バンテリン 腰椎 コルセット 口コミ。 腰痛サポーター(コルセット)の効果は?選び方やおすすめを紹介!

バンテリンサポーター 腰用しっかり加圧タイプの口コミ・評価

バンテリン 腰椎 コルセット 口コミ

腰痛サポーター(コルセット)とは? 現代社会は、腰痛に悩まされている方が多く、平成28年の厚生労働省の国民生活基礎調査では、男性、女性ともにほとんどの年代で腰痛を持っていることがわかっています。 引用: 腰痛は風邪のようにすぐに改善するものではないので、ほとんどの方が腰痛を持ったまま日常生活を送らなければなりません。 そういったときに必要なのが腰痛サポーター。 腰痛サポーターとは、腰の痛みがある際に、腰に巻くもので、腰ベルトや腰コルセットとも言われています。 腰痛サポーターに関して、良い、悪いの様々な見解がありますが 「試さないと絶対に損」と言えます。 腰痛サポーターを購入される前に、なぜ必要なのか?を理解しておきましょう。 腰痛サポーターの効果は?メカニズムを解説! 腰痛サポーターの効果は、3つあります。 腰痛の軽減• 腰の運動を制限させる• 心理的効果 この3つの効果の中で、1番大事な効果は、 1の腰痛の軽減ですよね。 腰痛サポーターが痛みを軽減させるメカニズムに関して、代表的な理論に 「腹圧理論(フットボール理論、ラグビーボール理論)」があります。 この理論は、腹腔内圧が上昇することで脊柱伸張効果が得られ、椎間板の負担を減少させるという理論です。 イメージとしてはこんな感じ! しかし、この腹腔内圧理論や腰痛サポーターの効果を否定する論文もたくさんあるんですよねぇ… 現代の医学で腰痛サポーターは実際のところどう評価されているのでしょうか? と、いうことで「腰痛」に関してのガイドラインをご紹介します。 ガイドラインとは、医療従事者が見る治療方針の羅針盤のようなものです。 信頼性の高い論文から答えが導き出されているので、信用度は非常に高いとされています。 ここでは、腰痛診療ガイドライン2012をご紹介します! 腰痛診療ガイドライン2012 Clinical Question:腰痛に物理・装具療法は有効か? GradeB(行うように勧められる):「腰椎コルセットは腰痛に対する機能改善に有効である。 」 引用: 腰痛サポーターは、 Grade:B(行うように勧められる)という結果です。 腰痛になったら、腰痛サポーターを巻くことが現代医学での一般論となりつつありますが、腰痛サポーターは腰痛を直接的に治すものではありません。 腰痛サポーターは 「痛みを抑えつつ活動するためのもの」です。 痛みが根本的に治らないからといって、 腰痛サポーターを装着せず、痛みがあるから安静にしておくというのは最悪のパターンです。 その証拠に腰痛ガイドラインでは、 安静は必ずしも有効な治療法ではないとされています。 Clinical Question:腰痛の治療に安静は必要か? Grade D(行わないよう勧められる):安静は必ずしも有効な治療法ではない。 急性腰痛に対して痛みに応じた活動性維持はベッド上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である。 GradeD(行わないよう勧められる):職業性腰痛に対しても、痛みに応じた活動性維持は、より早い痛みの改善につながり、休業期間の短縮とその後の再発予防にも効果的である。 引用: ひとむかしの腰痛の治療法はとりあえず安静でしたが、今の治療は全く異なります。 ベッドの上で安静にするよりも、痛みを調節した上でいつもどおり過ごすことが改善を促すとされています。 固定力• 通気性 1:種類 腰に関連するサポーターに様々な種類がありますが、大雑把にわけると下記の2種類に分けられます。 腰サポーター 骨盤サポーター 腰サポーターは一般的な腰痛の場合などに幅広く適応となります。 骨盤サポーターの場合は、産後など骨盤が開き、それが原因で痛みが発生している場合に有効となります。 購入される際は、痛みの原因を見極めて購入するようにしましょう! 2:固定力 種類の次に重要なものは固定力です。 基本的には、痛みが強いほど固定力の強いものを選ぶのがベスト。 しかし、固定力と動きやすさはトレードオフの関係にあり、固定力が強ければ強いほど、動きづらくなります。 自分はどのくらいの固定力が必要なのか?日頃の活動具合や痛みの具合で判断しましょう! 3:通気性 腰痛サポーターは場合によって長時間装着することもあります。 通気性が悪い場合、ムレて汗疹ができやすくなるので、通気性も重要な選択基準となります。 可能であればメッシュ加工のものをおすすめしますが、冷え性の方や、冷えが原因で腰痛が発生している場合は、あえて通気性の悪いサポーターを選ぶのも良いでしょう。 