赤ちゃん 名前 ランキング 2019。 赤ちゃんの命名・お名前ランキング!|ベビー・マタニティ用品のアカチャンホンポ

【2020年最新版】去年の赤ちゃんの名前ランキング1位は? 4社の名前ランキングを徹底比較!

赤ちゃん 名前 ランキング 2019

もうひとつ似た字で「凜」の字も使われ、間違えやすいのは難点かもしれません。 読み方はミヅキ、ミツキの2通りあり、ミツキという呼び名はほとんどこの「美月」の字が使われています。 ミヅキと読む場合は、瑞樹、瑞紀、瑞貴などと書くミズキという名前と聞いた時は同じになりますが、ミズキのほうの音は男女ともにつけられている名です。 ミツキと読むほうが混乱はおきません。 奈も神前に飾る植物を表す字で女の子の名に向いています。 特に花に関する字は、「花」や「華」はもちろんですが、そのほか「桜」「桃」「菜」「杏」「蓮」「葵」「柚」「茉莉」など、そして「咲」の字も非常に多く使われています。 その他、楓、陽、海、芽、月、彩、音、莉、梨、碧、香、羽、萌、奈、日など、自然界や動植物に関する字がたくさん使われています。 男の子の名前もそうですが、現代人が日常生活で自然と接することが少なくなり、自然を求めていること、そしてまた環境問題への不安や関心が表れているといえます。 特に人気の名は「楓(かえで)」「凛(りん)」「杏(あんず)」「遥(はるか)」「澪(みお)」「咲(さき)」「華(はな)」「桜(さくら)」「蘭(らん)」「栞(しおり)」「茜(あかね)」「結(ゆい)」「舞(まい)」「優(ゆう)」「彩(あや)」などの名です。 ちなみに「碧」の名も人気が高いですが、この字は正式にはミドリと読み、本来はそう読まれてきた名ですが、最近はどういうわけかアオイとかなをふる人も増えています。 また「玲」「怜」などレイと読む一文字の名前は、もともと女の子にしかありませんでしたが、この数年は男の子にも少しづつ増加しています。 漢字一文字の名前は価値観、生き方が明確であることを表しますが、女の子の名前でも一文字の名前が依然として人気があるのは、女性も独自の価値観、人生観をもって生きる時代を表しているといえそうです。 このように名前の人気漢字別の集計では、その時代にもっとも求められていたもの、言い換えれば不足していて手に入れにくいものがよく表現されます。 いわゆる結婚式場の広間の名に使われるような「芽」「咲」「緒」「彩」「織」「羽」「奈」「楓」「栞」「琴」「紗」「澪」などの字です。 外国に学ぶものがなくなり、和の世界を重んじる風潮の表れとみることができます。 たとえば人気1位の楓という名前は、もともと多くつけられている名前です。 順位はいつも変動しますから、最近5年間の中ではたまたま1位になっていますが、それがたとえばタレントの橋本楓さんのような有名人の影響だとは断言できません。 ただし有名人の活動とともに急速に増えた名前の場合は、影響は考えられます。 例としては少ないですが、浅田真央さんや新垣結衣さんの場合は、同じ名前の順位はかなり上がっています。 女の子の名前ランキング 読み方1位「えま」2位「しおり」3位「りお」 順位 読み方 順位 読み方 順位 読み方 1 えま 35 ゆり 68 まい 2 しおり 36 みさき 69 まな 3 りお 37 ひまり 70 りんか 4 はな 38 みつき 71 あん 5 ほのか 39 かりん 72 なぎさ 6 あかり 40 なな 73 ひより 7 ゆい 41 ももか 74 りりか 8 はるか 42 ふうか 75 あやね 9 めい 43 ゆいか 76 ありさ 10 りこ 44 ゆな 77 ことは 11 みお 45 りな 78 さやか 12 さき 46 りの 79 しほ 13 かのん 47 れいな 80 ちさ 14 かんな 48 みれい 81 りさ 15 あやか 49 せな 82 りほ 16 かほ 50 まお 83 いろは 17 さな 51 みう 84 みこと 18 あんな 52 ゆいな 85 ゆめ 19 さえ 53 ちひろ 86 あやの 20 みのり 54 つむぎ 87 さほ 21 いちか 55 ななみ 88 みおり 22 ゆう 56 かな 89 あかね 23 さくら 57 はづき 90 さや 24 なお 58 みく 91 ともか 25 ゆうな 59 こはる 92 のぞみ 26 りん 60 ひなこ 93 ゆき 27 ひな 61 すず 94 れな 28 あいり 62 えな 95 ちさと 29 なつき 63 すずか 96 あやな 30 かえで 64 りおな 97 まゆ 31 ひかり 65 ゆうか 98 みづき 32 みゆ 66 うた 99 るな 33 さら 67 かすみ 100 わかな 34 すみれ 人気名前ランキングの音別の集計では、付ける人のよび名の好みが表現されます。 最近は呼びやすい、簡潔なよび名が好まれ、音の短い2音のよび名が多くなっています。 また3音のよび名は、最後の音が「か」「な」で終わる名前が比較的多い、という傾向はあります。 新元号「令和」の影響は? 令和という元号の名づけへ影響はほとんど見られません。 令の入る「怜」「玲」「伶」「鈴」「澪」などの字も、もともと女の子に人気のある字で、令和だから増えたという現象はみられませんでした。 【関連記事】•

