ビットコイン アメリカ。 BTC/USD — ビットコインチャートと価格 — TradingView

世界でビットコインはどれくらい普及してる?~ビットコインの普及と課題~

ビットコイン アメリカ

アメリカ各州の状況と仮想通貨規制の現状 アメリカのすべて州で仮想通貨が合法でないことについてはWikipediaにも書いてありますが、フィンテックが浸透するにつれて状況は徐々に変わりつつあります。 CoinWritingの調査では、アメリカ50州の仮想通貨に関する法律や規制をもとに、各州を仮想通貨に対して「友好的」「曖昧」「敵対的」に分類しました。 テキサス州の仮想通貨トレーダーは資金移動業のライセンスを取得する義務がないことから、テキサス州は仮想通貨に対して「友好的」とされています。 ただ、テキサス州当局はビットコインマイニングが高電圧系統に与える影響について頭を悩ませていました。 一方、ワシントン州では、電子通貨の取引には特別な許可が必要となる可能性があり、ワシントン州は仮想通貨に対して「敵対的」とされています。 また、は調査の中で、アリゾナ州、ネバダ州、カリフォルニア州も仮想通貨に対して友好的だとしています。 ニューヨーク州については、仮想通貨販売業者とP2PトレーダーはFinCEN(Financial Crimes Enforcement Network、金融犯罪取締ネットワーク)に登録しなければならないため、ビットコインに対して友好的でないとしています。 両方の調査において、多くの州は、仮想通貨の売買や保有について意見を表明しませんでした。 出典: 仮想通貨はアメリカの50州のうち、5つの州でのみ合法で、によると、アメリカの人口の14. アメリカのフィンテックのポテンシャルは、世界最大で最も先進的な経済に支えられています。 金融、ヘルスケア、小売のハイテクサービスは、アメリカの経済生産の約80%を占めています。 アメリカは高い技術力と活発な経済を持つことから、国内外でのブロックチェーン技術と仮想通貨の発展において重要な役割を果たしてきました。 アメリカの規制機関はどのように仮想通貨を捉えているのでしょうか。 たとえば、FinCENは仮想通貨を合法とみなしませんが、仮想通貨取引所を資金移動業に分類していて、資金移動業はFinCENの管轄の一部です。 資金サービスと仮想通貨に関するビジネスはFinCENに資金サービスビジネスとして登録し、記録を残し、疑わしい活動の報告(Suspicious Activity Reports 、SARs)や通貨取引報告(Currency Transaction Reports、CTRs)を含む報告をFinCENに提出する必要があります。 一方、アメリカ合衆国内国歳入庁は仮想通貨をと定義しています。 アメリカの重要な規制機関のひとつ、(Securities and Exchange Commission、SEC)は、仮想通貨は証券であるとし、2018年3月には、証券法をデジタルウォレットと取引所を対象に拡張することを宣言しました。 2019年になると、いくつかの州は仮想通貨が地域経済の新しい起爆剤になると気づき、たびたび既存の資金・証券法を免除し、仮想通貨を推進しました。 現在、アメリカの州の7割で仮想通貨やブロックチェーンに関する法律が制定されています。 たとえば、ワイオミング州では、仮想通貨の固定資産税を免除する法案を可決しました。 アリゾナ州とジョージア州は仮想通貨での税金の支払いを受け付けた最初の州です。 下の地図は、Coinbaseが作成したもので、仮想通貨の保有率の高い州を示しています。 仮想通貨が合法な州は5つですが、5つ以上の州で保有率が高くなっているのがわかります。 出典: アメリカで仮想通貨を購入、保有、使用する アメリカ人は実際どのくらい仮想通貨に興味を持っているのでしょうか。 下の図は興味深い事実を示しています。 ビットコインに注目が集まる中、「ビットコイン」は女優の「Kim Kardashian」、アメリカ大統領「Donald Trump」よりもたくさん検索されました。 出典: アメリカでビットコインはメインストリームになりつつあります。 ビットコインは、オンライン小売Overstock、コンピューター・関連部品および家電のオンライン小売Neweggのほか、Microsoftといった主要な技術系企業でも支払いに使えます。 もあります。 このリストによると、仮想通貨ATMの多い都市トップ5は、ロサンゼルス372台、シカゴ250台、マイアミ199台、デトロイト149台です。 このようにATMや窓口の数は多いものの、大多数の人はオンラインで取引所や仮想通貨関連サービスから仮想通貨を購入したいと考えています。 仮想通貨は、地域経済でも重要な役割を果たすようになってきました。 カリフォルニア州、ニュージャージー州、ワシントン州、ニューヨーク州、コロラド州、ユタ州、フロリダ州、アラスカ州、ネバダ州、マサチューセッツ州は、仮想通貨を保有する市民が最も多い州です。 2018年、Finder. comは2000人のアメリカ市民を対象に、どの仮想通貨を保有する傾向にあるのか調査しました。 予想通りビットコインが1位になりました。 Source: アメリカでビットコインの取引は合法か? アメリカでビットコインの取引が合法かどうかについては、証券取引委員会によって連邦レベルで問題提起されましたが、特定のビットコイン投資ファンドを一般に販売するかどうか、特定のオファーが不正であるかどうかなど、議論の焦点はブロックチェーンアセットの証券利用に関するものでした。 証券取引委員会のレポートは、ICOにのみ焦点を当てているため、その結論をビットコインに適用することはできません。 アメリカでビットコインのマイニングは合法か? FinCENの規制で暗示されているように、法定通貨のかわりに仮想通貨で支払い、取引し、換金すると資金移動業とみなされ、FinCENに報告する必要があります。 2019年6月、最大のハッシュパワーを持つカナダのマイニング大手Squire Mining(SQRMF)は、アメリカでビットコインマイニングのために、ASICS 41,000台からなるブロックチェーンクラウドコンピューターユニットをホストするための同意書に署名しました。 