朝日 新聞 天気 欄。 朝日新聞の1面の今日の天気予報の横に「明日からの天気は社会面」と...

朝日新聞の1面の今日の天気予報の横に「明日からの天気は社会面」と...

朝日 新聞 天気 欄

朝日新聞の広告料金は、記事下基本料金、記事下契約料金、指定料金、その他(切替料・色刷り料金など)などがあります。 詳しくは、をご覧ください。 「朝日新聞 広告料金表」は、PDFファイルでご覧いただけます。 広告料金表 2020• 広告料金表一括ダウンロード• 記事下基本料金• 記事下契約料金 朝刊・朝刊セット区域版・夕刊 ・指定料金• 切替料金・二連版料金・スプリットラン料金• カラー付加料金• 朝刊一面出版規格料金・朝刊テレビ面表札料金• 週末別刷り be 広告料金• 小型広告料金 一面・テレビ面• 小型広告料金 ユニット広告・ユニット広告カラー料金• 人事募集規格広告料金• 東京本社版(案内広告・案内中、首都圏地域別求人、東京版、地方版)• 大阪本社版(案内広告、大阪府内版、大阪府内版小型広告、大阪府内地区版、地方版)• 西部本社版(案内広告・案内中、地方版)• 名古屋本社版(案内広告・案内中、地方版)• 朝日新聞デジタル 広告ガイドはこちら• 朝日新聞出版 MAGAZINES MEDIA GUIDEは.

次の

ヤフーニュースにおいて朝日新聞デジタルの記事にはコメントができないの...

朝日 新聞 天気 欄

朝日新聞が「おわび」を掲載。 朝日新聞が同社の看板ともいえる「ひと」欄に関し、でかでかと「おわび」を載せた。 「医師資格なし」で医療行為をしていた人物を「医者だ」と紹介していたというのだ。 問題のインタビュー記事は、2011年8月10日付朝刊の「ひと」欄に載った「被災地で『ボランティアの専属医』を務める 米田きよしさん(42)」だ。 「本来はカナダにある大学病院に所属する小児救命救急医」だと紹介し、東日本大震災の被災地、宮城県石巻市で、ボランティア活動にあたる人たちをボランティアで診察している、と持ち上げている。 「日本の医師資格は持っていないと判断しました」 しかし、8月12日付朝刊(東京最終版)の第2社会面で、「米田きよし」を名乗る人物が、「日本の医師資格を持たずに医療行為をしてきたことが(略)わかった」と報じ、さらにその記事のそばに、4段の箱組というかなり異例の大きさの「おわび」も掲載した。 おわび記事によると、「米田」氏への取材は、5月以降複数回、面談と電話で行った。 「米田」氏は「日本の医師免許を持っている」と説明していた。 しかし、社外から「米田氏は医師ではない」との情報があり、確認取材の結果、「日本の医師資格は持っていないと判断しました」。 記事全文を削除する、としている。 東京本社報道局長コメントも載っている。 「わかった」記事とおわび記事との両方で、「日本の医師資格は持っていない」との判断にいたる取材の経緯を長々と書いている。 ちなみに、厚生労働省サイトにある「医師等資格確認検索」を使うと、医師法で義務付けられている届け出をしている医師の名前が出てくる。 「米田きよし」で検索すると、該当者はいなかった。 もっとも、義務である2年に1度の届けを怠る医師免許証保持者もいるかもしれない。 その際は、厚労省医事課の試験免許室に該当人物の「名前と生年月日」を告げれば、その人物が医師免許証の保持者かどうかの情報を一般の人でも教えてもらえる。 カナダの病院「一度も働いたことはない」 ところで、最初の「ひと」欄記事を読む限りでは、「米田」氏はカナダで活動中の医者となっており、日本での医師資格の有無の話は出てこない。 検証記事では、本人は「米国で医師免許を取得した」とも主張している。 「日本の医師資格を持っている」との説明がウソのようなので、ほかの話も怪しいが、仮に米国かカナダの医師資格を持っていた場合はどうなるのか。 本来は、外国での医師資格をもっていても、日本国内では医療行為はできない。 日本の医師資格を得る必要がある。 しかし、大震災を受け、厚労省は3月14日、外国の医師資格保有者の被災地医療について、状況によっては例外的に「違法性が阻却され得る」と認める「事務連絡」を東北の被災3県に送っている。 仮に「米田」氏が外国の医師資格を持っていた場合、上記の厚労省事務連絡にある例外規定に当てはまって問題なしとなる可能性もある。 朝日の検証・おわび記事では、「米田」氏の米国かカナダでの医師資格の有無については直接的には触れられていない。 もっとも、朝日検証記事によると、「米田」氏が「所属している」と話し、名刺も持っていたカナダの病院に確認すると、「この名前の医師は一度も働いたことはない」との回答だった。 「海外の医師資格」の方も疑がわしい、と朝日新聞はみているようだ。 ボランティア団体として助成金100万円受ける 「米田」氏が代表を務めるボランティア団体「WF(ワールドフュージョン)」は、日本財団による「被災地支援活動への助成金」を6月末に100万円受けている。 日本財団は、WFによる申請を受け、現地でも聞き取り調査を行い、同団体の複数人が医療ボランティアなどを実施していることを確認した。 医師資格については、書類申請上の表記と本人の話を信じた形だが、「確認が甘いと言われるかもしれないが、迅速に支援を行うことを重視していましたので…」と説明した。 今後、返却を求めるかどうかを検討する。 8月12日昼現在、「米田」氏とは連絡がつかないそうだ。 宮城県警は、医師法違反(無資格医業)の疑いもあるとみて捜査を始めた。 最初の「ひと」欄で使われている「米田」氏の写真はマスク姿だ。 右手にゴム手袋らしきものをはめ、ハンチング帽をかぶっている。 マスク姿が医者っぽくみえるような気もする反面、せっかく朝日新聞の名物欄に登場する割には顔の露出を抑えようとしているように見えなくもない。

