死海 文書 と は。 エヴァンゲリオンで登場する『死海文書』とは

assets.pnconnect.porternovelli.com : 白紙と思われていた死海文書の断片、肉眼では見えない文章発見

死海 文書 と は

偶然に発見された死海文書 死海文書は紀元前250年~紀元70年頃に書かれた書物といわれています。 最初の発見はイスラエルの死海北西部にあるクムラン。 1947年、羊飼いが洞窟の中に石を投げいれたところ、 「洞窟の中で何かが割れた!?」 と感じ洞窟内を探してみると、割れた壺に入った書物を発見したというのが発見の始まりです。 wikipedia. 死海の近くの洞窟からいろいろな文書の断片が発掘されています。 なぜこんなことが起こったかと言うと、死海文書が書かれたころは、ローマ皇帝のアウグストゥスが地中海沿岸の地域を統一していました。 当時は戦争が絶えず起こっており、知識を失うことを恐れて書物を壺に入れ、洞窟へ隠したと言われています。 wikipedia. そして 死海近辺から文書が見つかったので「死海文書」と呼ばれています。 別に怖い意味があってつけられた名前ではなかったのですね。 死海文書を書いたのはだれか?クムラン宗団の可能性 死海文書を書いた人が誰だったのかは具体的に分かっていません。 ただユダヤ教エッセネ派の団体が書いたのではないかと言われています。 また、死海文書が見つかった場所が「クムラン」という土地であり、この場所にはエッセネ派に属する 「クムラン宗団」という宗教団体がいました。 厳しい戒律や規則に従い集団生活を営んでいた修道士たちが書いたともいわれています。 wikipedia. wikipedia. アラム語はキリストが使っていた言語として有名です。 3つの種類からわかることは、宗教的な内容の書物と受け取れますが、文書には次のような内容のものもありました。 ・金、銀、香料などの財宝の場所 エルサレム神殿にあった財宝を隠したと考えられています。 戦時中だったので見つからないように隠したのでしょう。 それが今となっては埋蔵金のようになってしまったようです。 死海文書に書かれた予言、メシアには日本も関係がある? 実は死海文書には2018年に世界が滅亡するのではと解釈できる記実があります。 それは死海文書に下記のように書かれていました。 「エルサレムの荒廃の時が終わるまでには 主が預言者エレミヤに告げられたように 70年という年数があることを悟った」 1948年にイスラエルが建国され、2018年でちょうど70年となります。 エルサレムの荒廃が終わるのが2018年となると、今年イスラエルではひとつの区切りを迎えることになります。 また死海文書では メシアの出現も預言しています。 しかもそのひとりは 日本人かもしれないのです。 なぜなら死海文書の中に 「メシアは聖書を知らない国の東から現れる」と書いてあるからです。 日本では来年に天皇の退位を迎えることとなり、今年は平成最後の年とも言われています。 日本とユダヤは同じ祖先であると言われる「日ユ同祖論」を考えると、世界のどこかで起こっていることが日本も関連しているのかもしれません。 死海文書の謎と予言・まとめ 死海文書は900以上の文書で構成されており、現在も発掘が行われています。 イスラエル考古学庁は改めて洞窟の発見と調査を進めているので、新しい発見があるかもしれませんよね。 ただいいことばかりではありません。 2017年には盗掘され文書が入っていたであろう壺が割られた状態で見つかりました。 これまでにもいくつもの文書が盗まれ闇取引が行われていたとされています。 また、高額で取引されるため偽造品も作られています。 古代文明や現在の基礎となった宗教を知ることができる遺物なのでお金にしようと思う人も現れるのですね。 死海文書を書いた人たちはどのような気持ちで現代を見ているのでしょうか。 そしてこれからどんな予言の書が見つかるか…。 これをただの都市伝説として終わらせていいのか・・・。 信じるか信じないかはあなた次第です。

