まつ きく りゅう。 渋谷ハジメ【中の人・前世紹介】

KIKUO'S HOMEPAGE きくおのホームページ

まつ きく りゅう

喜久龍は、奈良市にある中華料理のお店です。 喜久龍の最寄り駅は近鉄奈良線の新大宮駅で、駅から歩いて20分ぐらいです。 奈良県営プールの跡地でホテルやNHKなどの大規模の再開発が進んでいる場所の近くです。 三条通りの南側です。 外観は中華風です。 駐車場は道路を挟んだ正面の建物の前にあって、3台ほど停められます。 日曜日の12時過ぎにランチに行ったところ、お客さんは2組いました。 店員さんと親しそうに話をしていたので、常連さんのようです。 後から来た人も常連さんのようで、この辺りは繁華街や観光地ではないので、近所のお客さんが多いみたいです。 座席は、4人掛けのテーブルが3卓、カウンターが6席だったと思います。 2階にも座席がありますが、2階は予約制の宴会用です。 店内は昔から親しまれている町の中華屋さんといった雰囲気です。 店内は喫煙可で、テーブルには最初から灰皿が置いてありました。 タバコを吸っているお客さんがいて、煙たかったです。 ランチメニューは、日替わりの定食が3種類ありました。 肉ダンゴ定食 税込950円 スタミナ定食 税込950円 味噌ラーメン定食 税込850円 (メニューの写真はクリックすると拡大します) 上はお店の表に掲げられていたメニューです。 下は店内のメニューです。 麺類は12種類から選べます。 600円のラーメンから、750円のチャーシュー麺、ちゃんぽん麺、味噌ラーメンまで、料金に幅があります。 日替わりの肉ダンゴ定食です。 大きなトレイに乗せられて来ました。 メインの肉ダンゴがあって、ご飯、スープ、酢味噌和え、漬物、サラダ、オレンジが付いていました。 ボリュームがあります。 肉ダンゴは甘酢のあんかけで美味しかったです。 一口では食べにくいぐらいの大きい肉ダンゴが7個ありました。 ワケギと薄揚げの酢味噌和え、白菜の漬物、サラダ、オレンジです。 ご飯の量は160g(茶碗に少し多い)ぐらいかなと思います。 スープはラーメンスープのようで、少し塩辛かったです。 他のお客さんも日替わり定食を頼んでいる人が多かったです。 中華料理屋さんですので、メニューが豊富です。 麺類は15種類、飯類は10種類、スープ類は7種類、一品料理は5種類、炒め物は7種類、揚げ物は4種類、その他に7種類ありました。 日替わり定食とランチセットの他に、メニュー表に定食やセットは見当たりませんでした。 酢豚や麻婆豆腐など、日替わり定食以外の料理を食べたいときは、別にライスを注文しないといけないようです。 一部のメニューはお持ち帰りが可能です。 喜久龍の斜め向かいにも、古くから営業してそうな豚珍館という中華料理屋さんがあります。 メニューも雰囲気も似てそうです。 ランチセットのやきめしです。 量は160gぐらいかなと思います。 ランチセットのチャーシュー麺です。 やきめしとセットで税込990円です。 また行きたい度:•

次の

登録名字一覧か行(か、き、く、け、こ) 名字見聞録

まつ きく りゅう

VTuber紹介 にじさんじより、2018年1月31日に。 アニメやゲーム、グッズ集めが好きな20歳の大学二年生で、にじさんじで最初に生配信を行った元一期生。 2019年10月末から活動を休止しており、翌年2月に復帰。 休止前は登録者の減少などに悩まされていたが、復帰後に行ったARK配信では、長時間の配信を通し瞬く間に文明を発展させ、YouTubeの急上昇にも載るなど再び人気を集めている。 中の人・魂・前世 りゅーき、碧葉龍騎、神河龍騎 根拠 配信でのマイルドで落ち着いた声が酷似。 関西出身である事や特撮好きが共通。 神河龍騎については、りゅーき 碧葉龍騎 と誕生日が同日、名前の一部が共通、大阪に住んでいた、特撮好きである点などから同一人物だと考えられる。 情報 コスプレイヤーや、配信者としてニコ生を中心に活動していた。 その声質を活かし、おそ松さんなど、櫻井孝宏が演じるキャラクターの声真似などで人気を集めていた。 過去の配信や動画は削除されており、一部のコラボ動画などでのみ確認できる。 神崎龍騎名義での活動はCOSPLAYERS ARCHIVEなどで確認でき、特撮やラグナロクオンラインのコスプレをしていたことがわかる。 下記画像中央ハワード役.