おすすめサポーターをご紹介! おすすめの腰痛サポーターの固定力をソフト、ミドル、ハードの3段階にわけてご紹介していきます。 ソフトサポート• ミドルサポート• ハードサポート 様々な腰痛サポーターのブランドがある中で、わたしがおすすめのサポーターブランドは、日本が誇るサポーターブランドの 「ザムスト」です。 中でも、医療メーカーとして、学術研究から得られる「エビデンス」に基づいた製品開発を、最も重視しているため、私のような医療従事者も信頼しているブランドです。 私もザムストの腰痛サポーターを使用していますが、耐久性があり、2年くらい使っても伸縮性は衰えることがありません。 何しろ吸い付くように腰にフィットしてガッチリと固定してくれるので安心です。 信頼のメイドインジャパンブランドがお好きな方におすすめします。 それでは、ご紹介していきます! ソフトサポート ザムスト ZW-3 (薄さ重視)• 固定力がちょうど良く、スポーツや仕事などの腰痛に対して幅広く効果を発揮してくれる腰痛サポーターです。 本体背部に取りつけられた3Dバックパネルが、背部を広範囲でサポー トしてくれます。 かなり腰にフィットし、腰部の安定性を高めてくれます。 良い口コミ• 人生で買い物で本当に良かったと思える商品はごく一部ですが、買ってよかったと思いました。 今まで他商品は、イマイチだったのでザムストzw5にしてみたが、結果今までのサポーターの中では1番気に入っている。 あるとないとでは大きく違う。 悪い口コミ• 1年前に購入したが、少しマジックテープの効きが悪くなっているように思える。 バンテリンサポーター 腰用 しっかり加圧タイプ• CMでもおなじみのバンテリンです。 薬局でも販売されているので、一番手に入りやすいサポーターではないでしょうか? 非常に評価が高く、クロステーピング構造から始まり、アジャスタブル補助ベルト、メッシュ生地など様々な工夫が凝らされています。 私が過去に担当した患者さんも多く使用されていました。 選んで間違いのない商品かと思います。 良い口コミ• 装着1日で完全に腰痛が改善しました。 恐るべしバンテリン。 着用をしてから、驚くほど痛みが軽減され、屈んだり、中腰の姿勢が出来るようになった。 悪い口コミ• 実際のサイズよりも小さく感じるため、ワンサイズ大きめのものを購入するべき SPORTIA 腰痛 サポートベルト• とにかく通気性が良好で前面のほとんどはメッシュで作られています。 支柱が4本も入っており、固定力も良好なのにも関わらず値段が約1000円と激安。 amazonでは一番売れているのではないかと思うくらい高評価な商品です。 良い口コミ• 値段が安かったので、半信半疑ではあったが、物凄く使い良い。 装着が簡単で、締め具合は自分の感覚で調整でき、緩んだりずれたりしない。 一日中着けてても痛くなったりしない。 値段が安かったので少し不安があったが、値段以上の機能性と作りの良さを感じた。 試しに購入したが、今後はリピートすると思う。 悪い口コミ• ゴツゴツしていて、とても使いづらかった。 フィットしなかった。 ハードサポート ザムスト ZW-7 固定力重視• 固定力が非常に強く、重度の腰痛やヘルニアの方におすすめのサポーターです。 3Dバックパネルがかなり広範囲にがっちりとサポートしてくれます。 激しい運動には正直向きませんが、日常生活を過ごすには大きな問題はなく、快適に過ごすことができます。 良い口コミ• 最も頼りになるのは物を持ち上げるとき。 ベルトで固定した下腹部分の腹圧が上がるのをしっかり補助してくれて非常に安心感がある。 椎間板ヘルニアで立っている時つらかったので購入。 お店で試着してガッシリよかったので購入しました。 悪い口コミ• 固定力が強く、少し動きづらさがあるが、その分痛みは抑えられるので良いと思う。 [ミズノ] MIZUNO バイオギアサポーター• スポーツメーカーミズノの腰痛サポーターです。 安心の日本製なので、かなりしっかりと丁寧に作られています。 良い口コミ• 背骨の両側部分に固めの支柱と柔らかめのクッション、滑り止めが入っていて、ベルトのメッシュ素材も伸びすぎないので固定性が調整できる。 作りは丁寧で良い。 椎間板ヘルニアの腰をしっかりサポートしてくれる感じが良いです。 悪い口コミ• ホールド感イマイチ。 ずれやすい。 まとめ• 腰痛サポーターの効果やおすすめのサポーターについて解説しました。 腰痛サポーターは、現在の腰痛診療ガイドラインでエビデンスレベルBと比較的高い。 腰痛サポーターは値段ではなく、種類、固定力、通気性で選ぶ。