次の

聖書博物館が所蔵する「死海文書」16点、すべて偽物だった

死海 文書 と は

偶然に発見された死海文書 死海文書は紀元前250年~紀元70年頃に書かれた書物といわれています。 最初の発見はイスラエルの死海北西部にあるクムラン。 1947年、羊飼いが洞窟の中に石を投げいれたところ、 「洞窟の中で何かが割れた!?」 と感じ洞窟内を探してみると、割れた壺に入った書物を発見したというのが発見の始まりです。 wikipedia. 死海の近くの洞窟からいろいろな文書の断片が発掘されています。 なぜこんなことが起こったかと言うと、死海文書が書かれたころは、ローマ皇帝のアウグストゥスが地中海沿岸の地域を統一していました。 当時は戦争が絶えず起こっており、知識を失うことを恐れて書物を壺に入れ、洞窟へ隠したと言われています。 wikipedia. そして 死海近辺から文書が見つかったので「死海文書」と呼ばれています。 別に怖い意味があってつけられた名前ではなかったのですね。 死海文書を書いたのはだれか?クムラン宗団の可能性 死海文書を書いた人が誰だったのかは具体的に分かっていません。 ただユダヤ教エッセネ派の団体が書いたのではないかと言われています。 また、死海文書が見つかった場所が「クムラン」という土地であり、この場所にはエッセネ派に属する 「クムラン宗団」という宗教団体がいました。 厳しい戒律や規則に従い集団生活を営んでいた修道士たちが書いたともいわれています。 wikipedia. wikipedia. アラム語はキリストが使っていた言語として有名です。 3つの種類からわかることは、宗教的な内容の書物と受け取れますが、文書には次のような内容のものもありました。 ・金、銀、香料などの財宝の場所 エルサレム神殿にあった財宝を隠したと考えられています。 戦時中だったので見つからないように隠したのでしょう。 それが今となっては埋蔵金のようになってしまったようです。 死海文書に書かれた予言、メシアには日本も関係がある? 実は死海文書には2018年に世界が滅亡するのではと解釈できる記実があります。 それは死海文書に下記のように書かれていました。 「エルサレムの荒廃の時が終わるまでには 主が預言者エレミヤに告げられたように 70年という年数があることを悟った」 1948年にイスラエルが建国され、2018年でちょうど70年となります。 エルサレムの荒廃が終わるのが2018年となると、今年イスラエルではひとつの区切りを迎えることになります。 また死海文書では メシアの出現も預言しています。 しかもそのひとりは 日本人かもしれないのです。 なぜなら死海文書の中に 「メシアは聖書を知らない国の東から現れる」と書いてあるからです。 日本では来年に天皇の退位を迎えることとなり、今年は平成最後の年とも言われています。 日本とユダヤは同じ祖先であると言われる「日ユ同祖論」を考えると、世界のどこかで起こっていることが日本も関連しているのかもしれません。 死海文書の謎と予言・まとめ 死海文書は900以上の文書で構成されており、現在も発掘が行われています。 イスラエル考古学庁は改めて洞窟の発見と調査を進めているので、新しい発見があるかもしれませんよね。 ただいいことばかりではありません。 2017年には盗掘され文書が入っていたであろう壺が割られた状態で見つかりました。 これまでにもいくつもの文書が盗まれ闇取引が行われていたとされています。 また、高額で取引されるため偽造品も作られています。 古代文明や現在の基礎となった宗教を知ることができる遺物なのでお金にしようと思う人も現れるのですね。 死海文書を書いた人たちはどのような気持ちで現代を見ているのでしょうか。 そしてこれからどんな予言の書が見つかるか…。 これをただの都市伝説として終わらせていいのか・・・。 信じるか信じないかはあなた次第です。

