あじさい 文献。 【6月】梅雨の壁面製作まとめ~カエル・あじさい・カタツムリで保育室を明るく~

花の男シーボルトと紫陽花 〜紫陽花 よもやま話〜

あじさい 文献

紫陽花考 その2 紫陽花 考(その2 あじさい の語源 その2 : 紫陽花 という漢字表記について 紫陽花という漢字表記が文献上に表れるのは、和名抄 倭名類聚鈔の略、源順著、10世紀前半 が最初と思われます。 あじさいに、 紫陽花という漢字があてられたのは和名抄成立以前からと思われます。 紫陽花の典拠は、中唐時代の詩人、白居易 772-846 の詩文集「白氏文集」中の詩「紫陽花」です。 日本では、白氏文集は、白居易の生存中にすでに渡来したとも言われ、しかも貴族階級に広く愛読されたので「紫陽花」という詩も9世紀後半には知られていたものと考えられます。 「紫陽花」という詩はつぎのようなものです。 「紫陽花 白居易」 何年植向仙壇上 何れの年にか仙壇 仙境 のほとりに植えたる、 早晩移栽到梵家 いつか移しうえて梵家 寺 に到れる。 雖在人間人不識 人間に在りといえども人識らず、 与君名作紫陽花 君のために名づけて紫陽花となす。 この詩には、概要つぎのような前書きがあります。 「招賢寺に花を着けた1本の木があるが、その木の名を誰も知らない。 花は、色が紫で、香りが良く、大変に美しくまさに仙境にふさわしい花である。 そこでこの花を紫陽花と名づけた。 」 中国 唐 文化に憧れていた平安人にとっては、この「紫陽花」がまさに あじさいであると思い込んだとしても不思議ではない。 ただ、白居易が名づけた花が、本当に あじさいであったかは疑問視されている。 あじさいは、1本の木と表現するにはふさわしくないようなブッシュ状の生え方をするし、香りもほとんどない。 したがって、 あじさいではなく、 あじさい同様、中国にとっては外来植物であったライラックではなかったかという人もいる。 (1999. 17 朝日新聞、天声人語) 「紫陽花」という名が、中国においては、大詩人白居易の命名にもかかわらず広まらなかったのは何故だろうか。 詩そのものがご挨拶程度の詩で魅力に乏しく、人口に膾炙しなかったためかもしれない。 それに比べ、日本では完全に定着し、 紫陽花を あじさいと読めない人はいないと思われるほどである。

次の

紫陽花考(その2)