次の

古坂大魔王(ピコ太郎))がよく行くお店!方南町にある焼き鳥屋「松隆(まつりゅう)」

まつ きく りゅう

立ち葵• ・(ふたはあおい・かもあおい)-• 花付き二葉葵(はなつきふたはあおい)• 裏葵(うらあおい)• 葵の丸(あおいのまる)• (まるにみつあおい)- - - (寺紋)• 徳川葵(とくがわあおい)• 紀州三つ葵(きしゅうみつあおい)-• 尾州三つ葵(びしゅうみつあおい)-• 水戸三つ葵(みとみつあおい)-• 松平三つ葵(まつだいらみつあおい)• 会津三つ葵(あいづみつあおい)-• 丸に三つ裏葵(まるにみつうらあおい)• 立ち葵(たちあおい)-• 原立ち葵(はらたちあおい)• 本多立ち葵(ほんだたちあおい)-• 本多束ね葵(ほんだたばねあおい)- 麻(あさ) [ ]• 三つ楓• 一つ楓(ひとつかえで)• 三つ楓(みつかえで)-• 四つ楓(よつもみじ)- (歌舞伎)• 陰楓(かげかえで)• 古木楓丸(こぼくかえでのまる) 柿(かき) [ ]• 柿の花(かきのはな)• 抱き柿の葉(だきかきのは) 杜若(かきつばた) [ ]• 花杜若(はなかきつばた)- - -• 杜若菱(かきつばたびし)-• 中山杜若(なかやまかきつばた)- 梶(かじ) [ ]• (かじのは)• 立ち梶の葉・梶葉(たちかじのは・かじのは)• 抱き梶の葉(だきかじのは)• 細輪に覗き梶の葉(ほそわにのぞきかじのは)• 安部梶の葉(あべかじのは)-• 諏訪梶の葉(すわかじのは)-• 平戸梶の葉(ひらとかじのは)- 柏(かしわ) [ ] 結び柏(三つ柏の変形) のひとつ。 三つ柏紋の場合、葉脈三本 計21本 ・葉脈四本 計27本 の2種類がある。 (みつかしわ)- 、、• (まるにみつかしわ)- -• 丸に蔓柏(まるにつるかしわ)-• 丸に片手蔓柏(まるにかたてつるかしわ)• 丸に剣三つ柏(まるにけんみつかしわ)• 丸に鬼三つ柏(まるにおにみつかしわ)• 結び三つ柏(むすびみつかしわ)- 、、• 三つ柏巴(みつかしわどもえ)• 三つ柏に六の剣• 抱き柏(だきかしわ)-• 丸に抱き柏(まるにだきかしわ)• 違い柏(ちがいかしわ)• 丸に違い柏(まるにちがいかしわ)- 、大倉氏• 結び柏(むすびかしわ)• 牧野柏(まきのかしわ)-• 土佐柏(とさかしわ)-• 中川柏(なかがわかしわ)- 中川氏(豊後岡藩主家) 片喰(かたばみ) [ ] 詳細は「」を参照• 桔梗(ききょう)- - - - - -• 丸に桔梗(まるにききょう)- - -• 細桔梗(ほそききょう)-• 丸に細桔梗(まるにほそききょう)• 八重桔梗(やえききょう)• 丸に八重桔梗(まるにやえききょう)• 剣桔梗(けんききょう)• 丸に剣桔梗(まるにけんききょう)• 捻じ桔梗(ねじききょう)• 井桁に桔梗(いげたにききょう)• 組み合い角に桔梗(くみあいかくにききょう)・組み合わせ枡に桔梗(くみあわせますにききょう)-• (ときぎきょう)- - -• 水色桔梗(みずいろききょう)-• 太田桔梗・丸に細桔梗(おおたききょう・まるにほそききょう)- 菊(きく) [ ] 詳細は「」を参照• 十六菊(じゅうろくぎく)• 十六八重菊(じゅうろくやえぎく)- - (神紋)• 陰十六菊(かげじゅうろくぎく)• 十六菊に一文字(じゅうろくぎくにいちもんじ)-• 石持ち地抜き十六菊(いしもちじぬきじゅうろくぎく)• 十六裏菊(じゅうろくうらぎく)- -• 十六重ね菊(じゅうろくかさねぎく)• 十六鬼菊(じゅうろくおにぎく)• 十六剣菊(じゅうろくけんぎく)• 八つ菊(やつきく)• 十菊(じゅうきく)• 十二菊(じゅうにきく)• 割り菊(わりぎく)• 三つ割り菊(みつわりきく)• 菊菱(きくびし)• 裏菊菱(うらきくびし)• 三つ盛菊菱(みつもりきくびし)• 四つ割り菊菱(よつわりきくびし)• 饅頭菊(まんじゅうぎく)• 菊浮線綾(きくふせんりょう)• 菊水(きくすい)-• 葉付き菊水(はつききくすい)• 有栖川十六八重裏菊(ありすがわじゅうろくやえうらきく)-• 有栖川抱き葉菊(ありすがわだきはぎく)-• 青山菊(あおやまぎく) 桐(きり) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 