下町ロケット 帝国重工会長 沖田役。 下町ロケット2(続編ドラマ)のキャストや相関図がヤバい!

下町ロケット2最終回はいつ?2019年のスペシャル版の放送日程や内容も気になる!

下町ロケット 帝国重工会長 沖田役

予めご了承ください。 主演には、前作から引き続き阿部寛さんを迎え、豪華なキャスト陣もほぼ続投ということで注目を集めています。 原作は、同名小説の第3弾ということが発表されており、7月に発売されたばかりの物語を実写化することが発表されています。 また、小説第4弾の9月発売も予定されていますので、ドラマも2部構成になるのでは?という予想をしています。 こちらの記事では、2018年秋ドラマ『下町ロケット(2018年)』のキャスト一覧・制作スタッフをご紹介ていきたいと思います。 本作の主人公で「佃製作所」社長の佃 航平という役よ! 小型エンジンを開発・販売する佃製作所の二代目社長。 技術者として誇り高く仕事をする熱い男。 かつては宇宙科学開発機構の研究員であったが、ロケット打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、父が遺した町工場を継いだ。 しかし、ロケットへの夢は捨てきれず、ロケットエンジンに必要不可欠なバルブシステムを研究開発。 帝国重工のロケット事業「スターダスト計画」では開発したバルブシステムが採用された。 さらに、心臓病患者のための人工弁の開発「ガウディ計画」に協力。 作り上げた人工弁は実用化に向けてスタートするなど順調な日々を送っていた。 そんなある日、帝国重工から、「スターダスト計画」が次回で終わるかもしれないと告げられる。 追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーからも小型エンジンの取引削減を言い渡され、佃は強い危機感を抱いて……。 阿部寛さんのコメント紹介! ご好評いただきました前作から3年、引き続き佃航平を演じさせていただくこととなりました。 夢の実現と人々の幸せを必死にもがきながら追い求めてきた佃ですが、今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します。 会社の経営者として、社員達の生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間達と共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います。 是非、楽しみにしていただければと思います。 より引用 佃の一人娘の佃 利菜という役よ! 佃航平のひとり娘。 母親の沙耶が出て行ってからは、航平の実母である和枝が母親代わりとなる。 大学は理工学部に進学し、父のロケットへの情熱に感化されて帝国重工に就職。 新型エンジンの開発に携わっている。 土屋太鳳さんのコメント紹介! あたたかな佃家で、育ち、反抗し、悩み、決断した利菜が、今回はどこで何を思い、何に挑戦していくのか、ワクワクさせていただく機会にもう一度出会えていることが本当に嬉しく、光栄です。 そして、台本の冒頭に並ぶ錚々たる方々のお名前の中に自分の名前を見つけ、あらためて緊張もしております。 利菜としてだけでなく、私自身も女優として見守っていただいた「下町ロケット」と「日曜劇場」。 学びつつ恩返しをしたいと思います。 より引用 佃製作所技術開発部の立花洋介という役よ! 技術開発部の若手技術者。 真正直すぎて冗談が通じないところがあるが、手抜きがなく信頼のできる熱い男。 「ガウディ計画」では、チームのリーダーとなり、重責を感じながらも、ただひたすら実直に開発に没頭した。 ロケットチームに入るため、自主的に勉強をしている中、佃製作所が新規事業として参入するトラクターのトランスミッションに使われるバルブの開発チームに加わることに。 しかし、チームリーダーの軽部と意見が対立して……。 竹内涼真さんのコメント紹介! 3年ぶりにまたこのチームに呼んでいただけたことを大変嬉しく、そして誇りに思います。 3年前の撮影現場は日々緊張の連続でした。 ですが、今回は堂々とカメラの前に立ち、役柄同様成長した姿をお見せしたいと思っています。 観ている方々にモノづくりの素晴らしさ、中小企業の底力を感じていただき、また明日から頑張ろうと思える作品になるよう、佃社長を信じて撮影を頑張っていきます。 