あじさい 文献

6月のねらいは「健康習慣や生活のルールを身につける」 保育園・幼稚園に彩りをあたえ、季節を感じさせてくれる壁面製作。 ほいくらいふでは1ヶ月1テーマで 保育・幼児教育のプロとしてねらいのある壁面製作をご紹介します。 6月の壁面製作のねらいは「 健康習慣や生活のルールを身につける」 保育指針では3歳以上の「健康」の領域のねらいとして 健康に関心をもつ、生活リズムを身につける、「人間関係」の領域では きまりの大切さに気づいて守るなどが挙げられています。 6月は「歯と口の健康週間」があったり、ジメジメとして食中毒なども気になってくる頃です。 子ども達に楽しく・快適に園生活を送ってもらえるように、壁面も上手に活用していきましょう! 6月のモチーフ例 【イベントやテーマ】 梅雨・衣替え・虫の日・歯と口の健康週間・時の記念日(ファミリーデー)・父の日・プール開き 【植物】 あじさい・さくらんぼ・百合・ラベンダー・田植え 【生き物】 カエル・かたつむり・蛍・うなぎ それでは、6月にぴったりなほいくらいふ特製の壁面製作アイデアをご紹介します! かたつむりの時計と「できたね」シール 時の記念日と かたつむりのお家を合体! 5歳児さんを目安に、お手本を見ながら数字を書いてみても良いでしょう。 まだ時計が読めない子ども達も時間に親しみ、「長い針が12になったら給食だね」などと生活リズムを身につけられるようになるかもしれません。 また、歯をきれいに磨けたら……服をきれいにたためたら…… 「できたね」の証として、シールを貼っていくと生活ルールを守りたいと思えるだけでなく、達成感も得られます。 かたつむりのぐるぐるを全てシールで埋められるでしょうか? カラフルてるてる坊主【0歳児・1歳児~】 「ちょっと寂しいな」と感じたら、 カラフルなてるてる坊主を飾りにプラスして。 お花紙をを丸めてつめることは未満児さんでもできます。 「 明日は晴れますように」と言葉かけをしながら作ってみましょう。 次からは現役保育士さんなどのユーザーさんによるほいくらいふに投稿があった6月の壁面を17個をご紹介します! あじさいやカエルなど雨の日が楽しくなる投稿がたくさんありますよ。 色鮮やかなので保育室もパッと明るくなりますね! 折り紙で作るあじさい 折り紙で1枚1枚丁寧に作ったあじさいが散りばめられています。 動物が傘になっているのもおもしろいポイントです! 簡単に作れるあじさい 折り紙を重ね切りして大量に作れるあじさいです。 カラフルなあじさいを見ていると本物のあじさいと比べてみたくなりますね。 思わず触ってみたくなりますね! さまざまな素材を使っているので、実際に触り感触の違いを楽しむこともできそうです。 あじさいを探しに冒険に出発【2歳児~】 木の枝や葉っぱが立体的で、冒険に出かけた気持ちになります。 2歳以上の子ども達と一緒に製作した壁面飾りです。 動物達は他の月にも応用ができそうですね! あじさいとカエル【3歳児~】 子ども達がクレパスを使って作ったあじさいとカエル。 それぞれの個性が出ていて保護者が見ても楽しめる壁面飾りですね! 傘の壁面アイデア集 子ども達が製作した傘を壁面に飾っています!個性あふれる作品が楽しいですね! しずくの模様がかわいい傘【3歳児~】 カラフルなしずくが傘に散りばめられています。 壁面を見ていると長靴を履いて思いっきりピシャピシャ遊びたくなりますよ! 雨と雷ぼうや ザーザーと雨の音が聞こえてきそうな壁面です。 悩んだり一人で作ったりする時間を短くし、余った時間を子どもと向き合うために有意義に使いませんか? ほいくらいふでは、皆さまのアイデアが共有できるよう自分で作った壁面や、子ども達と作った制作などを投稿できる「ユーザー投稿」機能があります。 自分の製作記録として残すこともできるので、振り返る時に使ったり、思い出として保存するのにも便利ですよ。

