ポケモン プラチナ バトル フロンティア。 使えるバトルタワーポケモン!〔いっぱいあります〕

ポケモンプラチナのバトルタワーでこのパーティーで100連勝行け...

ポケモン プラチナ バトル フロンティア

あのポケモンバトルの最高峰、バトルフロンティアがプラチナで復活! バトルフロンティアは殿堂入り後、ファイトエリアに現れる。 ポケモンバトルをテーマにした5つの施設を構成している。 お馴染みのバトルタワーはもちろん、レンタルポケモンを使うバトルファクトリーなど、エメラルドにあったものも復活している。 バトルフロンティアにはエメラルド同様にフロンティアブレーンが登場する。 家具 バトルフロンティアで一つステッカーを手に入れると、家具にポケモン像が出現するぞ。 金クロツグ必勝法!! 49戦目クロツグの必勝法です。 先発 ガブリアス 努力値はまぁ普通に素早さと攻撃。 性格はいじっぱりorようきで。 技も逆鱗と地震さえあればいいです。 とにかく、ごくごく普通のガブリアスです。 役割はヒードランの撃破!! 相手がヒードラン以外なら次のドータクンにチェンジ!! 2匹目 ドータクン 努力値 HPと特防 性格 おだやか 技 どくどく サイコキネシス てっぺき ねむる 役割はクレセリア、レジギガスの突破。 でてきたらどくどく撃って、てっぺき積みまくって適当に攻撃。 たまに寝るを。 3匹目 メタグロス(バレットパンチ持ち) 基本的に上の2体で勝つのでこいつはお好きにどうぞ 役割はまぁガブリアスがヒードランのラスターカノンが急所に当たって死んだときにバレパンで除去するみたいな感じかなぁ これでクロツグは必勝のはず・・・ ダブルバトルでの小ネタ 用意するもの・・・ 手持ち3匹以上 吠えるを覚えているポケモンは絶対必要。 反動で動けなくなる技を覚えたポケモンをポケ1とし、吠えるを覚えたポケモンはポケ2とします。 まずふつうにWバトルをします。 次にポケ1が、はんどう技をつかい、その次にポケ2がポケ1にほえます。 するとはんどうを受ける効果がなくなり、交代することができます。 御三家のメリット、デメリット <ポッチャマ> ポッチャマは水タイプなので、草、電気タイプだけには弱いです。 しかしポッチャマは氷技も覚えるので草タイプにつよくなります。 「あなをほる」も覚えるので電気に強くなります。 エンペルトに進化させてしまうと、かくとう、じめんにも弱くなってしまう。 ライバル戦のときに大きな影響を受けます。 進化をさせたいなら、ポッタイシまでのほうがいいと思います。 <ナエトル> ナエトルは草タイプなので弱点は炎、氷、毒、飛行、虫とたくさんの弱点があります。 これまた、ナエトルは岩タイプ技を覚えるため、炎、飛行、虫に強くなります。 氷はアイアンテールで、毒は地面技のほうがよいでしょう。 上記に書いたポッチャマとは逆に、進化をさせドダイトスにしたほうが良いと思います。 新しく増えるタイプの地面への弱点(草、氷、水)はナエトル(ハヤシガメ)の時みたいに技をかえる必要は全く無いと思います。 <ヒコザル> ヒコザルは水、地面、岩、とこの三つの弱点です。 ヒコザルはタマゴ技で雷パンチを覚えさせます。 ほかの2タイプはゴウカザルにさせてから草結びやソーラービームを覚えます。 ヒコザル・モウカザルのまま育てたい! と言う人は少ないかもしれませんが、ヒコザル、モウカザルよりゴウカザルを私はおすすめします。 長文ですが参考にしていただけるとうれしいです。 虫はたまに飛行やどくが混じっている事があるのでそれに対応した技 悪・はがね・ノーマル・こおり・ほのお・みず・いわ・でんきなど。 はたまに混じっているもののもう片方を中心に攻めるといいとはおもいます。 これはあくまでも個人的な考えなので真似ではなく参考にしていただければいいと思います。 長期戦でもぜんぜん平気っていう人は、どくどく+影分身+混乱だったり、じわじわ与えていってもいいと思います。 