マイニングが中国からアメリカに移る中で、アメリカの優先順位はアプリケーションとプロトコルの開発からインフラ構築に変わりつつあります。 アメリカで有力な仮想通貨ビジネス アメリカは仮想通貨ユーザーが多いだけでなく、影響力のある仮想通貨プロジェクトを生み出しています。 アメリカの仮想通貨プロジェクトは、強力な取引所からソーシャルメディアで注目を集める実験的なものまでさまざまです。 ここでは有名なプロジェクトをいくつかみてみましょう。 LedgerXは、ニューヨークに拠点をおくトレーディングプラットフォームです。 LedgerXは積極的にビットコインをはじめとする仮想通貨のためのロビー活動を行ない、数年後、米商品先物取引委員会(Commodity Futures Trading Commission、CFTC)からデリバティブ清算機関のライセンスを取得しました。 これは、同プラットフォームがこれまでの金融業界の手法を仮想通貨分野に持ち込むきっかけになりました。 2017年11月、LedgerXは最初の長期BTCオプションの提供を開始しました。 Rippleは中央集権的であることから、仮想通貨コミュニティーでは賛否両論があるものの、Rippleはすでに仮想通貨の採用を促進するために数百の金融機関と協業しています。 また、同社はブロックチェーン技術に関する研究開発を支援するためにUniversity Blockchain Research Initiativeを立ち上げました。 Geminiはニューヨーク市に拠点をおくウィンクルボス兄弟が設立した仮想通貨取引所です。 2016年、Geminiは仮想通貨取引所として世界で初めての認可を受けました。 また、Geminiは初めてビットコイン先物取引を開始したことでも知られています。 Stellarは、Rippleの創業者のひとりジェド・マケーレブ氏が共同創業しました。 同社は、銀行口座を持たない人たちのために銀行サービスを提供しようとしています。 国境を超えた送金システムを改善し、手数料と送金にかかる時間を削減することを目指しています。 SteemはブロックチェーンベースのソーシャルメディアSteemitのネイティブの仮想通貨です。 Steemitのユーザーは投稿したり、コメントしたり、コンテンツをキュレーションしたりする過程でSteemやSteem Dollarsといった仮想通貨で報酬を得ています。 同社はネド・スコット氏とダン・ラリマー氏が共同創業し、ニューヨークに拠点をおいています。 ラリマー氏はBitSharesを作ったこと、そしてEOSのCTOとしても知られています。 アメリカの仮想通貨業界の展望 ここまでアメリカの仮想通貨や業界の現状を見てきましたが、次は何が起きるのでしょうか?アメリカ下院の金融サービス委員会の有力者パトリック・マクヘンリー氏は次のように述べています。 「ビットコインのホワイトペーパーを書いたナカモトサトシが思い描き、支持者たちが構築しようとしている世界は止められない。 私たちはこのイノベーションを阻止すべきではない。 政府はこのイノベーションを止められず、そうしようとした試みはすでに失敗している。 」 有力者が仮想通貨に対してここまで肯定的なのはよい兆候です。 さらにアメリカ経済が仮想通貨の開発をより重視するようになれば、間違いなく仮想通貨業界は盛り上がるでしょう。 これは最良のシナリオです。 ただし、マクヘンリー氏がすべての人の意見を代弁しているわけではなく、有力者を含め仮想通貨に否定的な人も少なくありません。 2019年7月11日、トランプ大統領はTwitterで「私はビットコインやその他の仮想通貨のファンではない。 仮想通貨はお金ではなく、その価値は非常に変わりやすく、何の根拠もない。 」とし、仮想通貨に対する見解を示しました。 アメリカのムニューシン財務長官は、トランプ大統領の仮想通貨に対する懐疑的な姿勢に同調する形で、「私は10年以内にはビットコインを買わないことを断言する」と発言しました。 また、2019年5月、民主党のブラッド・シャーマン下院議員は、仮想通貨は国際社会におけるアメリカの金融への影響力を脅かすとして、「つぼみのうちに摘み取るべきだ」という言葉とともに、ビットコインとその他の仮想通貨を禁止する法案を提出しました。 仮想通貨はアメリカの規制の枠組みと法律に従わなければなりません。 でも、シリコンバレーの先例のように、技術が先に進化し、規制が追いつくこともあります。 Apple、Adobe、Google、Netflixが生まれたシリコンバレーは、いわばカリフォルニア州の中のひとつの州のようなもので、一人当たりのGDPは世界で3位です。 それにもかかわらず、カリフォルニア州の税率はアメリカで最も高く、基本的な消費税は7. 皮肉なことに、すべての「バレー」がアメリカにあるわけではありません。 ブロックチェーンと仮想通貨技術で世界をリードするエコシステムの構築を目指すCrypto Valley Associationは、アメリカには統一された規制フレームワークがないことから、税務上の不測の事態を避けるためにスイスに拠点をおいています。 同社のウェブサイトには「Crypto Valleyは、スイスの分散型の政治システムとその比類のないビジネス環境を活かして独自の立ち位置を築いている」と説明があります。 Crypto Valleyが企画するシンガポールフィンテックフェスティバルや、その他の国際的な仮想通貨カンファレンス、ハッカソン、業界イベントはアメリカから羨望の視線を集めています。 アメリカの仮想通貨に関する法律があと少し緩かったらどうなっていただろうと考えさせられます。 それでも、アメリカには今たくさんのよいプロジェクトが存在し、開発が著しく議員たちに妨げられているというわけではありません。 今私たちが目の当たりにしている仮想通貨の開発と採用の動きはどうやらほぼ避けられないもので、仮想通貨がアメリカの金融の一部になれば、議員たちはそれに従うほかないと言えそうです。