五三桐(ごさんのきり)• 五七桐(ごしちのきり)- - - - - - (青地に金色の徽章)• 丸に五三桐(まるにごさんのきり)-• 丸に五七桐(まるにごしちのきり)• 丸に頭合わせ三つ五三桐(まるにかしらあわせみつごさんのきり)-• 五七桐竹(ごしちのきりたけ)- (神紋)• 乱れ桐(みだれぎり)• 光琳桐(こうりんぎり)• 光琳唐桐(こうりんからぎり)• 桐車(きりぐるま)• 佐竹桐(さたけぎり)-• 新田桐(しんでんぎり)• 仙石桐(せんごくきり)• 太閤桐(たいこうぎり)- (定紋)• 対州桐(つしまぎり)• 多度桐(たどぎり)• 土佐桐(とさぎり)- 、• 有馬桐(ありまぎり)-• 文晁桐(ぶんちょうぎり)• 利休桐(りきゅうぎり)• 桐蝶(きりちょう)- (歌舞伎)• 組み合い角に五三桐(くみあいかくにごさんのきり)- 河骨(こうほね) [ ] 三つ河骨• 丸に一つ河骨(まるにひとつこうほね)• 三つ河骨(みつこうほね)• 丸に頭合わせ三つ河骨(まるにかしらあわせみつこうほね) 桜(さくら) [ ]• 桜(さくら)- -• 丸に桜(まるにさくら)• 丸に細桜(まるにほそさくら)• 向こう桜(むこうざくら)• 捻じ桜(ねじざくら)• 山桜(やまざくら)• 丸に山桜(まるにやまざくら)• 向こう山桜(むこうやまざくら)• 捻じ山桜(ねじやまざくら)• 八重桜(やえざくら)• 八重山桜(やえやまざくら)• 細桜(ほそさくら)• 丸に細桜(まるにほそさくら)• 江戸桜(えどざくら)• 大和桜(やまとざくら)• (しおがまざくら)- (神紋)• 外環桜(そとかんざくら)• 桜浮線綾(さくらふせんりょう)• 蟹桜(かにざくら)• 小山蟹桜(こやまかにざくら)- 杉(すぎ) [ ]• 一本杉(いっぽんすぎ)• 丸に一本杉(まるにいっぽんすぎ)• 二本杉(にほんすぎ)- 篠田氏• 三本杉(さんぼんすぎ)• 本田一本杉(ほんだいっほんすぎ)- 大根・蕪(だいこん・かぶら) [ ]• 違い大根(ちがいだいこん)• 割り大根(わりだいこん)• 二股大根(ふたまただいこん)- 竹・笹・筍(たけ・ささ・たけのこ) [ ] 竹に雀(仙台笹)• 三枚笹(さんまいざさ)• 五枚笹(ごまいざさ)- 一門• 九枚笹(くまいざさ)• 丸に九枚笹(まるにくまいざさ)-• 稲葉九枚笹(いなばくまいざさ)-• 丸に根笹(まるにねざさ)-• 十枚笹(じゅうまいざさ)• 切り竹に笹(きりたけにささ)• 五枚笹竹の丸(ごまいささたけのまる)• 長谷川筍(はせがわたけのこ)-• 三つ竹輪違い(みつたけわちがい)• 竹に雀(たけにすずめ)• 鳥居笹 -• 勧修寺笹(かじゅうじささ)-• 上杉笹(うえすぎささ)-• 米沢笹(よねざわざさ)- 上杉氏• 仙台笹(せんだいざさ)-• 宇和島笹(うわじまざさ)- 伊予宇和島伊達氏• 吉田笹(よしだささ)- 伊予吉田伊達氏• 山口笹(やまぐちささ)- 牛久山口氏• 最上笹(もがみささ)- 最上氏 橘(たちばな) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 橘(たちばな)- -• 丸に橘(まるにたちばな)- -• 三つ組橘(みつくみたちばな)-• 三つ橘(みつたちばな)-• 黒田橘(くろだたちばな)-• 利休橘(りきゅうたちばな)• 平安橘(へいあんたちばな)• 日蓮宗橘・平井筒に橘(にちれんしゅうたちばな・ひらいづつにたちばな)• 薬師寺橘(やくしじたちばな)• 根上り橘(ねあがりたちばな)- (歌舞伎)• 久世橘(くせたちばな)• 彦根橘(ひこねたちばな• 菊座橘(きくざたちばな• 三つ割り橘 みつわりたちばな• 花橘(はなたちばな• 総陰丸に橘(そうかげまるにたちばな -• 丸に抱き橘(まるにいだきたちばな• 丸に葉折れ枝橘(まるにはおれえだたちばな• 丸に三つ足橘(まるにみつあしたちばな• 丸に向かい橘(まるにむかいたちばな• 丸に三つ橘(まるにみつたちばな• 花橘(はなたちばな 丁子(ちょうじ) [ ]• 一つ丁子(ひとつちょうじ)• 並び丁子(ならびちょうじ)• 違い丁子(違いちょうじ)• 