次の

【楽天市場】バンテリンサポーター 腰椎コルセット 大きめサイズ Lサイズ(1枚入り) へそ周り80〜100cm ブラック(腰用強力固定タイプ 男女兼用)(健康エクスプレス)

バンテリン 腰椎 コルセット 口コミ

腰痛や圧迫骨折に処方されるコルセット。 疼痛の軽減に効果がありますが、長期間の使用は体幹筋の筋力低下を招き、結果として痛みを助長してしまうこともあります。 コルセットを装着すると体幹筋の活動にどのような影響があるのか、その効果や注意点について改めて理解しておきましょう。 コルセットの効果 コルセットを装着することで、得られる効果は以下の2つです。 運動の制限 腰痛は疼痛部位が動くことで生じるため、脊椎の運動を制限すると疼痛は軽減する。 固定性の向上 コルセットにより腹圧が上昇し体幹の固定性が強くなることで、疼痛部位にかかる負担を減らし疼痛を軽減する。 このように、コルセットは疼痛軽減に効果を発揮します。 また、一般に販売されているゴムやメッシュ素材の簡易なもの、医療機関で処方される固定性に優れた軟性のダーメンコルセットやさらに強固な硬性のフレームコルセットなど種類によって固定性は異なります。 骨折を伴わない腰痛であれば簡易なものを、圧迫骨折であればダーメンやフレームコルセットをといったように、コルセットが用途に合っているか確認が必要です。 コルセット利用の注意点 疼痛軽減に有効なコルセットですが、メリットだけではなく、体幹筋力の低下を招くというデメリットもあります。 普段は脊柱を中心に腹筋や背筋によって支えられている体幹ですが、コルセットがその代わりをすることで筋の廃用が進行します。 体幹筋力が低下すると、筋による固定性が低下し疼痛が増します。 結果、コルセットが手放せない状況になり、常用することでさらなる筋力低下、そして疼痛の悪化……と悪循環に陥ってしまうことになるのです。 こうしたケースは、患者さんだけではなくセラピストや医療従事者にも当てはまります。 患者さんの介助による腰部への負担は大きく、腰痛をかかえてコルセットを使用しながら働くセラピストは多いのですが、毎日使っているうちにコルセット依存になることも。 このような事態にならないよう、コルセットは疼痛が強い急性期や腰部に負担のかかる動作時のみ使用し、疼痛が軽減した場合にはこまめに外すといった対応が必要です。 鍛えるべき筋肉 コルセットを長期間使用することで起こる筋力の低下は、セラピストなら見逃せない状態です。 コルセット未使用時と比較すると、コルセットの使用中には腰部安定化運動における内腹斜筋と腹直筋の筋活動量の低下が見られたという、川崎医療福祉大学の研究報告があります。 腰痛の原因を考えると、内腹斜筋は特に優先的に鍛えなければならない筋肉であるといえます。 腹圧を高めるとともに、日常生活でよく行うねじれを伴った体幹の運動に必要な筋肉で、コアマッスルである腹横筋と併せてしっかりとトレーニングしたい部位です。 腰痛予防や改善に向けて筋肉を鍛えるとき、通常の腹筋運動に取り組む人は少なくありません。 しかし、一般的な腹筋運動では腹直筋が優位に働くため、内腹斜筋や腹横筋を効率よく鍛えられません。 腹筋運動に身体のねじりを加えることで、腹斜筋を鍛える方法もありますが、どちらの場合も過負荷になりやすく、疼痛を助長してしまう可能性すらあります。 体幹を維持するためには腹斜筋や腹横筋の刺激を意識し、背筋を伸ばした姿勢の保持や呼吸を意識しながら腹部を凹ます「ドローイン」に取り組むのが有効でしょう。 ドローインはとても簡単にできる方法です。 手のひらを腹部にあて、筋の収縮を確認しながらおなかを凹ませます。 呼吸を止めずに凹ませた状態を約30秒間キープさせる運動を4~5回行うだけ。 短時間でできるので、リハビリに取り入れてみましょう。 コルセットに依存しない生活を 筋の代わりに体幹を支え、疼痛を軽減してくれるコルセット。 常時つけ続けることにはリスクもありますが、患者さんの治療に役立て、上手に使っていきたいですね。 【参考URL】•