次の

ビットコイン

ビットコイン アメリカ

駐在員へらじか です。 4ヶ月間で約100万円の含み益が出たため2017年の年末調整に向けてアメリカの仮想通貨税務について調べ日本語でまとめてみました。 IRS公式見解をベースに、1年間を区切りとした短期・長期保有それぞれの税率についても調べました。 以下は税理士ではない個人の調査に基づいたものなので、実際の確定申告実施の際には最新の情報取得に努めるとともに税理士へ相談されることをお勧めします。 記事作成の背景は、含み益が100万円の大台を超えてしまったから へらじかが仮想通貨を始めたのは4ヶ月前、2017年8月のこと。 ブロックチェーンの未来と仮想通貨のリスク双方を考慮して少額からはじめ、現在までに5,700ドルを投資しました。 当時から税金についての漠然とした疑問はありましたが、収益が出る前から税金の心配をしても仕方ない、払うべきものはあとでしっかり払うだけだと考え、スピード優先で参入。 そして先日、 含み益がついに10,000ドルを突破しました。 円換算でも110万円以上と、どう見ても高額に。 税金対策に真剣にならざるを得ませんでした。 というか、 ストレートに言うと「年内にこんなに高騰するなんて思わなかった」というのが本音。 よい意味で期待を裏切られたので、ホールドし続けるにも、利益確定をするにも必要となる知識習得の腹を決めました。 米国唯一の公式見解は2014年のIRS発表のみ 日本では投資熱の高まりを受けて先日、2017年の情報として国税庁が見解を出しましたが、アメリカではそれより早く2014年にIRS アメリカ合衆国内国歳入庁 がビットコイン等のVertual Currencyについて税務の概要を示しています。 記事の名前は「」といい、詳細は「」という書面にまとめられWebで公開中。 仮想通貨税務の基本的なガイダンスに加えて16個FAQを含んだ6ページのPDFなので、基本を押さえるにはうってつけ。 それすら読む時間が無いという方へ、要点のみ3点でまとめます。 ・仮想通貨の売買・交換や、実世界におけるモノやサービスの購入に仮想通貨を使用した場合は課税対象である。 Section3. Scopeより ・税務において仮想通貨は"Property"の扱いとする。 現行法においては通貨の一部としては扱わない。 Section 4. FAQ, Q-1及びQ-2より ・税の計算には、仮想通貨を入手した時点のUSドルベースでの市場価値を用いる。 Section 4. 個人的にはガイダンスの前文としてSECTION 2. に書いてある内容が、新しい時代が来た感覚があって好きです。 IRSとして取るべき税金はしっかり取る一方で、仮想通貨自体の将来性を認めている様子が読み取れます。 ホールドの人は税金無し、それ以外の人は対応が必要 IRS見解をまとめると、含み益に対する課税はありません。 2017年にビットコイン等仮想通貨の購入だけを行い、売却は一切行っていない人 いわゆるガチホ勢 は非課税となります。 モノの販売やサービスの対価としてコインを得た人、マイニングをした人、給与として得た人、買い物に使用した人、法定通貨に交換した人はすべて、その取引が発生した時点のレートで収益として計算・報告する義務が生じます。 以降、IRSガイダンスを元に作成されたInvestopediaの「」という記事を参考にシミュレーション。 長期保有者には税制優遇 税制が株式と同様の扱いだとすると、アメリカでは仮想通貨の 保有期間によって税率が異なることになります。 また、給与所得を含めた 総所得金額に応じた累進課税制度としてタックスブラケットという所得区分が存在します。 さらにその所得区分には 独身か既婚かというステータスも関係するため、少々複雑です。 最後に輪をかけて、上記国税に加えて 州税・地方税も存在。 計4つのファクターが存在するので、どんどん難解になってきます。 ただシンプルに考えると、仮想通貨ホルダーの視点で コントロール可能なのはコインの保有期間のみ。 この観点では、資産保有期間1年間を境に短期・長期という区別がされるだけです。 つまり、 アメリカでは仮想通貨を1年以上保有する人を優遇する税制となっています。 (なお売買の差損については最大40年間、毎年3,000ドルまでキャピタルロスとして計上できますが、2017年の市場で差損を出している人も少ないかと思うので割愛します) 総所得額と税率のテーブルについては以下表を「」から参照しています。 タックスブラケット 所得区分 のテーブル。 シミュレーションの結果、短期と長期では1,000ドルの差が出る を元にタックスブラケットは25%区分、既婚でJointFilling、売買の差益が10,000ドルという条件で簡単に試算すると、短期・長期の場合に仮想通貨のキャピタルゲインにかかる税金額はそれぞれ以下のようになるかと思います。 州税・地方税は考慮せず 短期:2,500ドル 上で引用した表の25%課税に該当 長期:1,500ドル 長期キャピタルゲインとして15%課税 この試算結果から、 長期保有のほうが1,000ドル分の節税になるということが分かりました。 少々厄介なのは駐在員という立場で、会社の税理士を通じて年末調整を行っていること。 