より引用 【主な出演作】• スミカスミレ 45歳若返った女(2016年:テレビ朝日) — 辻井健人 役• 時をかける少女(2016年:日本テレビ) — 浅倉吾朗 役• 連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年:NHK)- 島谷純一郎 役• 過保護のカホコ (2017年:日本テレビ) — 麦野初 役• 陸王 (2017年:TBS) — 茂木裕人 役• ブラックペアン(2018年:TBS)- 世良雅志 役 山崎光彦(やまさき みつひこ):安田 顕 佃製作所技術開発部の部長の山崎光彦という役よ! 技術開発部の部長。 航平の大学時代の後輩で、その腕を見込まれて技術開発部のリーダーとして佃製作所へ招かれた。 3度の飯より実験が好きという根っからの研究者。 口数は少ないが、こと自身が携わる研究に関しては、周りを圧倒する勢いで熱弁をふるうことも。 航平の右腕的存在。 安田顕さんのコメント紹介! 佃製作所が、帰ってきます。 あれからどうなって、今、どうしているのかと、想い巡らせておりました。 日本が世界に誇る、モノづくりの技術。 それを支える市井の人々。 逆境に打ち勝つ心に、また出会えます。 佃社長に、また会えます。 一ファンとして、大いなる期待の高まりとともに、一出演者として、吐くほど緊張することでしょう。 とにかく、現場が楽しみです。 より引用 佃製作所の技術開発部の軽部真樹男という役よ! 技術開発部の孤高のエンジニア。 立花、加納とともにトランスミッションの開発に心血を注ぐが、ぶっきらぼうでドライな性格であるが故にたびたび周囲と衝突する。 しかし、仕事への情熱は人一倍あるようで……。 徳重聡さんのコメント紹介! 大変多くの方々から愛されている『下町ロケット』の佃製作所の一員になることができ、本当にうれしく思っております。 私の演じる軽部真樹男は、人と接するのが少し苦手な実力派の中堅エンジニア。 撮影現場のピリピリとした緊張感は凄まじいものですが、とても楽しい毎日です。 熱いメンバーの中で、ひとり冷めている軽部ですが、私自身はとても熱い思いで演じております! より引用 【主な出演作】• 大河ドラマ 八重の桜(2013年:NHK)大久保一蔵 役• 伊良部一郎(2011年:テレビ朝日)伊良部一郎 役• ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実(2018年:テレビ東京) — 辻本剛志 役• 帝国重工の元社員で、機械事業部で事業企画を担当していた経歴を持つ。 同僚だった研究職の島津とともにギアゴーストを立ち上げ、創業5年で急成長させた敏腕社長。 自身に技術力はないながらも、新たなビジネスモデルで成長を進め、業界でも異端児として注目されている。 尾上菊之助さんのコメント紹介! 「ものづくり日本」の誇りと情熱が込められた『下町ロケット』続編に今回参加することができて、本当にうれしく思っております。 原作を読ませていただき、夢に向かってさまざまな障害を乗り越え、夢を現実にしていくストーリーに、私自身とても勇気をいただきました。 私が演じる伊丹大は、自社で工場を持たず、企画設計のみを行い、5年で年商100憶の会社になったギアゴーストの社長です。 ベンチャー企業でオフィスも現代的かと思いきや、父の残した古い工場を事務所にし、社員を大事にする誠実で男気のある人物です。 ギアゴーストは、今回の『下町ロケット』でストーリーに深く関わる企業なので、全身全霊で伊丹大を演じていきたいです。 より引用 【主な出演作】• 大河ドラマ『葵 徳川三代』(2000年:NHK) — 豊臣秀頼役• スペシャルドラマ『坂の上の雲』(2010年:NHK) — 明治天皇役• 大河ドラマ『西郷どん』(2018年:NHK) — 月照 役• 帝国重工の元社員で、天才エンジニアと呼ばれていた。 伊丹と立ち上げたギアゴーストはトランスミッションを主戦とし、パーツのひとつひとつをコンペで選定して外注するという新たなビジネスモデルで急成長している。 航平をはじめとする佃製作所のメンバーと出会い、深く関わることに……。 イモトアヤコさんのコメント紹介! 今回『下町ロケット』という大好きな作品に参加できることがうれしくてたまりません。 私が演じる島津という女性は純粋にものづくりを愛するプロフェッショナルな誠意ある技術者です。 私自身、好きなものは好きと言える人でありたいと日々思っております。 そういった本当のことを生かしながら今回島津という女性を演じられたらと思います。 そして現場にいらっしゃるドラマというものづくりを愛する福澤組のキラキラした目と高揚感のある撮影現場になんだか緊張感と共に不思議な居心地の良さを感じております。 