ミョウバン水 使い方。 ミョウバンお洗濯のススメ・ガッチリ消臭+ふんわり柔軟効果

ミョウバン水の簡単な作り方!様々な使い方ができて消臭効果がスゴイ!

ミョウバン水 使い方

スポンサーリンク ミョウバン水の効果とは ミョウバンは、「無水硫酸カリウムアルミニウム」と言う名で食品添加物として広く使用されています。 元は天然の鉱山「明礬(みょうばん)」のことでしたが、現代では食塩のように工場で作られることが多くなりました。 主にウニの型崩れ防止や、漬物の発色を良くしたり、防腐剤としても使用されます。 このミョウバンは水で希釈してスプレーにすることで、暮らしに嬉しい消臭効果があるんです! では、臭いに有効なその効果を順番に見ていきましょう。 制汗作用 ミョウバン水を脇や背中など、汗をかきやすい部位にスプレーすることで、毛穴を引き締めて過度な汗を抑える働きがあります。 特に、皮脂の酸化が原因で起こる「加齢臭」は、汗を元に細菌が繁殖することで起こるとも考えられています。 そのため、制汗作用のあるミョウバン水は、加齢臭対策としても利用できます。 殺菌作用 ミョウバンは、水に溶けることで酸性になる性質がります。 酸性は、皮膚の表面の細菌の繁殖を抑える効果があるんです! 加齢臭や汗臭・ワキガなどの体臭は、皮膚表面の細菌によって皮脂腺に溜まった脂分が酸化し、臭いが発生しています。 ミョウバン水を脇や首などの汗をかきやすい部位にスプレーすることで、汗の臭いの原因菌を殺すことができます。 消臭作用 ミョウバンには金属が含まれています。 この金属は、臭いの元である成分と反応することで「酸化還元反応」を起こし、金属消臭で悪臭を消臭することができるんです! 汗を減らして細菌を殺しても、汗そのものに臭いの原因があれば、汗をかく限り体臭の悩みは尽きません。 ミョウバン水を気になる部位にスプレーするだけで、汗の臭いそのものを消臭することができます。 元から消臭することができるので、気になる体臭を和らげることができるんです! スポンサーリンク ミョウバンはどこに売ってるの? ミョウバンは漬物などの食品添加物であるため、八百屋さんやスーパーで100円前後で購入することができます。 また、除菌やカビ防止効果もあるため、ホームセンターやドラッグストアの洗剤や家庭用掃除用品売り場で購入することができます。 生ミョウバンと焼きミョウバン、どちらが良いの? ミョウバンには「生ミョウバン」と「焼きミョウバン」があります。 水に溶かしてスプレーにする場合は、水に溶けやすい生ミョウバンのほうが作りやすいです。 生ミョウバンは、薬局などのエタノールなどの消毒液売り場で販売されています。 しかし、焼きミョウバンでもミョウバン水を作ることができるため、価格も安く、スーパーなどで手軽に入手できる焼きミョウバンをおすすめします。 ミョウバン水の作り方 ミョウバン水は、100円ショップで売られているスプレー容器に入れてスプレーしたほうが使いやすく、体の気になる部位にまんべんなくスプレーすることができます。 では、ミョウバン水の作り方を見ていきましょう。 <用意するもの> スプレー容器 ミョウバン 15~20g 水 500ml <作り方> スプレー容器に水500mlを入れ、そこにミョウバン15~20gを加えて良く振ります。 ミョウバンそのものが溶けにくいため、作ってから冷蔵庫などの冷暗所で3日程度寝かせると、しっかりミョウバンを水に溶かすことができます。 ミョウバン水を作った後の注意点 お手製のミョウバン水スプレーは、保存料などを加えていないため、作ってから1週間程度で使い切るようにしましょう! 保存も、冷蔵庫などの冷暗所で保管します。 ミョウバン水には前述したような消臭効果が期待できますが、体臭が強い人は効果が得られない場合があります。 また、ミョウバン水スプレーをしても時間が経てば臭うようになるため、こまめにスプレーをしなおすことが大切です。 スポンサーリンク ミョウバン水に頼らず体臭を軽減する方法 ミョウバン水には優れた消臭効果が期待できますが、体臭が強い人にはあまり効果が感じられない場合があります。 また、作ってから2~3日寝かせる必要があるなど、ミョウバン水を作ることを手間に感じる人も多いですよね。 そこで、ミョウバン水に頼らず体臭を軽減する方法をご紹介いたします! 食事を見直す 体臭改善には、• 良いものを摂取して、体臭を軽減させる• 悪いものを控えて、体臭を促進させない この2点が重要になります。 会社勤めの人などは、つい出来合いのお弁当や惣菜・外食などで食事を済ます機会が多くなりますよね。 しかし、バランスが悪く高カロリーの食事は、体臭を助長させてしまうです。 ナトリウムやカリウム・カルシウム・ミネラルなどを多く含んだアルカリ性の食事は、体臭改善に効果的です。 野菜や魚・果物などを日々の食事に取り入れ、揚げ物や肉類・お酒の摂取を控えるようにしましょう。 <体臭改善に効果的な食材>• わかめやひじきなどの海藻類• メロンやバナナなどの果物• ほうれん草• ごぼう• サツマイモ• にんじん 等 体臭対策用のボディーソープを使用する 加齢臭やワキガ・汗臭は、皮膚表面の毛穴に残った脂分か酸化し、細菌が繁殖することで強くなります。 皮脂や細菌などをしっかりと洗い落すためには、体臭対策用ボディーソープがおすすめです。 洗浄は体臭対策用の石鹸を使用して、日中にミョウバン水をスプレーするなどあわせて使うほうが良いですね。 毎日使うボディーソープを体臭対策用に変えるだけなので、忙しい人でもしっかりと体臭対策を行なうことができます。 なたまめを原料とした製品が注目されています。 まとめ ミョウバンは、漬物の色づけや防腐・ウニの型崩れ防止などの食品添加物として使用されています。 そのミョウバンを水に溶かしたミョウバン水には、体臭に効く消臭効果があるんです! ミョウバン水の作り方は、水500mlをスプレー容器に入れて、ミョウバン15~20gを加えて3日程度冷暗所に寝かせるだけ。 背中や脇・首元などの汗が気になる部分にスプレーすることで、体臭を軽減することができます。 敏感肌のかたが初めてミョウバン水を使用するときは少量を付けて様子を見てくださいね。 しかし、体臭が強い人は効果を感じにくいこともありますので、日々の食生活を見直し、ボディーソープを体臭対策用の物に変えると効果的ですよ!.