自身で行う現地採用の社員とは対応が異なります。 毎年会社側が多めに税額を見積って月々の給与から控除し、年末調整で還付するスタイルを取っているため、個人としての事実上非課税となる金額枠については未調査です。 ビットコインキャッシュ BCH 等のフォークコインに関する税制は未定 IRSのガイダンス ""では、 ハードフォークコインの扱いが定められていません。 例えば8月のビットコインキャッシュ。 これは株における配当金や株式分割とは性質が異なり、無から生まれた新しい価値なので 対応する現行法が無いのが現状。 ビットコインキャッシュが口座に付与された時点でそれは課税対象の出来事となる。 問題は、その価値がいくらかということだ。 ただしこの章の結びとしてはIRSの最新見解を待とうと書かれており、結論は出ていません。 2014年に続く、公式見解が待たれます。 2015年にアメリカでビットコインの収支報告を行ったのは802人だけ 同Fortuneの記事によると、2015年のTax Return 年末調整 でビットコインの収支報告を行ったのはたったの802名とのこと。 これに関連し、現在IRSは米国最大手の仮想通貨取引所である Coinbaseに対して2013-2015年のユーザー情報と取引履歴の開示を請求し、現在両者は連邦裁判所で争っています。 Nearly one year ago, the IRS initiated proceedings to obtain copies of essentially all our U. 個人的には2013-2015年に取引はしていなかったので2017年の税務には関わらないのですが、結果によっては仮想通貨のマーケット価格に影響を与えそうなことを懸念しています。 自分のケース ただ、この結論に至るまでには多数の情報元を参照しています。 米国の規制やルールを調べる際は、サラリーマンとしての本業では英語原文を重要視します。 訳文だと元の意味を失っている場合もあるため、基本方針として上流の情報のほうがより正しいものとして扱っています。 ただ、自分が明るくない分野について調べる際には日本語の訳文やまとめ記事を先に参照して「勘どころ」をつかんでから英語の原文を読むスタイル。 その方が理解が早いので2言語使えるメリットを活かしています。 今回も日本語サイトで概要をインプットしてから英文で各論を掘り進めました。 日本語解説が誰かの助けになり、さらに詳細な調査へとつながればうれしいです。 冒頭に記したように自分自身は税理士ではないため、この記事はあくまで個人の調査結果です。 誤りや、IRSからの情報の更新があった場合にはその旨をご指摘いただけると幸いです。 繰り返しますが、実際の納税にあたっては可能な限りご自身で英語原文を読まれ、税理士に相談されることをお勧めします。 次の記事は余剰資産で仮想通貨投資を始めようと考えている方向け。 へらじかが使っているアメリカ最大手の取引所Coinbaseの口座開設、使い方、入金方法の紹介です。 へらじかの仮想通貨運用成績については次の記事へ。 FXも草コインも使わず、現物投資のみ4ヶ月で200%超という異常なマーケットです。 参考にしたサイト IRSによる2014年の公式ガイダンス。 これを以って、アメリカでは仮想通貨の税務は"Property"、すなわち株や債権と同様のものとして扱われることになりました。 25歳海外駐在員さんのブログ記事。 東南アジアにお住まいですがUSCPAを学ばれているため、アメリカのビットコイン税務について分かりやすく紹介されています。 日本語なので勘どころを掴むにはもってこい。 米国の投資家が参考にする大手サイト、Investopedia。 IRS発表で仮想通貨は税務上「通貨」ではなく株や債権と並列の「資産」であると定義されたため、いまや「投資対象」であるという考え方を持っているサイトです。 米大手メディアFortuneがまとめたAir-Droppedコイン(いわゆるフォークコイン)の税務についての記事。 結論はIRSの見解待ち。 米国最大手の取引所CoinbaseとIRSの、ユーザー情報開示に関する係争について。 この紹介リンクによりブログ管理人が非金銭的利益としてトラベル・ホテル他のポイントを受け取る場合があります。 紹介リンクの使用およびそれにより受ける利益については各記事に明記します。 Referral Links From time to time, MooseFukui may publish content which includes access to my referral link. If you use my refferal link, I may receive a non financial benefit such as travel, hotel or other kind of credits. I will clearly disclose the use of referral link and any benefit I may receive when you use it within the related article.