丸に違丁子(まるにちがいちょうじ)• 三つ丁子(みつちょうじ)• 三つ並び丁子(三つならびちょうじ)• 丸に右三つ丁子巴(まるに みぎ みつちょうじ ともえ)• 六つ丁子(むつちょうじ)• 七つ丁子(ななつちょうじ)• 八つ丁子(やっつちょうじ)• 九つ丁子(ここのつちょうじ)• 花園丁子(はなぞのちょうじ) 蔦(つた) [ ] 蔦 のひとつ• 蔦(つた)-• 鬼蔦(おにづた)• 陰蔦(かげつた)• 丸に蔦(まるにつた)-• 昭和蔦(しょうわつた)• 石州蔦(せきしゅうつた)• 藤堂蔦(とうどうつた)- 藤堂氏• 利休蔦(りきゅうつた) 撫子(なでしこ) [ ]• 撫子(なでしこ)- -• 丸に撫子(まるになでしこ)-• 三つ割り撫子(みつわりなでしこ)• 江戸撫子(えどなでしこ) 柊(ひいらぎ) [ ]• 一つ柊(ひとつひいらぎ)• 丸に一つ柊(まるにひとつひいらぎ)• 十六角に抱き柊(じゅうろくかくにだきひいらぎ)-• 丸に抱き柊(まるにだきひいらぎ)• 並び柊(ならびひいらぎ)• 丸に並び柊(まるにならびひいらぎ)• 三つ柊(みつひいらぎ)• 子持ち割り柊(こもちわりひいらぎ)• 三つ追い柊(みつおいひいらぎ)• 三つ葉柊(みつはひいらぎ)• 江原柊(えばらひいらぎ) 藤(ふじ) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 下り藤(さがりふじ)-• 上り藤(のぼりふじ)• 大久保藤(おおくぼふじ)• 丸に下り藤(まるにさがりふじ)- (寺紋)-• 丸に上り藤(まるにのぼりふじ)• 陰下り藤(かげさがりふじ)• 片手藤(かたてふじ)• 右回り片手藤(みぎまわりかたてふじ)• 片手下り藤(かたてさがりふじ)• 二つ藤(ふたつふじ)• 一つ藤巴(ひとつふじどもえ)• 二つ藤巴(ふたつふじどもえ)• 三つ藤巴(ふじどもえ)• 軸付き藤輪(じくつきふじわ)• 装飾藤(そうしょくふじ)• 内藤藤(ないとうふじ)-• 柴田藤(しばたふじ)-• 黒田藤・黒田藤巴(くろだふじ・くろだふじどもえ)-• 藤橘巴(ふじたちばなどもえ)- -• 尼が崎藤(あまがさきふじ)• 伊藤藤(いとうふじ)-• 伊藤藤に土(いとうふじにつち)• 加藤藤(かとうふじ)-• 九条藤(くじょうふじ)-• 九条六つ藤(くじょうむつふじ)-• 遠山藤(とおやまふじ)-• 内藤藤(ないとうふじ)• 内藤藤崩し(ないとうけふじくずし)• 二条藤(にじょうふじ)-• 利休藤(りきゅうふじ)• 妙心寺八つ藤(みょうしんじやつふじ)花園(はなぞの)- (寺紋)• 下り藤に佐の字 - 社章 牡丹(ぼたん) [ ] 大割り牡丹• 落ち牡丹(おちぼたん)• 大割り牡丹(おおわりぼたん)• 抱き牡丹(だきぼたん)• 立ち牡丹(たちぼたん)• 杏葉牡丹(ぎょうようぼたん)- - - -• 花陰杏葉牡丹(はなかげぎょうようぼたん)• 秋田牡丹(あきたぼたん)• 石橋牡丹(いしばしぼたん)-• 上野牡丹(うえのぼたん)-• 熊谷牡丹 -• 近衛牡丹(このえぼたん)-• 薩摩牡丹(さつまぼたん)• 島津牡丹(しまづぼたん)-• 仙台牡丹(せんだいぼたん)• 鹿島牡丹(かしまぼたん)• 津軽牡丹(つがるぼたん)-• 鍋島牡丹(なべしまぼたん)-• 利休牡丹(りきゅうぼたん) 松(まつ) [ ] 丸に左三階松• 一つ松(ひとつまつ)• 櫛松(くしまつ)- 西尾氏• 三本松(さんぼんまつ)• 三つ笠松(みつかさまつ)• 二階松(にかいまつ)• 三階松(さんがいまつ)- (菅原氏流)• 右三階松(みぎさんがいまつ)• 左三階松(ひだりさんがいまつ)• 右荒枝付き三階松(みぎあらえだつきさんがいまつ)• 左荒枝付き三階松(ひだりあらえだつきさんがいまつ)• 丸に三階松(まるにさんがいまつ)• 丸に左三階松(まるにひだりさんがいまつ)-• 松毬(まつかさ)- 永井氏• 中村松毬(なかむらまつかさ)-• 松葉(まつば)• 松葉加茂葵(まつばかもあおい)• 高砂松(たかさごまつ)-• 細川向かい松(ほそかわむかいまつ)-• 松蓋菱(まつかさびし)- 細川氏 茗荷(みょうが) [ ] 笹竜胆• 笹竜胆(ささりんどう)- - - 岩倉家• 