でもその後、相手が奇跡的に命中し、全員ダウンって事もあるかもしれません。 まぁ、とにかく破壊光線、ハイドロポンプetcを使わずに地震等のように攻撃力が高く、命中率も高い技がいいです。 (ちなみに僕も使ってます)ガブリアスは、能力的にもとてもいいと思います。 ただ、気合の鉢巻とか持っておかないと、すばやい氷タイプのマニューラが来たときに一撃なので、育てるときは、すばやさや、ぼうぎょを重視したほうがいいです。 ドーブルは、ダイパからの定番です。 眠っているターンがプラチナでは、減ったので眠らせるような技を使って倒すっていうのもプラチナだと、確実に死ぬともいます。 とにかくすばやいポケモンであれば、相手の戦法を崩せるので、すばやく、しかも攻撃力が高ければ、相手をノーダメージダウンだって可能です。 ゴウカザルも育って方によっては、ガブリアス並みの強さを発揮します。 もう一匹はギャラドス、ムウマージリザードンなどと組ませます。 ガブリアスのじじんで地面タイプが苦手なポケモンにダメージを与え、残ったところを追撃で倒すという誰でも使いそうな戦法です。 実際ガブリアスは氷タイプが4倍ダメージですので、弱点がかぶらないように組ませればかなり強いですよ。 自分 ガブリアス&リザードン 相手 オニゴーリ&ボスゴドラ まず、じしんをやりボスゴドラを倒します。 (たまに残ります) さらにオニゴーリにダメージを与えます。 HPの残ったオニゴーリにリザードンのだいもんじ、かえんほうしゃで攻撃すれば一気に二体倒せます。 バトルフロンティアのミニチュアの横でスクラッチがBP1で買える。 3枚セットなので10Pをスクラッチに使ったら30枚になる。 同じポケモンが3つ揃えば景品が貰えるが、運が良くないとあまり当たらない。 木の実類は3つ、きんのたまは1つ貰える。 メタモンはどのポケモンにも変身するので、スクラッチ中「違うの出た~」と言ってガッカリしないように。 (例・チェリンボ・メタモン・チェリンボ 景品GET!) ハマリ過ぎ注意。 基本のパーティの組み方 先頭「速攻型」 残り二体「耐久型」 ちなみに、速攻型は弱点が多くてもかまいませんが、耐久型は弱点は極力少ないほうが良いです。 耐久型は、速攻型の弱点に効果抜群の技を覚えさせるのが定石です。 ダブルバトル戦 逆にダブルバトルでは、「耐久型」はあまり役に立ちません。 相手の「速攻型」二匹から集中攻撃を受けてしまうためです。 なので、ダブルバトルでは「速攻型」と、多彩な変化技を覚えられる「補助型」が使いやすいわけです。 基本のパーティの組み方 先頭二匹「速攻型」and「補助型」 残り二匹「速攻型」二匹か「補助型」と1匹づつ おすすめポケモン 速攻型 ガブリアス マニューラ ライチュウ フーディン ロズレイド フローゼル スターミー ゲンガー 等 耐久型 ドータクン ランターン ミカルゲ メタグロス 「レジ系」 グレイシア ブラッキー 等 補助型 ネオラント 等 ダブルバトルで考えた必殺技です。 まず、トリックルーム(これは片方だけでよい)と、のろい(できれば両方)と、ジャイロボール(これもできれば両方)を覚えさせましょう。 そして、片方にトリックルーム、もう一匹にのろいをさせましょう。 あとは、のろいを繰り返した後、ジャイロボールをさせましょう。 これで、のろいで下がるすばやさがジャイロボールの威力があがります。 70勝超えると、ファイヤー、サンダー、フリーザー、ヒードラン、クレセリア、レジギガス、レジロック、レジアイス、レジスチル、アグノム、ユクシー、エムリット、 などの伝説レベルがごろごろ出ます。 特にラティオスが厄介です。 十分対策してのぞんでください。 ポリゴンZ・・・特性、何でもいいって サイコキネシス じこさいせい シグナルビーム 放電 アイテム、ものしりメガネ ガぶりアス・・・特性、これも何でもいいって 地震 逆鱗 ストーンエッジ 火炎放射 アイテム、メトロノーム ゴウカザル・・・猛火 インファイト フレアドライブ かみなりパンチ シャドークロー 解説 ポリゴンZ・・・特攻高いし技が豊富。 