次の

赤ちゃん名づけアクセスランキング、1位は「令和」

赤ちゃん 名前 ランキング 2019

妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は11月1日、赤ちゃんの名前に関する調査「たまひよ名前ランキング」の結果を発表した。 「蓮」「陽葵」が1位に! 赤ちゃんの名前ランキングが発表 この調査は「たまひよ」が2005年から毎年行っているもの。 今年は2019年1月~9月に生まれた新生児17万1,111人を対象に、名前や名前の読み方、漢字などについての調査を行った。 男の子は次いで「律」 りつ 、「湊」 みなと 、「樹」 いつき 、「蒼」 あおい。 女の子は次いで「凛」 りん 、「芽依」 めい 、「結菜」 ゆいな 、「紬」 つむぎ。 また男女ともに一文字の名前の人気が続き、特に男の子は1位から5位まで一文字の名前だった。 次に、使用漢字で最も多かったのは男の子で「太」「大」「翔」。 将来の活躍を願うスケール感が人気となっている。 一方女の子では「花」「菜」「莉」。 くさかんむりの漢字や、植物を想起させる漢字が多く使われている。 使用漢字ランキング さらに読みのランキングでは、男の子で11年連続の1位「はると」がランクインしたほか、10位「いつき」が初のランクイン。 女の子は「めい」が4年ぶりに1位となった。 読み方ランキング 「たまひよ」によると、令和への改元で、日本の伝統文化を想起させる名前が人気になっているとのこと。 「つくり」が「令」の「怜」が男の子は昨年の89位から62位にランクアップしているほか、女の子の「怜奈」も昨年の106位から83位に順位を上げている。 「和」がつく名前も同様で、男の子の「和真」 かずま は昨年の134位から今年は71位に、女の子の「和花」 わか が昨年の76位から今年は54位となっている。 加えて、テレビドラマの登場人物を参考にしたと思われる名前のいくつかにランクアップが見られており、『半分、青い。 』の登場人物「律」 りつ が昨年の47位から2位、『モンテ・クリスト伯』の主人公「暖」 だん が昨年の207位から25位と急上昇した。 ただし、著名人にあやかったと思われる名前全体としては減少しており、多様化する傾向にあるという。 2020年の名づけの傾向としては、「日本」「和」を意識する傾向がさらに強まると予測しているほか、国際的スポーツイベントもあり、スポーツ関連の話題も増えることから、「陸」「駿」「峻」「翼」などの躍動感を感じさせる漢字や名前が注目されるかもしれないとしている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

2019年 女の子の赤ちゃんの名前ランキング100 [赤ちゃんの名づけ・命名]|たまひよ

赤ちゃん 名前 ランキング 2019

順位 よみ部門 漢字部門• 10位• 11位• 12位• 13位• 14位• 15位• 16位• 17位• 18位• 19位• 20位• 21位• 22位• 23位• 24位• 25位• 26位• 27位• 28位• 29位• 30位• 31位• 32位• 33位• 34位• 35位• 36位• 37位• 38位• 39位• 40位• 41位• 42位• 43位• 44位• 45位• 46位• 47位• 48位• 49位• 50位.

次の