丸に笹竜胆(まるにささりんどう)-• 二つ葉竜胆(ふたつばりんどう)• 三つ葉竜胆(みつばりんどう)• 四つ葉竜胆(よつばりんどう)• 竜胆車(りんどうぐるま)-• 枝竜胆(えだりんどう)• 池田竜胆(いけだりんどう)-• 池田三つ竜胆(いけだみつりんどう)- 池田氏• 石川竜胆(いしかわりんどう)- 石川氏• 亀山竜胆・隅切り角に三つ葉竜胆(かめやまりんどう・すみきりかくにみつばりんどう)-• 久我竜胆・久我山竜胆・久我竜胆車(くがりんどう・くがやまりんどう・くがりんどうぐるま)- 久我家• 栖鳳竜胆(せいほうりんどう)• 遠雁に竜胆 - その他 [ ] 丸に梨の切り口• 青木() - 系・の 2系統の青木氏。 棕櫚(しゅろ)-• 抱き棕櫚(だきしゅろ)-• 菫(すみれ)• 榊(さかき)• 歯朶(しだ)• 水仙(すいせん)• 唐辛子(とうがらし)• 梔子(くちなし)• 葛(くず)• 椿(つばき)• 鉄線・鉄仙()-• 田字草()-• 蓮の花(はすのはな)• 蓮の葉(はすのは)• 萩の丸(はぎのまる)• 芭蕉(ばしょう)• 瓢(ひさご)• 瓢箪(ひょうたん)• 菱の葉(のは)-• 葡萄(ぶどう)• 寄生(ほや)• 梛(なぎ)• 梨の切り口()-• 茄子(なす)• 薺(なずな)• 南天(なんてん)• 桃(もも)• 山吹()- -• 百合()• 交譲木・譲葉()• 松竹梅 -• 蘭(らん)• 蕨(わらび) 器財 [ ] 銭(ぜに) [ ] 長谷部銭• 永楽銭(えいらくせん)- - - -• 文久銭(ぶんきゅうせん)• 寛永銭・寛永通宝(かんえいせん・かんえいつうほう)-• 天保銭・天保通宝(てんぽうせん・てんぽうつうほう)• 地抜き寛永銭(じぬきかんえいせん)• 裏銭(うらせん)• 裏波銭(うらなみせん)• 裏表文久銭(うらおもてぶんきゅうせん)• 青山銭(あおやまぜに)-• 三連銭(さんれんせん)-• 六連銭(ろくれんせん)-• 竪六連永楽銭(たてろくれんえいらくせん)• 真田六連銭・真田銭(さなだろくれんせん・さなだぜに)-• 丸に真田銭(まるにさなだぜに)- 家• 安部六連銭・安部銭(あんべろくれんせん・あんべぜに)-• 中村六連銭(なかむらろくれんせん)• 長谷部銭・銭九曜・九つ裏銭(はせべぜに・ぜにくよう・ここのつうらせん)- 扇(おうぎ) [ ] 重ね扇に抱き柏• 五本骨扇(ごほんぼねおうぎ)-• 丸に五本骨扇(まるにごほんぼねおうぎ)• 日の丸扇(ひのまるおうぎ)-• 丸に日の丸扇(まるにひのまるおうぎ)-• 七本骨扇(ななほんぼねおうぎ)• 丸に七本骨扇(まるに ななほんぼねおうぎ)• 三つ扇(みつおうぎ)- 大河内氏()の替紋• 丸に三つ扇(まるにみつおうぎ)• 重ね扇に抱き柏(かさねおうぎにだきかしわ)- (歌舞伎)• 反り扇(そりおうぎ)• 佐竹扇・五本骨扇に月丸(さたけおうぎ・ごほんほねおうぎにつきまる)- 佐竹氏• 島原扇・二階扇(しまばらおうぎ・にかいおうぎ)• 高崎扇・三つ雁木扇(たかさきおうぎ・みつがんぎおうぎ)- 大河内氏(長沢松平家)の替紋• 立花扇・七本骨扇に祇園守(たちばなおうぎ・しちほんほねおうぎにぎおんまもり)-• 屋島扇・波に日の丸扇(やしまおうぎ・なみにひのまるおうぎ)• 源氏扇(げんじおうぎ)• 浅野扇(あさのおうぎ)-• 渡辺扇(わたなべおうぎ)- 檜扇(ひおうぎ) [ ] 詳細は「」を参照• 蛇の目(じゃのめ)-• 三つ盛蛇の目(みつもりじゃのめ)• 蛇の目九曜(じゃのめくよう)• 蛇の目に二つ引両(じゃのにふたつひきりょう)- 金輪(かなわ) [ ]• 金輪(かなわ)• 金輪崩し(かなわくずし)• 三つ金輪(みつかなわ) 折敷(おしき) [ ]• 折敷に三文字(おしきにさんもじ)- - - - - -• 折敷に縮み三文字(おしきにちぢみさんもじ)• 折敷に二文字(おしきににもじ)- 打板・提盤(ちょうばん) [ ]• 打板(ちょうばん)• 打板菱(ちょうばんびし)• 小菅打板(こすがちょうばん)-• 団扇打板・団仙打板(うちわちょうばん・だんせんちょうばん) 州浜・洲浜(すはま) [ ]• 州浜 (すはま)- -• 丸に州浜(まるにすはま)-• 