次の

聖書博物館所蔵の「死海文書」すべて偽物であることが判明

死海 文書 と は

なぜ「死」なのかというと、 塩分濃度がとてつもなく高く、ほとんどの生物がその海では生きられないからなのです。 さて、 「死海文書」とは紀元前250年辺りに書かれた古代ヘブライ語の古文書のことで 著者はユダヤ教の宗教団体。 クムラン教団という人達によるものなのだそうです。 実はイエス・キリストはクムラン教団の1人だったという説もあり、 文書の中には 恐るべき未来の予言が記されているのです。 」 というのが「ダニエル書」と呼ばれている1つめの予言です。 イスラエルは1948年に建国されましたが 確かに混乱と荒廃の時代が続いています。 予言は的中しているのですね。 さらに予言には続きが有り 「最後には津波が国を襲い、戦いと破滅が待っているであろう。 」 と記されているのです。 戦いと破滅・・恐ろしいです。 70年は混乱の時代がつづくと書かれているんですが、 その70年目にあたるのが2018年。 2018年に、津波や破滅がイスラエルを、人類を襲うのではないかと 人々は予言に戦慄しているというわけですね。 まるで某有名ゲームみたいな展開になってきていますね。 さて、予言の内容はこちらです。 ・神の民に救いと栄光が訪れ、闇の民たちには破壊が訪れる ・世界から不平等が消え去り、闇の民の特権は全て消え去るであろう ・光と闇は天使の助けを得て戦い続けるが、神は光の子に微笑むであろう まとめると、光の戦士たち(ユダヤ民族)と闇の勢力が40年戦争と呼ばれる戦いを繰り広げるという内容なのですが 文書には、 「この戦いの最後に二人の救世主(メシア)が現れる」ということも書かれているようです。 救世主が二人居るというのは古文書・聖書としては大変珍しいもので、 その点にも注目が集まっています。 ・一人目は「アロンの救世主」 ・二人目は「イスラエルの救世主」 まず一人目のアロンの救世主とは、今現代の、高名な僧侶や預言者のことを 指しているのではないかと考えられています。 そして 二人目のイスラエルの救世主については、「日本人のことなのではないか?」と考えられているそうです。 なぜ日本人?なぜイスラエルで日本人なんだ? ここがめちゃくちゃ気になるところですが、実は日本人が救世主だと考えられる理由には 以下の様なワケがあったんです。 知りませんでしたよ。 私達の祖先が古代ユダヤ人?この説、かなりびっくりです。 日本のひらがなや、様々な文化が古代ユダヤのものとよく似ていることから 古代ユダヤ人の一部は日本に渡ってきていたのか?と考えられているそうです。 さて予言書で「イスラエルの救世主」と書かれている人についてですが この救世主は 「失われた10支族」とも言われているのだそうです。 古代ユダヤ人にはもともと12の支族があったのですが、 2の支族と10の支族に分裂したことがわかっています。 そのうち「10の支族」のほうが忽然と姿を消し、世界中に散らばったと考えられているのですが そのなかでも日本に渡ったという説が有力なのだそうですね。 なので、混乱にあるイスラエルを救えるのは かつてのイスラエルに住んでいた者達の末裔であり、ユダヤの文化を色濃く受け継いでいる 日本人なのではないかと推測されているのです。 ・戦場カメラマンの渡部陽一さん ・人智を超えたパフォーマンスを誇る羽生結弦さん などですね。 ちょっとオカルトチックな話ではありますが もしも日本人の誰かの行動がイスラエルを、世界を救うことに繋がるとしたら それはとても誇らしいんじゃないかと思います。 文書の中には「5年の前哨戦・6年の戦い・29年の対戦」の区切りがあるというのですが アルカイダの前身と呼ばれる団体が発足したのは1978年。 ( 5年の前哨戦) アメリカが中東戦争に突入したのが1983年。 ( 6年の戦い) ウサマ・ビン・ラディンがアルカイダのリーダーに1989年。 ( 29年の対戦) この数字に条件が当てはまっているのだといいます。 確かに的中していますね。 問題の最終戦争集結は2018年なので、もうXデーは間近ですね。 津波や原発事故、核兵器など不穏なできごとが立て続く現代ですので たかが予言と軽視できない気持ちもわかります。 人類滅亡はして欲しくありませんが、文書に記されているように「光の戦士が勝利し闇の勢力が破滅していく」。 そんな世界になっていけばいいなと思っています。 謎の多い死海文書。 2018年を待つことにしましょう。 有名なヤバイ予言はこちらにも 気になる神社• ブログへの新着コメント• に ゴッドビッチ より• に 流浪人 より• に みーこ より• に 新堂ジン より• に 新堂ジン より• に むつきの漢字 より• に 吉川 博文 より• に 吉川 博文 より• に 新堂ジン より• に 道産子のここねこ より• に 新堂ジン より• に 廉憐 より• に 新堂ジン より• に 安藤美保子 より• に 新堂ジン より• に 新堂ジン より• に まさ より• に XyZ より• に 新堂ジン より• に イルカ より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の