褒められた ビジネス。 ビジネスメールで効果的に褒めるコツと使える例文

「お褒めに預かり光栄です」の意味とビジネスでの使い方・返し方

褒められた ビジネス

ビジネス用語の中にはなんとなく意味は理解しているけど、実際に詳しく説明してみてほしいといわれた場合に明確な言葉に詰まってしまう表現が非常に多いです。 学生時代にアルバイトをしていたという経験を持っていたとしても、社会人という責任が非常に重い立場において用いる言葉はいろいろと異なりますのでほとんど参考にできず、見様見真似やなんとなく聞いたことがありそうな言葉の羅列からスタートする人はどうしても多くなります。 このビジネス用語として聞いたことはあるけど使うタイミングが良くわからず、明確な意味も実は正しいか自信がない言葉の一つが「お褒めに預かり光栄です」となります。 この言葉の正確な意味と使い方はどうなっているのでしょうか。 「お褒めに預かり光栄です」の意味について この「お褒めに預かり光栄です」における一つ一つの言葉の意味は分かりますが、つなげると意味が良くわからなくなってしまいます。 この言葉の意味を理解しにくくしているポイントが「預かり」です。 いったい何を預かっているのかわかりません。 しかし、この「お褒めに預かり光栄です」における「預かり」とは実は「与 あずか る」のことで目上の人からの恩恵を受けるという言葉になります。 つまり、「お褒めに預かり光栄です」とは「褒めていただいて名誉に感じております」といった意味になります。 非常に相手を敬っている言い方になる この「お褒めに預かり光栄です」を砕けたざっくりとした意味に変換してしまうと「あなたのような目上の人にこんなにも褒めていただいて名誉に思っています」となりますが、この表現をもっとコンパクトにしてできる限りの敬意をもって言葉にしたら「お褒めに預かり光栄です」というワードになります。 「お褒めに預かり光栄です」の使い方について 基本的に「与 あずか る」という言葉が入った場合は目上の人からの恩恵を受けるときに使うようになりますので、「お褒めに預かり光栄です」という言葉を使う場面というのは自分よりも目上か立場が上の人に褒められたときとなります。 「お褒めに預かり光栄です」は単語というよりも一つの短文として完成しているので、これ以上付け加える必要はほとんどありません。 このように「お褒めに預かり光栄です」を使う場面はかなり限定的になりますので、一つ一つの言葉をバラバラにして使っている人も状況を理解して使うようにしてください。 「光栄です」だけならば使う場面は一気に増える 「光栄です」という言葉だけならば、重要な役目を任されたときに名誉の感じている様子を表すワードとして使われることもありますので、「このような重要なポストにつけていただいて光栄です」といった使い方もできますし、偉い人に会うこと自体がうれしい場合には「お会いできて光栄です」とか「お目にかかれて光栄です」といった用い方もできます。 この「光栄です」という言葉は丁寧な表現になっているうれしさのアピールですので、やはり部下や後輩に使うのは不自然になるでしょう。 それでも使いやすい言葉となっていて、多用している人もかなりいます。 新しく加入したスポーツ選手が活躍してヒーローインタビューを受けているときでも「このチームには入れて本当に光栄に思っております」といった使い方ができますし、何らかの大きな賞をもらった場面でも「このような素晴らしい賞をいただきとても光栄です」といった使い方ができます。 「お褒めに預かり光栄です」のビジネスでの使い方 この「お褒めに預かり光栄です」という言葉はビジネスワードではありますが、あんまり使われません。 「光栄です」だけならばある程度使い勝手のいい言葉になりますが、「お褒めに預かり光栄です」とここまでセットになると限定的になってしまいます。 そのためいきなり「お褒めに預かり光栄です」といわれると、言われた側がびっくりして言葉に詰まることがあります。 あまり使わない言葉が返ってくるとその後の言葉の切り返しに困ってしまいます。 最上級の敬っている言葉と考える 「お褒めに預かり光栄です」という言葉は非常に丁寧に敬っている言葉なので、使われている側は自分が敬われていると考えて言葉を発するといいでしょう。 自分が褒めた後に使われる言葉となりますので、シンプルに「これからも期待している」とか「これからも頑張ってくれたまえ」と返せば問題ありません。 「お褒めに預かり光栄です」の別の言い方 「お褒めに預かり光栄です」は目上の人に褒められた場面というある程度限定的なシーンではありますが、別の言い方もかなり豊富に用意されています。 ある程度ユーモアを見せられる仲ならば、「ありがとうございます、あんまり褒められてしまうと照れてしまいます」とか「ありがとう褒められると伸びるタイプです」という切り返しもいいでしょう。 限定的ではあるが良い言葉 「お褒めに預かり光栄です」は使う場面が限られてしまいますが、一つの短文としては完成度が非常に高いので、目上の人や上司に褒められたタイミングで使うことができると良い印象を与えられます。 褒められた時の切り返しの仕方というのは、褒められたことがほとんどない人にとっては非常に難しいので、社会人の方でもフレーズの一つや二つは覚えておいたほうがいいでしょう。 とっさに言葉にする必要があるので、慣れていないと言葉が浮かんできません。 「お褒めに預かり光栄です」といった言葉もあると頭の片隅に入れておきましょう。