月曜日からまた「よし!」と思ってもらえるよう日曜日の夜を盛り上げていけるギアの一部になれたらなぁと気合いを入れております。 より引用 佃製作所の若手エンジニアの加納アキという役よ! 技術開発部の若手女性エンジニア。 学院の修士課程終了後、家庭の事情で研究を断念し、佃製作所に入社した。 少々おっちょこちょいだが、粘り強さはピカイチで、「ガウディ計画」プロジェクトで立花をサポートする。 朝倉あきさんのコメント紹介! 技術者・加納アキとして再び佃製作所で働けることを心から嬉しく思います。 夢を追うこと、利より義を貫くこと、考え抜いて努力し続けることは、どれも簡単なことではありませんが、決して諦めない佃社長とその心強いメンバーと共に、また新たな夢を追い掛けられるのが楽しみでなりません。 若い彼女が、自分の仕事が沢山の人の未来に繋がることを信じ、さらに成長していく姿を、今回も一生懸命演じていきたいと思います。 より引用 ケーマシナリーの顧問弁護士の中川京一という役よ! ケーマシナリーの顧問弁護士で、国内最大手である田村・大川法律事務所所属。 技術系の企業法務の分野では名の知れた優秀な弁護士で、競合となる中小企業を追い詰めるために訴訟を起こす企業の血も涙もない法廷戦略に加担している。 卓越した法廷戦略で佃製作所を追い詰めていく。 池畑慎之介さんのコメント紹介! 「もう二度と佃と関わらない!」と言って前作を終わっておりました中川弁護士。 にもかかわらず続編に参加させていただきますことに、一瞬戸惑いも感じました。 前作放送中には新幹線の中で、知らないサラリーマンの方々から「あのイヤな弁護士」と指さされました。 今回もよりイヤミな弁護士を目指したいと思っております。 ご期待ください。 より引用 佃製作所の前に立ちはだかるライバル企業「ダイダロス」の社長・重田登志行社長という役よ! 佃製作所の大手ライバル企業となる小型エンジンメーカー「ダイダロス」の代表取締役。 古舘伊知郎さんのコメント紹介! 民放での本格的な連続ドラマ出演は初めてです。 プレッシャーがないわけではないですが、頑張ろう! と気合が入っています。 アナウンサー時代から基本的にはフリートークなど、原稿を自分の言葉で話す癖がついてしまっているので、台本通りに台詞を言うことに苦労していますが、一から勉強と思い、初心を思い出して楽しくやらせていただいております。 労働の形は日々目まぐるしく変わっていますが、働くことのうれしさと苦しさなどは変わらないと思います。 『下町ロケット』で描かれる人間の喜怒哀楽や恨みなど、いろんな想いが詰まった作品の一部を演じさせていただけるのがとてもうれしいです。 より引用 【主な出演作】• TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜(2013年:TBS) — ホームレス(古堀杏子) 役• マッサージ探偵ジョー(2017年:テレビ東京) — エコ婆 役• ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜(2017年4月 -、NHK)• 不器用な性格だが、会社に対する愛着は人一倍。 航平や社員たちに対してキツい物言いをすることもあるが、それは佃製作所のことを思ってのこと。 今となっては一目置かれ、航平の良き相談相手となるなど、欠かせない存在。 そんな折、父親が倒れたと連絡が入る。 実家は三百年続く農家のため、看病と畑仕事の手伝いに週末ごとに帰省することになり……。 立川談春さんのコメント紹介! 池井戸作品のヒットシリーズでの続編ははじめてのことで、お役に立てるよう精進します。 生老病死という人間の苦しみに真正面から向き合いながら一歩ずつ歩んでいく殿村に御期待ください。 より引用 帝国重工の取締役の的場俊一という役よ! 帝国重工の取締役であり、次期社長候補。 次期社長候補の筆頭で、藤間と財前を追い込んでいく。 神田正輝さんのコメント紹介! 3年前に大きな話題となった『下町ロケット』に新たに参加できること、また、このような重厚な共演者の皆様方とご一緒させて頂くこと、大変うれしく思います。 佃製作所や帝国重工に関わる全ての人物が、信念を持って仕事に取り組んでいます。 そんなそれぞれの思いのぶつかり合いによってできる壮大なドラマを視聴者の皆様にお届けし、明日への活力にしてもらえるよう、日々撮影に臨んでおります。 どうぞご期待ください。 より引用 帝国重工宇宙航空部の部長の財前道生という役よ! 入社以来順調にエリートコースを歩んできて、純国産ロケット開発計画 「スターダスト計画」 を担当。 