ニジイロクワガタ 英語。 【ニジイロクワガタの育て方】幼虫から飼育してみた

【ニジイロクワガタの育て方】幼虫から飼育してみた

ニジイロクワガタ 英語

特徴 [ ] に生息するが、南部及び、北部のが有名な生息地。 七色に輝く世界一美しいクワガタとして知られる。 亜科の形態上の特徴として、オス成虫の頭部は小さく幅が狭く、大顎の基部は互いに強く接近し、また上向きに半円を描いて湾曲し、先端で二股に分かれている。 一見すると挟みにくそうな形状であるが、力はそこまで弱いわけではない。 ケンカの際は、相手を挟むよりは反り返った大顎でのように下からすくい上げる戦法を得意とする。 この大顎は期にはゼンマイ状に丸まっている。 また、キンイロクワガタ亜科の他の種と同様に、幼虫は尾端の形状が独特で、細長い。 前翅はもちろんのこと、脚から腹側までがのような緑色を地色とする金属光沢を示し、見る角度に応じて色調がわずかずつ変化する()が、個体によって差がある。 一般的な個体では、前翅の赤みが強い。 このような体色を持つ理由は明らかになってはいないが、本種が昼行性であるため、日光を反射させ体温の上昇を抑えたり、体色そのものが林の中では迷彩色となって外敵の目から逃れたりするのに好都合だと考えられている。 キンイロクワガタ亜科としては大型で、オスの体長は67mm程に達し、同亜科中最大。 成虫の寿命は比較的長く、蛹室脱出、活動開始後1年以上ある。 飼育下では温度・栄養管理によっては丸2年以上生きることもあるが、これは後食開始以前の期間との区別があいまいなためである。 いずれにせよ、クワガタムシ科を含む体色が美しい甲虫、いわゆる「色虫」の中ではかなりの長命種と言える。 生息地では夏(日本では冬の時期)に成虫が発生し、白腐れの朽木に産卵する。 雌(右)と雄。 これは赤黒い個体だが、成虫の多くは色をしており、綺麗に輝く 飼育 [ ] 飼育はそれほど難しくなく、成虫は丈夫で産卵も容易と言われている。 キンイロクワガタ亜科の他種と同様に、雌個体が水分を多く含んだ軟らかい産卵材に穿孔し、そこに自ら削った材を詰めて産卵する場合が多い。 雌1個体の産卵数が多いので、適切な環境・栄養管理下では、飼育ケースを埋め尽くすほどの幼虫が得られる場合もある。 幼虫は菌糸ビンにより大型になることが知られているが、マットでも問題なく成長する。 幼虫は産卵されてから1年足らずで羽化する。 大きく、丈夫で寿命が長く、何より美麗で、繁殖も比較的容易なことから、非常に人気の高い種である。 経緯 [ ] 、ニジイロクワガタが他の外国産クワガタムシに先駆けて日本に輸入された。 輸入当初はその美麗な外観から値段が高かったが、飼育や繁殖は比較的簡単であることから、価格は安定した。 の亜種は生息地等の生態が殆どわかっておらず、原名亜種は生息地が各に指定されており捕獲は禁止、政府も動植物の国外への持ち出しを禁じており、今出回っているものは、現地や日本で繁殖されたものである。 長らく1属1種だったが、のものが変更され、ニジイロクワガタ属に含められた。 亜種 [ ] 原名亜種 P. muelleri のに生息する。 fuscomicans の鉱山で見つかり1908年に記載されたがその鉱山は廃坑になったため標本は数体しかなく絶滅した可能性もある。 なお色は地味で黒色に近いがそれ以外には原名亜種との形態の差はほとんど見られない。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の

ニジイロクワガタの幼虫飼育方法は?幼虫期間は?産卵セットは?