次の

炭疽とは

あじさい 文献

果実の形によるという説もある。 とは、で栽培されていた植物を Hortensia oploides と命名し 、フランス語や英語、西ヨーロッパの言語では「ホルテンシア hortensia 」 とも呼ばれる。 これはオルタンス Hortanse という実在の女性の名をとったものである。 が著書でそのことを発表したが 、誰のことであるかは明らかにされていなかった。 コメルソンがへの航海に男装させ同行させたという娘であるとか、オルタンス王女であるとか、当時有名であった時計や実験器具の製作者の妻、の別名であるとかの説があり 、有力なのは 、コメルソンに協力したナッサウ=ジーゲン公爵家の娘であるというものである。 系統と分類 [ ] ではユキノシタ科アジサイ属とされていたが、ではユキノシタ科のうち類をアジサイ科として分離独立させた。 に基づくでも、アジサイ科をユキノシタ科とは全く異なるミズキ目に所属させている。 アジサイ属は McClintock 1957 により• アジサイ節 Sect. アジサイ亜節 Subsect. タマアジサイ亜節 Subsect. コアジサイ亜節 Subsect. Petalanthe• アメリカノリノキ亜節 Subsect. ノリウツギ亜節 Subsect. Heteromallae• ツルアジサイ亜節 Subsect. Calyptranthe• クスノハアジサイ節 Sect. Cornidia• モノセギア亜節 Subsect. ポリセギア亜節 Subsect. Polysegia の2節8亜節に分類された。 または、ツルアジサイ亜節をツルアジサイ節として独立させ3節とし、コアジサイ亜節をアジサイ亜節に含め6グループ(6亜節とツルアジサイ節)とする分類もある。 によるは次のとおり。 アジサイ属は側系統で、アジサイ族の他の属も内包する。 そのため、これらの属はアジサイ属に吸収させることが考えられている。 アジサイ節 [ ] アジサイ亜節 [ ] ガクアジサイ H. macrophylla アジサイ亜節 Subsect. Macrophyllae には、、、ハイドランゲア・スティロサの3種が含まれ、いずれもアジアにのみ自生する。 白色または有色の花を付ける。 通常、(花の並び方)は中央に両性花があってその周りを中性花()が囲んだ平坦な形であるが、まれにほとんどが中性化からなる球形の花序が生じる。 両性花は種を作るが、中性花は結実しない。 基部から枝分かれする低木であるという点は共通するが、高さは種により異なる。 種子は卵形または長い楕円形で、長さは0. 5—1mmである。 ガクアジサイとヤマアジサイとは自然雑種ハイドランゲア・セロトフィラ H. 6月から8月にかけて花を咲かせる。 分子系統では、ヤマアジサイなどからなる系統と、H・スティロサなどからなる系統の2系統に分かれたで、コアジサイ亜節やを内包する。 ガクアジサイの原種は解析されていないが、その栽培種は双方の系統に含まれており、他種との交配による多系統かもしれない。 Seringe。 、、、、で海岸に自生する。 このためハマアジサイとも呼ばれる。 花序は多数の両性花を中心として、装飾花が周りを縁取る。 花序は直径12—18センチ、装飾花は直径3—6センチで色は白色・青色・淡青緑色・または淡赤紫色 、両性花は濃紫色である。 変種に、花序のほとんどが装飾花からなるアジサイ(ホンアジサイ) H. macrophylla var. macrophylla がある。 Thunberg Seringe。 種として認めずアジサイ H. macrophylla に含めることもある。 (より西の、、などの山地) 、、、南部の山地にみられる。 山中で沢によく見られることからサワアジサイとも呼ばれる。 ガクアジサイと比べ、花の色が多様性に富む。 花序は直径7—18センチ、装飾花は直径1. 7—3センチ。 の原料となるが、「甘茶(アマチャ)」は分類上特定の品種を指す名称ではない。 ヤマアジサイは分布域が広く、亜種として、アマギアマチャ、ベニガク、栽培品種としてシチダンカなどがある。 ガクアジサイの亜種や変種とする説もある。 、原産の種である。 山地にのみ生える。 花はガクアジサイに似るが、色は薄い。 indochinensis はこれに含めることがある。 タマアジサイ H. involucrata のつぼみ タマアジサイ亜節 Subsect. Asperae に含まれる種はすべてアジア原産で、、、、、に分布する。 いずれも温暖な気候の山地に自生するが、中国やネパールには厳しい気候に耐えるものもある。 高さ1. 5—5メートルの低木であり 、葉は大きく(10—23センチ )表面は粗く、花序は散房形で丸みを帯びる。 花期は6月から9月に始まる。 であり、 Platycrater を内包する。 南部、、までのの林地に自生する。 が球形であることから名付けられた。 装飾花は大きさ20—32mmで白色、両性花は大きさ2—5mmで紫色であり 、花序は直径10—15cmである。 Hydrangea sikokiana。 、、の湿った山地に自生する。 葉の先が分かれ、・矢筈(やはず)に似ることから名が付けられた。 葉は幅の広い楕円形で大きく(長さ12—23cm )、切れ込みがあるのが特徴である。 花期は7—8月で、ふちの装飾花は白く小さく 、花序の大きさは20—25cmである。 葉を傷つけるとのにおいがし、方言では「ウリバ」「ウリノキ」と呼ばれる。 、中国西部から中部、台湾、インドネシアに分布する。 花序は径25cmで、装飾花は少なく白色または薄紫色で大きさ2. 5cm、両性花は数が多く赤紫色である。 亜種として、ハイドランゲア・ストリゴサ、ハイドランゲア・サーゲンティアナ、亜種未満の個体群として、ウィロサ、タイワンゴトウヅルがある。 台湾に分布する。 花はタマアジサイに似て、装飾花は大きく、両性花は雄しべが長い。 葉は細長く、先がとがる。 中国語では「 長葉繍球」。 ハイドランゲア・ロンギペス Franchet。 中国、ネパールに分布。 高さ2—2. 5メートル。 花はタマアジサイに似るが、装飾花は小さく 、白色または薄紫色で、両性花も白い。 葉は細長く、幅3—9cm、長さ7. 5—17. 5cm程度。 中国語では「 蒓蘭繍球」。 ハイドランゲア・グラブリペス Hydrangea glabripes。 