表記になります。 しかし、この表現では強い印象を与えることとなり、同僚に対してならまだしも、取引先相手には失礼にあたることがあります。 そこで、「もしも~していただけたらありがたい」というニュアンスを入れた「grateful」を用いておきます。 使い方 「その期日ですと、木曜日までの連絡とさせていただくことになりますが、よろしかったでしょうか」 先方の意見にこちらが反する場合にも使えます。 「いただきたく」の間違った使い方 「いただきたく」はしてもらうの謙譲語に当たりますので、よく「させていただく」と混同して使われることがあります。 こちらの都合で話が終わる場合、失礼にあたることもあります。 例えば、何かの資料を持って帰る場合、「では、こちらで検討させていただきたく存じます」という表現をするとします。 こちらの都合であるにもかかわらず、へりくだり過ぎが逆に失礼に受け取られることもあります。 ここはそのまま「では検討してまいります」などと伝えるのがベストでしょう。 ただし、明らかに先方の都合を断るような恰好になった場合はこの限りではありません。 当日に結果が出ず、資料を持って再検討するのが妥当な場合は、「では一度こちらで検討させていただいてもよろしいでしょうか」と伝えるのがいいでしょう。

次の

「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

頂きたく存じます。

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

頂きたく存じます。

この表現は単純になにか物が欲しい時に使う表現です。 「お菓子を頂きたいと存じます」というような使い方は少ないかもしれませんが、このような使い方をすることで相手から何か物をいただきたいという意思表示ができる表現になっています。 頂きたいと存じますはこちらの意味合いで使われることの方が圧倒的に多くなっています。 ビジネスにおいて何かをしてもらいたいあるいはさせてもらいたいというシーンではまっさきにこの表現が頭をよぎることでしょう。 頂きたいと存じますという言葉は「頂きたい」と「存じます」の2つに分かれていますが下記の関連記事は「存じます」という表現に絞って内容を説明しています。 「存じます」という表現は「頂きたいと存じます」以外にも様々な言葉と組み合わせてビジネスで多用される表現なのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。 「頂く」という表現が相手から何かをもらう謙譲語であり、その意味を表す時には「いただく」という言葉は漢字で表記をすることができます。 ただしここから説明する2つ目の意味でも漢字を使うのも、現在は許容されているようです。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。 「頂く」とここで説明する「いただく」は意味が違うので本来は漢字表記はNGなのですが、「もらう」という意味合いで使われることが限られていて意味の履き違いが起こりづらいため、今ではこちらの意味でも漢字を使うことがしばしばあります。 例文は説明会への参加を促している表現ですが、ビジネスのシーンにおいて参加を促す際に「ご参加いただきたいと存じます」という言い回しはよく使われます。 非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 この表現に関しては本来であれば「していただきたくお願い申し上げます」という敬語表現を省略している表現にあたります。 また依頼は「していただけましたら幸いでございます」というような強制感のない言い回しがベターです。 ここまでで「させていただきたく」という表現をいくつか紹介しており、これが単独でNGではありません。 しかしながら「させていただきたく」を多用すると相手に身勝手な印象を与えるので多用はNGとされています。 この表現に関しては目上の人に使える類語表現の中でも、非常に相手への気遣いを感じる表現になっています。 強制感がなく相手に判断を委ね、引き受ければ「ありがとうございます」と感謝される言い回しだからです。 ビジネスにおいて相手に対して「お願いします」と言い切る場面はかなり限定されます。 言い切ってしまうとその依頼に強制感が出るからです。 しかし「お願い申し上げます」は丁寧さが強い表現なので強制感はやや薄れます。 頂きたいと存じますをビジネスで活用しよう! 頂きたいと存じますをビジネスで活用することで、何かを目上の人や取引先に依頼をする時に今までよりもスムーズに物事が運ぶようになることでしょう。 それはビジネスパーソンとしてのスキルアップを実感できる瞬間でもあります。 ここで紹介したことがいち早くあなたのビジネスで活用できる状況になればうれしいです!.

次の