そこで巡り合った佃製作所の技術力に感銘し、キーテクノロジーの内製化という方針の藤間社長を説得し、佃製バルブシステムの部品供給を実現させた。 その後、部品供給業者をコンペにより選定すると社内方針が変わるも、佃の技術力を信じ、佃製のバルブを搭載するため奮闘した。 スターダスト計画発足から10年。 「スターダスト計画」 を先頭に立って推し進めてきたが、様々な壁に阻まれ岐路に立たされる。 吉川晃司さんのコメント紹介! 財前部長は、常に真っ直ぐにして華やかなキャラクターですから、「蘭心竹生」を旨に、いっそうしなやかであれ。 より引用 【主な出演作】• 天地人(2009年、NHK総合大河ドラマ) — 織田信長 役• 八重の桜(2013年、NHK総合大河ドラマ) — 西郷隆盛 役• 映画・るろうに剣心(2012年、ワーナー・ブラザース)- 鵜堂刃衛 役• 都庁爆破! しかし、買収の失敗などによる大幅な赤字により、経営責任を問う声が高まり、窮地に立たされ……。 杉良太郎さんのコメント紹介! それぞれの職種において、自分の好きな道、得意なもの、いわゆる英才教育、プロフェッショナル育成など教育の過程から人々を好きな道へ行かせてあげることは大事だと思います。 零細企業や中小企業に光を当て、そのような仕事場で働く人たちに大きな力を出してもらうためにはどうすればいいか。 この人達のヤル気・本気が人類の歴史を変えていくことは間違いありません。 大企業の社長・藤間の役を演ずるにあたって、中小企業の方々に支えられているという思いをしっかりと伝えていきたいと思います。 より引用 【前作から続投】• 江原春樹(えばら はるき):和田聰宏 営業二部の係長で、若手社員のリーダー的存在。 元同僚の真野から協力を依頼された人工弁開発プロジェクト「ガウディ計画」において営業と開発チームのサブリーダーとなり、開発に従事した。• 迫田 滋(さこた しげ):今野浩喜 経理部の係長。 堅実な仕事ぶりと的確な意見により、江原と並び若手社員のリーダー的存在。• 津野 薫(つの かおる):中本 賢 営業第一部部長。 社長としての航平を信頼している。 唐木田 篤(からきだ あつし):谷田 歩 営業第二部部長。 外資系IT企業出身で、徹底した合理的思考の持ち主。 営業第一部部長の津野とは対立することも。 さらに、理想を求める航平や山崎とも意見が食い違うこともある。 しかしそれは佃製作所の経営を思ってのこと。 仁科美咲(にしな みさき):ぼくもとさきこ 接客担当の事務員。 徹夜で作業する社員を気遣うなど、陰で支えるムードメーカー。 【今作から出演】• 蔵田慎二(くらた しんじ):坪倉由幸 農機具メーカー、ヤマタニ製作所の調達部長。 佃製作所の大口取引先。 性能よりもコスト重視の方針に変更したいと、佃製作所に小型エンジンの取引削減を告げる。 伊丹と島津のことを信頼している。 島津の設計を理解して支える技術者のひとり。• 殿村恭子(とのむら きょうこ):立石涼子 殿村の母。 優しく穏やか。 ひとりで米を作り続ける夫・正弘を支えている。• 蒔田(まきた):山本圭祐 大森バルブの営業部員。 町工場である佃製作所がコンペに名乗り出たと知り、身の程知らずだと失笑し……。• 本田郁馬(ほんだ いくま):山田悠介 技術開発部。 佐伯文也(さえき ふみや):松川尚瑠輝 技術開発部。 上島友之(うえしま ともゆき):菅谷哲也 技術開発部。 島津の設計を支え、開発に勤しんでいる。• 斉藤あゆみ(さいとう あゆみ):原アンナ 帝国重工、技術者。 利菜の先輩。• 次々とライバル会社を訴えては莫大な和解金を手にする知財戦略を繰り返し、業界内で恐れられている。• 殿村正弘(とのむら まさひろ):山本 學 殿村の父。 三百年続く農家の十二代目。 農家は俺の時代で終わりにすると、殿村を大学まで行かせ、ひとりで米を作り続けてきた。 しかし、高齢なこともあり、過労で倒れてしまう。• 以上の、豪華な出演者が、多数発表されています。 第2弾の「下町ロケット ガウディ計画」はテレビドラマ放送真っ只中に原作小説が発売され、その発売直後の原作をドラマ化したことが、大きな反響を呼び、小説は現在、シリーズ累計280万部を突破しています。 なお、最新作である「下町ロケット ゴースト」は7月20日 金 に発売されました。 更に、第4弾の「下町ロケット ヤタガラス」が9月28日 金 に発売されることが決定していますので、前回同様2部構成で描かれるのではと期待してしまいます!.

次の

下町ロケットのモデル企業のまとめ!佃製作所や帝国重工とギアゴーストは?