ガブリアス LV50 ようき 努力値 攻撃 素早さ255 技 げきりん じしん いわなだれ ほのおのキバ 道具 こだわりハチマキ ブレーン戦だけタスキ 戦略 氷鋼岩エスパー草虫ゴーストを優先的に壊す。 ヌケニンにはほのおのキバ。 カウンターにはくれぐれも注意!! 催眠術、ソーナンスが怖い。 エスパーは早めにどうぞ。 ケッキングのカウンターにも注意! タスキ+フシギバナのどくどく+守るに注意! ステージマドンナは50戦170戦に出てきます。 バトルフロンティアでプレーンの最強版を倒す為の準備〔ネジキ以外〕 1、まず努力値、能力値を気にしながらがんがん戦う。 例 とくぼうを上げたいのならば、ドククラゲと戦う。 攻撃はビーダルやギャラドス。 HPはビッパやカラナクシ。 すばやさはムックルなどの飛行タイプ。 防御はイシツブテなどの岩タイプ。 そしてとくこうはフーディンなどのエスパータイプ。 2、タイプ一致や特性、天候を駆使すれるポケモンを選ぼう。 〔例:ルンパッパ、 雨乞い+あま受け皿〕。 3、後は、技を整えて挑戦!!! コレならいけると思います。 〔人それぞれ違う〕。 バトルタワー メタグロス ガブリアス フーディン バトルステージ アグノムや ムクホーク ガブリアス バトルキャッスル ボーマンダ メタグロス ポリゴンZ バトルルーレット ガブリアス ゲンガー メタグロス バトルタワーマルチ ミル バトルフロンティアのシンボル、「バトルタワー」。 バトルタワーは唯一ダイヤモンド・パールにもあり、最もスタンダードなルールで戦う。 バトルの総合的な能力が試される仕組みになっている。 シングルバトルでは3匹、ダブルバトルでは4匹、マルチバトルでは2匹をエントリーさせる。 七人のトレーナーと連続で戦い、七連勝するごとにバトルポイントが貰える。 自分のポケモンではなく、レンタルしたポケモンで戦う「バトルファクトリー」。 バトルで勝つと、ポケモンを一匹交換することが出来る。 レベルは50固定。 6匹の中からえらべる。 2回戦以降は、前回戦った相手のポケモン1匹だけレンタルできる。 「バトルファクトリー」では最初にレンタルするポケモンや、勝ったときに交換するポケモン選ぶとき、あらゆる種類のポケモンに関する知識が必要。 例えばポケモンを選ぶとき、先頭のポケモンを選ぶためにはいかに相性のいいポケモンを選ぶかが重要。 ノーマル、電気タイプなら弱点は一つしかないので、先頭に向いている。 戦った相手のポケモンの強さ、特徴を分析し、どのポケモンを交換するかといった戦略もカギとなってくる。 七連勝するごとにバトルポイントが貰え、レンタルできるポケモンもグレードアップしていく。 タワータイクーンはダイヤモンド・パールと同じくクロツグである。 バトルタワーのシングルバトルで20連勝すると、21人目の相手としてクロツグに挑戦することが出来る。 辿り着く為にはバランスのとれた三匹のポケモンを育成し、どんな組み合わせのポケモンとも対等に戦えるように戦略を練る必要がある。 ファクトリーヘッドは新キャラクター、ネジキである。 バトルファクトリーのシングルバトル(レベル50、オープン両方)で20連勝すると、21人目の相手としてネジキに挑戦することが出来る。 レンタルポケモンで戦うバトルファクトリーらしく、ネジキは決まった手持ちではなく、主人公と同じくレンタルポケモンを使って勝負を挑んでくるため、戦略を練るのが難しい強敵であるといえる。 勝負するまえに、いかにトレードを上手く使って手持ちを立てるかがカギとなる。 ユクシー あくび+ゆめくい それほど強力ではありませんが、倒されることも。 ムクホーク こらえる+がむしゃらが強力 1匹目はムクホークよりすばやくないと、2戦連続は不可能に近い。