次の

コルセット装着によって筋が弱る!? 継続使用が体幹筋活動に及ぼす影響について

バンテリン 腰椎 コルセット 口コミ

バンテリンサポーター腰用は腰をしっかりと固定、 安定させて腰痛の緩和、予防に効果があると 口コミでも人気の腰用サポーターです。 あなたはココを見てるってことは腰痛を持っていて 現在、腰が痛いという方ですよね。 私も腰痛持ちですが、季節の変わり目なんかは特に 腰が痛くなります。 そんな時にバンテリンサポーター腰用があれば 痛みの緩和になってます。 痛みはなくてもちょとお腰がだるいな、と感じたら 腰に負担がかかってますので、予防する上で すぐにバンテリンサポーター腰用をつけるように しています。 そかの方のバンテリンサポーターの口コミもチェック して、購入を考えている方は参考にしてくださいね。 装着すると腰が締まって軽くなりますね。 腰がキッチリ閉まるので気に入って使ってます。 思っていたように腰をサポートしてくれるので 助かってます。 ~口コミはここまで~ バンテリンサポーター腰用はあなたを悩ます 腰痛にアプローチしてくれるとおもいますよ。 ただ、ずっと装着していることのないように 本来の腰痛の原因というモノを探して治療することも 大切なことは覚えておいてくださいね。 だだ口コミでも効果がなかったという方も 中にはいます。 大抵はサイズに不満がある口コミが多いようです。 そこで購入する時の注意点がありますので 参考にしてください。 【バンテリンサポーター腰用を購入するときは 大きめを買うのがポイントになります】 メーカーからはウエストサイズを目安に 購入するようになってますが、口コミなどでは 小さかったという方が結構います。 バンテリンサポーター腰用は装着する時に 多少のあそびがあるので大きくても装着 できますが、小さかったらどうしようも ありません。 ピッタリサイズでは小さくなってしまうので 注意してくださいね。 使用上の注意点は?【逆効果にならないようにね】 バンテリンサポーター腰用は効果があったと 口コミでもけっこうな方が気に入っている ようです。 でも、商品には使用上の注意点が必ずあります。 それを守らないと逆効果になることも・・・ 変な使い方で悪化してしまったなんてこと ありますよね。 バンテリンサポーター腰用にも注意する点が いくつかありますので気をつけてくださいね。 合わないサイズは逆効果になってしまうかもです。

次の