下町ロケット 帝国重工会長 沖田役

スポンサーリンク 前作から3年、新シリーズ日曜劇場 『下町ロケット2』も、高視聴率をキープしています。 「宇宙から大地へ」をテーマに、第一章【ゴースト編】そして第二章【ヤタガラス編】と大きく物語が動いています。 キャスト陣にも、芸人・アナウンサー・タレントなどを多数起用していることでも話題沸騰! そんな『下町ロケット2』も、いよいよ終盤戦に突入です。 最終回はいつになるのか?も気になるところですよね。 しかし、なんと年明け2019年には 『下町ロケット』のスペシャル版の放送が決定しています! 『下町ロケット』ファンにはたまらない朗報ですよね。 最終回はいつになるのか?そして、気になる2019年のスペシャル版の放送日や内容についても、一緒に探っていきましょう。 現在放送中の連続ドラマは最終回で一旦結末を迎え、そして、スペシャル版は、その後の物語として描かれます。 そんな『下町ロケット2』は、言わずと知れた池井戸潤さんの小説が原作です。 池井戸潤さんの小説はほぼ映像化されており、2013年に放送された堺雅人さん主演の「半沢直樹」が爆発的大ヒット!! 平均視聴率28. 7%、最終話にいたっては、42. 2%を記録しました。 それを機に、TBSの日曜劇場は池井戸潤さんのドラマが日曜9時枠を飾っていますね。 「ルーズヴェルト・ゲーム」 2014年• 「下町ロケット」 2015年• 「陸王」 2017年• 「下町ロケット2」 2018年 この中でも、シリーズ化しているのは、『下町ロケット』だけ。 みんなに愛される佃製作所が、お正月にも観られるのは楽しみです。

次の

下町ロケット2後編 ヤタガラス ドラマ登場人物とキャスト(ネタバレあり)

下町ロケット 帝国重工会長 沖田役

阿部寛さん主演ドラマ『下町ロケット(2018)』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。 帝国重工との無人農業ロボット・アルファ1の開発に参戦することになった佃製作所。 しかしアルファ1は、ライバルである重田登志行(古舘伊知郎)や伊丹大(尾上菊之助)の開発するダーウィンと比べると、かなり出遅れた状態で、製品化に向け、差を埋めていきたいところです。 そんな中、無人農業ロボット開発が首相肝いりのプロジェクト入りしたことにより、首相の視察において再びアルファ1とダーウィンの一騎打ちが繰り広げられることに。 いよいよ、最終回。 無人農業ロボット対決、そして重田らの次期社長候補・的場俊一(神田正輝)への復讐はどのような結末を迎えるのでしょうか? 以下、ドラマ『下町ロケット』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。 ネタバレしますので、ドラマ『下町ロケット』最終回がまだ・・・という方はご注意ください。 ドラマ『下町ロケット』最終回までの簡単なあらすじ( ネタバレ) ギアゴースト社長・伊丹大(尾上菊之助)に裏切られ、捨てられた エンジニア・島津裕(イモトアヤコ)を社員に引き入れ、本格的に帝国重工との無人農業ロボット開発に乗り出した佃製作所。 そんな中、自然災害により 殿村直弘(立川談春)と 父・正弘(山本學)の田んぼが浸水し、 刈り入れ直前だった稲が全滅してしまいます。 大きなショックを受けながらも、さらに美味しい殿村の米を作ろうと再起した殿村でしたが、殿村が農林協を通さずに、オリジナルブランド化した米を販売していることを快く思わない 農林協職員・吉井浩(古川雄大)は、殿村が申し入れた田んぼの復旧のための融資を断るのでした。 そんな殿村家の助けになればという思いもあり、今回災害でダメになった田んぼを、 無人トラクター向けの実験用の圃場として貸してほしいと申し出た 佃航平(阿部寛)と 財前道生(吉川晃司)。 ロボットに米が作れるわけがないと拒否していた正弘でしたが、 日本の農業を救いたいという佃と財前の強い思いに共感し、正弘は圃場を帝国重工に貸すことにしたのでした。 さらに詳しいドラマ『下町ロケット』最終回までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら スポンサーリンク Yahoo! テレビみんなの評価 2. 87点 (5点満点) 前週より 0. うまく言えませんが、感謝の気持ちを表したドラマだと思います。 最低最悪な性格なのを表現するのに、あんな風な物言いや表情でやるしかないのかね…?まるで顔芸。 あんな演技見せられると、バカらしくて逆に「ムカつくー!」って思い無くなる。 半沢直樹や陸王、前作の下町ロケットの方が敵役の演技がリアルだったと思う。 とにかく、農業法人のあの悪党二人がギャフンとなるとこだけ 見たいんですが。 以上、Yahoo! テレビみんなの感想の一部です。 精魂込めて育ててきたものが一瞬で失くなってしまう悲しみ、そこから立ち上がろうとする殿村と父・正弘の思いに感動したという声、そしてそんな殿村家に立ちはだかる吉井と稲本に対する批評が目立ちました。 