次の

ミョウバン水の効果的な使い方!わきがや頭皮の消臭&汗対策

ミョウバン水 使い方

制汗作用• 消臭作用• 抗菌作用• 殺菌作用 ミョウバンとはどんなもの? ミョウバンとは正式名称は硫酸アルミニウムカリウムのことです。 なんか難しくて怖そうな名前ですが、 お漬物を作る際に使用したり、煮物を作る際のあく抜きに使用したりする食品添加物となります。 以下Wikipediaからの引用です。 ミョウバンとは、1価の陽イオンの硫酸塩 と3価の金属イオンの硫酸塩 の複塩の総称である。 または などで表され、陽イオン1モルあたり12モルの結晶水を含む。 及び2個の から構成され、結晶構造は 等軸晶系に属する。 溶解度は温度によって大きく変わる。 水に高温でより多く溶ける。 水溶液は弱酸性である。 出典: この ミョウ バンを乾燥させたものを 焼きミョウバンと呼び、 一般に販売されているものは主に焼きミョウバンです。 焼きミョウバンは吸湿性があるので、空気中の水分を吸うと元のミョウバンに戻っていきます。 これはまだ少し濁っているけど、日が経つにつれミョウバンが完全にとけて完全な透明になるよ。 ミョウバン水はいろいろな使い方が出来て万能! ミョウバン水は食品添加物としてナスのお漬物にも使われています。 そういった意味でも安全性は高いのですが、それはもちろん使い方や用法を守っての話です。 出来上がったミョウバン水の使い方と注意点を紹介していきます。 ミョウバン水の使い方 原液を10倍に薄めて使用します。 薄めたミョウバン水をティッシュやコットンなどに付けて使用することも出来ますが、 スプレーボトルに入れるのが使いやすくておすすめです。 100均にいろいろなスプレーボトルが売っていますので、ミョウバン水用に用意しておくと便利ですよ。 冷暗所で保管するのがいいので冷蔵庫がおススメですが、 厳重に注意書きをするなどして誤飲の可能性が無いように気を付けてください。 ミョウバン水のいろいろな用途 完成したミョウバン水はいろんな使い道があります。 靴の匂い取りに 靴のニオイが気になるときには、ミョウバン水を多めに吹きかけて乾かしてください。 靴の中の雑菌に殺菌作用と消臭作用が働きかけてニオイを抑えてくれます。 ツイッター上でもミョウバン水についての絶賛のコメントがありますので紹介しておきますね。 汗をかく季節にはミョウバン水。 靴やペットのトイレの消臭に使えるし、制汗スプレーとしてもイケる。 ミョウバン粉末15グラムを500mlの水に溶かして原液を作り、それを10倍に薄めたものをスプレーボトルに入れる。 好みでハッカ油を一滴入れるのもさっぱりしていいよ。 — テロメア eriihide 仕事柄ずっと安全靴で足の臭さが殺人的だったんだけど、昨日ミョウバン水で足湯をやってみたところ劇的に臭いが違う!. ミョウバンは薬局で販売しているため、自作のミョウバン水を作り、使用することが可能です。 ミョウバン水の効き目や作り方を紹介します。 ミョウバンの殺菌作用は効果も高いです。 — ゴリラクリニック gorillaclinic 身体にも使えるし、衣類の匂い取りにも効果的なのでとっても重宝すると思います。 ミョウバン水を使用する上での注意事項 安全性の高いミョウバン水ですが、使用方法を間違えると思いもよらない事故にもつながります。 以下に注意事項をまとめておきますので、気を付けるようにしてください。