次の

ビジネスに効く!実践心理テクニック・Chapter 8 「褒めて人の心を動かすための心理テクニック」

褒められた ビジネス

「お褒めに預かり」の意味や使い方は? 「お褒めに預かり」の意味は「褒めてもらって」という意味 まず、「お褒めに預かり」の意味は「褒めてもらって」という意味を表します。 「預かり」とは「~をしてもらって」という意味を表すより丁寧な言葉です。 したがって、この言葉を使用すると「褒めてもらって~です」という自分の気持ちを表すことになります。 ではなぜより簡単な表現の「褒めてもらって」という言葉を使用しないのか?というと、この表現は特に目上の人に対しては横柄で失礼な響きになりかねないからです。 言い回しによって相手に与える意味やニュアンスが微妙に変わってきてしまうので、そこには注意する必要があります。 「お褒めに預かり」の使い方は褒められた時の返答としての使用 「お褒めに預かり」の使い方は、「褒められた時の返答として使用する」というものです。 例えば、ビジネスシーンで上司から「先ほどのプレゼンは内容が良くまとまっていてとても良かったよ。 」と自分がした行動で何かしら褒められた際にその返答としてこの言葉を含んだフレーズを使用します。 詳しい例文については後述しますが、この言葉を使った例文の後半に続く内容としては普通、感謝の意を伝えるものが多くなります。 やはり人間なら褒められた時には素直に嬉しい、あるいは有難いと思うものですよね。 」です。 「光栄です」とは簡単な言葉に直すと「名誉に感じる」という意味です。 この例文は、特に目上の人に対して効果的に使える丁寧な表現となります。 より具体的な例を挙げると、「~君、昨日送ってくれた資料は非常に分かり易くて良かったよ。 」などと上司に声をかけられた際などに「お褒めに預かり光栄です。 」とこの表現を使用します。 相手への敬意も表せる便利な表現です。 ぜひ覚えて目上の人との会話に生かしてみてください。 この例文は、「嬉しいです」とストレートに自分の気持ちを相手に伝える表現で、男性でも使用できますが、どちらかと言うと女性が使う方が効果的に使えるでしょう。 具体的には、例えば自分の先輩に「さっきの会議での発言、要点がまとまっていてとても良かったよ。 」と伝えられた際に「お褒めに預かり嬉しいです。 」とこの表現を使って素直に嬉しい気持ちを相手に伝えてみましょう。 」です。 「恐縮です」とは「恐れ入ります、感謝します」という意味を表す言葉で、相手に謙遜しながらも敬意と感謝の意を表します。 この「恐縮です」という言葉は少し堅い響きがありますので、特に役職などの高い目上の人に使うと効果的です。 具体的には、例えば自分の会社の社長から直々に自分の業績や成果を称える言葉をかけてもらった際などに「お褒めに預かり恐縮です。 」と使用すると良いでしょう。 役職や年齢が高くない人に使用すると逆に失礼になりますので注意しましょう。 」です。 この言葉は、落ち着いた雰囲気で褒めてもらった言葉に対する自分の嬉しい気持ちをより丁寧に表現したい際に用いるものです。 少し柔らかい落ち着いたニュアンスを伝えるものなので、口頭でももちろん使用できますが、メールや手紙などの中でも使用すると効果的でしょう。 この表現の後に、感謝を伝える「誠にありがとうございます。 」などの表現を伝えると、相手への謝意も伝わり効果的だと言えます。 」です。 「有難い限りです」とは、相手に強い感謝を伝える表現として使われます。 この表現は、例えば常連の顧客や取引先から何か自分を褒める言葉をもらった際などに使用します。 ただ単に「ありがとうございます」というよりも、「有難い限りです」と言った方が深い感謝を自分が感じていることを相手に伝えることができるので、そのような状況ではこの表現が効果的に働きます。 ぜひ積極的に活用してみましょう。 ここまで、「お褒めに預かり」という表現の意味や「お褒めに預かり光栄です。 」などの具体的な例文や使い方についてお伝えしえきました。 