ドラマ『下町ロケット』最終回の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。 スポンサーリンク ドラマ『下町ロケット』第10話の視聴率は15. 5%となり、ドラマスタート以来の最高視聴率を記録しました。 ドラマ『下町ロケット』を除く、すべての連続ドラマが最終回を迎えた今期。 平均視聴率トップの座を独占してきたドラマ『リーガルV』が最終回にて視聴率17. 6%を記録し、今期の最高視聴率を叩き出しています。 今期最高視聴率が更新されることはあるのか?期待が高まります。 ドラマ『下町ロケット』最終回の視聴率は、期待を込めて17%代と予想します。 実際のドラマ『下町ロケット』最終回の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。 6%でした 第1話 第2話 第3話 第4話 13. 9% 12. 4% 14. 7% 13. 4% 第5話 第6話 第7話 第8話 12. 7% 13. 1% 12. 0% 11. 5% 第9話 第10話 最終回 12. 6% 15. 5% 16. 6% それでは、ドラマ『下町ロケット』最終回ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです! スポンサーリンク 一方、ダーウィンの方も急にエンジンが止まってしまうという不具合を解決できずにいた。 両者が問題を抱える中、首相の視察イベント当日を迎えることになるのだった。 当日、新しくなったアルファ1を初めて目にした的場と機械事業部製造部長・奥沢靖之(福澤朗)。 島津と佃製作所の参加により、アルファ1は著しいダウンサイジングに成功していて、その大きさはダーウィンと変わりない。 しかし、的場はそんな佃製作所の功績をたたえようともせず、『もしこのダウンサイジングが失敗なら、藤間社長の判断が誤りだったということになる』と語り、ぜひその瞬間を見届けてやろうという腹積もりのようだ。 イベントがいよいよ始まった。 しかし、首相の到着が遅れたことにより、スケジュールの関係上、ダーウィンのデモしか見せられないとの説明が担当者からあった。 『ふざけるな!』担当者を一喝した的場は、到着した首相に歩み寄り、ぜひアルファ1のデモも見て欲しいとすがりついた。 しかし、首相はかねてから週刊誌で報道されている的場のスキャンダルについて、よく知っていたようだ。 『的場さんって言ったね?あんまり中小企業をいじめないでくださいよ!』と返され、的場はその場の失笑をかうことに・・・ 呆然と立ち尽くす的場に、重田登志行(古舘伊知郎)と伊丹大(尾上菊之助)が近づき声をかける。 『その節は大変お世話になりました』という重田に、『誰かね?覚えてないな』と答える的場。 重田は『私はあなたの言葉、よおく覚えてますよ?だからこうして這い上がってきたんですよ』と憎しみの炎を瞳の中に燃やしながら語る。 しかし、的場は『負け犬どおし、お似合いじゃないか?倒産も退職も自業自得だ』と言い、逆恨みも甚だしいをその場を去っていこうとした。 『的場さん、気を付けてください。 俺たちは徹底的に叩き潰す』重田は的場の背中に言葉を投げつけた。 スポンサーリンク 間も無くダーウィンのデモが始まり、問題無く終了した。 その動きはアグリジャパンの時とは比べようがないほどに向上している。 やがて、首相が席を立ち、居合わせた観客の半分が帰ってしまう中、アルファ1のデモが始まった。 ダウンサイジングに成功したことから、狭路を問題無く走行していくアルファ1。 アグリジャパンの際に見せたコーンへの接触もない。 伊丹も思わず『やるな・・・』と漏らしてしまい、重田から睨まれた。 そして、最後にカカシにさしかかる。 ピーっという検知音を鳴らし、アルファ1は正確にカカシの前で停止。 佃製作所の社員らの顔に笑顔が浮かび、皆嬉しそうに拍手をする中、アルファ1のデモは無事終了した。 スポンサーリンク アルファ1がガレージに戻ってきた。 『見てもらえなかったんだったら、評価してもらえません・・・』と肩を落とす立花洋介(竹内涼真)。 軽部真樹男(徳重聡)も『やらないほうがよかったんじゃないの?』とさらに落ち込ませることを言う。 佃航平(阿部寛)は今やロケット品質にまで高まったバルブも、かつては誰にも評価してもらえなかったと語り、トランスミッションにもいつか世間が勝手に評価してくれる時が必ず来ると立花らを励ます。 島津は今回のデモで、ダーウィンがノーミスで15分30秒だったことに対し、アルファ1が同じくノーミスで12分41秒だったと告げた。 この事実に、立花たちも笑顔とやる気を取り戻した。 そこへ、伊丹が島津に話しかけてきた。 『どうだった?島ちゃん。 うちのトラクター』しかし、島津は『あのトラクター本当に売るの?