ニジイロクワガタ 英語

ニジイロクワガタを飼育されている方で、できれば産卵させたいな~とお考えの方もいらっしゃると思います。 ニジイロクワガタは他のクワガタに比べて比較的飼育しやすく、産む卵の数も多いと言われていますが、産卵させ卵を孵化させるにはそれなりの環境を整える必要があります。 産卵するのに適した時期は? 成虫になってからすぐにオスとメスのペアリングを行っても、成熟していない個体は産卵することができません。 メスは孵化してから初めて餌を食べ、そこから約3ヶ月は待った方が良いでしょう。 少し食べる程度ではなく、ある程度しっかり餌を食べるようになってからの方が良いです。 ペアリングのやり方 成虫になり成熟したら、 オスとメスを約1週間程同居させます。 このとき、しっかり交配できているかチェックできるのがベストです。 子孫を残そうとする意識の強いオスは、メスを追いかけすぎて疲弊させることもありますので、メスがオスから逃げることが多い場合は早めに引き離して相性の良いオスと同居させた方が良いです。 1週間程経ちましたら、オスとメスを別々にし、メスは産卵用のセットに移動させます。 産卵を成功させるコツ ニジイロクワガタは、オーストラリアでも特に温暖な北部に生息するクワガタです。 よって、 飼育環境も23-25度が適しています。 暑すぎても寒すぎても良くないので、温度はしっかり管理してください。 また、湿度の管理も大切です。 マットの水分が多すぎたり、乾燥しすぎたりしていないか気を付けてください。 マットを手で握った時に水分がでてくるようなら多すぎます。 水分が染み出さず、手で転がしたときに丸く形成して崩れない程度がベストです。 スポンサードリンク 卵が孵化しない場合に考えられること 産卵セットに移動させたら、メスは1ヶ月程かけていくつも卵を産みます。 ニジイロクワガタは卵を多く産むことでも有名で、1ヶ月に80個以上産んだ例もあるそうです。 少なくとも、おおよそ20-30個程度は期待できると思います。 しかしちゃんと産卵できるかは環境にもよりますし、個々の性質にもよります。 産み渋りするものもいるため、卵が少ない場合もあるでしょう。 そして卵が必ず孵化するとは限りません。 約10日-3週間で孵化しますが、保管状態によって孵化しない場合があります。 卵が孵化しない原因は• 温度と湿度が適温ではない• 無精卵である• 卵の保管状態が悪い• 卵が傷ついている などが考えられます。 温度が低すぎる場合は勿論、高すぎても孵化しません。 適温である23-25度を保ちましょう。 そして湿度ですが、乾燥しすぎていると卵の成長過程で水分不足となりそのまま亡くなってしまう可能性も高いです。 また、ちゃんと交配できていない場合はいくらたっても孵化しません。 割り出しは幼虫になってからが好ましいですが、卵の状態で割り出しを行う場合は潰したり傷つけたりしないように気を付けてください。 産卵中にメスが意図せず傷つけている場合もあり、そういった場合も孵化しないことがありますので卵の保管については十分注意してください。 まとめ なかなか孵化しない場合、考えられる原因はたくさんあります。 一つでも多く孵化させるために、クワガタの飼育の基本を怠らず、温度管理や湿度管理はしっかり行うようにしましょう。 スポンサードリンク.

次の

ニジイロクワガタの飼育(羽化)