秋津州浜(あきつすはま)-• 鬼州浜(おにすはま)- その他 [ ] 鞠挟• 鍬形(くわがた)• 紀州鍬形(きしゅうくわがた)• 烏帽子(えぼし)• 冠(かんむり)• 網・ 網目(あみ・あみめ)• 采配(さいはい)• 笏(しゃく)• 錨・碇(いかり)• 餅(もち)• 団子(だんご)• 四つ錨・四つ碇(よついかり)• 櫂(かい)• 舵・楫(かじ)• 鎌(かま)• 三方(さんぼう・さんぽう)• 中輪に違い鎌(ちゅうわにちがいかま)• 結び文(むすびふみ)• 恋文(こいぶみ)• 額(がく)- (本家流)• 二八額(にはちがく)・額に二八(がくににはち)・小出額(こいでがく)- (分家流)• 丸に一つ杵(まるにひとつきね)• 違い杵(ちがいきね)• 熨斗(のし)• 一つ束熨斗(ひとつたばねのし)• 篭目・籠目(かごめ)• 丸に篭目(まるにかごめ)• 笄(こうがい)• 瓶・瓶子(へい・ へいし)• 宝珠(ほうじゅ)• 注連縄(しめなわ)• 糸巻(いとまき)• 筏(いかだ)• 鈴(すず)• 神楽鈴(かぐらすず)• 釣り鐘 (つりがね)・半鐘(はんしょう)-• 丸に三つ鏡(まるにみつかがみ)• 三種神器(さんしゅじんき)• 琴柱(ことじ)• 独楽(こま)• 駒(こま)• 的(まと)• 鞠(まり)• 絵馬(えま)• 鞠挟(まりばさみ)-• 袋・砂金袋(ふくろ・さきんふくろ)• 水車(すいしゃ)• 六つ水車(むつすいしゃ)-• 羽子板(はごいた)• 挟、鋏(はさみ)• 日向釜敷き(ひゅうがかまじき)• 帆掛け船(ほかけぶね)- -• 牧野梯子(まきのばしご)-• 今川赤鳥(いまがわあかとり)-。 「赤鳥」とはのを落とす道具、もしくは、馬用の櫛のこと。 蝋燭(ろうそく)• 中啓(ちゅうけい)• 三開中啓丸(さんかいちゅうけいまる)• 地紙(じがみ)• 重ね地紙(かさねじがみ) 建造物 [ ] 庵(いおり) [ ] 対い蝶• 揚羽蝶(あげはちょう)- - - - ()• 丸に揚羽蝶(まるにあげはちょう)- - - - -• 臥せ蝶(ふせちょう)• 対い蝶(むかいちょう)• 源氏蝶(げんじちょう)• 臥せ蝶に十六菊・伊豆蝶(ふせちょうにじゅうろくきく・いずちょう)- ()の正紋• 因州蝶(いんしゅうちょう)-• 備前蝶(びぜんちょう)• 備前蝶菱(びぜんちょうびし)• 池田三つ蝶(いけだみつちょう)- 池田氏• 保倉蝶(ほくらちょう)-• 吉田蝶(よしだちょう)-• 織田蝶(おだちょう)-• 北条対い蝶(北条対い蝶)- (後北条氏)• 松平因州蝶(まつだいらいんしゅうちょう)-• 松平大覚頭蝶(まつだいらだいがくのかみちょう)- の定紋• 胡蝶(こちょう)- 胡蝶は蝶紋のバリエーションであり、「- 胡蝶」のように使用する。 糸輪に変り胡蝶(いとわにかわりこちょう)• 石竹胡蝶(せきちくこちょう) 鷹・鷹の羽(たか・たかのは) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 丸に一つ鷹の羽(まるにひとつたかのは)-• 並び鷹の羽(ならびたかのは)-• 丸に並び鷹の羽(ちゅうわにならびたかのは)• 違い鷹の羽(ちがいたかのは)- - -• 丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)- - - - -• 阿部鷹の羽(あべたかのは)- 阿部氏(備後国福山藩主家)• 久世鷹の羽(くぜたかのは)-• 高木鷹の羽(たかぎたかのは)-• 井上鷹の羽(いのうえたかのは)-• 浅野鷹の羽(あさのたかのは)-• 柳井鷹の羽(やないたかのは)-• 白川鷹の羽(しらかわたかのは)- 阿部氏(白河藩主家) 鶴(つる) [ ]• 鶴の丸・鶴丸(つるのまる・つるまる)- - - - - - - (豊後佐伯藩主家) -• 比翼鶴(ひよくづる)-• 丸に地抜き長の字鶴(まるにじぬきながのじづる)• 丸に飛び舞鶴(まるにとびまいづる)• 対い鶴(むかいづる)- -• 南部鶴(なんぶつる)- 南部氏 千鳥(ちどり) [ ]• 丸に千鳥(まるにちどり)• 五つ千鳥(いつつちどり)• 陰三つ千鳥(かげみつちどり)• 変り千鳥(かわりちどり)• 波輪に陰千鳥(なみわにかげちどり) 