こし いぶき 評価。 こしいぶきの特徴とは?通販で人気のおすすめこしいぶきTOP5

新潟県産 岩船こしいぶき

こし いぶき 評価

水稲早生品種「こしいぶき」の高品質・良食味米栽培法 水稲早生品種「こしいぶき」の高品質・良食味米栽培法 [要約] 「 こしいぶき」の 高品質・ 良食味米生産のための品質目標は、整粒歩合85%以上、玄米タンパク質6.2%とする。 その 栽培法は、 移植時期を5月10日、m 2当たり 植付株数21株、m 2当たり総籾数を28,000粒、窒素施肥量は10a当たり基肥3kg、穂肥2kgである。 [背景・ねらい] 早生品種「こしいぶき」の高品質・良食味米を生産するための栽培法を明らかにし、高品質米の安定生産を図る。 [成果の内容・特徴]• 育苗はコシヒカリと同様に播種量130〜150g/箱とする。 「こしいぶき」は「コシヒカリ」に比べて苗丈が伸びにくいので、出芽長を1cm程度確保し、緑化期を1日程度長くする。 移植時期は、出穂時期、収量および品質から5月10日頃が適期である(図1)。 植付株数は、穂数確保のため、21株/m 2(70株セット)とする(図2)。 穂肥時期が遅れると、収量および品質が劣るため、幼穂を確認しながら施肥時期を遅れないように行う(図3)。 高品質・良食味米を生産するための品質目標および栽培のめやすは次のとおりである。 「こしいぶき」の栽培地域全域に適応する。 「こしいぶき」は「コシヒカリ」に比較して、やや短稈で茎数が多いため、紋枯病の発生しやすく、斑点米カメムシの発生が多くなりやすいので、適期に防除を行う。 栽培法の詳細は、「こしいぶき」高品質・良食味米栽培指針(平13年2月)を参照する。 [具体的データ] [その他] 研究課題名:品質安定生産体制整備事業 予算区分:県単事業 研究期間:平成12年度(平成11〜12年) 発表論文等:「こしいぶき」高品質・極良食味米栽培指針(平成13年2月)を発行 新潟県農業総合研究所作物研究センター 栽培科 連絡先 TEL 0258-36-0047 FAX 0258-35-0021.

次の

【令和1年産】新潟県産 こしいぶき 5kg

こし いぶき 評価

水稲早生品種「こしいぶき」の高品質・良食味米栽培法 水稲早生品種「こしいぶき」の高品質・良食味米栽培法 [要約] 「 こしいぶき」の 高品質・ 良食味米生産のための品質目標は、整粒歩合85%以上、玄米タンパク質6.2%とする。 その 栽培法は、 移植時期を5月10日、m 2当たり 植付株数21株、m 2当たり総籾数を28,000粒、窒素施肥量は10a当たり基肥3kg、穂肥2kgである。 [背景・ねらい] 早生品種「こしいぶき」の高品質・良食味米を生産するための栽培法を明らかにし、高品質米の安定生産を図る。 [成果の内容・特徴]• 育苗はコシヒカリと同様に播種量130〜150g/箱とする。 「こしいぶき」は「コシヒカリ」に比べて苗丈が伸びにくいので、出芽長を1cm程度確保し、緑化期を1日程度長くする。 移植時期は、出穂時期、収量および品質から5月10日頃が適期である(図1)。 植付株数は、穂数確保のため、21株/m 2(70株セット)とする(図2)。 穂肥時期が遅れると、収量および品質が劣るため、幼穂を確認しながら施肥時期を遅れないように行う(図3)。 高品質・良食味米を生産するための品質目標および栽培のめやすは次のとおりである。 「こしいぶき」の栽培地域全域に適応する。 「こしいぶき」は「コシヒカリ」に比較して、やや短稈で茎数が多いため、紋枯病の発生しやすく、斑点米カメムシの発生が多くなりやすいので、適期に防除を行う。 栽培法の詳細は、「こしいぶき」高品質・良食味米栽培指針(平13年2月)を参照する。 [具体的データ] [その他] 研究課題名:品質安定生産体制整備事業 予算区分:県単事業 研究期間:平成12年度(平成11〜12年) 発表論文等:「こしいぶき」高品質・極良食味米栽培指針(平成13年2月)を発行 新潟県農業総合研究所作物研究センター 栽培科 連絡先 TEL 0258-36-0047 FAX 0258-35-0021.