本当にあれでいいと思ってるわけ?』と返す。 島津はダーウィンが抱えている不具合に気づいているようだ。 これを受け、伊丹は開発主任・氷室彰彦(高橋努)に、『この前の不具合の件で、調べてくれたんだよな?トランスミッション。 問題なかったんだよな?』と改めて確認。 氷室は『当たり前じゃないですか?!』と声を荒げ、さっさとその場から去ってしまう。 そこへ、エンジニア・柏田宏樹(馬場徹)が今日のダーウィンとアルファ1のタイムが書かれたメモを持って、現れた。 確実に距離を縮められていることに気づき、またダーウィンが抱える不具合の原因もつかめていないことから、伊丹は内心焦っていた。 先日の首相の視察で行われた無人農業トラクターのデモの様子はニュースでも大きく報じられた。 しかし、報じられたのはダーウィンのデモのみで、その直後に行われたアルファ1のことが報じられることはなかった。 肩を落としながら朝食をとる佃の隣に、利菜(土屋太鳳)の姿はない。 バルブ対決に負けて以来、佃製作所を超えるバルブを作るため、利菜は毎日朝早くから夜遅くまで、会社で開発に没頭しているらしい。 ダーウィンの発売が来年の7月に決定した。 これを受け、アルファ1の発売も来年の7月に決まる。 しかし、島津の表情は暗い。 この前に聞こえた異音が気になって仕方ないのだ。 その不安が将来的に致命傷になるかもしれないと考えた佃の判断で、殿村の圃場にて、走行テストを繰り返すことになる。 しかし、不具合の原因はなかなかわからないのだった。 ドラマ『下町ロケット』最終回のあらすじ( ネタバレ)後編 見つかった不具合 役員会議にて、やはり的場には『どう対処するつもりだ?』という声が飛んだ。 それに対して、『我が社も発売時期を早めたいと思います』と答えた的場。 同席していた財前は驚きが隠せない。 佃製作所は間に合わないと回答していることから、自社の製造部が作ったトランスミッションで大型化した製品を出してはどうかというのが的場の意見だった。 『アグリジャパンの失態を忘れたわけじゃないだろう?』と釘をさす藤間。 しかし、不具合に関してはすでに改められ、改良。 製品化できる状態にあると的場は説明した。 『ひとつ条件がある』と切り出した藤間。 『我が社と佃製作所、どちらのエンジンとトランスミッションが優れているか、性能比較をしてくれ。 問答無用の性能勝負だ』的場も応じ、社外の機関に依頼し、公平な状態での性能テストを行うことに決まった。 もし、佃製作所が負けた場合、当然佃製作所はプロジェクトから外され、藤間は社長を退き、帝国重工はロケット事業からも撤退ということになる。 そこまで見越し、的場が吹っかけた喧嘩だった。 売られた喧嘩を受けるという選択肢しかない佃製作所。 性能テストに向けて、改めてひとつとなった佃製作所に、走行テストを行っていた加納アキ(朝倉あき)から連絡が入った。 『大変です!アルファ1が走行テスト中にエンストしました!』 エンジンとトランスミッションをバラして検証した結果、トランスミッションに問題があることが判明した。 ギアのひとつをとり、『耐衝撃寿命が短すぎたんだ・・・』とつぶやく島津。 予想以上の負担がかかっていたようだ。 耐衝撃寿命を今までの5万回から、10万回にあげるべきだという島津。 しかし、性能テストまでもう時間がない・・・ 会社のピンチにトランスミッション開発チームに、ロケットバルブ開発チームも加わり、一丸となって取り組むことになる。 スポンサーリンク そんな中、ダーウィンの不具合が再び発生した。 走行中にエンストし、再起動したがそのまま動かなくなったというのだ。 『トランスミッションの性能的な問題じゃないんですか?!』と氷室に食いつく柏田だったが、氷室は認めない。 言い争っているうちに、キーシンの戸川譲(甲本雅裕)がプログラム上の不具合かもしれないと声をあげたことから、ギアゴーストがトランスミッションの不具合の可能性を深く考える機会は失われたままになってしまうのだった。 農林協では発売が決まったダーウィンのパンフレットの配布が始まり、多くの農家がパンフレットを求め、農林協に押し寄せた。 一方、発売日の詳細は未だ未定のアルファ1。 心配した殿村が佃に電話してみると、佃は現在トランスミッションの不具合と格闘しているが、やってもやってもうまくいかないのだという。 電話を切った殿村が、何もできない自分の非力さに肩を落としていると、妻・殿村咲子(工藤夕貴)が話しかけてきた。 殿村にできることは世界一美味しい米を作ること。 咲子はそう語り、『それがあなたの戦い方。 あなたなりの佃プライドなんじゃないの?』と言うのだった。 スポンサーリンク 佃製作所に、父の忘れ物を届けに利菜がやってきた。 受け取った島津に、利菜は父を超える技術者になりたいがなかなかうまくいかないと語った。 そんな利菜に、『技術者はひたすら物を相手にしているように見えて、実は違うの。 人の心を相手にしているの』と語りかける島津。 