次の

ミョウバン水の作り方&使い方!消臭効果がスゴイ!プロから学ぶ生活術

ミョウバン水 使い方

スポンサーリンク ミョウバン水ってなに? ミョウバンと聞いて「一体どんなもの?」と思われる方もいますよね。 ミョウバンは、なすの漬物の色を鮮やかにするためにも使われる食品添加物です。 水に溶けると酸性に変化して人の体臭などの臭い菌の分解・抑制に効果が期待されるとされています。 「焼きミョウバン」が主流でスーパーなどでも重曹と一緒に販売されています。 ミョウバン水はそんなミョウバンを水に溶かしたもので、「天然のデオドラント剤」などと言われています。 デオドラント剤を購入して使おうと思ったらまず、真っ先にドラックストアで市販の製品を探すひとも多いと思います。 「市販のデオドラント剤よりも良い!」という口コミもあるようで人気の一因は安く手に入るという点も大きいようです。 肌に使用するミョウバン水の作り方 それでは、実際にミョウバン水を作るレシピを紹介しますね。 まずはミョウバンと水を合わせておく入れ物を用意します。 今回はスーパーで購入した「焼きミョウバン」(30g入り)90円と100円ショップで購入した100mlスプレーを用意しました。 ミョウバンを溶かす500mlのペットボトルは家にあったお茶が入っていたものを洗ってリサイクルしました。 500mlのペットボトルは匂いのキツイ飲み物が入っていると不向きなのでお茶やミネラルウォーターが入っていたものを使うといいですね。 ペットボトルに焼き ミョウバンを6gと水道水を200ml入れてよく混ぜ合わせます。 ミョウバンは溶けにくいので最低でも丸一日おいてください。 1日に経ってまだ底に溶けきっていない粉があったらさらに時間をおいて確実に溶けるのを待ってください。 しっかり溶けたミョウバン溶液が「原液」となります。 このまま状態だと濃いので、 肌に使用するときには原液を10倍に薄める必要があります。 薄める時には100円均一などで売っているスプレー式の容器に入れると使いやすいですね。 お風呂上りなどに気になるところにスプレーするとで、臭いの対策ができます。 ミョウバン水には脱色強化もあるので、場合によっては髪の毛の色素が落ちてしまう可能性があります。 頭皮に使用する際には、髪の毛にかからないように注意して使用してください。 また使用する前に少量を散布してみて肌に異常がないかテストをしてみてください。 ミョウバンを計測する方法 上でミョウバン水の原液を作る方法を説明しましたが、家庭でミョウバンを計るものがない!というひともいるのではないでしょうか? 家にデジタル計りがない場合もありますよね。 ネットではミョウバンを5g計るには何を使ったらよいか?と思っている人が多いようです。 なぜか「ミョウバンを5g計るのはペットボトルのキャップ1が相当」とか「キャップ2」などという記載があります。 どれが正解なの?と混乱したので実際に計ってみました。 ミョウバンは粒状になっているのでかさが増します。 明らかにかさばる... 我が家のスケールは1g単位なので若干差が出ますが、それでもキャップ1杯や2杯ではありません。 そこで、5gを計るにはキャップ何杯分に相当するか、確かめました。 しっかり摺り切り状態で、ミョウバン5gを計るには3杯と4杯目は上の部分1線分ほど減らしてちょうど5gでした。 当ブログで紹介した200mlの水にミョウバンを6g入れる場合には、ペットボトルのキャップでしっかりと4杯で6gになりました。 混ぜてすぐは溶けにくいです。 丸一日冷蔵庫に置いてください。 スポンサーリンク 頭皮にミョウバン水を使うメリット ・天然の成分で出来ているから安心 市販のデオドラント剤は化学成分が含まれていて、人によってはどうしても合う・合わないの問題が発生してしまいます。 天然成分で出来ているミョウバン水であれば、そのリスクが大幅に減らすことができます。 ・簡単で安く作れる ミョウバン水の作り方でも触れましたが、わずかなミョウバンでたくさんの溶液が作れます。 かなりコストパフォーマンスがいいですよね。 ・ニオイの改善が期待できる 今までいろいろな製品を試してみたけどイマイチだったという方が、ミョウバン水を試したところ気になる臭いを緩和できた。 という体験談もあります。 ・独特の匂いがない 市販のデオドラント剤はいろいろな匂いがついていて、自分の好みのフレーバーじゃないと鼻につくということがあります。 ミョウバン水には独特のにおいがないので衣類の柔軟剤や使っている香水などと混ざり合うこともありません。 頭皮にミョウバン水を使うデメリット ここでデメリットも説明しておきますね。 ・人によって、合う・合わないがある 上記で天然成分で安心して使えるとありましたが、天然成分と言えども使用したひと全員に何も問題が起こらない。 とは言い切れません。 なかには合わない人もいるので、パッチテストを必ずやって自分に合うか確かめてから使用してください。 ・良い香りがしない 市販のデオドラント剤を使用し慣れている人は、ご自分のお気に入りの匂いがあるかもしれません。 ミョウバン水は無臭に近いので、デオドラント剤が爽やかな匂いがしないと使った気がしない。 と感じるひとは物足りないかもしれません。 ・ミョウバン水の匂いが気になる ミョウバン水を作るときにミョウバンの量が多すぎると稀ににおいを感じることがあります。 この点は、におい以前に肌に触れるものなのでミョウバンの量をきちんと計測して作ることが大事です。 今まで市販の製品を使ってもダメだったり、余計な匂いがつくことが嫌だったかたはミョウバン水を試してみてください。 頭皮以外にも脇や足の裏などにも使用できます。 他の場所に使うときにも必ず少量でテストしてから使ってくださいね。

次の