中国、ネパールに分布。 花はタマアジサイに似る。 中国語では「 馬桑繍球」。 ツルアジサイ H. petiolaris クスノハアジサイ節 [ ] 伝統的に、花序により2亜節に分類されてきたが、分子系統からは否定された。 モノセギア亜節 [ ]• Hydrangea peruviana• Hydrangea seemannii ポリセギア亜節 [ ]• 含まれる可能性のある属 [ ] アジサイ属は側系統であり、アジサイ族の他の属を吸収させて単系統とすることが考えられている。 Cardiandra - Cardiandra alternifolia Sieb. et など4種。 で、アジサイ様の花を咲かせる。 - 2種。 - 4種。 - Schizophragma hydrangeoides Sieb. et など2種。 ツルアジサイに似るが、装飾花が一弁。 - 2種。 Platycrater - Platycrater arguta の単型属。 - の単型属。 - 12種。 イワガラミ Schizophragma hydrangeoides 類似した群 [ ] 分類上の位置は大きく異なるがにも低木で散房花序の周辺部に装飾花をつけるものがあり、やや様子が似ている。 や f. tomentosum などがその代表で、ヤブデマリではアジサイと同様に装飾花だけからなる園芸品種 f. plicatum があるのもよく似ている。 毒性 [ ] アジサイ属(広義アジサイ)の一部の種では、、、などが摂食したことによる中毒事例が報告されている。 症状は、興奮、ふらつき歩行、、などを経て死亡する場合もある [ ]。 1920年にアメリカでアジサイの1種 によるウシとウマでの中毒について、下痢・体温上昇・呼吸数と心拍数の増加・骨格筋の強い収縮・足を突っ張って飛び上がるなどの症状が見られたが、対症療法により回復したと報告されている。 日本では2008年6月に、料理の飾りに使われたアジサイの葉を摂食した客が中毒する事故が発生し、嘔吐・めまい・顔面紅潮の症状を示した。 アジサイ属の毒性物質は明らかにされていない。 1920年のアメリカでの報告 から、根から抽出されたヒドランギンという(グリコシド)が中毒の原因であると考えられていたが 、1963年にこれは誤りであると報告されている。 すなわち、ヒドランギンとされた化合物は実際には窒素(青酸)を含まない(7-ヒドロキシクマリン)であった。 また2008年の日本の中毒例でも、つくば市の件では青酸配糖体は検出されておらず 、大阪では葉1グラムあたり29マイクログラムと微量であった。 これを受けては2008年8月18日付けで「アジサイの喫食による青酸食中毒について(2008年7月1日)」の文書を廃止した。 2009年に京都薬科大学の吉川らは中国産のアジサイから青酸配糖体としてヒドラシアノシド類を単離したと報告したが 、京都産のものには含まれないなど青酸配糖体の量や種類には品種による差があると述べている。 一方ジョウザン属のに含まれるアルカロイドの一種、がアジサイにも見られることが報告されているが 、この化合物が中毒の原因であるかは明らかではない。 薬効 [ ] 毒性を持つ一方で、として使用されるアジサイの品種から、が単離。 嘔吐の副作用を克服するとしてが治療薬として認可される。 また近年、など他の治療薬としても効く可能性が示唆され、生体内の標的タンパク質も判明するなど、新たな研究が進んでいる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , ed. 2008 , 植物3. 2万名前大辞典, 日外アソシエーツ• 、15—16頁。 、240—241頁。 「アジサイ(広義)の葉の解剖学的研究」『横浜国立大学理科教育実習施設研究報告』第5巻、1989年、 15—26頁、。 、5頁。 、112頁。 、62頁。 Reed, Sandra M. ; Rinehart, Timothy A. 2006 , , SNA Research Conference 51: 573—576 ,• 、91頁。 、111頁。 、18頁。 、133頁。 Horticultural Flora of South Eastern Australia. Sydney: UNSW Press. 2011. The European Garden Flora Flowering Plants. III 2nd ed. Cambridge University Press. 162. 、6頁。 1920. Journal of the American Veterinary Medical Association 58: 313—315. 自然毒のリスクプロファイル. 厚生労働省. 2012年6月24日閲覧。 朝日新聞. 2008年6月30日. 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 2009年12月8日. 2012年6月24日閲覧。 Palmer, K. 1963. Canadian Journal of Chemistry 41 9 : 2387—2389. 読売新聞. 2009年3月17日. [ ]• 厚生労働省 - 2008年8月18日• Nakamuraa, Seikou; Wanga, Zhibin; Xua, Fengming; Matsudaa, Hisashi; Wub, Lijun; Yoshikawa, Masayuki 2009. Tetrahedron Letters 50 32 : 4639—4642. 加藤正博, 稲葉美代志, 板鼻秀信 ほか「」『生薬学雑誌』第44巻第4号、 288-292頁、 、 2019年4月24日閲覧。 参考文献 [ ]• 『アジサイの話』〈植物と文化双書〉、1981年。 『アジサイ図鑑』、(訳)、、2009年。 、、『日本のアジサイ図鑑』、2010年。 、『原色日本植物図鑑』、1979年。 外部リンク [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (2004年6月24日アーカイブ分)• - 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所.

次の