平成 の 天皇 誕生 日。 国民の祝日について

令和の天皇誕生日はいつ?平成の天皇誕生日(12月23日)はどうなる?祝日?平日?

平成 の 天皇 誕生 日

出典: 5月1日を祝日にする案もによると、政府内では2019年について、皇太子さまが即位される「5月1日」を祝日にする案等が出ているそう。 5月1日が祝日になれば、「祝日と祝日に挟まれた日は休日とする」という規定により、4月27日(土)~5月6日(月)まで10連休に。 政府は世間の動向や祝日・休日の増加が経済活動に与える影響などを考慮しながら、検討を進めるとみられるという。 ネット上に「祝日を残して」という声発表を受けて、ネット上にはさまざまなコメントが寄せられている。 「当たり前」と納得する人もいるが、衝撃を受ける人も。 地味に驚く。 — にゃがともよしえ nyagatomo 今年天皇誕生日の祝日がないっていう絶望的なニュースを聞いたんですけど…— ふろんとたいあ fr0ntt1re 天皇誕生日は別の名前に置き換えてもらえないかなぁー!あと6月にも祝日欲しい。 — ぱきち perquish でも今上帝の『天皇誕生日』はクリスマスに近いので、ぶっちゃけ「休みが嬉しい」人も多そうな。 昭和天皇の天皇誕生日の「みどりの日」みたいに別の祝日にしたら?と思う。 明治・昭和天皇の誕生日は「祝日」明治天皇と昭和天皇の誕生日は、それぞれ祝日になっている。 明治天皇の誕生日である11月3日は現在、自由と平和を愛し、文化をすすめる「文化の日」。 昭和天皇誕生日の4月29日はいったん「みどりの日」になった後、2007年からは激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす「昭和の日」となっている。

次の

今年は祝日・休日22日間で過去最多 法施行後初「天皇誕生日」なし(1/2ページ)

平成 の 天皇 誕生 日

皇位継承に伴い皇太子が天皇に即位される日が2019年5月1日、しかし、皇太子のお誕生日は2月23日のため、2019年の「天皇誕生日」という国民の祝日は存在しないことになります。 また、今上天皇の天皇誕生日である12月23日の今後ですが、今のところ別の祝日になるという情報はなく、平日となりそうです。 そして、2019年に予定されている天皇の即位の日は国民の祝日となり、それによって祝日と祝日に挟まれることになる4月30日と5月2日も、国民の祝日に関する法律によって休日となります。 更に5月5日のこどもの日も日曜日と重なるため、5月6日の月曜日が振替休日にあたるため、2019年のゴールデンウィークは、4月27日(土)〜5月6日(月)の10日間がカレンダー上では休日とされます。 職業や企業によって異なりますが、土日祝日を基本的な公休とされている方々にとっては大型連休となりますね。 また、即位礼正殿の儀が行われる10月22日(火)も国民の祝日となります。 平成最後の「一般参賀」はこれまで以上の参賀者数に!? 天皇誕生日である今日の一般参賀はこれまでにない参賀者で賑わっていることでしょう。 天皇誕生日の一般参賀による天皇・皇后のお出ましは午前中の3回のみで、午後は宮殿にて祝賀行事が行われるとのことでお出ましはなく、宮内庁庁舎前での記帳や名刺渡しでの参賀となります。 今回参賀されなかった方も、まだ最後のチャンスが残されています。 それは新年の一般参賀です。 日時予定は、2019年1月2日9時30分〜14時10分までの受付です。 平成最後の一般参賀とあって、相当の混雑が予想されます。 入門時に手荷物検査が行われるため、皇居前の広場から正門に入るまで1時間以上かかることもあるそうですので、参賀予定の方は早めの到着が望ましいようです。 新年の一般参賀での天皇・皇后のベランダでのお出ましは全部で5回。 10時10分頃、11時10分頃、11時50分頃、13時30分頃、14時20分頃を予定されているそうです。 平成時代の年末も残すところあと僅か。 「平成生まれ」と聞くと新しい時代の新しい世代というイメージがまだまだ残りますが、平成の次の元号も気になりますし、新しい時代への期待もますます膨らみますね。 今日は天皇誕生日です。

次の

国民の祝日について

平成 の 天皇 誕生 日

これは、天皇誕生日の歴史と、私、かけらとの思い出の、大きく2つに分かれますので、それぞれについて分かりやすく解説します。 紹介その1:天皇誕生日の歴史とは? 天皇誕生日の歴史は超古く、755年11月10日に、光仁天皇のお誕生日として、宮中では、初めてお祝いされました。 また、近現代においては、1873年に太陽暦を採用したことから、11月3日に明治天皇のお誕生日のお祝いをしました。 ・・・というわけで、1948年に第二次世界大戦後の、日本の「祝日法」が制定される前の世論調査では、 「新年に次いで、天皇陛下のお生まれになった日が第2位になった」 ほどに、天皇陛下は、国民から愛されている象徴となったんですね! 紹介その2:私と天皇誕生日の思い出! 私、かけらの中での、天皇誕生日の記憶は、比較的新しく、あれは忘れもしない、1989年12月の出来事でした。 その年は、昭和天皇が1月7日に崩御された、平成元年だったので、年末にもらったり、買ったりしたカレンダーには、まだ12月23日が祝日として、赤い数字では無かったんです。 なので、12月に入ってから、初めて祝日だと知ったので、 「あと1日だけ遅ければ、クリスマスイブの24日が、祝日になったのになー」 なんて、思ってしまった、私だったのでした! ・・・というわけで、12月23日は、師走の年末なので、バタバタしていて、あまり、祝日感が湧いて来ない、私だったのでした! 平成最後の天皇誕生日とは? これは、2017年12月8日に、以下の2つが閣議決定されました。 【1】 ・2019年4月30日に、平成(今上)天皇が退位される。 【2】 ・2019年5月1日に、皇太子さまが、天皇に即位されて、元号が新しく変わる。 ・・・というわけで、2018年12月23日は、平成最後の天皇誕生日になった、ということなんですね! 皇太子さまのお誕生日とは? これは、皇太子徳仁親王さまは、1960年2月23日生まれなので、2020年2月23日からは、新しい天皇誕生日として、お祝いされるのです。 スポンサーリンク ・・・というわけで、2019年の2月23日は、まだ新天皇として、即位されていないので、平日となるんですね! 2019年に天皇誕生日はあるの? これは、前述したように、まだ即位されていない、皇太子さまのお誕生日は、お祝い出来ませんし、かと言って、12月23日は上皇のお誕生日なので、これもお祝いすることは出来ないのです。 ・・・というわけで、2019年に天皇誕生日は無く、今のところ祝日が1日減ってしまう、可能性の方が大きいのです! 2019年の祝日はどうなるの? これは、その代わりと言っては、おかしいのですが、政府は2019年5月1に、皇太子さまが即位される日を祝日にする方向で、前向きに検討をしています。 あなたも、日本国民の一人として、2018年12月23日は、平成最後の天皇誕生日を、お祝いして下さいね!.

次の