下記関連記事内では、「ご心配ありがとうございます」のメールの例文や敬語の正しい使い方、英語表現についてもご紹介しています。 ぜひ当記事と合わせてチェックしてみてください。 この言葉は、「おんけいにあずかり」と読みます。 この言葉は、「誰かから情を受ける、あるいは恵みを受ける」という意味で使用される言葉です。 「預かり」と「与り」の部分が同じ音でもあります。 具体的には、「この度は、当部署の部長の恩恵に与り、昇進することができました。 」「先輩の恩恵に与り、何とかこのプロジェクトを成功することができました。 」などの形で使用することが可能です。 この「恩恵に与り」という言葉もスピーチなどで使用できる表現なので覚えておくと便利です。 この言葉は、「褒める」という動詞を丁寧な敬語で表すことで相手に敬意を表しています。 「お褒めに預かり」とほぼ同義で使用でき、特に目上の人に対して使うと効果的です。 具体的には、「この度は~様にお褒めいただき誠に嬉しく思います。 」などの形で使用できます。 「お褒めに預かり」を使用した際と同様、後半には感謝や自分の嬉しさを表現する言葉を持ってくると良いでしょう。 この言葉も、2つ目の例と同様、「お褒めに預かり」とほぼ同義語で使用することができます。 具体的には、「お褒めの言葉をいただき心から感謝しています。 」などの形で使用できます。 この表現も、「お褒めの言葉をいただき」という敬語表現を用いている理由から、使用する相手は目上の人が良いでしょう。 他の表現と同じく、この「お褒めの言葉をいただき」という言葉は同僚や年下に使うと誤用となりますので注意して使用しましょう。 下記関連記事内では、嬉しいという言葉の敬語表現についてご紹介しています。 大変うれしく存じます、嬉しく思いますの類語もあります。 興味のある人はぜひチェックしてみてください。 」です。 例えば、自分がまず相手を褒めるコメントをした後に、相手が「お褒めに預かり光栄です。 」と返してきた場合、返答として「これからも期待しています。 」「これからも期待していますね。 」などの形で返すと自然です。 相手にプレッシャーを与えるという目的ではなく、相手にこれからも頑張って欲しいという願いを込めて笑顔で和やかに伝えると効果的でしょう。 やはり、どんな人でも目上の人から期待されているというのはモチベーションになります。 相手にやる気を持って仕事をしてもらうためにも自然な返答を覚えておきましょう。 」です。 これは、1つ目の例よりももう少しストレートに自分が相手に期待している行動、すなわちここでは「頑張ること」を伝える形となっています。 「これからも頑張ってくださいね。 」ともう少し柔らかい雰囲気で伝えることも可能です。 1つ目の例と同様、相手にプレッシャーをかけるのではなくあくまで自分も応援者として相手に頑張って欲しい、という意味を込めて優しく伝えると効果的です。 」です。 この言葉は、相手に「これからもその調子でよろしくお願いします。 」という意味を込めて伝える返答の言葉となります。 相手が自分が認めるような素晴らしい仕事や働きをした場合、それを今後も続けていってもらえればなと思いますよね。 その気持ちを、この表現を使うと素直に伝えることができます。 「お褒めに預かり」を上手く使って人間関係をより豊かにしていこう! 当記事では「お褒めに預かり」という言葉の意味と「恩恵に与り」や「お褒めの言葉をいただき」などの同じ意味を表す表現などについて具体的な例文を交えながらお伝えしてきました。 この表現は、特に目上の人から何か褒めてもらったりした際に活用できそうです。 お褒めに預かりを上手く使って豊かな人間関係を築きましょう。 下記関連記事内では、感謝の言葉を伝える例文15選をご紹介しています。 ビジネスでも押さえておきいたいありがとうの気持ちを伝える一言やお礼の言い方を詳しく知りたい方は、ぜひ当記事と合わせて参考にするとより理解が深まり効果的ですのでぜひこちらもチェックしてみてください。