雁金(かりがね) [ ]• 雁金(かりがね)- -• 結び雁金(むすびかりがね)- 真田氏• 丸に二つ雁金(まるにふたつかりがね)-• 三つ雁金(みつかりがね)- - 柴田氏• 三つ斜め雁金(みつななめかりがね)• 増山雁金(ますやまかりがね)-• 向かい嘴合い雁金 - 白鳥氏• 丸に覗き菊に雁金(まるにのぞききくにかりがね)- - 北海道山海氏• 丸に結び雁金(まるにむすびかりがね)- 鳩(はと) [ ]• 鳩(はと)• 対い鳩(むかいばと)- -• 朽木鳩(くちきばと)- 鸚鵡(おうむ) [ ]• 鸚鵡(おうむ)• 鸚鵡の丸(おうむのまる)-• 抱き鸚鵡(たきおうむ) 鳳凰(ほうおう) [ ]• 鳳凰(ほうおう)• 鳳凰に桐(ほうおうにきり)-• 鳳凰の丸(ほうおうのまる) 龍(りゅう) [ ]• 龍の丸(りゅうのまる)• 天竜の丸(てんりゅうのまる)• 日蓮宗竜の丸(にちれんしゅうりゅうのまる)• 雨竜の丸(うりゅうのまる)• 龍の爪(りゅうのつめ)• 丸に龍剣に一文字(まるにりゅうけんにいちもんじ) その他 [ ]• 板屋貝(いたやがい)• 兎(うさぎ)• 蜻蛉(とんぼ)-• 相馬繋ぎ馬(そうまつなぎうま)• 海老(えび)• 獅子(しし)• 亀(かめ)• 蛤(はまぐり)• 蟹(かに)-• 鷲尾向かい鷲(わしおむかいわし)-• 三つ足烏()-• 法螺貝(ほらがい)• 百足(むかで)• 鹿角(かづの)---- 文様 [ ] 巴(ともえ) [ ] 右二つ巴• 左三つ巴(ひだりみどもえ)- - - - - - - -• 右三つ巴(みぎみつどもえ)- - 宇都宮氏 -• 丸に一つ巴(まるにひとつどもえ)• 丸に左三つ巴(まるにひだりみつどもえ)• 丸に右三つ巴(まるにみぎみつどもえ)-• 左二つ巴(ひだりふたつどもえ)- (神紋)• 右二つ巴(みぎふたつどもえ)-• 丸に左二つ巴(まるにひだりふたつどもえ)• 丸に右二つ巴(まるにみぎふたつどもえ)• 丸に三つ盛り三つ巴(まるにみつもりみつどもえ)• 左一つ巴(ひだりひとつどもえ)• 右一つ巴(みぎひとつどもえ)• 丸に左一つ巴(まるにひだりひとつどもえ)• 丸に右一つ巴(まるにみぎひとつどもえ)• 丸に違い巴(まるにちがいどもえ)• 中陰三つ巴(ちゅうかげみつどもえ)• 尾長巴(おながどもえ)• 有馬巴(ありまどもえ)-• 九曜巴・板倉巴(くようともえ・いたくらともえ)- - - 鱗(うろこ) [ ] 詳細は「」を参照 のひとつ• 木瓜・横木瓜(もっこう・よこもっこう)- - - - (見聞諸家紋)• 丸に木瓜・丸に横木瓜(まるにもっこう・まるによこもっこう)-• 丸に四方木瓜(まるにしほうもっこう)• 丸に竪木瓜(まるにたてもっこう)-• 唐木瓜(からもっこう)- 半田氏• 三つ盛木瓜(みつもりもっこう) - 朝倉氏• 木瓜花菱浮線綾・徳大寺木瓜(もっこうはなびしふせんりょう・とくだいじもっこう)-• 五瓜(ごうり・ごか)- - - - -• 大村瓜(おおむらか)-• 有馬瓜(ありまか)- 肥前有馬氏• 織田瓜(おだか)- 織田氏• 織田細瓜(おだほそか)• 相良六瓜(さがらろっか) -• 堀田木瓜(ほったもっこう)-• 中津木瓜(なかつもっこう) 唐花(からはな) [ ] 詳細は「」を参照• 菱持(ひしもち)• 割り菱(わりびし)-• 丸に割り菱(まるにわりびし)• 二階菱(にかいびし)• 丸に二階菱(まるににかいびし)• 三階菱(さんがいびし)-• 変り三階菱(かわりさんがいびし)- 章(に由来)• 重ね三階菱(かさねさんがいびし)- 家• 丸に三階菱(まるにさんがいびし)- 笠井氏(旧臣)• 丸に変り三階菱(まるにかわりさんがいびし)• 松皮菱(まつかわびし)- - 武田氏• 丸に松皮菱(まるにまつかわびし)• 四つ松皮菱(よつまつかわびし)• 松皮菱に梅鉢(まつかわびしにうめばち)• 違い菱(ちがいびし)• 違い菱に六つ星(ちがいびしにむつぼし)• 溝口菱・五階菱(みぞぐちびし・ごかいびし)• 武田菱(たけだびし)- 武田氏• 一つ引両(ひとつひきりょう)• 丸に一つ引(まるにひとつびき)- -• 丸に竪一つ引(たてひとつびき)- -• 