次の

米屋おおくら

こし いぶき 評価

」って感じがしました。 実際に食べてみて、事前評価とおりのさっぱりした味です。 アミロースの割合はふつうより 少し高いと思います。 ササニシキの後継者とも言われているだけあってかなりあっさりでいい意味で特徴のないスタンダードのどんな料理にもあう味です。 しつこさはもちろん無いです。 もちもちした感じもないです。 どんな料理も邪魔しない感じは「」みたいな感じもします。 粒たちもよかったです。 ネガティブポイント 特徴のあるお米ではないと感じました。 なので「 これじゃないと駄目だ」という自分のマイベストを探している人には向かないかも… こんな人におすすめ 「こしひかり」をあっさりさせた感じです。 このクオリティーで低価格帯に位置しているので、とにかく美味しいお米をもちもちとかはどっちでもいいという方にはお勧めです。 ひのひかりもこの価格帯でお勧めです。 因みに29年度、28年度は両方ともAを受賞しています。 ワンランク落としてしまいましたが来期に期待です。 「こしいぶき」の歴史 1993年に 早生品種として、新潟県農業総合研究所で育種プロジェクトチームを結成。 そこから およそ800回もの結合を試して2001年にようやく販売開始しました。 今年で18年目になる比較的新しい銘柄です。 「こしいぶき」の栽培地 「こしいぶき」は現代階では新潟でしか栽培はされていませんが、なんと あの魚沼地方でも栽培されているという将来性は抜群です。 さらに名産の佐渡でも栽培されているというから驚きです。 魚沼地方ではベストな場所でベストな種をという考えから王道の銘柄を栽培したほうが都合が良さそうですが、「こしいぶき」は栽培されているのです。 実はこれには農家の事情もあるようです。 「こしいぶき」は早世品種で「こしひかり」よりも10日ほどはやく収穫できるというメリットがあります。 なので農家としては「こしひかり」ととても愛称がいいのです。 しかし。 早世品種は「こしいぶき」いがいにもあるので、やはり「こしいぶき」の魅力ということでしょう。 「こしいぶき」の系統 JA全農にいがたより引用 こしひかりを親にもっているためコシヒカリ系として数々のライバルもいます。 「こしいぶき」の名前の由来 「こしいぶき」という名前は、越後(『こし』)の新しい息吹(『いぶき』)という意味で、21世紀に登場するお米にふさわしく、コシヒカリの血統を受け継ぎ、新鮮で活力に満ちたイメージで、県民投票実施の結果、前知事が命名しました。 精米して一割減で1000円で1,9キロ程度です。 同価格帯にはなんとあの「ひのひかり」もいます。 こち らも「こしひかり」よりもあっさりで価格帯は低めというポジションがかなりかぶっています。 しかし「こしいぶき」には新潟限定というラベル効果もあります。 しかも魚沼や佐渡という名産地方も味方ですのでこの先もっと売れていくだけのポテンシャルはあります。 どんな料理にあう? さっぱりした味なので何にでもあうのですが、あじが濃いおかずになんていかがでしょうか? あと。 中華料理にもさっぱりとしていてマッチしてくれるはずです。 まとめ 「こしひかり」よりもあっさりしていて、味わいもさっぱりしています。 新潟県でしか栽培されていない。 しかし魚沼、佐渡地方というお米の聖地といえる場所でも栽培されている。 しかし流通量がまだあまりないので、新潟以外の街のスーパーでの購入は難しい。 購入はでネットの購入になりそうです。

次の