次の

褒められた時の返し方10選|謙遜/お褒めの言葉/恐縮です/光栄です

褒められた ビジネス

「サーバントリーダーシップ」に基づいた接し方のマネジメント 教育コンサルタントのロバート・K・グリーンリーフは1977年に刊行した著書の中で、「サーバントリーダーシップ」というリーダーシップ哲学を展開しました。 このリーダーシップ哲学においては「リーダーとは、まず相手に奉仕し、その後に相手を導いていくものである」というコンセプトのもと、リーダーが部下に対していかに振舞うべきかを考えていきます。 組織内ではリーダーは部下の目上にあたるわけですが、実際は「奉仕する立場」にあるというわけです。 この立場から「褒められて伸びる部下」にやるべきことは、その部下がどうすれば自己肯定感を抱き「上司を含む周囲から承認されている」と感じられるかを考えて、部下の仕事を見直してあげることです。 そうすれば部下は次第に「この上司は何があっても自分の味方だ」と信頼するようになり、最終的には「褒める」以外の方法でも成長してくれるようになっていきます。 「部下に寄り添う」という表現がされますが、まさにそれを体現するようなマネジメントと言えるかも知れません。 用語集リンク: 「褒められて伸びる」という前提を考え直すマネジメント 次に「識学」というマネジメント理論に基づいて、そもそも部下が「褒められて伸びる」という前提は正しいのか、という点について考えてみましょう。 「成長」とは「できなかったことができるようになること」です。 成長するにはまず「できなかったこと」を正しく認識し、できるようになるにはどうすればいいかを考える必要があります。 単に褒めるだけでは「できなかったこと」の正しい認識はできないままなので、成長もできないと言えるのです。 しかもむしろ褒めることが成長の阻害につながるという考え方もできます。 例えば結果が出せない「褒められて伸びる部下」を褒めようとすると、必然的にプロセスでの努力や工夫を褒めることになります。 ところが結果が出ていないのにプロセスを褒めると、「結果が出ていなくても、頑張っていれば評価される!」という勘違いをしかねません。 組織におけるメンバーに求められているのは結果であって、頑張りではありません。 最悪の場合、すでに結果を出している人までもが「結果より頑張りが大事」と考えるようになり、組織のパフォーマンスがさらに低下する危険もあります。 また褒められることが当たり前になれば「褒められないと頑張れない」という人間を作ってしまう可能性もあるでしょう。 まず「褒められると人は成長する」という前提を疑ったうえで、部下の成長のために結果で評価すること繰り返すべきでしょう。 参考リンク: 「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」に基づくマネジメント 心理学者のフレデリック・ハーズバーグは、1959年に書いた『The Motivation to Work』という本の中で、「動機づけ・衛生理論」というモチベーション理論を提唱しています。 ハーズバーグは仕事におけるモチベーションには「動機づけ要因」と「衛生要因」の二種類があり、前者が仕事への満足度を高める要因、後者が仕事への不満を高める要因としました。 動機づけ要因 達成、承認、仕事、責任、昇進、成長の可能性など 衛生要因 会社の方針と管理、監督、仕事上の人間関係、職場環境、安全保障、給与など この理論を「褒められて伸びる部下」に適用するならば、まず「動機づけ要因」に基づいて褒めるポイントを探すことができます。 部下は何を達成したのか、何を承認して欲しいのか、どんな成長の可能性に期待して欲しいのか……部下とのコミュニケーションや仕事の観察から褒められるところを探す手がかりになります。 また動機づけ要因以外のところに問題があるかを検討するきっかけにもなります。 なぜならいくら動機づけ要因によって満足度を高めても、衛生要因が満たされなければ不満が生じ、結果的な満足度は高まらないからです。 並行して衛生要因についても確認を行い、マネジメントに組み込んでいくこともできます。 用語集リンク: * * * いかがだっただろうか。 部下の成長のためには、ただ褒めるだけではなく、総合的な評価をもって判断することが重要だということがおわかりいただけただろうか。 引用:識学式リーダーシップ塾.

次の