韓国 セルフ 経済 制裁。 【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」

「韓国のボイコットジャパンでセルフ制裁が続く」韓国の反応も

韓国 セルフ 経済 制裁

しかも、あれは日本のホワイト国除外の前だった。 それで、今回は7月の航空会社の時価総額について。 また、航空機のリース料や、燃料代などはドル支払いなので、ウォン安になればなるほど韓国の航空会社は危機的な状況になると。 しかも、この先、韓国人が日本旅行自粛とセルフ経済制裁でますます状況は困難となる。 でも、それは韓国人が選んだ道だ。 航空会社がいくつか破綻して従業員がリストラされようが、日本に打撃を与える正義の行動なら喜ぶべきことだろう。 何にするにしても代償は必要だ。 まずは韓国の航空会社が死ぬ。 その次は何が死ぬかは知らないが、そういうのを看取っていくのがこのサイトの目的である。 韓国政府が徴用工に僅かな金でも出しておけば1300億円も消えなかったのにな。 この先、韓国はどれだけ自分たちのセルフ経済制裁で損失を積み重ねるのか。 > 8月18日、韓国取引所によると8月16日現在、上場されている航空会社6社(大韓航空、アシアナ航空、エアプサン、チェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空)の合計時価総額(普通株基準)は、4兆8012億ウォン(約4800億円)となった。 これは去る6月末(6兆1003億ウォン)よりも1兆2991億ウォン(21. 3%)減少した数字で、最近に入って株価が下落傾向を重ねたことによるものと思われる。 そんな弱小の航空会社の情報までいらないだろう。 大韓航空とアシアナ航空だけでいい。 でも、21. 3%は大幅減少だよな。 > 大手航空会社も同じだ。 大韓航空は31. 07%減となっており、アシアナ航空(9. 65%減)も影響は少なくない。 良かったじゃないか。 どう見ても大打撃だよな。 アシアナ航空なんて資金難で売却されようとしているのに株価がさらに下落すれば、売却先がもっと安く買いたたくだろうな。 > チェ・ゴウン研究員は「日本旅行ボイコットが航空業界の業績に与える影響は、8月以降さらに本格化する見通し」とし、「特に9月の連休が終わると、繁忙期も過ぎるため、航空予約率の低下幅はさらに大きくなるだろう」と予想した。 もうすぐアレが見られるわけだ。 韓国人の魂をかけたコントが!コントのタイトルは「セルフ経済制裁」でいいだろう。 普通にコントみたいになっているが、このままだと本当にそうなるからな。 しかも、韓国の航空会社だけでは終わらない。 の応援(1日1回クリック)をお願いする。 8月18日、韓国取引所によると8月16日現在、上場されている航空会社6社(大韓航空、アシアナ航空、エアプサン、チェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空)の合計時価総額(普通株基準)は、4兆8012億ウォン(約4800億円)となった。 これは去る6月末(6兆1003億ウォン)よりも1兆2991億ウォン(21. 3%)減少した数字で、最近に入って株価が下落傾向を重ねたことによるものと思われる。 会社別に見ると、代表的な格安航空会社(LCC)であるチェジュ航空の株価は、6月末3万3150ウォン(約3315円)だったが、8月16日現在、2万3050ウォン(約2305円)となっており、30. 47%下落した。 同じく格安航空会社であるジンエアーは33. 89%減、エアプサンは11. 17%減、ティーウェイ航空は27. 83%減で、いずれも株価も大幅に下げた。 大手航空会社も同じだ。 大韓航空は31. 07%減となっており、アシアナ航空(9. 65%減)も影響は少なくない。 大手航空会社は格安航空会社に比べ、日本行き路線の割合が高くないが、韓国で日本不買運動が広がったことで日本旅行を自粛する動きが広がり、日本旅行の需要が急減した影響が大きいと思われる。 韓国投資証券チェ・ゴウン研究員は「昨年、韓国の国際線旅客路線において日本路線が占めた割合は26%に達した」とし、「特に近距離路線を主に運営する格安航空会社は、日本への依存度が高いため、今回の不買運動に打撃を受けざるを得ない」と説明した。 さらに8月14日、中国の航空当局が今後2カ月間、中国路線の新規就航申請を受け付けないとしながら、日本路線を代替しなければならない航空会社としては、難しい状況を迎えた。 日本不買運動だけでなく、景気悪化やドル/ウォン為替レートの上昇、競争の激化なども悪材料として作用している。 前出の6つの上場航空会社は第2四半期、いずれも営業赤字を記録した。 その営業赤字の規模は計2935億ウォン(約294億円)に達する。 チェジュ航空は今年の第2四半期に127億ウォンの営業損失を出し、20四半期ぶりに赤字を記録。 大韓航空(マイナス1015億ウォン)とアシアナ航空(マイナス1241億ウォン)も、それぞれ1000億ウォン(約100億円)台の営業損失を出した。 今年下半期の展望も明るくない。 チェ・ゴウン研究員は「日本旅行ボイコットが航空業界の業績に与える影響は、8月以降さらに本格化する見通し」とし、「特に9月の連休が終わると、繁忙期も過ぎるため、航空予約率の低下幅はさらに大きくなるだろう」と予想した。 大丈夫。 ストライキ起こせばその期間給料も保証されるのが南朝鮮。 ストライキを実施するだけの簡単作業 既に様々な南朝鮮企業でしているだろうが。 ん?金がなくなる?ウオンをバンバン擦って税金も上げれば大丈夫。 最低賃金上げも中止せずに再び上げると効果的。 中国からも10月10日まで全路線での新規就航、増便の運航申請を受けつけないという事だったな。 でもデモもしないし、中国には文句言わないのが朝鮮人。 まあ中国が南朝鮮にやっている方法、これこれが正しい「朝鮮人扱いのマニュアル」なのだが。 南・北朝鮮に対してのみは少し中国のやり方を日本も米国も見習わないといけない。 断交・除鮮の進捗の際にしても大いに役立つから。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,661件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ROCK より• に ROCK より• に 零戦搭乗員 より• に 零戦搭乗員 より• に ss65 より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 700件のビュー• 500件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