ニジイロクワガタ 英語

ニジイロクワガタの紹介 1. ニジイロクワガタとは ニジイロクワガタは、虫綱甲虫目クワガタムシ科に属する、いわゆるクワガタムシの一種です。 その体は独特の輝きを持ち、世界一美しいクワガタムシと言われます。 オスは、小さな頭部に狭い間隔で、上向きに湾曲した大顎を持っています。 大顎は、先端で二股に分かれているという特長があります。 日本の多くのクワガタムシのように体が扁平ではなく、丸みを帯びたかたちをしています。 原産地・ 平均体高・平均体重 ニジイロクワガタはオセアニア地方が原産地です。 ニューギニアの南部やオーストラリア北部に多く生息しています。 平均体高はオスが37センチメートルから70センチメートルくらい、メスが25センチメートルから36センチメートルくらいになります。 平均体重は20グラムから30グラムくらいになります。 名前のルーツ・歴史 ニジイロクワガタの名前は、その体が七色の虹のように色々な色に輝くことから名付けられました。 日本へは他の海外クワガタムシに先駆けて1999年に輸入され、そこから飼育が広がりました。 当初は高値で販売されていましたが、その後は比較的安定した価格で販売されるようになりました。 平均寿命 ニジイロクワガタの平均寿命ですが、3ヶ月から4ヶ月の羽化後成熟期間を経た後の成虫寿命が1年から2年くらいです。 種類の違いは?ニジイロクワガタの3つの種類と特徴 ニジイロクワガタには本種の他に2つの亜種が存在します。 日本で購入できるのは本種に限られるます。 また亜種についてはいずれも「ニジイロクワガタ」の和名で呼ぶため、ここでは学名で紹介します。 ニジイロクワガタ(本種) その輝く姿から世界一美しいと言われます。 オスの大顎が特徴的で、上向きに湾曲し先端で二股に分かれています。 Phalacrognathus muelleri muelleri(亜種) オーストラリアのクイーンズランド州に生息している種類です。 Phalacrognathus muelleri fuscomicans(亜種) 1908年にニューギニア島の鉱山で見つかった種類です。 しかし数体の標本しか残っておらず、既に絶滅したという説もあります。 理解してあげよう!ニジイロクワガタの性格の特徴 1. 穏やか ニジイロクワガタは、クワガタの中では穏やかな性格をしています。 他の気性が荒いクワガタでは、興奮したオスがメスを挟み殺すこともあるのですが、ニジイロクワガタはそのようなことが比較的少ないと言われています。 臆病 ニジイロクワガタは臆病な一面があります。 他の昆虫と一緒に飼っていると、攻撃をされて物陰に逃げかくれてしまうこともあります。 飼育する場合には、ニジイロクワガタが安心して、居られる環境を作りましょう。 どんな人が向いている?飼育に適している人の特徴 1. 気長に飼育できる ニジイロクワガタは他のクワガタと比べて寿命が長いため、成長もゆっくりです。 特に幼虫の段階でほじくり返したりして、細かく成長の状況を確認したり、羽化後成熟期間に様子を度々確認したりすることは、ニジイロクワガタにとってストレスになり、寿命を縮めるてしまうことになりかねません。 ニジイロクワガタを飼育するには、あせらず気長に飼育できる人が向いていると言えます。 ニジイロクワガタを飼う場合の初期費用と方法とは ニジイロクワガタは昆虫を取り扱っているペットショップや通信販売で購入する事ができます。 価格ですが、成虫の場合で2,000円から3,000円くらいです。 オスとメスのつがいが4,000円から6,000円くらいで販売されてることもあります。 サイズが大きくなると急に値段が高くなります。 幼虫の場合は、菌糸ビンとセットで500円から1,000円くらいです。 グッズの準備を!飼育に必要な4つのグッズ 1. 飼育ケース 飼育ケースは30センチメートルくらいのプラスチックケースを用意します。 脱走防止のためフタ付きケースにしましょう。 マット プラケースの中にはヒノキマットやココチップを敷きます。 クワガタマットという商品名で売られているマットでも大丈夫です。 手で握って固まる程度に湿らせて飼育ケースに敷き詰めます。 のぼり木 マットの上にはつかまったり、陰に隠れたりするためにのぼり木を設置します。 またのぼり木が無いと、ニジイロクワガタがひっくり返ってしまった時に起き上がれず、力尽きて死んでしまうこともあります。 霧吹き ニジイロクワガタの飼育するマットやとまり木は適度に湿らせておく必要があります。 そのため定期的に霧吹きを掛け湿らせるようにします。 給餌方法の解説!主な2種類の餌とその方法 1. 幼虫時期 ニジイロクワガタの幼虫時期には菌糸ビンを餌にします。 直射日光の当たらない静かな場所に置いて、23度から25度くらいに温度を保つようにしましょう。 特に夏に注意すべきなのは、30度以上の高温状態にしないことです。 3ヶ月に1度くらいを目安に交換するようにしてください。 成虫時期 ニジイロクワガタの成虫時期には、昆虫ゼリーを餌として与えます。 一時的であれば、バナナやリンゴなどの果物を餌として与えても問題ありませんが、長く与え続けると下痢をしてしまうことがあります。 栄養バランスの取れた昆虫ゼリーを与える方が、ニジイロクワガタの体のためにも、良いと言えます。 昆虫ゼリーは量が少なくなったら、交換するようにしましょう。 健康に注意を!ニジイロクワガタに多い2種類の病気 1. 低温による衰弱 ニジイロクワガタは温暖な地域に生息する種類のため、低温が苦手です。 飼育環境は15度以下の低温にならないように気を付けましょう。 低温の状態に長く置くと最悪の場合、衰弱して死んでしまいます。 ブヨブヨ病 クワガタの幼虫が掛かる病気にブヨブヨ病があります。 発症すると幼虫の体が半透明になり、死んでしまうという病気です。 菌糸ビンの中身が古くなりすぎたり、加湿をし過ぎることで、飼育環境が悪化することが原因で発症します。 要注意・・飼育で特に注意する3つのこと 1. オスとメスを別に飼う ニジイロクワガタは穏やかな性格をしていますが、交尾欲は強いため、オスがメスを追いかけてメスが逃げ回るようなことがあれば、オスとメスを別々に飼ってください。 ごく稀ですが、興奮したオスが大顎でメスを挟み殺してしまうことがあります。 そのためオスとメスは別々に飼育する方が安心です。 温度管理 ニジイロクワガタは23度から25度くらいの温度を好みます。 低温で長い間飼育すると、最悪弱って死んでしまうこともあります。 また、急激な温度変化も苦手です。 そのため、適温を保てるよう飼育環境の温度を管理してください。 ダニの繁殖を抑える ニジイロクワガタはダニの繁殖により死んでしまうことがあります。 餌が余った状況で長時間放置したままにしてしまうと、ダニが繁殖してしまう原因になります。 ダニの発生を完全に防ぐのは難しいですが、飼育環境を清潔に保ち、ダニの発生を抑えるようにしましょう。 どんな楽しみがある?ニジイロクワガタを飼育する魅力とは 1. 虹色に輝く姿 ニジイロクワガタの最大の特徴は、虹色にキラキラと輝く美しい姿です。 宝石のような美しさを手元で飼育できるというのが最大の魅力になります。 飼育し易い ニジイロクワガタは比較的飼育が難しくありません。 温度管理などいくつかの基本的な注意点に気を付けておけば、細かい管理は不要です。 他のクワガタムシに比べて寿命も長いため、多くの手間を掛けず飼育できることも魅力のひとつだと言えます。 今回のまとめ ニジイロクワガタの紹介 種類の違いは?ニジイロクワガタの3つの種類と特徴 理解してあげよう!ニジイロクワガタの性格の特徴 どんな人が向いている?飼育に適している人の特徴 ニジイロクワガタを飼う場合の初期費用と方法とは グッズの準備を!飼育に必要な4つのグッズ 給餌方法の解説!主な2種類の餌とその方法 健康に注意を!ニジイロクワガタに多い2種類の病気 要注意・・飼育で特に注意する3つのこと どんな楽しみがある?ニジイロクワガタを飼育する魅力とは.

次の