おならシャボン玉。 食べれるシャボン玉の入手法を教えてください!

ジャンボシャボン玉を作ってみよう シャボン玉のレシピがいっぱい

おならシャボン玉

最近 また実験を始めました。 おならでシャボン玉が できるのか? 毎日 お風呂はリラックスできるし 唯一のたのしみです。 身体を洗う時に ボディシャンプーをちょっとだけ多めに使い 泡だらけにして実験しています。 まだ実験の途中なんですけど 報告します。 ブッーでは ブクブク泡ができて 身体から離れません プゥーでは 勢いがありすぎて 割れてしまいます スーだと 時々 うまくシャボン玉ができます 今日 スーパー銭湯に行ってきました。 身体を洗ってる時 家のお風呂にいる感覚で 無意識のうちに すかしっ屁をしてしまってたみたいです。 おかあさんが すべってころぶから はしらない。 と 怒り声で 叫んでました。 私は 目の前の洗面台の鏡を見たら 私の後ろ2m位を 結構おおきいシャボン玉が 飛んでんじゃん。 しかも2つ。 いままでで1番の大きさの最高傑作。 鏡をのぞいて シャボン玉を 観察してたら… 男の子が シャボン玉を捕まえようとして 割れちゃった。 その時 男の子が一言。 うんこ くさーい。 ドキッ としたわ。 まさか きずいてないだろうけどね おならで作ったシャボン玉とは。 おならの臭いは ファブリーズでは消せても 石鹸の泡のコーティングでは 無理ということね。 おならでシャボン玉つくれるようになったら 電撃ネットワークに入れてもらえるかしら….

次の

米国の大学に所属する物理学者が解明 完璧なシャボン玉を作る液体のレシピ

おならシャボン玉

丸いシャボン玉がふわふわ浮かんでいるだけで、心が踊ったものです。 でもその丸いシャボン玉、なぜ丸い球の形をしているのでしょうか知っていますか? 実は簡単なようで、ふかーい秘密があるのです。 今回は、その謎について紹介します! 一般的にシャボン玉は、水と石鹸水でできています。 それらを混ぜ合わせて膨らませると、シャボン玉の膜は液体なので、 表面張力が働きます。 表面張力とは、 液体がその表面積をできる限り小さくしようとする力のことです。 その力は、液体によって異なります。 シャボン玉に石鹸水を加えるのは、水だけだと表面張力が強すぎて球になる前に形を保てなくなって割れてしまい、石鹸水を入れて表面張力を弱めるためです。 この表面張力によって、表面積を小さくしようとしてシャボン玉の膜は、自らを縮めようとする力が働きます。 それにより、シャボン玉内の空気に圧力が働くのです。 それと同時に、空気からもシャボン玉の膜に対して力が働きます。 その力が釣り合うときに、シャボン玉の大きさがある程度決まります。 Credit:ScienceABC そして、 同じ体積の立体の中で表面積が最小なのは球であることから、シャボン玉は球の形になるのです。 実はものすごく合理的な原理から作られていたシャボン玉。 原理を知ると、つい大人でもシャボン玉を楽しみたくなってしまいますね。

次の

【動画】ケツから屁のシャボン玉を出すことはできるのか?

おならシャボン玉

曲は日本に輸入された最古の賛美歌 "Jesus Loves Me,This I Know"()を改変したものであるとする指摘がある。 雨情とゆかりの深いの最寄駅であるでは、にこの歌が使われている。 また、のの下り線には、この作品のが建てられている。 (平成15年)にNPO「日本童謡の会」が全国約5800人のアンケートに基づき発表した「好きな童謡」で第9位に選ばれた。 作詞に関する説 [ ] 歌詞にはで子どもが遊んでいる様子が描かれているが、これに夭逝した子供への鎮魂の意を見出す説もある。 、雨情は後に協議離婚に至った妻のひろとの間に、長女「みどり」をもうけた。 人形のように愛らしい赤ん坊であったが、産まれて7日目に死んでしまった。 当時は、乳幼児が死ぬのはさほど珍しいことではなく、2~3割の子供が学齢前に死亡していた。 そのため、夫婦は子供を何人も産み、一所懸命育てた。 雨情もその後何人かの子供を授かっているが、長女の死を後々まで悔やんでいたという。 雨情は後に生まれた娘・恒子も亡くしている。 当時、2歳。 1924年(大正13年)9月のことである。 そしてある日、村()の少女たちがシャボン玉を飛ばして遊んでいるのを見た雨情が、娘が生きていれば今頃はこの子たちと一緒に遊んでいただろうと思いながら書いた詩が、この「シャボン玉」だというのが最もよく知られる説である。 しかし、これを裏付けるような決定的事実は無く、説の段階を越えていないとも言われている。 しかしその他にも、時期的な観点から実子ではなく親類の子への鎮魂歌であるという説や、特定のモデルはなく子どもの死一般を悼んだものとする説、特に鎮魂の意は無いという説など、諸説存在する。 なお、雨情自身が子どもの死との関連について触れている資料は一切無い。 現状では鎮魂歌説を含めいずれの説も確たる根拠を欠いていると言える。 人の死を表現している説をとる場合、シャボン玉は人間、屋根まで飛んだり飛ばずに消えたりするように人の寿命はそれぞれという意味があるとされる。 歌詞 [ ] の規定により、1995年12月31日をもってが失効している。

次の