韓国経済、【セルフ経済制裁】韓国航空会社6社の時価総額が1兆3000億ウォン“蒸発”…日本旅行ボイコットの影響か

韓国 セルフ 経済 制裁

臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。 心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。 今回は、韓国で拡大する日本製品の不買運動を分析。 * * * 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、8月15日の演説で日本批判をトーンダウンさせた。 日本統治からの解放を記念する「光復節」の式典で、反日強硬姿勢を取ると思われていただけに拍子抜けだ。 「今からでも日本が対話と協力の道に出れば、我々は喜んで手をつなぐ」と淡々と演説したが、式典に参加した人々からの拍手もまた淡々としたものだった。 それもそうだろう。 反日姿勢を鮮明にして、国民の反日感情を煽るような発言を繰り返して支持率を上げてきたのは文大統領自身だ。 日本の輸出管理強化で韓国がホワイト国から除外されると、文大統領は対決姿勢を強めた。 日本を「盗人猛々しい」と激しく批判し、「日本に二度と負けない」と発言。 これにより、韓国で展開されていた日本製品の不買運動は一気に広がり、5日には「南北の経済協力が実現すれば一気に日本の優位に追いつける」とも発言した。 文大統領の発言により、民間レベルで始まった不買運動が公共機関や自治体にまで波及し、観光客で賑わう明洞(ミョンドン)を含むソウル中区の通りでは6日、中区の区役所が反日旗を掲げるという騒ぎも起きた。 人々は日本への旅行を取り止め、日本製品をボイコット。 「不買運動に参加しない者は非国民」という声さえ聞こえるほどだ。 韓国にとって反日は正義なのだろう。 今韓国では、『反日種族主義』というソウル大学名誉教授の李栄薫(イヨンフン)らが書いた本が、ベストセラーになっている。 反日を掲げなければ生きていけない「反日種族主義」が蔓延する今の韓国社会を批判的に表現したものだというが、まさに今の韓国を言い表している。 それゆえ、「不買運動に同調しない者が非国民」とされるのは、社会的圧力に他ならない。 同調とは、個人の判断が集団や他者の規範や判断に影響されることを言い、この時に生じる社会的圧力を「斉一性の圧力」という。 斉一性とは一様に同じであること。 家族や職場、仲間や地域など属する集団が積極的に不買運動をしていたら、正面から反対するより同調する傾向を強めるだろう。 反対すれば無視され仲間外れにされ、下手をすれば制裁を受けるかもしれないと思えば、自分の意見はどうであれ同調してしまうのも仕方ない。 こういう表現が生まれること自体、韓国には斉一性の圧力があるということだろう。 過熱する不買運動は韓国経済をブーメランのように直撃。 韓国の大手航空会社やLCCでは、稼ぎ頭の日本路線が次々と運休。 日本製品を売っている店も、日本食を出している店も経営者は韓国人、従業員も韓国人。 サッカーのオウンゴールみたいに、「セルフ経済制裁」が起きているとまで言われる始末だ。 悪化する日韓関係を前にして、野党は「反日を煽りすぎ」と文政権を批判し、「NO JAPAN」に代わって「NO安倍」のプラカードを掲げる人が増えているらしい。 強行な構えを崩せない人々の中にも、やり過ぎ・行き過ぎを感じ、反日感情の矛先を変え始める人たちもいるようだ。 文大統領が発言をトーンダウンさせたくらいでは、過熱した反日感情は収まりそうにない。 外部サイト.

次の

韓国に「制裁」した結果、日本にとっては想定外に|韓国経済.com

韓国 セルフ 経済 制裁

いわゆる「元徴用工」判決や、日本製品の不買など、「反日政策」を打てば打つほど裏目に出る韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。 国際投資アナリストの大原浩氏は寄稿で、日本が「戦略的放置」をするだけで、韓国経済は自滅するしかないと指摘する。 さらに韓国企業も愛想を尽かして国外に脱出するケースが相次ぐと予測した。 しかし、日本の野党も相手に投げつけた言葉が自分に返ってくる「ブーメラン」の技では韓国の文政権に勝てないのではないか。 まず、いわゆる元徴用工問題。 1965年の日韓基本条約・請求権協定(日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約)を無視するような韓国最高裁判所・大法廷の判決を是認する態度を文政権が取ったことにより、日韓協定が事実上、無効になる恐れも出てきた。 そうなれば困るのは韓国だ。 終戦後、朝鮮半島にあった日本人の莫大な資産は、不当に放棄させられた。 確かに日本は太平洋戦争で負けたが、日本の一部だった朝鮮は戦勝国ではなく、むしろ日本と同じ敗戦国である。 韓国を戦勝国と仮定しても、国際法上、敗戦国も国民の私有権は保護されるから、日本人の資産を勝手に没収することなどできない。

次の