島津は、かつては帝国重工でエンジニアとして働いていた時には学べなかったことを、佃製作所で学んだと語り、『利菜さんにもいつかきっとそういう出会いがあるんじゃないかな?』と励ますのだった。 トランスミッションの耐衝撃寿命向上に尽力する佃製作所。 性能テストがあと5日後に迫っているというのに、目標の10万回には到底届かない・・・ 佃製作所を訪れた財前は、『これは帝国重工の人間がいうことではない気がしますが・・・勝ってください』と佃に告げる。 それが帝国重工のためにも、日本の農業のためにもなると信じていると的場は語るのだった。 スポンサーリンク 検証、性能テスト、また検証を繰り返す佃製作所。 誰もが頭を抱える状況の中、立花が『ギアじゃないんじゃないかな?』と漏らした。 『シャフトだ!』島津がひらめく。 思い切ってシャフトを変えた結果、耐衝撃寿命も目標の10万回をクリアすることができた。 性能テスト当日。 佃製作所と帝国重工のトランスミッションがモーター技研に持ち込まれ、結果は後日郵送されることになる。 社員一同が待ち受ける中、モーター技研からのバイク便がやってきた。 受け取った経理係長・迫田滋(今野浩喜)が、『社長!お願いします!』と佃に手渡す。 中身を確認した佃が、『みんな、残念ながら・・・・・圧勝だ!!佃製作所の新たな挑戦が始まるぞ!』を声をあげ、社員一同が拳を振りかざし、雄叫びを上げた。 同じ頃、的場も性能テストの結果を確認していた。 帝国重工の性能がCと評価されたことに対し、佃製作所の性能はA評価。 『まさか・・・』奥沢が目を見開き、漏らした。 モーター技研からのコメント欄には、帝国重工の設計思想が古いとの評価がある。 もし内製化を目指すのならば、佃製作所から指導してもらったほうが良いというコメントもあり、的場を愕然とさせるのだった。 そんな中、藤間が新たに打ち出していた、コスト削減ロケット、リユーザブルロケットの打ち上げが行われた。 佃らが見守る中、ロケットは空の彼方に消えていくのだった。 帝国重工のアルファ1はその名を新たにランドクロウと変え、その記念すべき第1号機が殿村の自宅へ運び込まれた。 カッコよくなったと声を上げる正弘に、変わったのは名前だけだと突っ込む殿村。 ランドクロウを運んできた佃製作所の社員らにも、笑顔が浮かぶ。 一方、ランドクロウよりも3ヶ月先に発売を迎えるダーウィンは、すでに予約の受注を始めていて、想像以上の予約が殺到している。 『ようやくここまで来た・・・』と喜びを噛み締める伊丹だったが、そのPCには『ダーウィンが停止した』という件名の新たなメールが到着していた。 再び、殿村家の圃場。 圃場を力強く進むランドクロウを見守りながら、佃はランドクロウに搭載されたトランスミッションの特許申請をしてはどうかと島津に持ちかけ、島津も応じた。 『カッコなんて悪くたっていい、時間だってかかるだろう。 それでも止まらなければ、いつかきっといいものができるだろう。 それだけを信じて、俺たちは夢を見続けよう』佃は社員らにそう語りかけると、走っていくランドクロウに目を向け、『走れ!ランドクロウ!俺たちの思いを乗せて、走ってくれ!』と呼びかけるのだった。 スポンサーリンク ドラマ『下町ロケット』最終回が終了しました。 ダーウィンとの一騎打ちでわずかに優勢に立った佃製作所と帝国重工の内部で性能対決が巻き起こり、結果佃製作所が勝利した最終回となりました。 自らのプロジェクトを助けてくれるパートナーである佃製作所に、最後の最後まで喧嘩をふっかけてきた的場。 褒められるやり方ではありませんが、自らも叩き上げで現在のポジションを得ているのにもかかわらず、一切現場のことを気遣おうとしない的場の姿は、今回も視聴者をうんざりさせてくれました。 品質重視で発売に際して、3ヶ月の遅れをとることになったアルファ1改めランドクロウですが、ランドクロウが問題点を最終回にて解決した一方、ダーウィンの不具合は見過ごされたままになっています。 プログラムに問題があったという展開でしたが、ラスト再びエンストしてしまったという報告が舞い込んでいることから、やはり不具合の原因はプログラムではなくトランスミッションにありそうです。 おそらく結果的にはランドクロウがダーウィンに勝つのだろうという流れは読めるとして、その勝利の先に的場にどんな結末が待ち受けるのかが気になります。 そして、噂通り、最終回の続きは1月2日の新春ドラマ特別編として放送するようですね。 最終回じゃないじゃないか・・・とも思いますが、その分、結末が丁寧に描かれることは喜ばしいことです。 ドラマ『下町ロケット』新春ドラマ特別編を楽しみに待ちたいと思います。 ドラマ『下町ロケット』最終回の次に始まる新ドラマは? ドラマ『下町ロケット』最終回の次に、同枠で始まる新ドラマは常盤貴子さん主演ドラマ『グッドワイフ』です。 とにかくキャストが大物ばかり。 鉄板の弁護士ものということで視聴率にも期待できそうですね。 新ドラマ『グッドワイフ』を楽しみに待ちたいと思います。

次の