次の

バトルフロンティア攻略〜全てはスターの為に〜

ポケモン プラチナ バトル フロンティア

「バトルフロンティア」と隣接しているマップ• 各種情報• スポンサーリンク. ガイドマップ説明 ポケモンしょうぶを きわめる ものたちが じまんのうでを きそいあう ばしょ バトルフロンティアが ある。 スクラッチでもらえるもの 緑白ストライプ屋根の人から、1BPでスクラッチカードを3枚引くことができます。 きんのたま ネコブのみx3 ソクノのみx3 タンガのみx3 ヤチェのみx3 バコウのみx3 ナモのみx3 ロメのみx3 イトケのみx3 タポルのみx3 シュカのみx3 リンドのみx3 ウタンのみx3 ウブのみx3 ビアーのみx3 オッカのみx3. ポイント 様々なバトル施設がある「バトルフロンティア」。 バトルに勝つことでBP バトルポイント を獲得でき、BPと引き換えに道具や技マシンを入手したり、スクラッチで遊ぶことができます。 バトルに連勝すると、フロンティアブレーンとよばれる強力なトレーナーが登場します。 バトルタワーに、ポケモンの個体値を判定するジャッジがいます。 各施設の攻略方法は以下を参照。 スポンサーリンク.

次の

バトルフロンティア攻略〜全てはスターの為に〜

ポケモン プラチナ バトル フロンティア

ポケットモンスタープラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバーで挑戦できるバトルファクトリーについて説明するよ! レンタルポケモンでバトル バトルファクトリーは、レンタルポケモンを使ってバトルしていく施設。 自分で育成したポケモンを使う必要がないので、 誰でも挑戦できるけど 闇が深い地獄の施設と言われている。 1周7戦の構成になっており、周のはじめにランダムに用意された6匹のポケモンから3匹を選ぶ 「ガチャ」からスタートする。 レンタルできるポケモンは覚えている技や持ち物がポケモンごとに決められており、レートで使えそうな優秀な型もいれば、「いや、こいつはないわ・・・」みたいな型も存在する。 ガチャ次第ではあっさり負けてしまうこともあるので、気合で良いポケモンを引きましょう。 気合はホント重要。 マジで。 バトル前にヒントをもらえる バトルの前に係員が相手の手持ちポケモンについての情報を教えてくれる。 周にが進むごとにヒントが少なくなっていくが、このヒントがとんでもなく重要なので、見落とさないように必ず覚えておこう。 1周目 手持ちポケモン3匹すべて 2周目 手持ちポケモン2匹 3周目 先頭のポケモンと左上の技 4周目 先頭のポケモンが覚えている左上の技 5周目以降 相手の得意なタイプ。 3匹中2匹以上が被っているタイプを教えてくれる。 タイプに被りがない場合は「こだわりはない」となる。 勝つと敵のポケモンと交換できる バトルに勝利すると、そのバトルで相手が使ってきた3匹のポケモンの中から1匹を交換することができる。 勝ったら相手の魂のカードを奪い取る 非人道的カードゲームと同じ感じ。 この「交換」が非常に重要であり、バトルファクトリーの醍醐味とも言える。 相手が使ってきた型がそのまま手に入るので、バトル中に受けた技や持ち物で型を判別して、どのポケモンをもらうかを考える必要がある。 49戦目に金ネジキが待っている ファクトリーは1周7戦の構成になっている。 7戦終わると一旦外に出され、また入り直す必要がある。 7周目のラストバトル、つまり合計49戦目にはファクトリーヘッドのネジキが待ち構えており、1つの目標となっている。 