次の

中部地方の今日の天気:中日新聞Web

朝日 新聞 天気 欄

聞蔵IIテキストをご利用の場合、「朝日新聞縮刷版」は収録対象外です。 概要 朝日新聞縮刷版は、「明治・大正」「昭和(戦前)」「昭和(戦後)」「平成(〜11年)」の4つの時代を通して記事を検索することができます。 朝日新聞が創刊した明治12年(1879年)1月から平成11年(1999年)までの120年分の検索が可能な紙面データベースで、掲載日や見出しのほか、人名、地名、事象名などのキーワード、分類で検索し、ヒットした記事が載った紙面イメージ(PDF形式)を拡大・縮小しながら閲覧できます。 また、明治・大正紙面データベースは朝日新聞創刊130周年記念事業で制作しました。 [] 当時の紙面について 時代により、紙面のページ数や大きさなどが変遷しています。 明治・大正期については「」表をご覧ください。 東京本社発行の明治38年(1905年)1月1日から昭和15年(1940年)8月末まで、朝刊の1面は全面広告ページになっており、2面以降が実際の記事紙面になっています。 また、夕刊は大阪が大正4年(1915年)10月10日(10日発行、日付は11日)から、東京は大正10年(1921年)2月1日(1日発行、日付は2日)から発行されています。 昭和18年(1943年)10月10日まで、夕刊は紙面上の発行日付の1日前の午後に配達されています。 当時の紙面は、現在の紙面の常識とは違う点がいくつかありますので、ご注意ください。 収録内容について <明治・大正> 【注】オプションです。 米相場や株式相場を構成する「相場」や「市況」および「物価」記事は、それぞれの柱タイトルを見出しに入力してています。 また、面全体が市況で構成される場合は、「朝刊市況欄」または「夕刊市況欄」と見出しを付けており、まとめて一覧できます。 ほぼ毎日掲載されている日本郵船、鉄道院連絡船、大北汽船などの出航案内の広告は、まとめて「船の出帆案内」という見出しを付けています。 最後のページの後ろの方にある「売捌所」「本社新聞定価」「昨日寒暖計」など、毎日のように掲載されている定型の小さなお知らせ欄は、原則として書誌データを作っていないため、検索はできません(紙面イメージで見ることはできます)。 <昭和(戦前)> 【注】オプションです。 家庭面、読書ページ面、コドモページ面、東京版などは、各面のトップ記事先頭に「家庭/」「読書ページ/」「コドモページ/」「東京版/」と付けています。 例えば、「家庭/」で検索すると、家庭面をまとめて一覧できます。 夕刊4面(増ページでまれに8面などのことも)の市況面は、「夕刊市況欄」と見出しを付けており、まとめて一覧できます。 主な固定欄として以下のようなものがあります。 「鉄箒/カバン持ち」など、見出し先頭にスラッシュつきでタイトルを付けています。 学界余談、学界余滴 アカデミックな話がテーマのコラム 紙ナイフ 書評のコラム サイエンス 科学関係のコラム 女性週評 女性をテーマにしたコラム 大衆医学 医学関係のコラム 大衆科学 科学関係のコラム 鉄箒 読者の投稿欄。 現在の本紙「声」欄の前身 豆戦艦 雑誌評のコラム 透視板 経済面のコラム 体力塔 スポーツ面のコラム 婦人室 女性運動がテーマのコラム 以下の記事は原則として書誌データを作っていないため、検索はできません(紙面イメージで見ることはできます)。 ・「東人西人」「青鉛筆」「緩急栓」など、毎日掲載される見出しのないコラム ・連載小説と、毎回同一タイトルの連載で11回以上の連載の途中回(初回・最終回は検索可能) ・天気予報、積雪情報 ・ラジオ番組表 ・株式表、市況動向 ・数行分程度の広告 <昭和(戦後)><平成(〜11年)> 出版物の「朝日新聞縮刷版」巻頭記事索引を元にデータベース化し、さらに検索に必要なキーワードを付与しています。 毎日載っている天気と株式は書誌データを作成していません。 また、ほぼ毎日掲載されている連載小説などは、各月の最初と最後の回のみ書誌データを作成しています。 見出し中に「_」(アンダーバー)がある場合がありますが、これは縮刷版索引の一番小さい分類を付けたしているものです。 <例>第七回朝日音楽会_社告.

次の