次の

ビットコイン、米国株下落でも100万円キープ〜安全資産として影響力大!|仮想通貨の将来への可能性〜初心者から稼ぐ投資方法

ビットコイン アメリカ

「ビットコインは2021年8月に、50万ドルを超える可能性」=パンテラキャピタルCEO パンテラキャピタルの創業者兼CEOであるDam Morehead氏は、ビットコインの価格が大きく上昇することを予測しており、2021年8月までにその価格が50万ドル以上まで高騰するだろうと。 Morehead氏はビットコインの半減期について投資家に対しコメントをしており、「ビットコインの新規価格が半分になった場合、他の全てが同じだとすれば価格は上昇するはずだ」と述べ、過去の半減期と同じサイクルを辿るのであれば2021年8月には50万ドルを超えるだろうと予測した。 「ビットコインの価格は歴史的に、半減期の459日前に底を打ち、半減期に向かって上昇する傾向があります。 半減期がこのサイクルに影響を及ぼすのは半減期の514日前程からですが、もし歴史が繰り返されるなら、ビットコインの価格は2021年8月に533,431ドルでピークを迎えるだろう。 」 Morehead氏はこの価格予想が馬鹿げているように聞こえたとしても可能性は十分あると付け加えた上で、ビットコインの価格が上昇するかどうかは50%だろうと述べている。 またMorehead氏は伝統的な資産と比較したビットコインのパフォーマンスをツイッターで投稿しており、他の資産が大きく下落する中ビットコインは金を上回り、2020年に16%以上上昇していることを示した。 特に新型コロナウイルスの影響を受けた原油市場については、価格がマイナスに転じたことを皮肉り「少なくともビットコインを受け取るためにお金を払う必要はない」と発言している。 「石油はひどい資産クラスターだった。 35年間の石油の複合年間成長率 CAGR はゼロポイントだ。 最高でも6%に達したこともない。 一方ビットコインの9年間のCAGRは215%であり、他の地域との相関関係も本質的にゼロだ。

次の