21戦目にもネジキが登場するため、21戦目のネジキを「銀ネジキ」、49戦目のネジキを「金ネジキ」と呼ぶことが多い。 ぜひ金ネジキ討伐を目指して頑張ってほしい。 倒したらコメントしてね! バトルファクトリーの仕様 4周目までのAIはアホで5周目からが本番 敵トレーナーのAIは、銀ネジキを除いて4周目まではアホだと思ってOK。 効果いまひとつの技や、効果なしの技もガンガン使ってきてくれる。 「ここで火炎放射きたら負けだよなー」っていうタイミングでも最後まで諦めてはダメ!アホAIのおかげで意外と勝ててしまうことが多い。 5周目からはAIが賢くなり、劇的に難易度が跳ね上がる。 基本的に最大打点の技を選択し、こちらのポケモンを落とせない場合は「かげぶんしん」や「でんじは」なども上手に使ってくる。 僕を含め多くのプレイヤーが、5周目以降で負ける率が高い最大の要因。 5周目からは相手のミスは期待しちゃダメ。 無慈悲です。 相打ちはすべてプレイヤーの負け 個人的にファクトリーで最も許せない仕様。 「だいばくはつ」「みちずれ」など、ラストの1vs1で相打ちとなった場合は、 どんな状況であれプレイヤー側の負けとなる。 そのため、こちらはラス1爆発やラス1みちずれを選択することは実質不可能であるが、相手は自由に選択することができるという闇が深すぎる仕様となっている。 ちなみに、「いのちのたま」や「ブレイブバード」などの反動ダメージによって最後の1匹が力尽きてもすべて負けとなる。 つまり、バトルが終わったタイミングで、 1匹以上のポケモンが残っていることが勝利条件となることを覚えておこう。 周のラストトレーナーは次の周のポケモンを使う 周のラストである7戦目の敵は、次の周のポケモンを使ってくる。 7戦目なら2周目のポケモン、14戦目なら3周目のポケモンといった感じ。 ファクトリーをやってて7の倍数で負けやすいと感じたことがある人は勘が良い。 とくにレベル50の方ではそれが顕著であり、こちらは進化前3匹なのに敵は最終進化3匹という地獄のようなバトルになる場合もある。 まぁ序盤はAIがアホなので案外勝てちゃうことも多いから大丈夫、たぶん。 バトルファクトリー攻略のコツ 交換はなるべくしたほうがお得! バトルに勝った後の交換は、なるべくしたほうが良い。 7回交換する度に1匹ずつ次の周のポケモンが増えていくことを覚えておこう。 1周目を全部交換すれば、2周目のガチャで3周目のポケモンが1匹だけ混ざってくれる。 1・2周目で14回交換すれば、銀ネジキの待つ3周目のガチャで4周目のポケモンを2匹も引けるという感じ。 基本的には後の周のポケモンのほうが優秀なことが多いため、ガチャ段階から後半の型を使えるのは非常に重要。 バトルファクトリー攻略には必須級のテクニック。 型を全部頭に叩き込む 極論になるが、すべての周のすべてのポケモンの型を把握することによって勝率を大幅に引き上げることができる。 敵の技構成や持ち物を把握し、常に最適な行動を続けていけば金ネジキに到達することも夢ではない。 そこまでする必要はどこにもないので、時間が有り余っている人は覚えてみてもいいかもしれない。 豪運を引き込む ここまでイロイロと講釈を垂れてきたが、結局のところ最も重要なのは「運」である。 苦手な敵と出会わない運、敵の攻撃を避ける運、こちらの攻撃はすべて当てる運、などなど。 ファクトリーをプレイした人にはわかるだろうが、運の要素があまりにも大きすぎるのは間違いない。 なんとか豪運を手繰り寄せて勝利を掴んでいこう。

次の