新田一つ引・大中黒(にったひとつびき・おおなかぐろ)- 新田氏・• 二つ引・揃い二つ引(ふたつびき・そろいふたつびき)-• 丸に二つ引(まるにふたつびき)- - - - - -• 丸の内に二つ引(まるのうちにふたつびき)- - -• 丸に竪二つ引(たてふたつびき)- -• 足利二つ引(あしかがふたつびき)- 足利氏• 七つ割丸に二引(ななつわり まるににひき)- ・()• 三つ引両(みつひきりょう)• 丸に三つ引(まるにみつびき)- - - - 章• 丸の内に三つ引(まるのうちにみつびき)- -• 丸に竪三つ引(たてみつびき)• 丸の内に竪三つ引(まるのうちにたてみつびき) -• 三浦三つ引・中白(みうらみつびき・なかじろ)- 三浦氏 -• 分部三つ引(わけべみつひき) -• 丸の内に五つ引(まるのうちにいつつびき)• 食い違い七つ引(くいちがいななつびき) - 亀甲(きっこう) [ ] 三つ盛亀甲に剣花角• 亀甲・子持ち亀甲(きっこう・こもちきっこう)- - - - -• 一重亀甲(ひとえきっこう)• 亀甲に花菱(きっこうにはなびし)-• 亀甲に剣花角(こもちきっこうにけんはなかく)• 一重亀甲に剣花角(こもちきっこうにけんはなかく)- (神紋)• 二重亀甲剣花菱(にじゅうきっこうけんはなびし)- (神紋)。 丸に三つ盛り亀甲(まるにみつもりきっこう)• 三つ盛亀甲に花菱(みつもりきっこうにはなびし)- -• 三つ盛亀甲に剣花菱(みつもりきっこうにはなびし)• 三つ盛亀甲に三つ葉(みつもりきっこうにみつば)-• 毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)• 亀甲に卍(きっこうにまんじ)-• 亀甲に小の字(きっこうにこのじ)- (替紋)• 重ね亀甲に五三桐(かさねきっこうにごさんのきり)- の定紋• 相馬亀甲(そうまきっこう) 目結(めゆい) [ ] 細川九曜• 星(ほし)• 三つ星(みつぼし)-• 銀星(ぎんせい)• (いちもんじみつぼし)- - - - - - -• 長門三つ星 - 大江姓• 徳山三つ星 - 大江姓毛利氏()• 渡辺星・三つ星に一の字(わたなべぼし・みつぼしにいちのじ)- 渡辺氏• 松浦星(まつうらぼし)-• 六つ星・六曜 (ろくつぼし・りくつぼし・ ろくよう・りくよう)• (くよう)- - - -• 細川九曜・離れ九曜(ほそかわくよう・はなれくよう)- 細川氏• 陰九曜(かげくよう)• 角九曜(かくくよう)- - (家中)• 丸に九曜(まるにくよう)-• 七つ星・七曜(ななつぼし・しちよう)- (定紋)• 丸に七曜(まるにしちよう)- 月(つき) [ ]• 三日月(みかづき)- -• 月に水(つきにみず)-• 朧月(おぼろづき)- -• 月に星(つきにほし)-• 連子に月(れんじにつき)- 日(ひ) [ ] 児文字• 有文字(ありもじ)• 吉文字(きちもじ)- -• 児文字(じもんじ・こもじ)- -• 本文字(ほんもじ)- - (本田定紋)• 上文字(うえもじ)-• 上の字菱(うえのじびし)• 大文字(だいもんじ)• 丸に大の字(まるにだいのじ)- 下村氏• 三つ大の字(みつだいのじ)- (歌舞伎)• 三文字(さんもじ)• 八文字(はちもじ)• 丸に八の字(まるにはちのじ)-• 大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)- 山内首藤氏 - 五味氏 -• 大吉大一大万(だいきちだいいちだいまん)- 石田氏• 日の字崩し(ひのじくずし)• 丸に伊の字(まるにいのじ)- 小菅氏• 丸に高の字(まるにたかのじ)- 飯田氏• 丸に堂の字崩し(まるにどうのじくずし)• 丸に東の字(まるにひがしのじ)• 丸に紅の字(まるにべにのじ)• 丸に利の字(まるにりのじ)-• 丸に越の字(まるにえつのじ)-• イの字菱(いのじびし)• イ菱(いびし)- 成駒屋(歌舞伎)• 丸にいの字(まるにいのじ)- (歌舞伎)• 川の字丸(かわのじまる)- 松方氏• 曲尺に辰の字(さしがねにたつのじ)- (・家) 分類不詳 [ ]• 団仙(だんせん) ギャラリー [ ] 植物 [ ]•

次の